可憐なキキョウの高山種!山肌を爽やかな青紫に染め上げる「イワギキョウ」を見つけに行こう!

2022/02/10 更新

爽やかな色合いと、大きな花弁で人気の「イワギキョウ」。厳しい高山の中でも、健気に花を咲かせる姿が登山者を魅了します。今回はそんな「イワギキョウ」の特徴や見分け方、代表的な生息地をご紹介します。

制作者

TAKESHI

登山歴12年。家族の影響で登山の魅力を知り、100名山を中心に登ってきました。学生時代には剱岳の剣山荘にて住み込みの勤務も経験。今年から雪山登山を始めるべく、神奈川県山岳連盟主催の冬山教室を受講中です。上高地徳沢周辺の雰囲気が大好きで、オールシーズン制覇を目指してます!

TAKESHIのプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像出典:PIXTA(山肌に咲くイワベンケイ)

ご存知「キキョウ(桔梗)」の高山種

岩間から咲くイワギキョウ
出典:PIXTA(岩間に咲くイワギキョウ)
イワギキョウは「キキョウ科 ホタルブクロ属」の植物。 「キキョウ(桔梗)」といえば秋の七草としても有名な植物ですが、「イワギキョウ」はその高山種です。漢字で書くと「岩桔梗」で、その名の通り高山の岩場や砂礫地(されきち)を中心に生息しています。
イワギキョウとキキョウの背丈比べ
出典:PIXTA(左:イワギキョウ、右:キキョウ)
キキョウの背丈が15~150cmほどに比べると、イワギキョウは3.5-10cmほどと小さめ。

ただその背丈の割には大きな花を咲かせ、荒涼とした岩場に爽やかな彩りを加えてくれるため、登山者からも人気の高い植物です。

ラテン語で「小さなベル」の学名

上向きに咲くイワギキョウ
出典:PIXTA(上向きに咲くイワベンケイ)
イワギキョウの魅力といえば、なんと言ってもその可愛らしい「花」。開花時季は7-8月頃で、5つに分かれた、鮮やかな青紫色の花を横向きに咲かせます。

学名はラテン語で「Campanula lasiocarpa Cham」といい、Campanula(カンパニュラ)は「小さなベル」の意味。その学名通り釣鐘型のベルのような形をしています。

イワギキョウとキキョウの花弁比較
出典:PIXTA(左:イワギキョウ、右:キキョウ)
ちなみにキキョウは星形に広がって花開くため、花の形の点でも少し特徴が異なっていますね。

へら状でギザギザのある葉

イワギキョウとキキョウ葉の比較
出典:PIXTA(左:イワギキョウ、右:キキョウ)
イワギキョウの葉は1.5~5cmほどで、細くへら状の形。葉の周りにはギザギザとした鋸歯があります。 キキョウの葉にも同じく鋸歯がありますが、イワギキョウのほうが幅の狭い葉を持っています。

風に負けない!「風衝地」でも育つ強い植物

風衝地で咲くイワギキョウ
出典:PIXTA(風衝地に咲くイワギキョウ)
高山の尾根や森林限界あたりで、上の写真のような場所を見たことないでしょうか?
ここは常に強い風が吹き続ける「風衝地(ふうしょうち)」というエリア。強風が吹き付けるゆえ岩肌が露出し、動物はもちろん、植物にとっても生息が難しい場所です。

そんな風衝地でも力強く自生するのが今回のイワギキョウ。はかなげな見た目とは裏腹に、実はタフな植物でもあるんです。
過酷な環境でも根をはり、健気に花を咲かせるイワギキョウはより一層きれいに見えるかもしれませんね。

「キキョウ」は絶滅危惧Ⅱ類に指定



イワギキョウの花弁
出典:PIXTA(イワギキョウの花弁)
イワギキョウの原種である「キキョウ」ですが、実は「絶滅の危険が拡大している種」として、環境省レッドリストの​​「絶滅危惧Ⅱ類」に指定されていることをご存知でしょうか。

ホームセンターなどで見かけるキキョウは人工的に改良された品種であり、野生種は近年の開発に伴い大幅に数を減らしてしまっているんです。

イワギキョウはまだ絶滅の心配はないとされていますが、それでも貴重な高山植物の一種。悪い影響を与えないよう、大切に見守っていきたいですね。

見つけたらラッキー!白いイワギキョウ

シロハナイワギキョウ
出典:PIXTA(シロハナイワギキョウ)
青紫色の花弁が特徴のイワギキョウですが、変異種としてまれに白い花をつけるイワギキョウも。
その名も「シロハナイワギキョウ」で、名前の通り真っ白な花をつけます。
イワギキョウと同じ環境に自生するため、イワギキョウを見つけたらぜひ白い花弁も探してみてください。ただ見つけるのはかなり難易度が高いかも‥!?

「チシマギキョウ」との見分け方は「毛」と「がく片」

見た目が似ている高山植物としてよくあげられるのが「チシマギキョウ」です。生息域も似ているため間違いやすいですが、見分けるポイントは2つ。

一つが「花弁に細長い毛があるか否か」
イワギキョウとチシマギキョウの比較
出典:PIXTA(左:チシマギキョウ、右:イワギキョウ)
左の写真では、花弁の周りに薄っすら白い毛が見えるかと思いますが、こちらはチシマギキョウで、特に何も見られない右の写真がイワギキョウです。

もう一つが花の付け根にあたる「がく片にギザギザがあるか否か」
イワギキョウとチシマギキョウのがく弁比較
出典:PIXTA(左:チシマギキョウ、右:イワギキョウ)
左写真のがく片には特にギザギザが見受けられませんが、こちらがチシマギキョウ。右の写真で明らかにギザギザしている方がイワギキョウです。

これはどっちかな?と思ったら、「花弁の周りの細い毛」と「がく片」に注目して確かめてみてください!

イワギキョウを見つけに行こう!

標高こそ高いエリアに生息するイワギキョウですが、比較的アクセスのしやすい山々で見つけることができます。いつもの登山に加えて、ぜひ道中で山に咲くイワギキョウを見つけてみてください。

大雪山 旭岳付近

旭岳に咲くイワギキョウ
出典:PIXTA(旭岳に咲くイワギキョウ)
ロープウェイを使えるため、初心者でも気軽にトレッキングができる大雪山旭岳。高山植物の宝庫とも呼ばれており、チングルマ・エゾツツジなど、様々な植物と出会うことができます。イワギキョウも多く自生しているため、登山道から目を凝らして探してみてください。
見頃:7〜8月

立山

立山に咲くイワギキョウ
出典:PIXTA(立山に咲くイワギキョウ)
立山黒部アルペンルート経由で、一気に高度を上げることができる立山。室堂から雄山に上がっていく途中で多くの高山植物に出会うことができます。雄大な北アルプスの山々を背にしたイワギキョウはより映えて見えそうですね。
見頃:7〜8月

八ヶ岳

八ヶ岳に咲くイワギキョウ
出典:PIXTA(八ヶ岳に咲くイワベンケイ)
「花の山」と言われるほどたくさんの植物が自生する八ヶ岳でもイワギキョウを見つけることができます。低い標高からたくさんの花が咲くため、いろいろな植物と出会えるのも楽しみの一つです。
見頃:7〜8月

高山のキキョウを見つけてみて!

イワギキョウの花
出典:PIXTA(花を咲かせるイワギキョウ)
平地では残念ながら数を減らしてしまっているキキョウですが、山の上ではイワギキョウがまだまだ元気に生息しています。
イワギキョウとセットでチシマギキョウも覚えられたら見つける楽しみも2倍!
野生種を見ることができる喜びを噛み締めながら、是非イワギキョウを見つけてみてください。

この記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」