登山靴の正しい《洗い方&保管方法》はコレ!永く大切に使いたい人必見の”お手入れ方法”大公開

2021/12/07 更新

正しいお手入れで、登山靴を長く使いましょう。意外なNGお手入れ、正しいお手入れ法、便利な登山靴ケアグッズをご紹介!少しでもたくさん一緒に歩きたい相棒のお手入れはこまめに丁寧に。怪我防止のためにも、登山靴はしっかりメンテナンスしよう!

制作者

登山ガイド

山下 晶子

兵庫県在住。登山ガイド。 あと一歩を踏み出せない初心者の方、もう今までみたいに歩けないと山歩きを諦めようとしているシニアの方などのサポートに力を入れております。 その人、その人にあった、それぞれの楽しみ方をご提案しています。

山下 晶子のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像撮影:akko_y

登山靴を長持ちさせるなら!定期的なメンテナンスを

登山靴のメンテナンス
出典:PIXTA
いつも足元を守ってくれている登山靴。どんどん汚れて行くのでスッキリきれいにしたいと思うけれど… 普通のスニーカーみたいにザブザブ洗ってよいものか?お手入れの仕方に悩むこと、ありませんか?

登山靴に使われている素材は、防水や透湿などの機能を持たせた物が多く、お手入れ方法を間違うと、その機能を損なってしまうこともあります。正しい洗い方や保管方法をして、お気に入りの登山靴を長持ちさせましょう。

意外とやりがち!登山靴をダメにするNGメンテナンス

●水にドボンと丸洗い&頑固な汚れはブラシでゴシゴシ
ブラシで強くこすることは繊維を傷つけ、撥水性能など、本来登山靴が持っている機能を損ねてしまいます。 また、靴の中に大量の水を入れると、内部から水圧がかかり防水機能が低下することも。ブラッシングや拭き取りで汚れを取ったり、少量の水で洗ったりと注意が必要です。

●汚れてた状態で防水スプレーをかける
汚れが付いていると、いくら防水スプレーをしても効果がありません。汚れをキレイに落としてか防水スプレーを使用しましょう。

●使わないときは箱に入れて保管
購入時の箱に入れたり、袋やケースに入れて保管すると、湿気のせいで靴がダメージを受けてしまいます。高温多湿を避け、通気性の良い場所で保管しましょう。

では、基本的なメンテナンスの手順を一緒に確認してみましょう。

下山後にやっておきたい!登山靴のお手入れ方法

登山靴のメンテナンス
撮影:akko_y
まず、必要な道具を揃えましょう。そのためには、靴の素材をチェック。

水洗いの基本は同じですが、クリーナーや撥水スプレーを使用する場合は、素材によっては色落ちや劣化の原因になることもあります。必ず使用できるかどうかの確認をしましょう。ヌバックやレザーなど革製品は専用の洗剤もあるので、そちらを使うのがおすすめです。

登山靴のメンテナンス
撮影:akko_y
今回洗うのは、モンベルの「アルパインクルーザー2000」。素材はヌバックレザーとゴアテックスファブリクスが使われています。
レザーやゴアテックスにも対応しているクリーナーと防水スプレーを用意。

基本的な洗い方の流れは変わらないので、布製品の靴をお持ちの人もぜひ参考にしてみてくださいね。
登山靴の洗い方
①インソールと紐を外す
②アウトソールの状態をチェック
③軽い汚れはブラシで落とす
④表面の汚れは水洗い
⑤頑固な汚れはクリーナーで除去
⑥アウトソールを洗浄
⑦水分を拭き取り乾燥
⑧乾燥後、撥水スプレー
それでは各項目をそれぞれ詳しくみていきましょう。

① インソールと紐をはずす

登山靴のメンテナンス
撮影:akko_y
お掃除前に靴紐とインソールをはずします。インソールは丸洗いできるものは洗浄し、靴紐も中性洗剤で洗い、どちらも風通しの良い日陰でしっかり乾かしましょう。

登山靴のメンテナンス
撮影:akko_y
靴の中の汚れもしっかりキレイに。逆さにして中に入っている砂粒などを払い出します。濡らして硬く絞った雑巾などで汚れをしっかりふき取るのもおすすめ。汚れがひどい場合は、ブラッシングしましょう。

② アウトソールの状態をチェック

登山靴のメンテナンス
撮影:akko_y
ソールの状態をチェック!小石などが挟まっている場合、ドライバーなどで取り除きます。また靴全体の状態もしっかり確認。

もしも破れや亀裂があった場合、洗浄によって状態が悪化する場合があるので、メーカーや専門店へ問い合わせをしましょう。。

③ 軽い汚れはブラシで落とす

登山靴のメンテナンス
撮影:akko_y
表面についた砂埃や乾いた泥などは、靴用の磨きブラシで軽く払って落とします。

④ 気になる汚れは水洗い

登山靴のメンテナンス
撮影:akko_y
表面の汚れを、水を含ませたスポンジで優しく洗い流します。ゴシゴシとこすると傷めてしまいますので、気を付けましょう。

⑤ 頑固な汚れはクリーナーで除去!

登山靴のメンテナンス
撮影:akko_y
汚れがひどい場合は、専用のクリーナーがおすすめ。素材にあったクリーナーを選び、使用方法をしっかり確認してから使いましょう。
種類によっては、シミになる場合があります。目立たない一部分で試してから、全体に使用。

▼今回使用しているクリーナーはこちら

コロニル アクティブ クリーナー 200ml


⑥ アウトソールを洗浄

登山靴のメンテナンス
撮影:akko_y
アッパーと違ってソールはしっかり、ブラシなどを使ってゴシゴシ洗います。しっかりと洗い流しましょう。

⑦ 水分を拭き取り乾燥

登山靴のメンテナンス
撮影:akko_y
表面に残っている水滴を雑巾で押さえるようにふき取ります。風通しの良い日陰でしっかり乾かしましょう。
直射日光は、生地の劣化に繋がるため×。

⑧ 乾燥後、撥水スプレー

登山靴のメンテナンス
撮影:akko_y
しっかり乾いてキレイになったら、次の山行に備えて撥水処理を。雨だけでなく、汚れがつきにくくなる効果もありますよ。こちらも使用できる素材を必ず確認しましょう。

※防水スプレーは風通しの良い屋外で使用しましょう。誤って吸い込むと、呼吸困難を引き起こす可能性があります。風下に人が居ないことも確認してくださいね。

次回も気持ちよく履けるように!保管する際の3ポイント

登山靴のメンテナンス
撮影:akko_y
洗い方だけでなく、保管方法でも靴の寿命を縮めてしまうことがあります。気持ちよく、安全に次の山へ出かけられるように、正しく保管しましょう。

① 高温多湿と紫外線は避ける

登山靴のメンテナンス
出典:PIXTA
登山靴に使用される素材は、高温多湿を嫌うものがほとんど。また、長期間紫外線を浴びることも劣化につながります。箱や袋に入れてシューズボックスへ収納したり、車のトランクに積みっぱなしにするなどはNG。風通しの良い、陽の当たらない場所で保管するようにしましょう。

② 時々風に当てる

登山靴のメンテナンス
出典:PIXTA
時々陰干しして風を通すことで、カビの発生をおさえたり、素材の劣化を防ぐことができます。また山行から帰ったら早めに干して、汗の湿気を取り除くのもポイントです。

③ 臭い対策もできれば◎

登山靴のメンテナンス
撮影:akko_y
キッチンペーパーやガーゼなどに重曹を包んで入れておくと、保管している間に嫌な臭いを除去してくれます。靴専用の防臭・除湿グッズあるので、お好みで試してみましょう。

いつものために用意しておきたい!お役立ちアイテム

ブラシ

DASCO ダスコ ホースヘアブラシ スモール
柔らかい質である馬毛ブラシは、均一にほこりを取り払うことができます。ブラッシングで靴に美しいツヤを出すこともできます。

ダスコ 馬毛ブラシ スモール

カラー:ホワイト
素材:馬毛100%
サイズ:145×45×38mm(毛長20mm)
ご使用いただけるアイテム:靴 ジャケット 鞄・財布 ソファ・シート

コロニル 馬毛100%ブラシ
馬毛を100%使用したやわらかい質の馬毛ブラシ。あらゆる素材に使用可能なため、安心して色々なもののクリーニングに使用できます。

コロニル 馬毛ブラシ

素材:馬毛
サイズ:17.0cm(H)×5.4cm(W)×4.5cm(D)
対象製品:靴、バッグ、ウェア、小物など 対象素材:スムースレザー、起毛皮革(スウェード・ヌバック・ベロア)、合成皮革、テキスタイル、防水透湿素材

クリーナー

モンベル ブーツ&シュークリーナー
こびりついた汚れや染みに。普通の洗剤のように、水洗いの際に使用するタイプです。

モンベル ブーツ&シュークリーナー

液性:中性(濃縮タイプ、無香料)
内容量:118ml
防水透湿性素材を使用した靴にも使用OK

モンベル ブーツ&シュークリーナー

スプレー

コロニル ナノプロ 300ml
万能すぎる防水スプレーで評価も高いです。

コロニル ナノプロ 300ml

主要成分: フッ化炭素樹脂・シリコンオイル
容量: 300 ml
対象素材・製品: テキスタイル、スムースレザー、起毛皮革(スウェード・ヌバック等)、ハイテク素材使用の靴、バッグ、ウェア (皮革やハイテク素材の通気性を損ないません)

コロンブス アメダス(2000) 防水スプレー 420ml
防水・撥油・防汚の効果を与える、靴を保護する有能スプレー。

コロンブス アメダス(2000) 420ml

主要成分:フッ素樹脂、石油系炭化水素
容量:420ml
使用部位:ツヤ革、起毛革、布地、人工皮革(革製品以外、布地、人工皮革にもお使い頂けます)


モンベル S.R.レザーシューズスプレー
皮革製アウトドア・シューズ用ですが、他の革製品全般に使用できます。
モンベル S.R.レザーシューズスプレー

内容量:170mL 対象製品:革製品

モンベル S.R.レザーシューズスプレー

正しいお手入れで、お気に入りの登山靴を永く使おう

撮影:YAMA HACK編集部
しっかりお手入れすることで、登山靴を永く使うことができます。また登山靴の状態をこまめにチェックすれば、ソールのはがれ、靴紐のすり切れなど、登山中の事故に繋がり兼ねない大きな故障を早めに発見できます。

しっかりとメンテナンスを行いながら、お気に入りの靴で気持ちよい登山を楽しみましょう!

この記事を読んだ人はこちらをチェック


紹介されたアイテム

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

登山靴のメンテナンス
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」