山と人を繋ぐ架け橋に。インドア派登山ガイド・鷲尾 太輔さん

2021/12/02 更新

当企画では、自分の目標や目的、趣味趣向にあったガイドさんを見つけられるよう、さまざまなタイプのガイドさんにフィーチャー。今回は、山岳ライターとしてYAMA HACKで執筆活動もしている鷲尾ガイドを紹介します。


登山のスキルを高めたい!そんなときは“山のプロ”にお任せ

登山を続けていると、「もう少し難易度の高い山に挑戦したい」「山のいろんな楽しみを味わいたい」という想いがわいてくるもの。実現のためには知識や技術の習得が欠かせません。

登山に詳しい人が身近にいない場合は、ガイド登山を依頼したり、講習会に参加したりするのもひとつの手です。必要なスキルはもちろん、その山や土地の歴史、植生についても学ぶことができるので、山の楽しみ方が広がります。

そうはいっても、誰にお願いしたらいいのか、どんな講習会に参加したらいいのか悩んでしまうことも。

そこで当企画では、自分の目標や目的、趣味趣向にあったガイドさんを見つけられるよう、さまざまなタイプのガイドさんにフィーチャー。今回は、山岳ライターとしてYAMA HACKで執筆活動もしている鷲尾ガイドを紹介します。

鷲尾 太輔(わしお だいすけ)

登山ガイド鷲尾太輔さん
提供:鷲尾さん(大好きな西穂高岳山頂にて)
所属
モンターニュガイドクラブ
 
資格
公益社団法人日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージⅠ
総合旅行業務取扱管理者
旅程管理業務主任者(国内・海外)
 
主なガイド山域
高尾・丹沢・奥武蔵エリア
 
自己紹介
登山の総合プロダクション・Allein Adler代表。 登山ガイド・登山教室講師・山岳ライターなど山の「何でも屋」です。 得意分野は読図(等高線フェチ)、チカラを入れているのは安全啓蒙(事故防止・ファーストエイド)。 山と人をつなぐ架け橋をめざしています。

 
Allein Adler(アライン アドラー)

脱・自己流!安全登山の知識・技術を身につける

登山ガイド鷲尾太輔さん
提供:鷲尾さん(安全登山をサポートします)
ガイドというと、“お客様の目標の山に同行して登頂をサポートする”というイメ―ジが強いかもしれません。しかし、鷲尾さんの想いは少し異なります。もちろん安全面でのサポートは万全ですが、お客様自身が知識や技術をしっかりと身につけて“安全登山を実践できる登山者になること”に重きを置いているのです。

そのため、「登山準備や歩き方の基礎知識」「地図読み」「リスクマネジメント」といった、安全かつ快適に登山するための実践的な講習会の講師を数多く務めています。

身をもって経験できる場を、ひとつでも多く

ビヴァーク
提供:鷲尾さん(ビヴァーク時に使用するツエルトも自分の手で設営の練習をしてみることが大切)
鷲尾さんが安全啓蒙に注力するようになったのには、先輩ガイドの影響もあると言います。
 
「危険と困難は違う」――ガイドの先輩である吉川昭男さん(社会人山岳会・東京雲稜会に所属し、谷川岳・一ノ倉沢の雲稜第2ルートや東稜ルンゼなどの初登記録を持つクライマー)のこの言葉が、ずっと心に残っています。

事故って危ない鎖場とかではなく、そこを通過してホッと一息ついたところで起きたりするんです。困難な箇所は集中力を高めているけれど、実はそうじゃないところに危険が潜んでいる。

本やメディアの記事を読んで知識として持っていても、現場でできないことが往々にしてあります。実際に山に行ってみての体験・体感することが、すごく重要。登山では身をもってやってみないと分からないことが多いんです。

ロープワークにしても、地図読みや応急処置にしても、一回自分の体でやってみることが一番身につきやすい。なので、そういう場や機会をできるだけたくさん作りたいと思い、活動しています。

つらい思いをしたからこそ、伝えられることがある

北アルプス・五竜岳
提供:鷲尾さん(北アルプス・五竜岳/ここでも核心部ではない場所で死亡事故が発生しています)
ガイドとして独立する前は旅行会社に勤めていた鷲尾さん。登山ツアーの担当になったのを機に、ガイド資格を取得。ガイドと一緒にツアーの添乗をするほか、登山ツアー添乗員の座学研修や応急処置の講習、社内外向けの読図講習も行っていたそう。その経験も現在の活動に繋がっています。
 
御嶽山の噴火を体験された登山ガイドの小川さゆりさんのインタビューをしました。

そのときに、噴石に当たって大きな負傷をしながらも、エマージェンシーシートを持っていたために翌日救助をされた方もいれば、無傷だったのに低体温症で亡くなってしまった方もいたという話を伺って。

別の山でも、低体温症になってしまった方が、レインウェアを持っていたのに着ていなかったケースがあったそうです。どうしてかわかりますか?

「この寒だったら着ないとまずいよな」というのを実際に体感したことがないと、使いどころがわからないからなんです。

登山の持ち物や装備リストに入っている道具が“なんで必要なのか”を、生々しくではないですが、事例を含めて自分の口から伝えたり、体験してもらったりしたいという想いが強くなりました。

登山ツアーでも、思わぬ事故で亡くなってしまった方はいて。当時は責任者をやっていたので、遺族に事情を説明したりと、つらい経験もありました。こんな悲しい思いは誰にもしてほしくありません。

ただ、このまま会社員として管理職になってしまうと現場に出られなくなる。お客様と直接触れあったり、講習会で話したりできなくなってしまう。そこで独立を決意したんです。

活動の様子を拝見!

鷲尾さんが講師を務める講習会やイベントの最大の特長は、座学だけでなく、フィールドに出て学んだことを実践する場を設けていること。確実にスキルを身につけたいという人にぴったりです。

また、ガイドとして“教える”というよりも、参加者自身が能動的に知識や技術を学べるように一緒に進めていくスタイルが魅力。集団が苦手な人にも参加しやすい、少人数での講習も充実しています。

登山準備や歩き方講習会

 登山ガイド鷲尾太輔さん
提供:鷲尾さん(トレッキングポールの使い方なども基礎から講習)
季節や気候、地形や標高、登山道の状況、体調など、シチュエーションによって潜むリスクは異なるもの。「登山計画の立て方」や「レイヤリングのコツ」、「水分・食糧補給の知識」や「疲労を蓄積させないためのトレーニングとケア」、「道迷いや滑落が起こりやすい場所の検証」といった、状況に応じて安全かつ快適に歩くための知識を実習で学ぶことができます。

地図読み講習会

オンライン登山スクール「やまスク」(地図読み講習会の様子)
提供:オンライン登山スクール「やまスク(https://www.yama-school.com/)」|地図読み講習会の様子
読図の基本から応用まで、多様な切り口で開催。まったくの初心者から、なんとなくは分かるんだけど自信がない……という人まで、自分のレベルにあわせて気軽に講習会に参加できます。

リスクマネジメント講習会

登山ガイド鷲尾太輔さん
提供:鷲尾さん(鎖場・ロープへのセルフビレイによる安全確保も体験してもらいます)
応急手当の手順や登山で役立つロープワーク、ビヴァークのためのツエルト設営方法、鎖やロープへのセルフビレイの仕方など、もしものときに手助けとなる知識や技術を実践で学べます。

とことん山を楽しむイベントも!

登山ガイド鷲尾太輔さん 山ごはん講習会
提供:鷲尾さん(山ごはん講習では防災に役立つ知恵も身につけられます)
山の楽しみ方が広がる講習会も多種多様。スマホで映える写真や夜景を撮影したり、山ごはんを作ったり。親子登山やパワースポットを巡るイベントも人気です。
 
これから登山を始めたいという人も気軽に参加できる企画が多いので、家族や友人を誘って、山の楽しさを体感してみては。
 
鷲尾さんが講師を務める講習会やイベントは、「Mt.TAKAO BASE CAMP」や「やまスク」などで開催されています。最新の情報は、Allein Adlerの公式ツイッターをチェック!

Twitter|Allein Adler

登山ガイドの依頼は、Allein Adler公式サイトのお問い合わせフォームへ。

Allein Adler(アライン アドラー)

実はインドア派。だけど、山が自信をくれた

鷲尾さんが登山をはじめたきっかけや山への想いを伺いました。実は意外な趣味も?!

登山ガイド鷲尾太輔さんの部屋
提供:鷲尾さん(今でもインドア派全開の鷲尾さんの部屋)
——登山はいつ頃から?
親が山登りをしていて、大の登山好きというわけではなかったんですが、家族で出掛けるとなると日帰りでハイキングとか、子供の頃から自然に触れることは多かったですね。
鷲尾さん
鷲尾さん

「運動神経が悪い」というコンプレックスがすべてのはじまり

若かりし日の鷲尾さん
提供:鷲尾さん(若かりし日の鷲尾さん)
中学校でハイキング部に入ったんです。本当は美術部が気になっていたんですけど、文科系ってどうなの?っていう気持ちもあって。

近くに住んでいた従兄弟がサッカーをやっていて、バリバリ運動ができたんですよ。それに比べて僕は球技がまったくダメ。運動神経が悪いことがコンプレックスでした。それで、唯一できる運動部だったハイキング部に。靴やウェアは普通の運動着でしたが、谷川岳や金峰山など、日帰りで行ける山には登りました。

はじめて奥多摩の山に登ったときに、山頂手前の急登を部員の中で一番バテずに登れて、「これはイケるんじゃね?」と。体を動かすのも好きではなかったけど、“山ならできる”みたいな自信がついたんです。
鷲尾さん
鷲尾さん


ラッセルする鷲尾さん
提供:鷲尾さん(深い雪の中でのラッセルも得意でした)
——そのまま高校・大学も山岳部に?
高校は山岳部に。装備やマナーなど知識・技術の基礎を本格的に学んで山で実践したのは、山岳部に入ってからです。

大学では山岳部に入らずに、バンド活動とバイトに明け暮れていました(笑)。OBとして高校山岳部の合宿には参加していましたが。

あとは、フリー切符を買って北海道に行ったり。旅行のついでに山に登っていました。旅行会社に就職したのも、一人旅が好きだったからですね。
鷲尾さん
鷲尾さん


高校山岳部時代の山行のしおり
提供:鷲尾さん(イラスト描き好きが高じて、高校山岳部では山行 のしおりの表紙も担当)
——旅行や登山以外の趣味は?
実はいっぱいあります。

■音楽
(今も枕元にギターあり。聴く方ではスタジオミュージシャンオタク)
■料理
(イタリアン・中華・酒の肴なんでも得意)
■読書
(元々は純文学派だが、今はミステリーも好き)
■写真撮影
(旅行会社でフォトトレッキングツアーの担当も経験)
■絵を描くこと
(ウサギやネコのイラストなど)
■土いじり
(市民農園を借りて野菜作り中)

おいしいごはんを食べながらお酒を飲んだり、一人で居酒屋に行って、ちびちび飲みながら文庫本を読む時間が一番幸せです。
鷲尾さん
鷲尾さん

多趣味であることが、ガイドの仕事に活きている

日本の歴史・文化と密接な関係にある「山」
提供:鷲尾さん(日本の歴史・文化と密接な関係にある「山」)
学生時代の旅行では、寺社仏閣や美術館なども多く訪れていました。実は日本の歴史・文化と山はすごく密接な関係にあって、あのころ身につけた素養がガイドの仕事に役立つこともあります。

あと山が好きな人って、みなさん多趣味で山以外にも興味の幅が広いんです。最近はコミックやアニメをきっかけに登山を始める人も多いですし。山以外のネタでも会話が弾んだりすると、登山自体も楽しくなりますからね。
鷲尾さん
鷲尾さん


——かっこいいと思う登山家は?
森田勝さん。

いい悪いは別として、「自分の流儀にあわなければ登りたい山も登らない」という生き方がかっこいいですね。
鷲尾さん
鷲尾さん

ITEM
狼は帰らず
著者:佐瀬稔
発売日:2013.01.25
レーベル:ヤマケイ文庫
出版社:山と渓谷社
判型:文庫判
ーーーーーーーーーーーー
谷川岳、アイガー、エベレスト、K2、そして最後の山となってしまったグランド・ジョラスと、まるでなにかに復讐するかのように死と隣り合わせの岩壁に挑み続けた男、森田勝。

登山界の組織になじまず、一匹狼として孤高を貫いたクライマーがたどった修羅の生涯を描いたノンフィクション。


——鷲尾さんが思う登山の魅力って?
スポーツという視点からでなく趣味として考えれば、登山って誰でも何歳からでも始められるんです。

しかもそれぞれの体力や興味に合わせて、無限のパターンの楽しみ方がある。 それを全部受け入れてくれる懐の深さが、山の魅力だと思います。
鷲尾さん
鷲尾さん

鷲尾さんより、山好きのみなさん&登山を始めたい人へ

登山ガイド鷲尾太輔さん
提供:鷲尾さん(ガイドから安全登山の知識とスキルを得てください)
みなさん何かしらのきっかけがあって登山を始めているでしょうし、それぞれのスタイルで登山を楽しんでいると思います。僕も行きたい山に行ってほしいし、好きなスタイルで楽しんでほしいと思っています。ただ、自己流で登山をしてしまうと何か落とし穴があったりするんです。

だから、僕ではなく他のガイドさんを頼ってもらってもいいので、最低限命を落とさないように、知識や技術を身につけて、できるだけ快適で安全に歩いてほしいです。そして無事に帰宅してほしい、これに尽きます。

登山初心者はもちろん、登山歴2~3年くらいだけど今まで自己流で登ってきた人や、山でヒヤッとする思いをして基本を見つめ直したい人も、どうぞお気軽にご相談ください。

一緒に山に行ったら、山域の解説だけでなく、地図読み、応急処置、ロープワーク、写真の撮り方などなど、自分の知識はすべて出します!
ガイドの依頼はこちら|Allein Adler講習会・イベント情報はこちら|Twitter

鷲尾ガイドが解説!YAMA HACKの記事もチェック



YAMA HACK|washio daisuke

紹介されたアイテム

狼は帰らず

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部 荻原

YAMAHACK運営&記事編集担当。もともと旅行が好きだった延長で山へ登るように。山の魅力やワクワクするような山道具など、アウトドアにまつわるあらゆる情報をお届けしていきます。

  • COCOHELI ココヘリ入会金1000円OFF
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」