寝袋を永く使うための洗濯法って?《ダウン・化繊》ベストな丸洗いテクニックを大公開

2021/07/01 更新

寝袋は、正しい洗い方をしないと、せっかくの機能をダメにしてしまったり、中わたがなくなってしまったりとすぐに買い替えが必要になってしまうことがあります。値段も馬鹿にならないので、できるだけ永く大切に使いたいですよね。そこで今回は、基本的な寝袋の洗濯方法や保管方法をご紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

表示を無視して洗ったら、大変なことに……

直接肌が当たるし、寝汗をかくし、寝袋をまったく洗わないのは抵抗がありますよね。ただ正しい洗い方をしないと、せっかくの機能をダメにしてしまったり、中わたがなくなってしまったりとすぐに買い替えが必要になってしまいます。

実際以前表示を無視してダウンの寝袋を洗ったら、中わたがたくさん飛び出るようになってしまいました……

撮影:YAMA HACK編集部(洗濯機NGの寝袋を洗濯機で洗ってしまった結果、縫い目からたくさんのダウンが)
登山用の寝袋となると、値段も馬鹿になりません。できるだけ永く快適に使うためにも正しい洗濯方法を知りたいですよね!

どのくらいの頻度で洗うのがベスト?

寝袋
撮影:筆者
日頃のお手入れは陰干し程度で十分。毎回洗濯する必要はありません。しかし使い続けると汚れがついて、保温力も低下してしまいます。

使用回数30泊~50泊ほどで洗うのが目安。ただ回数にかかわらず、「汚れや匂いが気になる」「なんだかフンワリ感が無い」そう感じたら洗濯サインです。

何で洗えばいいの?洗濯表示タグを必ずチェック

相違点
作成:YAMAHACK編集部(クリックすると拡大します)
寝袋の種類や中わたの素材によって、注意ポイントが異なります。最近では、洗濯機で丸洗いができる種類も販売されているので、必ずタグを見て方法を確認しましょう。

▼洗濯表示の一例
新JIS
作成:akko_y、※こちらは平成28年からの洗濯表記になります。詳しくは消費者庁のホームページ「洗濯表示(平成 28年12月1日以降)」をご覧ください。
洗濯表示タグが見当たらないなど不明な場合は、メーカー公式サイトをチェック。情報が無い場合は、サポートに問い合わせてみましょう。

今回は、基本的な寝袋の洗濯方法や保管方法を紹介していきます。使用する素材はダウンですが、先述の通り素材によって注意点はあるものの基本的な洗い方は一緒。化繊の寝袋をお持ちの人もぜひ参考にしてみてくださいね。

【準備編】実際に寝袋を洗ってみました

編集:YAMA HACK編集部、出典:いらすとや
では、ダウンの寝袋を実際に洗ってみましょう。今回洗うのは、私物のモンベル「ダウンハガー650 #3」。

直近で洗ったのは2年前。前回の洗濯から40泊ほどしたものです。まずは事前に3つのポイントをチェックします。

《1》洗濯表示タグとメーカーに確認

洗濯表示タグ
撮影:YAMAHACK編集部
先述の通り、まずは洗濯表示タグを確認。画像の赤丸の通り、洗濯機は使用せずに手洗いで対応します。

また、タグには乾燥機の表示はありませんでしたが、メーカーに問合せしたところ使用OK。素材がダウンであることも確認し、用意するアイテムを選定します。

《2》洗濯に必要なものを用意

撮影:YAMAHACK編集部
今回はこちらの4つ。ダウン専用の洗剤は、アウトドア用品店などに販売されているので探してみてくださいね。

種類によっては、乾燥機が使えない場合も。必ずタグやメーカーの表示を確認しましょう。

▼今回使用したダウン用洗剤はこちら
ITEM
ニクワックス ダウンウォッシュ
容量:300ml

《3》寝袋全体の状態確認!破れやほつれが合ったら先に修理

寝袋をよく確認し、破れやほつれが無いか確認。もしあれば、高温に強く、耐久性や防水性にも優れたリペアシートなどで補修しましょう。

撮影:YAMA HACK編集部(小さい穴を発見!リペアシートで補修します)
角を取り、丸くすることで剥がれにくくなります。また、透明のシートを使うと目立たないのでオススメです。

▼今回使用したリペアシートはこちら
ITEM
TEAR-AID TYPE-A 補修パッチ
●強力な粘着シートで、補修箇所に貼るだけで簡単に修理することができます。
●伸縮性、防水性に優れ、湿気、塩水、紫外線、温度差に非常に強いパッチです。
●貼り始めの段階で90%の接着力を持っており、1時間放置することで100%の接着力となります。
●シートはハサミでカットして使用することができます。

▼リペアシートの修理方法についてはこちらをチェック

【洗濯編】手洗いで優しく洗うのがコツ

前準備が終わったら、実際に洗濯します。
手洗いで寝袋を丸洗いする方法
①気になるところを部分洗い
②ぬるま湯に洗剤を入れて浸す
③やさしくふみ洗い
④きれいになるまですすぐ
⑤脱水
⑥乾燥機で乾燥
⑦風通しのいい日陰で干す
⑧乾燥後、撥水剤をスプレー
各項目ごとに細かくポイントを見ていきましょう。

手順1.気になるところを部分洗い

部分洗い
撮影:YAMAHACK編集部
汚れがひどい場合は、専用の洗剤を水で薄めた液をつけたスポンジやタオルで拭き取ります。
★ワンポイントアドバイス
顔まわりは皮脂汚れで見えない汚れがつきやすい。長期間使ったときは、汚れがないと感じても事前に拭き取りをするといいでしょう。

手順2.ぬるま湯に洗剤を入れ浸す

ぬるま湯
撮影:YAMAHACK編集部
浴槽に30~40度以下のぬるま湯を張ります。ぬるま湯の量は寝袋全体がひたるくらい。規定量の洗剤を投入して軽くかき混ぜておきます。

浴槽
撮影:YAMAHACK編集部
生地を傷めることがあるので、寝袋のファスナーやベルクロをすべて閉じます。軽くたたんだ状態で空気を抜きながら浴槽につけていきましょう。
★ワンポイントアドバイス
洗剤は気持ち少なめに。多めに入れてしまうと洗剤が残ってしまい、ダウンの性能が低下する一因になります。

手順3.やさしく踏み洗い

踏み洗い
撮影:YAMAHACK編集部
かなり空気を含んでいるので、全体的に空気が抜けるように押し洗いしていきます。足でふみ洗いすると楽ちんです。ぬるま湯が汚れで濁ってきたら、すすぎをしましょう。
★ワンポイントアドバイス
生地や中わたが傷む原因になるので、力任せに洗ったり、絞ったりしないように注意。

手順4.きれいになるまですすぐ

撮影:YAMAHACK編集部(き、きたない……!)
洗い終わると、ぬるま湯がかなり濁りました。

すすぎ
撮影:YAMAHACK編集部
下記①~③を、水が濁らなくなるまで繰り返します。

①浴槽の栓を抜いて自然に水が出るのを待つ
②軽く巻き上げながら、押して水を抜く
③きれいな水に入れ替える

洗剤がダウンに残らないように、確実にすすぎましょう。

撮影:YAMAHACK編集部
今回は、5回すすぎを繰り返しました。1回目と比べてみると、湯船の栓が見えるほど水が透明になったのがわかります。
★ワンポイントアドバイス
水圧が弱めのシャワーで水をかけながらすすぐと、早くすみますよ!

手順5.脱水(脱水機は使わない)

脱水
撮影:YAMAHACK編集部
すすぎが終わると、次は脱水です。今回の寝袋は脱水NGのため、洗濯機の脱水は使いません。ギュッと力を入れて絞ると中わたや生地にダメージを与えるのでNG。丁寧に手で水を押し出します。

ある程度水が出たら、バスタオルでさらに水を吸い取りましょう。

手順6.乾燥機で乾燥

乾燥機
撮影:YAMAHACK編集部
低温設定で乾燥機にかけます。自宅にない場合は、コインランドリーでもOK。目安としては、夏用は10~20分、冬用は30~40分です。かけすぎてしまうと、生地や中わたが傷むこともあるので注意。

また使用年数が長い寝袋はほつれやすいため、乾燥機を使わずに自然乾燥させる方が安心です。
★ワンポイントアドバイス
一気に掛けないで、5~10分ごとに一時停止し、手で触って乾き具合を判断しましょう。寝袋を両手でたたくようにすると、ダウンがほぐれ、偏りを防げます。

手順7.風通しのいい日陰で干す

すのこ
撮影:YAMAHACK編集部
日陰の風通しがいい場所で干します。最初は物干しに吊るして干したのですが、中わたの偏りが気になったので、ジッパーを広げ、スノコの上に敷いて干しました。表面は乾いていても、内部が湿っている場合も。完全に乾くまで1週間程度をみておきましょう。
★ワンポイントアドバイス
ダウンが偏っているところ、固まっているところなどがあったら、手でほぐしてならしましょう。

手順8.乾燥後、撥水剤を表生地にスプレー

撮影:YAMAHACK編集部
もともと撥水加工がされている寝袋には、スプレーで撥水回復を。
撥水加工がされていない種類にスプレーをしても効果が薄いため、その場合は寝袋にカバー(シュラフカバー)を用意して濡れ対策をするのがオススメです。

▼シュラフカバーについてはこちらの記事をチェック

圧縮袋での保管はNG!ダウンを圧縮しない保存用の袋を


保管
撮影:YAMAHACK編集部
寝袋が完全に乾いた後は、付属のスタッフバッグではなく、圧縮しないように保管。保管用の大きな袋を使用することで、汚れや中わたの偏りを防いでくれるので、機能が長持ちします。

●モンベル
提供:mont-bell

通気性がいいメッシュタイプ|ストリージバッグ メッシュ
・サイズ:∅34×83cm
・素材:側面:ポリエステルメッシュ、底:40デニール・ナイロン・タフタ
ホコリが入らないタイプ|ストリージバッグ タフタ
・サイズ:∅34×83cm
・素材:45デニール・ナイロン・タフタ

ストリージバッグ メッシュストリージバッグ タフタ
●イスカ(ISUKA)

ITEM
イスカ コットンストリ-ジバッグ
●サイズ:35×75cm
●素材:コットン
●カラー:生成り

●ナンガ(NANGA)
ITEM
ナンガ メッシュバッグ
●サイズ:Φ33×80cm
●素材:ポリエステル
●カラー:ブラック

面倒な人には、クリーニングサービスもオススメ

寝袋
出典:PIXTA
「かなり大変そう」「面倒」「私にはムリ」、そんな人には、専用のクリーニングサービスがオススメ。専門スタッフが丁寧に仕上げますので安心です。自分で洗濯して失敗した寝袋も復活できることがあるそうなので、相談してみましょう。

テントクリーニング.com

テントクリーニング.comは、テント・タープ・シュラフ・アウトドアウェア専門の宅配クリーニングサービスです。キャンプ場から濡れたまま、汚れたまま送ることも可能。

テントクリーニング.com

洗匠屋 -SENTAKUYA

洗匠屋は、寝袋やテントなどのキャンプ用品に加え、ウェアやバックパックのクリーニングも行っています。

洗匠屋 -SENTAKUYA

清潔な寝袋で、快適山ライフを!

快眠
出典:PIXTA
アウトドアで使う寝袋は、決して清潔な場所で使用するとは限りません。とくに登山で使う場合は、汗や汚れが体に付いたまま使用することが多いですよね。

繰り返し使い続ければ、寝袋が汚れてくるのは当たり前。一晩一緒に過ごす寝袋なので、清潔だと山の上でより快適な睡眠が取れること間違いなしです。

正しい洗濯法や保管法を実践して、より快適な山ライフを送りましょう!

この記事を読んだ人はこちらもチェック

紹介されたアイテム

ニクワックス ダウンウォッシュ
TEAR-AID TYPE-A 補修パッ…
イスカ コットンストリ-ジバッグ
ナンガ メッシュバッグ
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

30泊~50泊で洗濯が必要
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
黒田猫太郎

IT関連の超インドア人間が、パートナーの影響で山人間に。今では、パートナーよりも山にはまってしまいました。九州を中心に山歴20年。なのに、一向に上級者になる気配が無い、猫好き酒好きのヘタレ山ヤです。パートナー&猫3匹と同居中。愛車ジムニーで山を徘徊中。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」