ダウン洗濯

ダウンウェアを自宅で洗濯する方法!簡単3ステップで《ふんわりキレイ》に仕上がる

2022/03/11 更新

冬の防寒着の定番の『ダウンウェア』。寒い時期は、山でも街でも大活躍するアイテムですよね。でも意外と見落としがちなのが、お手入れ。洗わずにそのまま放置していませんか?実はものによっては、自宅で洗濯ができるんです。今回は秋冬に活躍したダウンを来シーズンも気持ちよく使うためのお手入れ方法を解説。ちゃんと洗っておかないと実はダウンウェアって結構汚れているんです……。しっかりとお手入れすれば、ふんわりとした着心地も復活しますよ!

目次

アイキャッチ画像撮影:YAMA HACK編集部

そのダウンウェア洗わないと汚れてますよ!!

ダウンの汚れ

撮影:YAMA HACK編集部

写真は2年間、街やキャンプで着たダウンジャケットを洗った後のお湯。ハッキリと違いがわかるくらい、お湯が汚れています。
洗濯前 袖の汚れ

撮影:YAMA HACK編集部

汚れの正体は「皮脂」や「ホコリ」。特に袖や襟の部分は直接肌に触れやすいため、汚れが目立つ部分です。

秋冬のアウトドアシーンで欠かせないダウン製品。寒い時期は毎日のように着ているのに、洗濯したことがないという人もいるのではないでしょうか。

汚れ以外にも、影響がでる?

ダウン比較

撮影:YAMA HACK編集部

ダウン製品の保温力は、ロフトと呼ばれる「膨らみ」によって維持されています。ダウンの膨らみ内に暖かい空気の層ができることにより、寒さからあなたを守ってくれます。

しかし汗や皮脂などの汚れによりダウンの膨らみが弱くなり、結果的に保温力が下がってしまうことも。

ダウンウェアは自宅で洗えるって知ってる?

洗濯

出典:PIXTA

「ちょっと汚れてしまったかな?」と思っても、頻繁にクリーニングに出すとクリーニング代が気になってためらってしまう、という人も。しかし素材にもよりますが、ダウン製品は自宅で洗濯をすることができるんです!

クリーニングに出すと平均2,000円~3,000円。一方、自宅で洗濯をした場合、専用洗剤を用意して自分で洗う手間は増えますが、洗剤一本用意すれば何度も洗濯をすることができるので、一回あたりは数百円程度

ダウンウェアの洗濯はたったの3ステップ!

ダウン製品の洗濯は難しそうに思えるかもしれませんが、いくつかの注意事項を守れば大丈夫。簡単に洗濯することができるので、ぜひやってみてください。

基本的な手順は普通の洗濯物と同じ

手洗い

出典:PIXTA

ダウンウェアはデリケートな製品ですが、基本的には普通の衣類と同じ流れで洗濯可能。
【1】手洗い
【2】すすぎ・脱水
【3】乾燥

の順で行います。

洗濯前に必ず”洗えるか”チェックしよう

洗濯表示

撮影:YAMA HACK編集部

洗濯を始める前に、必ず洗濯タグを確認しましょう。「洗濯機マーク」「手洗いマーク」などがあれば自分で洗濯できますが、表示がない場合はクリーニングに出す必要があります。また、洗濯できない生地(レザーなど)が使われていないかも確認しましょう。

それでは実際の手順を見ていきます。

1 / 3ページ