リュック洗濯 アイキャッチ

【登山・旅行用リュック】は洗濯機or手洗い?素材別ベストな洗濯方法を大公開

登山や旅行で使用したリュックの汗の染み込みや汚れ・・・そのまま放置して大丈夫なの?と不安になる人も多いでしょう。使用頻度が高いからこそ、自宅で簡単きれいに洗濯したい!ただ間違った洗濯の仕方は劣化の原因に。洗濯機や手洗いでの正しいリュックの丸洗い方法を紹介していきます。

目次

アイキャッチ出典:PIXTA、編集:YAMA HACK編集部

汗だくリュックをきれいさっぱり洗濯しよう

相棒の登山リュク 長く大切に使おう

撮影:YAMA HACK編集部

登山や旅行でリュックを使うと、汚れや汗による匂いが気になるところ。洗濯してスッキリきれいにしたいですよね。

ただ間違った洗い方をしてしまうと形崩れや色落ちの原因になるため、正しい洗い方や干し方、清潔に保つ保存のポイントを押さえて、リュックを丸洗いしていきましょう。

本当に今洗うべき?洗濯時期と素材の確認をしよう

お気に入りのリュックを洗濯する前に、2つ確認したいことがあります。

洗いすぎは劣化の元!本当に今洗うべきか考えよう

リュック 洗濯しすぎは劣化の原因になる

撮影:YAMA HACK編集部

リュックには撥水や防水加工が施されているものが多く、洗剤を使って洗うと機能が落ちて劣化の原因につながります。洗う頻度は多くても年に1〜2回がおすすめ。

登山リュックの場合はシーズンが終わった時に洗うのがいいでしょう。

部分洗いしよう

撮影:YAMA HACK編集部
とはいえ汚れをそのまま放置すると撥水性の劣化原因に。小さな汚れは部分洗いで使用後すぐに落としましょう。

 

部分洗いの手順

①タオルに中性洗剤を混ぜた水を含ませる

②よく絞ったものをポンポンと叩きながら汚れ部分を落とす。

③その次に水だけ含ませたタオルをよく絞ってからポンポンと押し洗い

④よく乾かせば完了!

素材を確認して、ベストな洗い方を決めよう

リュック 洗濯 洗濯表示

撮影:YAMA HACK編集部

まずは、洗いたいリュックの素材を確認しましょう。

リュックの中についている洗濯タグを見て、絵表示がついている場合はその通りに洗濯をします。洗濯表示がない場合は、リュックの種類を検索し、どんな素材が使われているのか調べてみましょう。

リュック 洗濯 洗濯絵表示 素材別洗濯方法、ポリエステル・ナイロン・布は水洗いOK。合皮や本革は水洗いNG。

作成:YAMA HACK編集部(クリックで拡大します)

ナイロン・ポリエステル・布素材のリュックは、基本的に水洗いできるので洗濯機洗いOK。合皮や本革製品は劣化に繋がってしまうため、水洗いはNG。コーティングといってクリーナーやオイルを使った手入れが必要になります。

登山用のリュックは、型がしっかりとしているものが多いため、形崩れしないように手洗いが基本。まずは正しい手洗いの手順を確認しましょう!

【手洗い編】機能性を落とさず登山用リュックを丸洗い

登山用に使っている28Lリュックを洗っていきます。洗い方の全容はこちら!

 

登山リュックの手洗い方法

①取り外せる部品は全て外す

②桶や湯船にお湯を溜めて押し洗いをする

③汚れがひどい場合は中性洗剤を投入

④細かいところはスポンジで洗おう

⑤水を変えてすすぐ

⑥水気を切る

 

各項目ごとのポイントを細かく見ていきましょう。

手順①取り外せる部品は全て外す

リュック 手洗い 部品をとる

撮影:YAMA HACK編集部

登山用リュックは背中に板が入っていることがあるので、これは取り除きます。この板は濡らしたタオルで拭くといいでしょう。

水に浸けた時の水捌けをよくするために、チャックは全開に。中にものが入っていないかも確認します。

1 / 3ページ