うろこスキー

転ぶのも楽しい!?超絶景の場所で「うろこスキー」を実際にやってみた【実践編】

2022/10/06 更新

雪山を自由にスキーでハイキングする「うろこスキー(BCクロカン)」という遊び。最近人気が出てきていますが、道具やその使い方は謎に包まれています。【魅力&準備編】に続き、この【実践編】では、歩き/登り/滑りという基本の動作を動画で紹介。思ったよりも難しくない(?)うろこ遊びにぜひ挑戦してみてください!

目次

「スキーはやったことがないんですけど……」

以前【前編】の記事では「うろこスキーってどういうもの?」「うろこスキーの楽しみ方」を紹介しました。

ですが、友人をうろこスキーに誘うときに当たる壁がそもそもスキーをやったことがない」「学生時代にスキーをやったっきりというもの。だからちょっと躊躇されてしまいます。「歩くスキーだから」「転んでも平気だから」と言っても、なかなかイメージが湧きにくいようです。

なので今回は「うろこスキーってどんなふうに滑ればいいの?難しいの?」を知ってもらうために、長野県白馬村でうろこスキーのツアーを開催している、「うろこ先生」こと高橋誠さん(落倉バックカントリーフィールド)に、うろこスキーでの基本の動作(歩く/登る/滑る)を教えてもらいました。

うろこ先生 高橋 誠さん

高橋 誠さん
NPO法人落倉バックカントリーフィールド代表。30年以上前に白馬村に移住。落倉エリアの里山の整備なども行い、うろこスキーやスノーシューでのガイドツアーを行っている。イベント「うろこざんまい」のメインオーガナイザーでもあり、うろこ先生として初心者でも楽しめる歩くスキーを伝導中。

「スキーをしたことのない人のほうが1日で上達しますよ」

冒頭の質問に対して、高橋さんの答えはきっぱり。

高橋さん
スキーをやったことがあるお父さんが転びまくってバテてしまい、経験のないお母さんと子どもがスイスイ滑れてしまうというパターンも多いんですよ(笑)

その理由は、前編でも紹介したうろこスキーならではの不安定さ

アルペンスキーであれば足とプラスチック製ブーツと板がしっかり固定されているので、スピードを出したり、多少力任せにターンをすることができます。

一方のうろこスキーは、革製のブーツの先端だけが板に固定されているという状態。足元が常に不安定なので、勢いをつければ前のめりになり、力任せにターンをすれば転んでしまうのです。

だから、アルペンスキーの経験があるからといって、同じようにできるわけではない。むしろ先入観がないひとのほうが上達が早いこともあるのです。

アルペンとうろこの違い

作成:YAMA HACK編集部(写真出典:PIXTA)

初めてでもテンションが上がる場所へGO!

栂池自然園

今回教えてもらうために行った場所は、登山でもおなじみの栂池自然園。夏は湿原が広がる場所なので急斜面もなく、初心者の練習にはぴったりです。

何よりこのロケーション!目の前に白馬三山がドーーーンとお出迎え!! ここをスノーシューより速く、自由に歩けるというだけで、ものすごくテンションが上ります。

1 / 3ページ