登山のロープワーク

サラッとできたら男前! 登山で役立つ3つのロープワーク【動画解説付】

ロープの結び方によってさまざまな用途に活用できるロープワーク。「登山で使うロープワーク」と聞くとクライミングやバリエーションルートをイメージする方が多いかもしれませんが、それだけではありません。テント泊やビバーク時にも使える便利な結び方を覚えて、テント場でサラッとやってしまえば、注目を浴びること間違いなし。ロープワークを習得して、他の登山者に一歩差をつけちゃいましょう!

目次

アイキャッチ画像撮影:ぶん

クライミングはやらないけど… 登山でロープワークって必要?

ロープを持つ人
出典:PIXTA

ロープを結ぶことで、さまざまな用途に活用できる『ロープワーク』。この技術を「登山で使う」とすると、穂高や剱岳などの岩壁を登る難関ルートをイメージする方が多いのではないでしょうか。

もちろんクライミングにおいてロープ技術は必須ですが、登山で使えるロープワークはそれだけではありません。

ロープワークを覚えておくことで、テント泊やビバーク時などに不要な装備を減らし、より軽量でシンプルな登山を楽しむことができるんです。

ロープワークって聞いたことあるけどよくわからない…

様々なロープワーク

撮影:ぶん

一括りにロープワークといってもその種類はさまざま。世の中には3,000種以上のロープワークがあると言われ、また一つの結び方であっても「和名」や「英名」などが存在します。

そう聞くと、なんだか気が遠くなってしまいますよね。でもご安心を!

登山で押さえておきたいロープワークは多くても10種類程度。どれもコツを掴めば簡単に結べるものばかりです。それだったら「なんとか覚えれそう」という感じがしてきませんか?

ロープワークの“大切なポイント”3つ

ロープワークのポイント

制作:ぶん

ロープワークは3つの基本的な考え方から成り立ちます。

①手順が簡単で結びやすい

一度手順を覚えてしまえば、感覚的にサッと結ぶことができます。目を閉じても結べるようになれば完璧!
②解きたい時は解きやすい
結びはとても頑丈なのに、いざ解きたいときにはパッと解けるのがロープワークの大事なポイント。
③安全、信頼性が高い
何よりも強度に優れているので、山の上であっても安心して使用することができます。

実際のところ「結べればなんでもよくない?」と思っている方も多いかもしれませんが、環境が変わりやすく素早い行動が必要な登山こそ、ロープワークが大活躍するシーンでもあるんです!

登山で使えるロープワーク“BIG3”が登場!

ロープワーク3種

撮影:ぶん

今回はそんな数あるロープワークの中から、テント泊や非常時のビバークなどを想定し、3つの結びをチョイス。

【1】ボーラインノット(和名:もやい結び)難易度:★★☆☆☆
【2】トートラインヒッチ(和名:自在結び)難易度:★★★★☆
【3】エバンスノット(和名:二重止め結び)難易度:★★★☆☆

それぞれのロープワークを見ていきましょう。

1 / 3ページ