シェルパ

”ヒマラヤの案内人”シェルパ。何度もエベレストに登るスゴさだけでなく意外な一面も・・・

皆さんは”シェルパ”と呼ばれる人たちを知っていますか?ヒマラヤの案内人として、超人的な体力で荷物を担いで登山者をサポートしているイメージがあるシェルパ。しかし、その姿は謎に包まれています。実際にシェルパとしてエベレスト登頂経験のあるラマさんに、謎に包まれているシェルパについていろいろと教えてもらいました。

目次

アイキャッチ画像出典:PIXTA

エベレストに24回も登ったツワモノも!? ”シェルパ”って一体・・・

ヒマラヤ

出典:PIXTA

ヒマラヤの山を登ったことがある人もない人も、エベレストに登頂した人のニュースなどで、”シェルパ”という言葉を一度は聞いたことがありませんか?

もちろんエベレストに登る人もスゴいんですけど、ほぼ毎回ニュースに出てくるこの”シェルパ”という存在。この人たちも「実はめちゃくちゃスゴい登山家なのでは?」と気になってしまいました。

少し調べてみると、じつはこの”シェルパ”という言葉には「民族」「ヒマラヤの案内人」という2つの意味があったんです。

”民族”としてのシェルパ

シェルパ族

出典:PIXTA

もともとシェルパは、ネパールに暮らす少数の山岳民族であるシェルパ族のことを表す言葉でした。シェルパ族はエベレストの南麗、ネパールの東部に位置する地方に住んでおり、人口はネパールの総人口の約0.5%ほど。

世界的な観光地で暮らしながら、主に農業や放蓄業で生計を立てています。

”ヒマラヤの案内人”としてのシェルパ

シェルパ

出典:PIXTA

シェルパ族の中には、ヒマラヤの山々を案内する仕事を生業としている人もいます。そんな山岳ガイドのような案内人を表す言葉として世界中の人々に浸透しているのが、同じくシェルパという言葉です。

今ではシェルパというと、この案内人をイメージする人が多いのではないでしょうか?

なかでもテンジン・ノルゲイは世界でもっとも有名なシェルパの一人でしょう。彼は1953年5月29日に人類が初めてエベレスト登頂に成功した時、エドモンド・ヒラリーと共にエベレストに登ったのです。つまり、シェルパはエベレストの初登頂時からヒマラヤの登山隊を支えていると言えます。

知られざるシェルパの世界

シェルパについて少し理解が深まったと思いますが、実際に会ったことがある人は少ないはず。大量の荷物を担ぎ、高山病が危惧される高所でも活発に活動できる、まさに超人的なイメージがあるシェルパ。実際にはどんな人々なのでしょうか?

エベレストにも登頂したシェルパに突撃取材!

ラマ・ゲルさん

提供:ラマ・ゲルさん

今回お話を伺ったのは、長野県に暮らしているラマ・ゲルさん。1977年に生まれ、シェルパとしてエベレストはもちろん、チョ・オユーやシシャパンマなどの著名な高峰に登山者を案内してきた本物のシェルパです。

さっそく気になる質問に答えて頂きました。

意外や意外。実はシェルパは会社員?

シェルパ

ライター吉澤
早速なんですが、ネパールには数多くの山があります。シェルパが働く山域は決まっているのでしょうか?

ラマさん
働く山域は決まっていません。基本的には、全ての山を案内することが多いです。ただ、所属している会社から経験や出身地などによって、案内する山域を割り振られる場合もあります。

ライター吉澤
えっ!シェルパって会社に所属しているんですか?初めて知りました。企業の指示に従うというのは日本のツアーガイドと同じですね。

シェルパが所属する登山・トレッキングのサービスを行うトレッキング会社は1,000社以上もあるのだそう。

人数は1,000人以上?なかには国際山岳ガイドの人も

エベレスト

出典:PIXTA

ライター吉澤
シェルパとして働いている人は、何人くらいいるんですか?

ラマさん
はっきりとした人数までは分かりませんが、1,000人以上はいると思います。

ライター吉澤
思ったよりもたくさんいるんですね。なかには女性もいるんですか?

ラマさん
はい、近年はたくさんの女性が活躍しています。今では、60名くらいのシェルパが国際山岳ガイドの資格を持って働いていますね。

ライター吉澤
体力が必要とされている現場で、女性が活躍しているとは凄い。

2019年の6月にはエベレストに登った性別の最多記録が更新され、男性シェルパでは24回女性シェルパでは9回という記録が打ち立てられました。

やっぱりシェルパは強い!だけど、意外な一面も・・・

1 / 2ページ