この夏絶対泊まりたい!SNSにアップしたくなる、レトロでフォトジェニックな山小屋

2019/11/08 更新

思わず写真に収めたくなる。そして、SNSでみんなに見せたくなるような、そんなフォトジェニックで、レトロな山小屋を知っていますか?家具、料理、星空、動物たち。歴史ある山小屋には、その長い営みの中で培って来た、それぞれの独自の持ち味があります。今回は、この夏の山行におススメの山小屋12選をご紹介します。たまには山小屋から行先を決めてみるのも、面白いですよ。

アイキャッチ画像 出典:PIXTA

「山小屋」にどんなイメージを持っていますか?

レトロな山小屋
出典:PIXTA
「山小屋」と聞いてあなたが思いうかべるのは、どんなイメージでしょう?山にあるホテルのような場所、緊急避難場所的な所、などいろいろなイメージがあるのではないでしょうか。

今変わりつつある、山小屋

レトロな山小屋
出典:PIXTA
もしかしたら、山小屋に

・「暗い」
・「汚い」
・「厳しい(ご主人やスタッフが)」

の「3K」のイメージを持っている人もいるかもしれません。確かに、山小屋は都会のように自由に電気を使えるわけではないですし、安全のためには守らなくてはいけないルールもあります。昔はよくないイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、今の山小屋は登山者の多様化にともない、サービス面に力を入れるところが増えています。おいしい山ごはんやスイーツ、設備面での快適性UPなど、小屋ごとに色々な工夫があり、それぞれの独自の持ち味を楽しめる場所となっているのです。。

レトロな雰囲気がたまらない!フォトジェニックな山小屋

レトロな山小屋
出典:PIXTA
では実際どんな山小屋が人気なのでしょうか。思わずSNSにアップしたくなる、ほっこりした雰囲気のレトロでフォトジェニックな山小屋を紹介します。

レトロな達磨ストーブがかわいい!【安達太良山|くろがね小屋】

くろがね小屋
出典:PIXTA
安達太良連峰鉄山の下にある、昭和28年開業の山小屋。山小屋には珍しい、源泉かけ流し温泉が年中無休で楽しめます。

ヤマレコ/trango
館内には可愛いレトロな達磨ストーブが。寒い時には、見た目にもほっこり温まります。宿泊すると、秘伝レシピの「名物くろがね小屋カレー」を夕飯に頂けますよ。
ヤマレコ/trango
2020年4月より、老朽化による建替え工事がはじまります。それまでに、レトロな小屋を味わいに行ってみませんか?
問い合わせ先〒964-0075 福島県二本松市永田字長坂地内 TEL:090-8780-0302(衛星電話)
宿泊料金宿泊料:大人 3,810円、子供 2,780 食事:朝食 820円、夕食 1,540円 入湯税:150円 冬期加算料:310
定員50名
温泉日帰り入浴可。大人 410円、子供 210円。
その他休憩所あり(冬期加算料:310円)
くろがね小屋


古民家風の喫茶店でまったり過ごせる【尾瀬|長蔵小屋】

出典:PIXTA
尾瀬の沼尻にある、明治23年創業の山小屋。昭和9年築の現在の建物は、まるで昔の小学校の校舎のような、ノスタルジックな外観をしています。
向かいの尾瀬沼ビジターセンターの先には別館が。ここには古民家風の喫茶店があり、コーヒー、ハーブティー、ケーキ、ピザなど、軽食を頂けますよ。また温泉ではありませんが、お風呂もあります。暑い夏に汗を流せるのはありがたいですよね。トイレには温水洗浄便座を完備。キレイで快適です。
問い合わせ先TEL:0278-58-7100
宿泊料金2食食付き:大人 9,000円、子供 6,500円、幼児 4,000円 素泊まり:大人  6,000円、子供 3,500円、幼児 1,000円 4~6月、9~11月の寒冷期には暖房料金(100円)が別途必要。
営業期間例年4月下旬~10月下旬ごろ
その他翌日用、おにぎり弁当も700円の販売あり。
長蔵小屋

「ただいま」と言いたくなる小屋【北アルプス|船窪小屋】

ヤマレコ/mayutsubo
北アルプス七倉岳の稜線に建つ、お母さん、お父さんと呼ばれるオーナー夫妻が守って来た、創業60年の山小屋です。電気が来ていないため、灯りはランプ、暖房は囲炉裏で。厳しいコースだからと、美味しい食事で温かく迎えてくださいます。
Facebook/船窪小屋
手作りで心がこもった夕飯は、登山者の間でも美味しいと評判です。電気のない小屋の、ランプの灯りの下で頂く食事は、いつもにも増してありがたく、身に沁みます。
Facebook/船窪小屋
夕飯後は囲炉裏を囲んで、お父さん、お母さん、お客さんで、お茶を飲みながらお話を。電気がないと不便なこともありますが、それ以上に、心温まる一夜を過ごせますよ。
問い合わせ先小屋直通携帯電話:080-7893-7518 白馬ベルグハウス:0261-83-2014
宿泊料金1泊2食食付き:9,500円 1泊夕食付き:8,500円 素泊まり:6,500円 食事のみ:夕飯 2,000円、朝食 1,000円 テント設営料:500円
営業期間7月1日~10月の連休の最終日まで。 (2019年は10月14日まで)
その他お弁当をお願いできます(700円) 水:100円/500ml 女性専用トイレあり
船窪小屋

本格ドリップコーヒーと、オリジナルビールでほっと一息【奥秩父|富士見平小屋】

出典:PIXTA
埼玉・東京・山梨・長野にまたがる秩父多摩甲斐国立公園内、瑞牆山・小川山・金峰山の分岐点にある山小屋。本格ドリップコーヒーと、オリジナルクラフトビールが人気の、ランプの小屋です。
Facebook/富士見平小屋
富士山が美しく見える、自然に囲まれた場所ですが、駐車場から徒歩45分と近いため、コーヒーやビールを楽しみにだけ来る方もいるのだとか。
Facebook/富士見平小屋
山に登らなくても、動植物の気配を感じ、星を見て、のんびりするだけでも、ステキな時間を過ごせますよ。
問い合わせ先090-7254-5698
宿泊料金1泊2食食付き:9,500円 素泊まり:4,500円 食事のみ:5,000円(朝食と夕食) 冬季(11/1~4月末日)はプラス500円
営業期間通常営業:4月1日~翌年1月3日まで(週末以外、不定休) 冬季営業:1月~3月末まで(1泊2食付で3人以上、もしくは素泊り6人以上から予約を承ります)
その他人気のコーヒーは5種類、800円~ こちらも人気、自家製バラジャム付き紅茶は800円 地ビールは3種類(富士見平小屋ビール、瑞牆ビール、ロッククライマービール )、1,000円~ 売店では若あるじと若おかみ手作りの、可愛いオリジナル革小物を販売しています。
富士見平小屋

レトロなカフェルームは居心地抜群!【霧ヶ峰|ころぼっくるひゅって】

Facebook/ころぼっくるひゅって
霧ヶ峰、車山肩駐車場からすぐにある、昭和31年創業の山小屋。可愛い佇まいで、気持ちの良いテラスからは湿原を見渡せます。カフェメニューが充実していて、センスの良いオリジナルグッズも豊富。
Facebook/ころぼっくるひゅって
注文が入ってから作ってくれるサイフォンコーヒー「ころぼっくるブレンド」は、ゆっくり過ごして欲しい気持ちから、カップ1杯半のたっぷりサイズ。肌寒い日はカフェルームで、創建時からあるレトロな調度品に囲まれて、のんびり過ごしましょう。
Facebook/ころぼっくるひゅって
宿泊は10名のみと、こじんまり。冬場はダイニングにある薪ストーブに火が入ります。テラスから星を眺めたり、ストーブのそばで本を読んだり、静かな夜を過ごしてみませんか。
問い合わせ先〒392-0008 長野県諏訪市霧ヶ峰車山肩 TEL:0266-58-0573
宿泊料金1泊2食食付き:8,800円 1泊朝食付き:7,300円(4月中旬~11月のみ) 素泊まり:6,500円 ※小学生からは大人料金、未就学のお子さんは半額です。
営業期間通年。 カフェの営業は4月下旬~11月末のみ。(8:00~16:30)
その他お風呂とシャワーあり(渇水時には使用不可) お弁当をお願いできます。(要予約。4月中旬~11月限定。500円~)
ころぼっくるひゅって

朝食の贅沢な厚切りトーストはインスタ映えも間違いなし!【八ヶ岳|しらびそ小屋】

ヤマレコ/anby
北八ヶ岳のみどり池の畔にたたずむ、創業57年の山小屋。小屋の周りには美しい苔むした森が広がります。山ガールが憧れ、一度は泊まってみたい山小屋に必ずランクインすると言っても良い人気の山小屋です。とってもアットホームな雰囲気で、温かいお茶とかりんとうで迎えてくださいます。小屋の周りには餌場が設置してあり、リスや小鳥もやって来ます。この小屋に泊まるためだけに八ヶ岳へ来る方も。
ヤマレコ/Hitoto
なんと言っても有名なのが、朝ごはんの厚切りトースト(数量限定・要予約)。オリジナルカップに入ったコーヒーを頂きながら、窓から可愛いリスや小鳥を観察しつつ過ごす時間は、とっても贅沢な気分を味わえますよ。
問い合わせ先〒384-1301 長野県南佐久郡南牧村海尻400-3 TEL:0267-96-2165、FAX:0267-96-2195 山小屋直通電話(冬季も営業):090-4739-5255
宿泊料金1泊2食食付き:大人 8,500円、小学生 8,000円、幼児 5,000円 素泊まり:大人 5,500円、小学生 5,000円、幼児 2,000円 テント料金:700円/1人 ※10~5月くらいまで、暖房費として800円追加。※17時以降に当日の夕食をご注文した場合、500円追加。 ※個室あり(1部屋):部屋代として3,000円追加
営業期間通年
定員40名
その他お弁当をお願いできます。(夏季のみ、700円)
しらびそ小屋

名物のビーフシチューでほっこり暖まろう【八ヶ岳|黒百合ヒュッテ】

ヤマレコ/maboko
北八ヶ岳、天狗岳への分岐にある、創業63年の山小屋。中山峠を越える小屋横の道は、縄文時代から続くと言われる古の道。軽食メニューが充実していることでも知られています。
ヤマレコ/TORAPOPO
街のレストランも顔負けな本格ビーフシチューが有名で、宿泊だけでなく、休憩での利用者も多数。また、スイーツやドリンク類も豊富なことから、女子にも大人気です。
ヤマレコ/kazu1110
食堂にはピアノがあり、定期的にコンサートが開かれています。特に、年末年始に長年行われているフォルクローレコンサートは、すっかり風物詩に。いつもの小屋泊とは少し違った時間を過ごせますよ。
問い合わせ先〒391-0013 長野県茅野市宮川8065-1 小屋直通TEL:090-2533-0620 FAX兼用TEL:0266-72-3613
宿泊料金1泊2食食付き:8,500円~ 素泊まり:5,500円~ ※冬季は暖房費(500円)追加。 ※個室あり(1部屋):部屋代として3,000円追加
営業期間通年
定員150名
その他喫茶営業時間: 9:00~15:00
黒百合ヒュッテ

薪ストーブとランプの小屋【八ヶ岳|山びこ荘】

やまびこ荘
出典:PIXTA
夏沢峠にある、明治15年創業の本沢温泉グループの山小屋。薪ストーブとランプが灯る、小さく、静かな小屋です。なんと、ここにはヤマネとモモンガの住処が。部屋の中で、彼らに会うことができますよ。
ヤマレコ/kinokooo
窓の外に餌場を作ってあるので、昼間は遊びに来る小鳥(ウソ)を見ながら、コーヒーやカレーを頂くこともできます。
ヤマレコ/orceros
モモンガは5月末頃、ヤマネは6月上旬頃から姿を現します。夜行性なので、会えるのは夜や早朝。あまり人を怖がらないので、ひまわりの種を食べたり、遊んでる姿を、思う存分観察できます。 もちろん、写真撮影もOK。
問い合わせ先090-5446-1205
宿泊料金1泊2食食付き:大人 7,500円、小学生 6,500円 1泊夕食付き:大人 6,600円、小学生 6,000円 1泊朝食付き:大人 6,000円、小学生 5,500円 素泊まり:大人 4,500円、小学生 4,000円
営業期間5月下旬~11月上旬
その他お弁当お願いできます(800円) 宿泊の際、お願いすると本沢野天風呂入浴記念券を発券してもらえます。(本沢にて差額を支払うと、内湯の利用も可)
山びこ荘

アツアツの揚げパンが名物のランプの小屋【八ヶ岳|高見石小屋】

北八ヶ岳にある、原生林に囲まれた山小屋。バス停や駐車場からあがりやすいことで、初心者にも人気。小屋の裏にある高見石からは、白駒池方面の景色を一望できます。
ヤマレコ/sato6
昼はテラスに遊びに来るリスや小鳥、ホシガラスなどを観察。夜にはランプの灯がともり、天気の良い日は350ミリの天体望遠鏡でスターウオッチングを楽しめます。
ヤマレコ/sato6
そして何より人気なのが、揚げパン。注文を受けてから揚げるので、いつもアツアツ。2つセットで、4種類の味から2つを選べます。美味しいのはもちろん、ころんとした可愛い姿にも癒されますね。
問い合わせ先〒253-0063 茅ヶ崎市柳島海岸2-27 TEL:0467-87-0549(八ヶ岳ネイチャークラブ)
宿泊料金1泊2食食付き:8,500円 素泊まり:5,000円 個室:3~4人用 1室につき3,500円追加、6~7人用 1室につき7,000円追加 テント:550円/1人 ※10月~5月初旬は暖房費(500円)が必要。 ※連泊の場合、2泊目以降は500円引き。
営業期間通年
その他お弁当お願いできます(900円)
高見石小屋

ボートの上からロマンチックに星空観察も!【八ヶ岳|白駒荘】

白駒荘
出典:PIXTA
標高2100m以上では日本最大の天然湖、白駒池の畔にある大正11年創業の山小屋。苔むした原生林に囲まれた小屋までは、駐車場から徒歩15分。北八ヶ岳登山の拠点として人気です。
白駒池の星空
出典:PIXTA
宿泊予約の際にお願いすると、白駒池に浮かべたボートから星空観察ができます(1日3組限定)。空はもちろん、湖面にも星が映り、まるで星に包まれるような、そんな幻想的な体験をしてみませんか。
Facebook/白駒荘
お風呂やカフェなど、施設の設備も充実しており、山小屋初心者でも快適に過ごせますよ。また、体力に自信のない方は、登山ではなく、池の周囲の散策して過ごすのもおススメ。苔の緑に癒されます。
問い合わせ先〒391-0301 長野県茅野市北山6581 TEL:0266-78-2029、FAX:0267-88-2681 白駒荘直通衛星携帯電話:090-1549-0605
宿泊料金1泊2食付き:8,000円~ プラン、日程により変動 詳細はWEBでご確認ください。
営業期間通年
その他新館にはお風呂、床暖房あり。
白駒荘八ヶ岳以外にもたくさん!レトロな山小屋をまだまだ紹介します!

中華ちまきの名物お弁当でほっこり【野熊野国立公園大杉谷|桃の木山の家】

桃の木山の家
出典:PIXTA
日本三大渓谷のひとつ、大杉谷にある、昭和15年創業の山小屋。屋久島と並ぶ日本一の豪雨地区で、1年間の降水量は4000mm以上にも。目の前の渓谷に渡された吊橋はスリリングだけど、まっすぐに小屋に伸びる姿がキレイです。
Facebook/桃の木山の家
小屋ができるまでは秘境と言われていたこの地域には、野生動物も、植物も、多くの種類が生息しています。特に植物は、日本の植物種の約1/4をここで見ることができるほど。部屋の窓からも美しい緑が見え、バードウォッチングも楽しめます。
人気のお弁当は中華ちまき。日によってはできない場合もあるため、絶対食べたい!と言う方は予約をお忘れなく。
問い合わせ先三重県北牟婁郡紀北町海山区相賀480-170 TEL: 0597-32-2052、FAX:0597-32-1123
宿泊料金1泊2食付き:9,000円 素泊り:5,500円 休憩:500円(環境保全費として。ドリンクサービス付き) 個室:4名用 2,000円、6名用 3,000円(部屋あたりの追加費用)
営業期間4月中旬から11月下旬。
定員250名
その他浴室あり。
桃の木山の家

レトロなイラストに癒される、温かみのある小屋【四国剣山|剣山頂上ヒュッテ】

四国剣山ヒュッテ
撮影:akko_y
四国剣山山頂にある山小屋。リニューアルされた館内はキレイですが、素朴で明るく、温かみのある雰囲気です。現在のご主人は三代目。四代目もいらっしゃいますし、時々先代のご主人も上がって来られます。とてもアットホームな、ほっこりした山小屋ですよ。
Facebook/剣山頂上ヒュッテスタッフ
リフトを利用して途中まで上がって来られることから、宿泊よりも、休憩で利用される方が多いようです。そんな皆さんにも人気なのが、おでん。1品からでもよそって頂けます。ほんのり生姜風味で濃厚な甘さのあめ湯もおススメ。
四国剣山頂上ヒュッテ
撮影:akko_y
お部屋や廊下など、館内のあちらこちらに貼ってある手書きの掲示物が、なんだかとっても可愛いです。イラストもステキ。ぜひチェックしてみてください!
問い合わせ先080-2997-8482
宿泊料金1泊2食付き:9,000円 1泊夕食付き:8,100円 1泊朝食付き:6,400円 素泊り:5,500円 ※ドミトリーの場合は500円引き。 ※小学生以下は1000円引き、幼児は素泊まり料金は無料。
営業期間4月下旬から11月下旬。
その他浴室あり。
剣山頂上ヒュッテ

この夏は、どの山小屋へ行く?

レトロな山小屋
出典:PIXTA
気になる山小屋はみつかりましたか?歴史あるレトロな山小屋には、それまで培ってきた、その小屋ならではのこだわりや、雰囲気があります。そして、思わず写真に収めたくなるようなシーンも。この夏は、そんな山小屋探しに出かけてみませんか?


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
akko_y

兵庫県在住。ある日ふとテレビに映ったヒマラヤへ行きたくなり、山活をスタート。気付けば登山の魅力にどっぷりはまっておりました。ただいま登山ガイド修行中。まだまだ修行が足りませんが、皆さんと一緒に楽しみながら成長していければ幸いです。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!