樽前山|札幌からたった50分で絶景が!男らしい火山×お花畑が楽しめる初心者コース

2018/08/06 更新

札幌から約1時間。山頂がドーム型になっているひと際目立つ山が樽前山は、現在でも火山ガスが噴出している活火山です。7合目まで車で登ることができ、登山道も整備されているため、登山初心者やファミリーでも気軽に登ることができる人気の山。山頂まで約50分で登ることができ、登山道からも絶景を見る事ができるので、観光と一緒に訪れる人も多数!今回はそんな人気の樽前山のメインルートや見どころ、注意点など、人気の秘密を紹介します。

2018年9月6日に発生した地震の影響により、余震や土砂災害などの危険性が高まっているおそれがあります。今後の余震活動や降雨の状況に十分注意してください。(2018/9/6 現在)


アイキャッチ画像出典:PIXTA

樽前山とはどんな山?

樽前山山頂 出典:PIXTA
標高(東山ピーク)山頂所在地山域最高気温(6月-8月)最低気温(6月-8月)
1023m北海道苫小牧市・千歳市支笏カルデラ17.3℃4.7℃
参考:ヤマレコ
北海道の南西部、支笏湖の南側に位置する山が樽前山(たるまえさん)。この一帯は支笏洞爺国立公園に認定されており、活発に活動をする火山やカルデラ湖が点在し、独特の景観を生み出しています。樽前山も活火山の一つで、噴火と陥没を繰り返し三重式活火山という珍しいカルデラを形成しています。最高地点は、火口中央部に突き出た樽前溶岩ドームで標高は1041m、この溶岩ドームは北海道の天然記念物に選定されています。

登山道からも山頂からも素晴らしい眺望!

出典:PIXTA
周囲に高い山が隣接していない樽前山は、山のいたるところで素晴らしい眺望が広がります。眼下に広がる支笏湖やその対岸の恵庭岳、西に目を向けると北海道の名峰、羊蹄山の姿も。そして南側には太平洋を遠望することができます。

80種類以上の高山植物が!お花畑コースも

出典:PIXTA
樽前山山頂一帯には多くの高山植物が生育しており、登山者の目を楽しませてくれます。代表的な高山植物は7、8月に薄紫色の花を咲かせるイワブクロで、樽前山に多く生育していることからタルマイソウという別名があります。

地図も必ずチェック!山と高原地図 ニセコ・羊蹄山 暑寒別岳

登山地図の定番といえばコレ!マップ詳細はもちろん、バスやマイカーでのアクセスにも便利!
ITEM
山と高原地図 ニセコ・羊蹄山 暑寒別岳
発行元:昭文社

樽前山の天気は?

樽前山に行く前に現地の天気をこちらでCHECK!
てんきとくらす(樽前山の週間天気)

樽前山に登る際の注意事項!!

初心者でも手軽に登ることのできる樽前山ですが、いくつか注意事項があります。事前にしっかり確認して、準備しましょう。

山頂周辺は立入禁止区域です

樽前山は噴火警戒レベル1の活火山。近年大きな噴火はありませんが、火口付近では火山ガスや噴気が上がるなど、現在でも火山活動があります。火口原と呼ばれる外輪山の内側エリアは立入禁止となっていますのでご注意を。登山の際には気象庁や自治体のホームページなどで情報を収集してください。
火山情報は気象庁HPを必ず確認
立入禁止区域は苫小牧市HPを確認

山頂付近は火山ガスに注意!!

地図 出典:ヤマプラ
写真の看板にある通り、現在溶岩ドームの南側では火山ガスが噴出しています。外輪山コースでこの付近を通過する際には立ち止まらないよう気を付けてください。

晴れていても必ず上着を一枚!

樽前山は初心者向けのコースであれば軽装でも十分に登れる山です。とはいえ本州よりも冷涼な気候の北海道にありますので、荒天に備えてマウンテンジャケットなどを準備しておくと良いでしょう。とくに南側山腹は、海まで山腹が開けているので、木が倒れるような暴風が吹くこともあるそうです。
ITEM
スワローテイルフーディ
サイズ:S、M、L、XL
素材:Swallowtail Nylon Doubleweave with DWR(ナイロン100%)
重量: 160g(Lサイズ)

▼どんな服着ていく?


【初心者向け】山頂まで1時間!子供も一緒に楽しめる

樽前山は、標高600mを超える七合目の駐車場まで車でアクセスでき、そこから山頂の東山までは一時間程度の歩程です。危険な箇所も少なくファミリーでの登山にも適しています。
出典:ヤマプラ
距離コースタイム日程難易度
3.2km1時間35分日帰り
参考:ヤマプラ
七合目ヒュッテ(45分)→東外輪山(10分)→東山(5分)→東外輪山(35分)→七合目ヒュッテ
樽前山登山口 出典:PIXTA
七合目ヒュッテ付近に車が約50程度停められる駐車場があります。登山口は駐車の奥にあり付近にはトイレもあります。入山届のポストもありますので積極的に利用しましょう。
登ってすぐみられる展望
出典:PIXTA
登山口から10分程度登ると一気に視界が開けます。振り返ると支笏湖が眼下に広がります。この周辺は見晴台と呼ばれベンチが設置され休憩に活用してください。
樽前山の階段
見晴台から程なく森林限界点に達し木々が姿を消します。ここから綺麗に整備された登山道を30分ほど上り詰めると外輪山の取り付きに到着します。
樽前山分岐
出典:PIXTA
外輪山の取り付きに到着すると、火口中心部の溶岩ドームが姿を現します。この分岐で進路を右に取り、樽前山の三角点である東山を目指します。
東山ピーク
出典:PIXTA
分岐から10分程度で東山山頂に到着です。山頂からは素晴らしい眺望は前述した通り、北海道の雄大さが感じられる景色を堪能することができます。

時間がある時は外輪山をグルっと一周

西山ピーク
出典:PIXTA
外輪山の一周の所要時間は約2時間15分です。時間に余裕があれば、この気持ちの良い稜線歩きを楽しみたい所です。東山の反対側には西山(標高994m)があり、東山とは違った景観が楽しめます。

下山はお花畑コースもおすすめ

地図 出典:ヤマプラ
距離コースタイム日程難易度
8.8km4時間25分日帰り★★
参考:ヤマプラ
七合目ヒュッテ(70分)→ヒュッテ分岐(25分)→北外輪山(50分)→東山(40分)→北外輪山(20分)→ヒュッテ分岐(60分)→七合目ヒュッテ


出典:Googlemap
高山植物が好きな方は、東山からの下山路に北東お花畑コースを選択するのがおすすめです。樽前山の北側山腹を横断しながら、シーズンには約100種類以上の花を楽しむことができます。

七合目ヒュッテへのアクセス

●車の場合
【札幌・千歳方面から】
国道453号→276号→大滝への分岐点→青い案内看板→7合目駐車場
【苫小牧方面から】
道道141号→支笏湖方面→7合目駐車場

●電車・高速バスの場合
JR千歳駅→北海道中央バス→支笏湖畔
※そこから登山口付近までの公共交通機関はありません。

【駐車場情報】
駐車台数:約70台
料金:無料

七合目ヒュッテ

樽前山登山の起点となる、七合目にある避難小屋。一般登山客の宿泊はできません。

【中級者向け】樽前山~風不死岳の縦走コース

風不死岳(ふっぷしだけ)は、樽前山の北側に隣接する山で、山腹は支笏湖に張り出しています。樽前山から尾根伝いで登山道が結ばれており、中級者向けコースとして人気です。
※風不死岳ではヒグマの目撃情報が多数あります。必ずクマ対策を行ってください。


出典:ヤマプラ
距離コースタイム日程難易度
10.km7時間15分日帰り★★★
参考:ヤマプラ
七合目ヒュッテ(55分)→東山(45分)→西山(40分)→北外輪山(170分)→風不死岳(120分)→北尾根登山口尾

出典:Googlemap
七合目ヒュッテからスタートし、先に紹介をした初心者向けコースで東山へ。そこから折り返して西山を踏破します。外輪山の北に進むと北外輪山の分岐にあたるので、風不死岳(ふっぷしだけ方面)へ進路を取ります。
出典:PIXTA
樽前山と風不死岳の中間に位置する932峰は、名前の通り標高932mの山です。北外輪山の分岐からは広々とした稜線歩きを楽しみながら山頂へ向かいます。山頂は支笏湖の絶好の展望台です。

出典:PIXTA
932峰から風不死岳へのメインルートに復帰します。登山道は樹林帯に入り、途中鎖場が数か所ありますので注意して進んでください。
風不死岳の標高は樽前山よりも高い1102m。山頂からの展望も勝るとも劣りません。とりわけ美しいのが、視界一杯に広がる支笏湖と対岸に鎮座する恵庭岳からなる景観です。
樽前山~風不死岳への登山道
風不死岳からの下山路は約2時間。ところどころ支笏湖のビュースポットが現われ、元気を与えてくれます。支笏湖畔の道路に近い登山口がゴールとなります。
今回は樽前山から風不死岳へのコースを紹介しましたが、逆に風不死岳から樽前山に向かうのもおすすめです。

北尾根登山口へのアクセス

●車の場合 新千歳方面から 国道36号→道道16号→国道453号→国道276号

●電車・高速バスの場合
JR千歳駅→北海道中央バス→支笏湖畔

新千歳空港→支笏湖路線バス情報

北海道の名峰、初めの一座に

出典:PIXTA
火山が作り出すダイナミックな地形と美しい湖、これぞ北海道!といった雄大な景観が魅力の樽前山。新千歳空港も近くにあり、アクセスも良好。これまで北海道の山に登ったことがないという登山ビギナー方にお勧めしたい名峰です。

【登山時の注意点】
・登山にはしっかりとした装備と充分なトレーニングをしたうえで入山して下さい。(足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。)
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんで下さい。



関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

樽前山
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
kei noda
kei noda

広告ライター/ハイキングとロードバイクそして居酒屋が好きなミドルエイジです。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!