池袋から電車でGO! 駅からすぐに登れる山&人気コース大特集【西武線沿線】

2018/06/25 更新

東京近郊の山へ電車で出かける際に、起点となることが多いのが新宿駅。そんな新宿駅と並び、池袋駅も実は非常に便利なんです。池袋駅から出ている西武線沿線には、駅からすぐに登れる山が多数。ピストンはもちろん、小さなピークをいくつも踏める縦走コースが充実しています。自分のレベルや体力に合わせて、様々なコースを選択可能。今回は、そんな西武線沿線の駅から登れる山の中から、人気のコースを厳選してご紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

アクセス良好! 西武線沿線の駅から登れる山は?

西武池袋線
出典:PIXTA
いざ登山に行こうと思っても、マイカーがないと、電車や本数の少ないバスを乗り継いで登山口まで向かうのは結構大変ですよね。でも、駅から歩いてすぐ登れる山も意外とあるんです。しかも今回ご紹介するのは、アクセス良好な池袋から行く西武線沿線。思い立ったらすぐ登山に出かけられます。

飯能駅からGO! 飯能アルプス満喫コース

飯能大通り商店街 飯能駅へは西武池袋線で池袋から約50分。都心から1時間以内とは思えない豊かな自然が溢れ、周辺の奥武蔵の山々は「飯能アルプス」と呼ばれる人気のハイキングコースなのです。

市街地抜ければ別世界! 天覧山~多峯主山縦走コース

天覧山~多峯主山縦走コース
出典:ヤマプラ
飯能駅(20分)→天覧山下(20分)→展望台(40分)→多峯主山(100分)→久須美坂(35分)→武蔵横手駅
[コースタイム:3時間35分/8.6km]

飯能駅からスタートして、天覧山(てんらんざん)から多峯主山(とおのすやま)まで縦走して、そのまま北側の武蔵横手駅へと抜けるコース。市街地のすぐそばに広がる大自然に驚くことでしょう。標高が高いほうの多峯主山でも271mと、アップダウンも少ないので楽に歩けます。

アトム像 天覧山入り口近くの公園には、なんと鉄腕アトムの像があります。故手塚治虫氏も除幕式に訪れた世界で唯一の銅像ですので、是非ついでに見て行きましょう。

3時間じゃ物足りない人は、天覚山まで足を伸ばそう

天覚山
出典:ヤマプラ
飯能駅(40分)→展望台(40分)→多峯主山(100分)→久須美坂(70分)→東峠(35分)→天覚山(30分)→東吾野駅
[コースタイム:5時間15分/11.2km]

天覧山と多峯主山だけではちょっと物足りないという方は、久須美坂から武蔵横手駅へと下らずに、さらに天覚山を目指しましょう。山頂の標高は445mと高くなるので中々登り応えもあります。途中分岐が多く道を間違えやすいので注意しながら進んでください。

多峯主山山頂 多峯主山の山頂は広々としていて展望が良く、ゆっくりと休憩するのにもおすすめです。天覧山からの道の途中にある階段が続く見返り坂付近には、県指定天然物の飯能笹が自生しているので必見。

健脚向け! 大高山まで稜線歩きを満喫コース

大高山
出典:ヤマプラ
飯能駅(40分)→展望台(40分)→多峯主山(100分)→久須美坂(70分)→東峠(35分)→天覚山(80分)→大高山(35分)→前坂(35分)→吾野駅
[コースタイム:7時間15分/14.4km]

天覧山・多峯主山・天覚山・大高山と4つのピークを一気に越えていくダイナミックな行程です。緩やかな稜線歩きですが、長距離なので健脚向け。久須美坂から先は登山者も少ないので、のんびり歩けます。日帰りとしてはコースタイムが長めなので、日没前に下山できるようしっかり計画を立てましょう。

天覚山山頂 天覚山山頂は開けていて展望が良いのでおすすめ。天覧山より標高が高く、より高度感のある景色を眺められます。特に南側の奥武蔵の景色が良く見渡せますよ。

正丸駅からGO! 奥武蔵にぎわいコース

正丸駅 西武池袋線の飯能駅から、西武秩父線に乗り継いだ正丸駅を起点とするコースをご紹介します。池袋からは約1時間35分です。

四季折々の美しい景色を楽しめる、伊豆ヶ岳ピストンコース

伊豆ヶ岳ピストンコース
出典:ヤマプラ
正丸駅(25分)→正丸峠分岐(60分)→長岩峠(30分)→山伏峠(59分)→伊豆ヶ岳(30分)→山伏峠(30分)→長岩峠(50分)→正丸峠分岐(20分)→正丸駅
[コースタイム:4時間55分/10km]

正丸駅からスタートして、奥武蔵でも特に人気の高い伊豆ヶ岳を目指すピストンコースです。こちらは山伏峠を通るルートですが、正丸峠から真っすぐ南に下って山頂北側からアタックする道も。伊豆ヶ岳は標高851mで、山頂付近は急坂や岩場もあり登り甲斐があります。

伊豆ヶ岳山頂
出典:PIXTA
伊豆ヶ岳は四季折々の景色が楽しめて、春はツツジがきれい。山頂は眺望も良く、ハイシーズンになると登山客でいっぱいとなり、山頂の休憩スペースがとれないことも。

足腰の神様もお参りできる、緩やか縦走コース

伊豆ヶ岳縦走コース
出典:ヤマプラ
正丸駅(25分)→正丸峠分岐(60分)→長岩峠(30分)→山伏峠(59分)→伊豆ヶ岳(20分)→古御岳(30分)→高畑山(20分)→中ノ沢ノ頭(20分)→天目指峠(50分)→子ノ権現天龍寺(80分)→吾野駅
[コースタイム:6時間25分/13.9km]

伊豆ヶ岳からさらに南に向かって3つの山を縦走するコースです。古御岳から先は緩やかに下っていきますが、天目指峠から子ノ権現天龍寺までは一転きつい登りになります。そこから途中にあるうどんがおいしいと評判の浅見茶屋を過ぎて吾野駅まで下ればゴールです。

鉄わらじ 子ノ権現は開運・足腰の神様。登山にぴったりなご利益なので是非お参りしていきましょう。境内にある重さ2トンの世界一大きいわらじや夫婦下駄は必見です。

奥武蔵きってのロングトレイルコース

正丸駅から芦ヶ久保駅
出典:ヤマプラ
正丸駅(25分)→正丸峠分岐(60分)→長岩峠(30分)→山伏峠(59分)→伊豆ヶ岳(30分)→山伏峠(84分※推定値)→武川岳(75分)→焼山(45分)→雄岳(80分)→芦ヶ久保駅
[コースタイム:7時間59分/14.9km]

山伏峠から伊豆ヶ岳を登頂したら、取って返すかたちで下り、西方へと武川岳・焼山・二子山(雄岳・雌岳)を縦走するアップダウンの多いロングコースです。眺望も良好で気持ちの良いコースですが、山頂付近は岩場やロープなどもありますので十分注意してください。

武甲山
撮影:YAMA HACK編集部
二子山から焼山への登山道は、ところどころ景色が開けており、そこから見える武甲山がかっこいいので必見。焼山山頂は360度の大眺望、登山客もそれほど多くないのでゆっくり堪能できます。

浦山口駅からGO! 奥武蔵どっぷりコース

浦山口駅
撮影:YAMA HACK編集部
奥武蔵最高峰と言える武甲山を中心にしたコースをご紹介します。起点となる浦山口駅は池袋駅から約2時間20分。西武池袋線と西武秩父線を乗り継いで西武秩父駅まで行き、そこからさらに秩父鉄道秩父本線に乗り換えます。

静かな裏山道を歩く、武甲山ピストンコース

武甲山ピストンコース
出典:ヤマプラ
浦山口駅(10分)→橋立鍾乳洞(120分)→長者屋敷ノ頭(60分)→武甲山(40分)→長者屋敷ノ頭(100分)→橋立鍾乳洞(10分)→浦山口駅
[コースタイム:5時間40分/11.1km]

武甲山は横瀬駅から登る表参道ルートが一般的なので、浦山口からの裏参道ルートは人も少なく静かな登山ができます。特に難所はなく、歩きやすい林道から尾根道へと続きますが、標高差は1,000mほどあるのでそれなりに体力は必要でしょう。橋立鍾乳洞は中に入れ、ちょっとした冒険気分が味わえます。

神社前広場 武甲山山頂直下には御嶽神社があり、その手前は広々とした場所なので、レジャーシートを広げて団体で山ごはんを楽しんだり、昼寝や読書をしている登山者の姿も。ゆっくりと過ごすことができる場所です。

ピストンじゃつまらない! 浦山口駅~横瀬駅周回コース

浦山口駅~横瀬駅周回コース
出典:ヤマプラ
浦山口駅(10分)→橋立鍾乳洞(120分)→長者屋敷ノ頭(60分)→武甲山(115分)→一の鳥居(90分)→横瀬駅
[コースタイム:6時間35分/14.3km]

浦山口駅から武甲山に登った後、表参道ルートを通って横瀬駅へと下るコースです。武甲山山頂は眺望が素晴らしく、両神山や浅間山など奥秩父の山々まで見渡せます。山頂から一の鳥居までは緩やかな林道を下りますが、大杉の広場の御神木や不動滝など見どころも多く楽しめます。

セメント工場 下山時、一の鳥居から横瀬駅まで車道を歩きますが、途中に武甲山が石灰石鉱山であることを印象付ける工場が並んでおり、道路が石灰で白くなっているなど独特の風景を見ることができます。

健脚向け! 武甲山~子持山~大持山縦走コース

武甲山~子持山~大持山縦走コース
出典:ヤマプラ
浦山口駅(10分)→橋立鍾乳洞(120分)→長者屋敷ノ頭(60分)→武甲山(40分)→シラジクボ(50分)→小持山(40分)→大持山(70分)→妻坂峠(30分)→一の鳥居(90分)→横瀬駅
[コースタイム:8時間30分/17.3km]

アップダウンの多い健脚向けロングコース。武甲山から南側の急坂を下り、秋には紅葉がきれいなシラジクボへ。ここから子持山、大持山へと続く道は岩場や急登が多いので一番きつく感じるところでしょう。妻坂峠までは下りですが、雑木林で足元が滑りやすいので注意。

コース中の絶景スポット きつい急坂ですが、小持山~大持山の途中の展望スポットからの眺望は抜群です。大持山山頂にあるパワースポットとして有名な雨乞岩もお見逃しなく。

思い立ったら西武線沿線の日帰り登山へGO!

武甲山と西武秩父線
出典:PIXTA
登山口までの電車でアクセスできると、車でルートを調べたり、バスの時間を気にしたりする必要がないので本当に楽です。ピストンだけでなく、周回や縦走コースなどルートを柔軟に選べる自由度も魅力的。今週末は池袋から西武線に揺られて、奥武蔵の大自然を満喫してみませんか?

▼新宿から中央線で行ける山はこちら

▼都心から電車で行ける山はこちら

▼東京近郊の山はこちら

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

駅近登山
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
n.hayato
n.hayato

登山が好きです。でも、山の上で飲む日本酒はもっと好きです。登山の魅力を少しでも多くの人に伝えられる記事を書いていきたいと思っております。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!