「極悪非道」な山小屋が「きれいでおいしい」人気スポットになったワケ/南八ヶ岳・赤岳鉱泉

南八ヶ岳の主峰・赤岳の麓、北沢源流に建つ赤岳鉱泉。山好きの間では言わずと知れた名スポットですが、かつて別の場所にあったことはあまり知られていないのではないでしょうか? 南八ヶ岳屈指の人気の山小屋は、どんな歴史を経て出来上がったのか? 現・小屋主の柳沢太貴さんにお話を伺いました。


アイキャッチ画像撮影:おくたまこ

南八ヶ岳の人気山小屋!赤岳鉱泉

赤岳鉱泉バンダナ
撮影:YAMA HACK編集部
登山者がいつもお世話になっている“山小屋”。私たちにとって、下界から離れた場所で寝食ができる有難い存在ですよね。しかし多くの利用者が訪れる山小屋が、いつ・どうして・どんな経緯でそこにできたかを知っている人は多くありません。

そこで、知られざる“山小屋”の裏側を徹底取材する当企画。第1弾となる今回は、八ヶ岳の主峰・赤岳のふもとにある、赤岳鉱泉です。

赤岳鉱泉はいかにして始まったのか?

鉱泉主人の柳沢太貴氏
撮影:YAMA HACK編集部(4年前から4代目主人を務める柳沢太貴さん。実は元レーサーという異色の経歴の持ち主)
―――山小屋取材、めちゃくちゃ楽しみにしてました! 今日はよろしくお願いします。

はるばる来て頂いてどうも有難うございます。わかる限りで何とか、頑張ってお答えします。(笑)

―――では早速…「小屋の起こり」からお伺いしていきたいのですが。まずは赤岳鉱泉の始まりについて聞かせてください。

はい。もとは営林署の飯場だったところを、私の曽祖父母(柳沢米作︎氏、カウエ︎氏)が譲り受けたのが始まりです。そこで働く人たちの食事の面倒を見ていたご縁で「あとは好きなように使っていい」と言われたそうで。場所も実は今のところではなくて、もう少し麓の方にあったんですよ。

―――なんと! 今の場所ではなかったんですね?!

そうなんです。具体的には北沢のちょうど中間、双子橋あたりを峰の松目沢側に5本目の橋から100mほど上に登ったあたりでしょうか。


黄色いマーカーが昔の赤岳鉱泉の場所
―――知らなかった……。山小屋開業を思いついたということは、南八ヶ岳は当時から登山需要のあるエリアだったのでしょうか?

そう聞いています。会社の山岳部等で訪れる人が多かったようで、赤岳山荘のおじちゃん、おばちゃんにも手伝ってもらいながら小屋番をしていたそうです。

昭和34年の赤岳鉱泉
提供:赤岳鉱泉(営林署の飯場からスタートした旧・赤岳鉱泉。写真は1959年/昭和34年当時の様子)

目の前で小屋が流された、すさまじい台風

赤岳山荘に飾られている台風時の写真
撮影:YAMA HACK編集部(赤岳山荘に飾られている当時の写真。木々がなぎ倒され、一面更地になっているのがわかる)
―――当時から繁盛されていたんですね。そこから今の場所に移ったのはどうしてですか?

1959年の伊勢湾台風で大洪水が起こって、すべて流されてしまったんです。周辺の木々がなぎ倒され、樹林帯だったところがさら地になってしまうくらいの、本当にすさまじい状況だったようで……。赤岳山荘のおじちゃんとおばちゃんは、鉄砲水の気配を感じて急いで避難しようと外に出たところ、ほどなくして目の前で小屋が流されるのを目撃したそうです。

旧鉱泉跡地
提供:赤岳鉱泉(現在の北沢登山道にある旧鉱泉跡地)
現在の北沢
撮影:YAMA HACK編集部(現在の北沢。水が流れるようになったのは伊勢湾台風の大洪水が原因だという)
―――ひええ…目の前で…。それは凄まじいですね。では、今の場所になった経緯というのは?

現在の場所は赤岳山荘のおじちゃんとおばちゃんが探し歩いて、ここなら雨風の影響を受けにくいだろうということで見つけたそうです。それから半年ほどかけて周辺の残った木々をその場で材木化して、1959年に今の赤岳鉱泉が出来上がりました。私の祖父にあたる2代目(柳沢国一氏︎)が入退院を繰り返していたこともあって、その後の運営は祖母(ムツ︎氏︎)が中心となって切り盛りしていたそうです。

赤岳鉱泉の看板
撮影:おくたまこ(移転時から使われている小屋の看板。歴史を感じさせる)
ただ、運営スタイルは今とは随分違っていましたよ。昔は山小屋は登山客が泊まれるだけ有難い存在だったので、サービスなんて全然行き届いていなかった。登山者は小屋に泊めてもらう代わりにじゃがいもやにんじんなんかを持参するのが当たり前で、小屋も「それくらいして当然だ!」という感じ。

客のテントを燃やす!? 「極悪非道」と言われた山小屋が一新

赤岳鉱泉の食堂
撮影:おくたまこ(食堂は木のぬくもりを感じる広々とした空間。ここでくつろげば疲れも吹き飛ぶ)
―――へぇ~…。今と随分印象が違いますね。きれいで食事のおいしい、今の鉱泉になったのはいつからなんでしょう?

当時の山小屋はどこもそうだったみたいですよ。大きく変わったのは3代目である父(柳沢太平氏)の頃からだと思います。23歳で小屋を継いだのですが、父は元暴走族の不良でして……。

―――ふ、不良?!!……と言いますと?

若かりし頃は剃り込みの入ったヤンキーで、山岳会やガイドと毎日のように殴り合いの喧嘩をしていた時期もあったようです。宿泊料金を払わなかったお客さんのテントを燃やしてしまった、なんて話もあります。

―――えー?!!!!! それは相当やばいですね!(笑)

かの山岳誌には「赤岳山荘 極悪非道」なんて記事を書かれたこともあるようです(笑)

このままじゃ人が来なくなる

―――ひどい言われよう!(笑)でも、そこからどうやって今の「きれい」で「おいしい」鉱泉になったんですか?

ある時、父が目覚めたんです。仕事として山小屋をやるなら「山小屋 = 食事がまずい、汚い」というイメージを一新する必要がある、と。

鉱泉の女性専用更衣室鉱泉の女性専用更衣室
撮影:YAMA HACK編集部(女性専用更衣室はもとは倉庫。きっかけは「混雑時でも気兼ねなく化粧がしたい」という常連客の一言)
―――かなり思い切った方向転換ですよね。何かきっかけがあったんでしょうか?

どうやら北アルプスの小屋の話を聞いて影響を受けた部分があるようです。八ヶ岳はアクセスが良いにもかかわらず、トイレは汚い、ご飯はカレーばっかりでまずい。高いお金をとる割にサービスが全然ダメだ、という結論になったんですね。

あとは当時、ちょうど一斉に八ヶ岳周りの小屋が代替わりのタイミングを迎えていて、グループみたいなものが自然と結成されたそうで。その話し合いで「このままじゃダメだ、お客さんが来なくなる」という流れになった、という話も聞いています。以来、小屋の内装をきれいに整えたり、食事のサービスにも力を入れるようになりました。

赤岳鉱泉のステーキ
撮影:YAMA HACK編集部(熱々の鉄鍋で焼かれた分厚いステーキ! スタッフが1席ずつまわって点火してくれる)
―――赤岳鉱泉の食事といえば、やはり「鉄鍋ステーキ」! ですが、あんなに手の込んだ料理を始めたのもそういった経緯から、なのでしょうか?

ステーキが生まれたきっかけは、10数年前の家族旅行です。こういう仕事をしていると機会は少ないのですが、たまたま泊まった旅館で1人に1つずつ鉄鍋が出てきて。今でこそ当たり前ですが、それを見た父が「これ、うちでもやろう!」って言い出したんです。最初は周囲から大反対を受けたみたいですが、今では立派な看板メニューですからね。

赤岳鉱泉のカレーメニュー
撮影:YAMA HACK編集部(カレーだけでなんと6種類! リピーターを飽きさせまいとする心意気を感じる)
―――旅館の食事がもとだったとは……それを採用してしまう柔軟性がすごい!

父はサービス精神旺盛で、人を楽しませることに対するバイタリティがある人でしたし、自然相手の仕事に必要な臨機応変さなんかも併せ持っていました。そういう父の工夫や努力があったから、今の赤岳鉱泉があるのではないかと思います。

赤岳鉱泉の本棚
撮影:YAMA HACK編集部(3〜4年前の雨続きの夏を受けて、登山客が雨でも退屈しないようにと作られた本棚)
―――赤岳鉱泉のサービス精神は先代から受け継がれたものだったんですね。多くの人に愛されるのも納得です。

1つ1つはそんな大それたことではないと思いますが、父の目指した「きれい」で「おいしい」はたしかに大切にしていますね。小屋の外見はちょっと汚いんですが……(笑)

常連さんを飽きさせず、いかに心地よく小屋での時間を過ごしていただくかを念頭に日々細々したところを改良しています。

モットーは「遊びこそ安全に」

アイスクライミング初心者体験会
提供:赤岳鉱泉(全長15︎mを超える巨大氷壁。スタートは高さ3m、今の1/5程度の大きさだった)
―――冬になると小屋横にできる氷の巨大壁(通称:アイスキャンディ)も、お客さんを楽しませるための施策として始まったのでしょうか?

どちらかというと、「安全登山の啓蒙」が目的ですね。冬の南八ヶ岳は自然の氷瀑が十数本できるようなところですから、昔からアイスクライミングのメッカとして有名でした。下は初心者から上は山岳ガイドなどの上級者まで、とにかく大勢の人たちが全国各地から訪れてくれるのですが、知識や技術レベルの異なる人たちがわっとひとつの氷に集まると、当然、事故や喧嘩が頻発します。

アイスキャンディ
撮影:おくたまこ(緩斜面を増やしたり、自然の形に近づける工夫をしたり。初心者が基本的な技術をしっかりと学べるよう毎年改良が重ねられている)
どうにか事故を減らせないものかと考えあぐねていた時に、小屋に出入りしていた広瀬さんという山岳ガイドの方から提案があったそうなんです。「小屋の横に、初心者が安全にアイスクライミングの練習をできる場所をつくれないか?」と。

遊びで死んじゃったら、いやじゃないですか

―――なるほど。そこから初心者体験会や、週末に定期開催されているクライミング講習会に繋がるわけですね。

そうですね。アイスクライミングにしても登山にしても、命がかかっている遊びというか。ひとつの操作ミスでさよなら、なんてことがあり得る世界なので……。だからこそ正しい技術を持った指導者の方からロープワークなどの技術をしっかり学んでおかなければならないと思うんです。

ロープワーク練習場
撮影:YAMA HACK編集部(小屋の一角には、ガイド監修によるロープワークの練習場所が)
すべては自分の命を守るため。登山者の皆さんがそういうことを理解して、自分ひとりでもいろんな山の楽しみ方をできるように。だって、遊びで山に来て死んじゃったらいやじゃないですか。だから、そのお手伝いをできたらいいなと思っています。遊びこそ安全に。この気持ちを常に忘れないようにしています。

カモシーTシャツ
提供:赤岳鉱泉(行者小屋のマスコットキャラクター「カモシー」でも安全登山を啓蒙)

アイスキャンディでプロポーズ大作戦?!

取材風景
撮影:YAMA HACK編集部
―――命あっての遊び……うむむ。まさしくその通りだなと、しみじみ感じ入ってしまいました。浮ついた気持ちで登っちゃいかん、ですね!!

あ、そんなにかしこまらなくても大丈夫ですよ(笑)楽しみや思い出といえば、アイスキャンディがプロポーズの場所になったことがあるんです。

―――へえ! プロポーズ!!

たしか4年前くらいだったと思うんですけど、たまにテント泊をするような男性客からある日「アイスキャンディでプロポーズしたいんです」とお声がけをいただいて。常連さんを巻き込んでの一大イベントに発展しました。彼女さんからの返事だけが唯一心配だったんですけど(笑)、結果は「もちろんYES!」で。

アイスキャンディプロポーズ
提供:赤岳鉱泉(事故対策から生まれたアイスキャンディが、多くの出会いとドラマを生む場所になっている)
―――ステキなお話ですね! 聞いているだけで心が温まります。

本当に。「安全啓発」「遭難防止」のために始めたアイスキャンディが、人の人生の節目に関われる場所になったと思うと感慨深かったですね。自然相手に仕事をしているといろんなことが起こりますが、人と人とのつながりでもこんなに素晴らしいことが起こるんだなって。

太貴くん
撮影:YAMA HACK編集部
アイスキャンディフェスティバルは今年15年目を迎えましたが、これも人とのつながりがあってこそだと思います。毎年協力してくださるメーカーやガイドさん、ボランティアスタッフの方々のおかげで、なんとかここまで大きな事故もなく続けてこられたという気持ちでいます。

象だけど一石二“鳥”な「マムート階段」

マムート土留@文三郎尾根
提供:赤岳鉱泉(象のマークが愛らしい。赤岳ピークへと続く、文三郎尾根の「マムート階段」)
―――登山道についても聞かせてください。赤岳といえば文三郎尾根の「マムート階段」ですが、これはどういうきっかけで生まれたのですか?

あの階段は6年前、マムートさんと先代の親父の間で始まったものです。八ヶ岳の登山道整備は基本的に長野県の補助金で行いますが、当時は補助金額がどんどん減っていて、直したいところを100%直せない、ということが何度かあったんですね。
そんな時に偶然、マムートさんの方から「登山道整備に協力させてくれないか」と言ってくださったみたいで。国定公園なので色々と調整は必要だったのですが、先代が役所の人と話し合って説得しまして。

マムート土留作業中
提供:赤岳鉱泉(1年に1回は行われる登山道整備。根底にはやはり「安全に山を楽しんでほしい」という思いがある)
―――なるほど。あの階段があることで、相当歩きやすくなってますよね。しかもかわいい!

そうですね。でも、ただ「歩きやすい」だけじゃないんですよ。あの階段、正式には「土留め」って言うんです。「土を留める」と書いて字のごとく、両サイドなり上から流れてくる土や砂利を留める……。八ヶ岳の地質は比較的弱いので、雨風や雪なんかで斜面が掘れたり削れたりするんですね。そうすると、特にアイゼンを履かない夏場なんかは、滑ったり転倒したりしやすい。

そこに土留めを作って斜面の崩れを食い止めることによって、同時に階段にもなる。歩きやすさと同時に登山道の崩壊も食い止めるという、2つの役割があるんです。

最後に、“秘密にしておきたいとっておきの景色”を教えて!

赤岳鉱泉受付
撮影:おくたまこ(受付の太貴さん。登山者を笑顔で出迎えてくれる)
―――最後に、通年ここにいるからこそのとっておきの景色があれば教えてください!

文三郎尾根のちょうど中間くらいから見る南八ヶ岳の山々、ですかね。赤岳ピークからの景色ももちろん素晴らしいけれど、そこからは全部見えるんです。赤岳の西壁とか、阿弥陀とか、横岳とか硫黄岳とか……。真下から見る赤岳の迫力もすごい。

文三郎尾根の中間あたり
撮影:おくたまこ(ちょうどこのあたりが太貴さんのお勧めするベストビュースポット。冬の赤岳を登るなら、ぜひチェックしてみては?)
―――へぇ〜、全部見えるんですか! さぞ綺麗なんでしょうね…。

それは、もう! 12月の頭にその場所で作業をしていて、偶然目にしたんです。多分16時半頃に「さあ帰ろうかな」と思ってふと顔を上げたら、西日が当たって山全体が真っ赤に染まっていて。その様子が本当にきれいで。ああ、すげえなって、思わず見とれました。
八ヶ岳は四季を通じていいところですが、個人的には冬の方が好きです。寒いし、生活するには厳しいけれど、だからこそ山も凛とするというか。

【あとがき】
小屋から見えた赤岳の様子
撮影:YAMA HACK編集部(小屋から見えた赤岳のようす)
台風による倒壊、移転・再建のお話に、「極悪非道」と言われた時代の様子、そして現在の赤岳鉱泉を代表する名物・サービスの裏話……。どのエピソードも大変興味深く拝聴させていただきました。なかでも印象的だったのは、「訪れる人に、山をより安全に楽しんでもらいたい」と話す、太貴さんのまっすぐな眼差し。と、先代の不良話(笑)。「サービス」と「安全登山」の精神で、これからもますます多くの人に愛されるのだろうなあと確信した取材でした。

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

赤岳鉱泉・主人の太貴さん
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
おくたまこ
おくたまこ

フリーランスライター。ゆるゆる日帰りハイクから縦走テント泊、トレイルランニング、ボルダリング、スノボなど、季節を問わず山・アウトドアの世界に没頭中。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!