硫黄岳|迫力の火口と八ヶ岳の大展望!初心者にもおすすめ登山コース

硫黄岳は南八ヶ岳にある山で、八ヶ岳の中でも難易度が低く、八ヶ岳入門の山としてもおすすめです。山頂からは迫力ある爆裂火口や、八ヶ岳最高峰である赤岳を迫力の至近距離で見ることができます。コマクサなどの高山植物も多く見られ、夏は多くの登山客でにぎわいます。チャレンジしやすい日帰りも可能な登山コースと、稜線歩きが楽しめる横岳・赤岳縦走コースをまとめました。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

硫黄岳ってどんな山?

青空と硫黄岳
出展:PIXTA
標高山頂所在地山系最高気温(6月-8月)最低気温(6月-8月)
2760m長野県茅野市八ヶ岳13.1℃5.8℃
参考:ヤマレコ
山梨県と長野県に跨る八ヶ岳連峰。「たくさんの峰」という意味で古くから地元で使われている「八」に由来し、標高2,000m以上の10の峰が約30㎞にわたって連なっています。

その八ヶ岳を構成する一峰が硫黄岳。標高2,760mの山頂には雄大な爆裂火口跡があり、荒々しい岩峰群が点在する南八ヶ岳エリアの中でも、その姿は特徴的です。一方で、山頂に至る登山道には多彩な植生が広がり、緑豊かな風景も楽しめます。

見どころ①迫力の爆裂火口!

硫黄岳爆裂火口
出展:PIXTA
一年を通して多くの登山者で賑わう八ヶ岳。かつては火山だったことをご存じでない方も多いのではないでしょうか。八ヶ岳は約200万年前から1万年前までの長い期間に何度も噴火を繰り返して形成されたといわれています。硫黄岳山頂の南北の両脇には、直径1㎞深さ550mの巨大な爆裂火口跡があり、火山の面影が色濃く残る迫力ある景色が広がっています。

見どころ②稜線で続く八ヶ岳の山々

硫黄岳から赤岳へ続く稜線
出典:PIXTA(硫黄岳から横岳・赤岳への稜線)
硫黄岳は八ヶ岳連峰のほぼ中間地点に位置します。その山頂はなだらかで広く、南側に隣接する横岳や赤岳への縦走では稜線歩きを楽しむことができます。また、北側には八ヶ岳の天狗岳を間近に見ることも。

見どころ③美しい高山植物

硫黄岳に咲くコマクサ
出典:PIXTA
6月~9月の夏山の季節になると様々な高山植物が咲き乱れます。特に「高山植物の女王」と称されるコマクサが人気です。硫黄岳の厳しい砂礫地の自然環境の中で、毎年可愛い花を咲かせていています。

硫黄岳登山の難易度は?

桜平登山口からのコースは「信州 山のグレーディング」で日帰り可能・難易度B(登山経験が必要、地図読み能力があることが望ましい)と設定されています。途中難易度の高い場所はほとんどなく、八ヶ岳入門としてもおすすめです。
信州 山のグレーディングを見る

硫黄岳の天気

硫黄岳に行く前に現地の天気をこちらでCHECK!
硫黄岳の天気を調べる

地図も必ずチェック!山と高原地図 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰

ITEM
山と高原地図 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰
発行元:昭文社

硫黄岳に日帰り登山!おすすめコース

山小屋もたくさんあり、レベルに応じて様々な楽しみ方ができる硫黄岳。一番チャレンジしやすい日帰り登山コースの詳細と見どころをご紹介します。
硫黄岳日帰り登山コース 出典:ヤマプラ
距離コースタイム標高差日程難易度
約9.9㎞約5時間30分約874m日帰り★★
出典:ヤマプラ
【往路】桜平登山口(30分)→夏沢鉱泉(50分)→オーレン小屋(70分)→峰の松目(75分)→硫黄岳山頂
【復路】硫黄岳山頂(40分)→夏沢峠(15分)→オーレン小屋(30分)→夏沢鉱泉(20分)→桜平登山口

登山口からオーレン小屋までは樹林帯の緩やかな登りが続きます。登山道の脇には、八ヶ岳ならではの苔の世界が広がります。八ヶ岳の森の雰囲気を楽しみながら、オーレン小屋まで進みましょう。硫黄岳途中のオーレン小屋
出典:Facebook/八ヶ岳オーレン小屋(オーレン小屋)
オーレン小屋でひと休みしたら、次は峰の松目山頂へ向かいます。引き続き樹林帯が続きますが、時折周囲の展望を望める場所があり、山頂に近づいていることを実感できるようになります。山頂手前は少し急な登りになっています。気を付けて進みましょう。

硫黄岳途中の峰の松目
出典:Facebook/八ヶ岳オーレン小屋(峰の松目)
峰の松目の山頂から引き返して、いよいよ硫黄岳の山頂へと向かいます。途中の赤岩の頭付近、森林限界を抜けたあたりから、硫黄岳の穏やかな稜線が姿を現します。晴れた日には、青空と白い地面とのコントラストを楽しめます。

硫黄岳山頂
撮影:YAMA HACK編集部(硫黄岳山頂)
山頂での景色を楽しんだら、夏沢峠方面へ下ります。正面には天狗岳の山頂、振り返ると硫黄岳の迫力ある爆裂火口が見渡せます。夏沢峠までは大きめの岩のガレた道が続くので気を付けて進みましょう。

硫黄岳の爆裂火口
撮影:YAMA HACK編集部(硫黄岳の爆裂火口)
夏沢峠にも山小屋があるので休憩ができます。ひと休みしたら再び苔むした樹林帯の登山道を進みます。苔の他にも、花やキノコを見つけられることも。オーレン小屋まで下りたら、登りで通った登山道に合流し、桜平でゴールです。

①のコース中に利用できる山小屋・テント場

夏沢鉱泉
夏沢鉱泉

源泉100%の温泉がある山小屋です。日帰り入浴も可能ですが、宿泊する場合はJR茅野駅~桜平まで無料で送迎もしてくれます。早朝には、朝日に染まった周囲の山々の景色も眺めることが出来ます。

所在地:長野県茅野市 豊平
電話番号:090-4158-4545
営業期間:通年
収容人数:50人
テント場:なし
料金(4/28~11/30)
1泊2食10,500円
1泊夕食9,500円
1泊朝食8,500円
1泊のみ7,500円
※ウィンターシーズンは料金が異なります。公式HPで確認してください。

夏沢鉱泉のHPを見る

オーレン小屋
オーレン小屋 天然の湧水を沸かしたヒノキの展望風呂があります。年間を通じて様々なイベントや講習会が開催されています。天狗岳方面、硫黄岳方面の分岐に位置しているので、早めのチェックインをすれば荷物預かりにも対応してくれます。

所在地:長野県茅野市 豊平2472
電話番号:0266-72-1279
営業期間:4月下旬~11月上旬
収容人数:250人
テント設営数:100張
料金
1泊2食9,500円
1泊夕食8,500円
1泊朝食7,000円
素泊まり6,000円
テント1,000円/人
オーレン小屋のHPを見る
ヒュッテ夏沢
ヒュッテ夏沢 南八ヶ岳と北八ヶ岳の中間点、夏沢峠にある山小屋です。夏季のみの営業で、平日は学校団体の貸切、一般宿泊は基本的に土日のみ。団体の場合は貸切予約も可能です。

所在地:長野県茅野市 玉川11400
電話番号:0266-74-2728
営業期間:6月下旬~9月上旬
収容人数:100人
テント場:なし
料金
1泊2食8,500円
1泊夕食7,500円
1泊朝食7,000円
素泊まり6,000円
ヒュッテ夏沢のHPを見る

山びこ荘
やまびこ荘
出典:山びこ荘
夏沢ヒュッテと同じく、夏沢峠にある山小屋。夏季のみの営業です。ヤマネとモモンガが巣をつくっており、その可愛い姿を見ることが出来ます。

所在地:長野県茅野市豊平
電話番号:090-5446-1205
営業期間:4月下旬~11月上旬
収容人数:40人
テント場:なし
料金
1泊2食7,500円
1泊夕食6,600円
1泊朝食6,000円
素泊まり4,500円
山びこ荘のHPを見る

八ヶ岳最高峰・赤岳へ!硫黄岳から縦走コース

硫黄岳の山頂から横岳を経ると、八ヶ岳の最高峰である赤岳へ登ることも出来ます。体力に自信のある方は、ぜひ八ヶ岳の稜線歩きを楽しみながら南八ヶ岳の山々をまわる登山に挑戦してみましょう!

②美濃戸口~赤岩の頭~硫黄岳~横岳~赤岳~美濃戸口 縦走コース

硫黄岳~横岳~赤岳縦走コース
出典:ヤマプラ
距離コースタイム標高差日程難易度
約20.2㎞約11時間40分約1396m1泊2日★★★
出典:ヤマプラ
【1日目】
美濃戸口(110分)→堰堤広場(70分)→赤岳鉱泉(130分)→硫黄岳(20分)硫黄岳山荘

登山口から赤岳鉱泉までは林道や木道が続きます。整備されていてとても歩きやすい道です。登山道の脇には沢が流れており、夏には様々な植物が咲いています。八ヶ岳らしい緑の景色を楽しみながら歩くことが出来ます。

赤岳鉱泉
出典:PIXTA(赤岳鉱泉)
赤岳鉱泉を出発すると、徐々に傾斜がきつくなり本格的な登山道になっていきます。赤岩の頭付近では、横岳と赤岳の姿も見られるようになり、稜線まで間もなくです!!気を付けて進みましょう。

赤岩の頭
出典:PIXTA(赤岩の頭)
硫黄岳山頂手前からは、八ヶ岳の山々を眺めながら稜線歩きを楽しめます。かつて火山だったことを思い出させる白い地面と、青空、雲海の広がる景色を楽しんで。硫黄岳山頂まで、鎖場や梯子はありませんが、ガレた岩場が続くので足元にも気を付けて歩きましょう。

一日目は硫黄岳山頂すぐ近くの硫黄岳山荘に宿泊となります。
硫黄岳山荘
撮影:YAMA HACK編集部
【2日目】
硫黄岳山荘(60分)→三叉峰(35分)→地蔵の頭(45分)→赤岳山頂(80分)→行者小屋(150分)→美濃戸口

二日目は最初に横岳の山頂を目指します。硫黄岳から横岳の間は、周囲の山々を見渡しながら稜線歩きを楽しみましょう。

硫黄岳から横岳への登山道
出典:PIXTA(横岳への岩稜帯)
ついつい景色に見とれてしまいますが、岩肌がむき出しになった険しい場所もあります。はしごや鎖が整備されているので、慎重に進みましょう。

横岳山頂
撮影:YAMA HACK編集部(横岳山頂と富士山)
横岳を降りて三叉峰まできたら、次はいよいよ八ヶ岳の最高峰赤岳山頂を目指します。快晴の日には富士山もくっきりと見ることが出来ます。途中、地蔵の頭の分岐にはお地蔵様がいらっしゃいます。この後も安全に登山できるようにお参りをしていきましょう。
地蔵の頭
出典:PIXTA(地蔵尾根)
赤岳天望荘を通り過ぎ、最後の急登を登りきると、赤岳山頂です。

赤岳山頂
出典:PIXTA(赤岳山頂)
赤岳山頂での景色を堪能したら、文三郎尾根を通って行者小屋へ下ります。文三郎尾根は長い階段が続くことで有名です。整備されていて歩きやすいですが、雨の日などは滑らないように十分に気を付けましょう。

行者小屋
出典:PIXTA
行者小屋にたどり着いて振り返ると、つい先ほどまで登っていた赤岳が頭上に見え、改めてその迫力を感じることができます。
ここからは緩やかな下りの登山道に戻ります。沢や苔のある緑の世界を楽しみながら、美濃戸小屋を目指します。美濃戸小屋から先は、初日に通った道を通って登山口に戻りましょう。

②のコース中に利用できる山小屋・テント場

硫黄岳から横岳を経て赤岳を回るコースには、いくつも山小屋があります。コース紹介で出てきた小屋のほかにもいくつもありますので、ご自身の体力やスケジュールに合わせて選びましょう。

八ヶ岳山荘

出典:Googlemap
美濃戸口バス停の正面にある山荘です。無料休憩所や、日帰り入浴もできるので、ハイシーズンは多くの登山客でにぎわいます。仮眠室は24時間365日営業しており、早朝からアタックする際にも便利。

所在地:長野県茅野市玉川原山11400(美濃戸口バス停すぐ)
電話番号:0266-74-2728
営業期間:通年
収容人数:50人
テント場:なし
料金
1泊2食8,500円
1泊夕食7,500円
1泊朝食7,000円
素泊まり6,000円
八ヶ岳山荘のHPを見る

赤岳山荘
赤岳山荘

美濃戸口から1時間ほど登ったところにある山小屋です。駐車場を管理しているので、マイカーで登山口までアクセスする際に利用すると便利です。

所在地:長野県茅野市玉川7693-26
電話番号:0266-74-2272
営業期間:通年
収容人数:60人
テント場:なし
料金
1泊2食7,800円
素泊まり5,000円
美濃戸山荘

出典:Googlemap
赤岳山荘のすぐそばにある山小屋です。飲み物や軽食、おでんなどが販売されており、赤岳からの下山者で賑わっています。水洗トイレ完備。

所在地:長野県茅野市玉川4733
電話番号:0266-74-2270
営業期間:4月下旬~10月中旬、冬期は年末年始のみ営業
収容人数:100人
テント場:あり
料金
1泊2食8,500円
1泊夕食7,500円
1泊朝食7,000円
素泊まり6,000円
美濃戸山荘のHPを見る

赤岳鉱泉

出典:PIXTA
赤岳登山の拠点となる人気の山小屋です。名物のステーキや鍋など、山とは思えない豪華な食事が出ることも有名。夏期営業中はお風呂に入ることもできます。

所在地:長野県茅野市 赤岳鉱泉
電話番号:090-4824-9986
営業期間:通年
収容人数:300人
テント場:あり
料金
1泊2食9,000円
1泊夕食8,500円
1泊朝食8,000円
素泊まり6,000円
テント1,000円/人
赤岳鉱泉のHPを見る

硫黄岳山荘
硫黄岳山荘
出典:PIXTA
硫黄岳山頂からすぐの場所にある山小屋です。きれいなシャワーが使え、食事もおいしいと好評。朝は山荘の正面から雲海と日の出を見ることができます。

所在地:長野県南佐久郡南牧村海尻
電話番号:0266-73-6673
営業期間:4月下旬~11月中旬
収容人数:200名
テント場:なし
料金
1泊2食9,500円
1泊夕食8,500円
1泊朝食7,500円
素泊まり6,500円
硫黄岳山荘のHPを見る

赤岳天望荘
赤岳天望荘

出典:PIXTA
赤岳の頂上手前の稜線上に位置する山小屋です。朝日や夕日、遠く富士山や北アルプスまで見渡せる眺めは格別。ここに宿泊して、赤岳山頂でご来光を見る山行も人気です。

所在地:長野県茅野市玉川11400
電話番号:0266-74-2728
営業期間:4月~11月上旬(年末年始、冬期営業あり)
収容人数:200名
テント場:なし
料金
1泊2食9,000円
1泊夕食8,000円
1泊朝食7,500円
素泊まり6,500円
赤岳天望荘のHPを見る

赤岳頂上山荘
赤岳頂上山荘

出典:PIXTA
八ヶ岳最高峰、赤岳の山頂に位置する山小屋です。贅沢な景色を満喫できる場所。人気の山小屋なので、予約は必須です。夏は音楽祭などイベントも開催されています。

所在地:山梨県北杜市 赤岳山頂
電話番号:090-2214-7255
営業期間:4月下旬~11月上旬
収容人数:200人
テント場:なし
料金
1泊2食8,800円
素泊まり5,300円
赤岳頂上山荘のHPを見る

行者小屋
行者小屋
出典:PIXTA
赤岳鉱泉と並ぶ人気の山小屋。広いテント場があり、年中登山客でにぎわっています。ラーメンやカレーなど料理もおいしいと評判です。

所在地:長野県茅野市豊平
電話番号:090-4740-3808
営業期間:4月~10月(不定期で冬期営業あり)
収容人数:150人
テント場:あり
料金
1泊2食9,000円
1泊夕食8,500円
1泊朝食8,000円
素泊まり6,000円
テント1,000円
行者小屋HPを見る

日本最高地点の野天風呂がある?

本沢温泉野天風呂
出典:PIXTA
硫黄岳と天狗岳を臨む標高2100m山腹にある本沢温泉は、通年営業の温泉小屋としては日本最高地点にある小屋です。秘湯を守る会にも登録されており、2つの天然温泉を楽しむことが出来ます。そのうちの1つは宿泊施設から少し登った2150mの場所にあり「雲上の湯」と称される野天風呂です。硫黄岳を眺めながら開放感たっぷりの雰囲気の中お湯につかることが出来ます。

稲子湯から夏沢峠へ登る道中にある山小屋

本沢温泉
出典:PIXTA
本沢温泉へは、稲子の湯の奥の林道を進んだ先にある本沢入口から向かうのが最短ルートです。徒歩で約2時間、夏沢峠に向かう途中にあります。ただし、冬期は林道入り口からすべて徒歩で向かわなくてはなりません。4時間程度かかるのでご注意ください。

今回ご紹介したルートには含まれていませんが、この本沢温泉を目指して硫黄岳から本沢入口に下山するのもおすすめです。

宿泊料金

宿泊料金新館 個室本館 個室本館 相部屋
1泊2食11,200円9,700円8,700円
素泊まり6,800円5,800円

日帰り入浴料金

内風呂石楠花風呂野天風呂
800円700円600円
本沢温泉 公式HPを見る

硫黄岳の登山口へのアクセス・駐車場情報

八ヶ岳には数多くの登山口があります。今回ご紹介したルートで使用する登山口までのアクセス方法をご紹介します。

桜平へのアクセス

【車の場合】
■東京方面から
中央自動車道 諏訪南IC-八ヶ岳エコーライン-尖石考古博物館を右折-唐沢鉱泉と桜平の分岐を右へ-桜平駐車場

■名古屋方面から
中央自動車 諏訪IC-国道152号-唐沢鉱泉と桜平の分岐を右へ-桜平駐車場

<駐車場>
桜平登山口周辺駐車場
※上・中・下と3つに分かれており、上から順に満車になります。
駐車可能台数:約150台
料金:無料
トイレ:あり(シーズン中のみ)


【電車・バスの場合】
JR 茅野駅-タクシーにて桜平登山口へ

美濃戸口へのアクセス

【車の場合】
中央自動車道 諏訪南IC-県道425号-県道484号-美濃戸口

<駐車場>
駐車可能台数:約120台
料金:500円/日
トイレ:あり


【電車・バスの場合】
JR 茅野駅-アルピコバス「美濃戸口線」乗車-美濃戸口バス停にて下車

美濃戸口線 バス時刻表を見る

八ヶ岳最高峰を眼前に!

硫黄岳からの眺め
出典:PIXTA(硫黄岳山頂から赤岳を望む)
かつては火山だった硫黄岳。その荒々しい面影を残しつつも、今では夏には様々な植物に彩られて登山者を魅了しています。たくさんの山小屋があり登山道も整備されているので、八ヶ岳の中でも挑戦しやすい山でもあります。ご自身の体力に合った安全な計画を立てて、その姿を見に行ってみませんか?日常では決して見ることのできない雄大な景色が広がっています!!
【登山時の注意点】
・登山にはしっかりとした装備と充分なトレーニングをしたうえで入山して下さい。足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんで下さい。

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

硫黄岳
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!