荒島岳|ブナの原生林が美しい百名山!四季折々の見どころやコースを紹介

2018/07/13 更新

福井県唯一の日本百名山、荒島岳。新緑や紅葉の時期だけでなく、冬の景色にも多くの登山家が魅了されています。また、バラエティ豊かな登山コースも、毎回違う表情で楽しませてくれます。山頂からの絶景も必見!そんな荒島岳の見どころ・おすすめのコースを紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

「荒島岳(あらしまだけ)」ってどんな山?

出典:PIXTA
標高山頂所在地最高気温
(6月-8月)
最低気温
(6月-8月)
1523.5m福井県大野市23.9℃8.8℃
荒島岳は福井県大野市にある、福井県唯一の日本百名山で、別名『大野富士』とも呼ばれている独立峰です。泰澄大師によって開山され、信仰の山として古くから崇められてきました。

その名前の由来についての確かな説はなく、平安時代に編纂された延喜式(908年)に「阿羅志摩我多気(あらしまがたけ)」として記載されているそうです。

荒島岳の登山適期は?

出典:PIXTA
登山適期は5月中旬~10月下旬です。新緑のブナ原生林は美しく、紅葉の時期には多くの登山者でにぎわいます。

ブナ林の紅葉 紅葉のシーズンのブナ林はまた格別の美しさです。毎年9月下旬~11月中旬が見頃となっており、多くの登山客で賑わいます。山頂から見ると、麓から山頂まで段階を追って色づく様子が手に取るようにわかるのも嬉しいですね。

出典:PIXTA
冬の荒島岳は、「空の青」と「雪の白」だけの幻想的な世界が広がり、山頂からは白山や北アルプスの山々まで見渡すことができます。また、冬には樹氷(アイスモンスター)が見れることでも知られています。
冬の荒島岳は綺麗ですが、急登が多く尾根歩きの登山道、さらにラッセルが必要な場合もあり、エキスパート向けとなっております。初心者だけの登山は危険ですので、必ず雪山上級者・登山ガイドの方に同行してもらいましょう。
こちらは荒島岳名物、樹氷です。東北地方でしか見られないと考えられていた樹氷ですが、荒島岳でもたくさんの樹氷を見ることができます。

地図も必ずチェック!山と高原地図 白山 荒島岳・能郷白山・金剛堂山

登山地図の定番といえばコレ!マップ詳細はもちろん、バスやマイカーでのアクセスにも便利!

ITEM
山と高原地図 白山 荒島岳・能郷白山・金剛堂山
発行元:昭文社

荒島岳の天気

荒島岳に行く前に現地の天気をこちらでCHECK!
てんきとくらす(荒島岳の週間天気)

さまざまな景色を堪能!荒島岳の見どころ紹介

出典:PIXTA
荒島岳の魅力の一つは、目の前に悠然と構える白山や越前大野の街を見渡せる眺望の良さにあります。また、ブナの天然林が見せる四季折々の表情も魅力の一つです。

荒島岳名物!『もちが壁』

もちが壁 もちが壁とは、荒島岳の名物ともいわれるほど、かなり険しい登りの箇所を指します。鎖やハシゴ、ロープの添えられた階段状の急な登山道や岩場をひたすら登ります。

冬のもちが壁
冬には登山道が見えなくなるくらい雪が積もるもちが壁。エキスパート向けなのも納得の難路です。

なぜトトロ?悠然とかまえるトトロの木

トトロの木
標高820m、ブナ原生林の中にあるトトロの木は、大きなこぶを持つブナの大木です。シルエットを見ると、確かに大きなおなかをしたトトロに似ている気がしますよね!

マイナスイオンたっぷりで心地よいブナ林

荒島岳のブナ林 荒島岳の魅力の一つ『ブナの原生林』は、新緑のころから紅葉の時期まで、さまざまな表情を見せてくれます。ブナの葉は照葉樹に比べて薄いので、差し込む日差しによって森の中が明るいのもブナ林が美しい理由の一つです。

荒島岳のおすすめコース3選

出典:PIXTA
荒島岳に登るルートはいくつかありますが、こちらでは代表的な3つをご紹介します。どのコースも距離が長く、きつい登りの多いコースばかりですので、朝早く登り始めるのがおすすめです。
また、登山に慣れていない人、体力に自信のない人は無理をせずふもとの民宿やホテルなどに泊まりましょう。
佐開ルートは現在通行止めとなっていて、復旧のメドが立っていないため、今回はそれ以外の3コースをご紹介します。
※台風21号の影響により、佐開コース(林道鬼谷線)の方面で土砂崩れが発生(荒島養魚場から約100メートル)、通行止となっており、復旧の目途はたっておりません。最新情報をご確認ください。
大野市役所HP

①まずはこのコースから!ブナ林が美しい勝原コース

荒島岳ルート①
出典:ヤマプラ
距離コースタイム日程難易度
約8.4km約5時間40分日帰り★★★
出典:ヤマプラ
駐車場(50分)→元リフト終点(90分)→シャクナゲ平(60分)→荒島岳(40分)→シャクナゲ平(70分)→元リフト終点(30分)→駐車場

荒島岳登山口 旧カドハラスキー場の駐車場が使用できます。現在、登山口のトイレは断水のため使用できないため、JR越美北線勝原駅向かいにある公園のトイレを利用してください。
駐車場からは急斜面のゲレンデをひたすら登ります。リフト終点地点から尾根伝いの険しい登山道を登り、さらに見事な樹形のブナ原生林の中を進みます。

荒島岳分岐点 1時間半ほどでシャクナゲ平に到着です。

ジャクナゲ平からの景色 シャクナゲ平からは白山や、お天気がよければ北アルプスの山々まで望めます。また、中出ルートとの合流点でもあり、小広場やベンチがあります。
シャクナゲ平からは岩場も多くなり、「もちが壁」の滑りやすい急登はハシゴや鎖を使いながら、慎重に登りましょう。傾斜が緩くなって笹原に出ると、頂上はもうすぐです。

荒島岳山頂からの景色
出典:PIXTA
山頂からは大野や勝山の街並みが広がります。白山や前荒島、中荒島の姿を見ながら来た道を下山しましょう。もちが壁の急登は滑りやすいので、慎重に降りてくださいね。

②小荒島岳を経由!深田久弥も歩いた中出コース

荒島岳ルート②
出典:ヤマプラ
距離コースタイム日程難易度
約10.3km約6時間日帰り★★★
出典:ヤマプラ
駐車場(120分)→小荒島岳(20分)→シャクナゲ平(60分)→荒島岳(40分)→シャクナゲ平(20分)→小荒島岳(100分)→駐車場
中出コース
中出集落の中から作業道に入ります。登山道と書かれた標識を確認しながら進みましょう。杉の植林帯からブナ林へと徐々に高度を上げ、急登を経て気持ちの良い緩やかな尾根をまいて進むと、小荒島岳への分岐点に到着します。
出典:PIXTA
分岐点から左側の細い道を1分ほど進むと、小荒島岳の山頂に到着します。小荒島岳から見る荒島岳は迫力がありますね。再び分岐点まで戻り、シャクナゲ平に向かいます。小荒島岳分岐点からシャクナゲ平までは20分程です。
シャクナゲ平からは①コースと同じコースを進み、約60分で荒島岳頂上に到着です。

③健脚者向け!急登や鎖場が続く新・下山コース

荒島岳ルート③
出典:ヤマプラ
距離コースタイム日程難易度
約8.7km約6時間30分日帰り★★★
出典:ヤマプラ
越前下山駅(240分)→荒島岳(150分)→越前下山駅
2012年に誕生したこのコースは、急登ややせ尾根が続く健脚者・上級者向けのコースとなっています。
JR北陸本線(九頭龍線)の越前下山駅にほど近い民家の横を入った場所に登山口があります。また、途中取り付けられているロープは滑りやすいので気を付けて!

荒島岳の急登 ブナ林や急な岩場の登りを手足を使って登ります。山頂までは同じような岩場や急登が続きます。
出典:PIXTA
急登を登りきると、荒島岳山頂に到着です。下山時は他のコースを使って下ってもいいですし、来た道をそのまま下ってもよし!体力に合わせてコースを変更してください。新・下山コースは坂が急なので、下山時は滑りやすくなっています。滑落などしないよう、慎重に歩きましょう!

荒島岳のアクセス・駐車場情報

荒島岳へのアクセスは、東京方面からだと東海北陸自動車道、大阪方面からだと北陸自動車道を利用します。また、JR越美北線(九頭竜線)勝原駅や越前大野駅を利用します。

勝原登山口

●車の場合
【東京方面から】
東海北陸自動車道「白鳥IC」(約50分)→カドハラスキー場駐車場

【大阪方面から】
北陸自動車道「福井IC」→国道158号線→カドハラスキー場駐車場

●電車・高速バスの場合
【東京方面から】
東京駅→東海道新幹線「米原」→JR北陸本線「福井」→JR越美北線(九頭竜線)「勝原」→徒歩(30分)→勝原登山口

【大阪方面から】
大阪駅→JRサンダーバード号「福井」→JR越美北線(九頭竜線)「勝原」→徒歩(30分)→勝原登山口

カドハラスキー場駐車場
住所:〒912-0155 福井県大野市 西勝原
駐車台数:40台

中出登山口

●車の場合
【東京方面から】
東海北陸自動車道「白鳥IC」(約50分)→荒島岳中出駐車場

【大阪方面から】
北陸自動車道「福井IC」→国道158号線→中休交差点右折→荒島岳中出駐車場

●電車・高速バスの場合
【東京方面から】
東京駅→東海道新幹線「米原」→JR北陸本線「福井」→JR越美北線(九頭竜線)「越前大野駅」→乗合タクシー「友兼・蕨生線」(20分)or市営バス「白山線|鳩ヶ湯行き」(10分)→中休→徒歩(75分)→中出登山口

【大阪方面から】
大阪駅→JRサンダーバード号「福井」→JR越美北線(九頭竜線)「越前大野駅」→乗合タクシー「友兼・蕨生線」(20分)or市営バス「白山線|鳩ヶ湯行き」(10分)→中休→徒歩(75分)→中出登山口

乗り合いタクシー(友兼・蕨生線)

市営バス白山線時刻表(平成29年度)

荒島岳中出駐車場
住所:〒910-2178 福井県福井市栂野町
駐車台数:35台

美しいブナの森、樹氷など一年を通して楽しめる荒島岳

出典:PIXTA
新緑や紅葉のシーズン、荒島岳のブナの森の素晴らしさは格別です。また、登山道や山頂からの眺望も素晴らしく、雪山としても人気があります。名物の「トトロの木」だけではなくブナ林が樹氷に覆われる雪のシーズンには、冬の時期にしか出会えない幻想的な景色を楽しむことが出来ます。一年を通して様々な顔を楽しめる荒島岳、是非登ってその景色を堪能してみてください!

【登山時の注意点】
・登山にはしっかりとした装備と充分なトレーニングをしたうえで入山して下さい。(足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。)
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんで下さい。

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!