【上信越】候補に挙がったけど日本百名山に選ばれなかった山9座!

日本百名山に選ばれなかった山が全国にたくさんあるのをご存知ですか?日本百名山は深田久弥氏が制定した日本の100座ですが、その選定基準や条件に何らかの理由で届かずに、候補に挙がったものの選ばれなかった山、今回は上信越の9座をご紹介します!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

日本百名山の定義とは

守門岳のブナ林
出典:PIXTA
日本の約70%は山地と言われています。それほどまでに多い山々の中で、「日本百名山」を記した深田久弥氏によると、その制定にはとある条件、基準があったようです。その条件とは、

・「品格・歴史・個性」を兼ね備えていること
・標高1,500m以上の山であるということ
・本人が登頂している山であること

以上の3つです。では、「品格・歴史・個性」とはいったいどのようなものと定義されているのでしょうか?

  • 山の品格 – 人には人格があるように、山には『山格』のようなものがあるとし、誰が見ても立派な山だと感嘆する山であることを、第一の基準とした。
  • 山の歴史 – 昔から人間との関わりが深く、崇拝され山頂に祠が祀られている山であるというような山の歴史を尊重し、第二の基準とした。
  • 個性のある山 – 芸術作品と同様に、山容・現象・伝統など他には無いような顕著な個性をもっていることを、第三の基準とした。出典:wikipedia

以上を、百名山に選ぶ際の山の条件として深田氏は述べていました。

その他「観光開発が進みすぎている山は除外」とも述べられているようです。このような選定基準から、日本にある素晴らしい山々が百名山として名を連ねたわけですが、当然「候補に挙がっていたがあぶれてしまった山」も数多く存在します。今回は、魅力的だけど惜しくも選ばれなかった上信越の山々を紹介していきます!

百名山に選ばれなかった上信越の山9選

深田氏曰く「上信越地方はどこも高さは申し分なく、選定にもっとも迷った」と言わしめたエリア。さて、いったいどのような山が候補に挙がっていたのでしょうか?今後登る山の参考にしてみましょう!

女峰山(にょほうさん)

女峰山出典:PIXTA
標高山頂所在地山系
2,483m栃木県日光市日光連山
参考:ヤマレコ
惜しくも百名山の仲間入りは果たせなかったものの、日本二百名山である女峰山。古くから山岳信仰の対象として親しまれ、日光三山の1つにも名を連ねています。かつての修験道だった登山道は、なんと標高差が1,800m!「女峰の馬鹿尾根」という別称があるほどです。

仙ノ倉山(せんのくらやま)

仙ノ倉山
出典:PIXTA
標高山頂所在地山系
2,026m群馬県・新潟県三国山脈
参考:ヤマレコ
お花畑と、展望の開けた稜線歩きが気持ちいい日本二百名山の1つです。平標山を経由する登山コースがメジャーですが、この平標山から仙ノ倉山へ続く稜線が広大で素晴らしい!山頂も360度の展望を楽しめます。谷川岳肩ノ小屋から入る縦走コースもおすすめ。

黒姫山(くろひめやま)

黒姫山
出典:PIXTA
標高山頂所在地山系
2,053m長野県上水内郡妙高火山群
参考:ヤマレコ
別名「信濃富士」とも呼ばれる、整った山容が特徴的な黒姫山。斑尾山、妙高山、戸隠山、飯縄山とあわせて「北信五岳」の1つでもあります。その昔、容姿端麗な黒姫という娘を慕った毒蛇の想いが実らず、仕返しに水害をもたらしたが黒姫自身がその身を犠牲にして退治した、という伝承が山の名前の由来と言われています。

飯縄山(いいづなやま)

飯縄山
出典:PIXTA
標高山頂所在地山系
1,917m 長野県妙高火山群
参考:ヤマレコ
北信五岳の1つ。「飯縄」=「飯砂」(飯のように食用となる砂のこと)が名前の起源で、この地に生息する微生物の塊「テングノムギメシ」(天狗の麦飯)を指しています。昔凶作の時に、飯綱権現がこれを人々に配って危機を救ったという言い伝えがあります。

守門岳(すもんだけ)

守門岳の紅葉
出典:PIXTA
標高山頂所在地山系
1,537.2m新潟県魚沼市・三条市・長岡市越後山脈
参考:ヤマレコ
大岳、青雲岳、守門岳(袴岳)の3つのピークの総称が守門岳です。各ピークには鐘が設置してあり、思わず鳴らしてみる登頂者が続出!山頂からは、天気が良ければ佐渡島も見えるそうですよ。また頂上には山座同定標があり、周囲の山々を確認するのも楽しいです。

荒沢岳(あらさわだけ)

荒沢岳
出典:PIXTA
標高山頂所在地山系
1,969m新潟県魚沼市越後山脈
参考:ヤマレコ
百名山の条件「深田氏自身が登っている山であること」から外れた荒沢岳。それはこの山が場所に恵まれておらず、秘境的な扱いの山であるからだと言われています。現在は「奥只見シルバーライン」がありますが、当時は謎に包まれた秘境の山だったのでしょう。登山コースは前山・前嵓の2つのピークを経由する1本のみ。岩場や鎖場が連続する、緊張感を強いられる山です。

白砂山(しらすなやま)

白砂山
標高山頂所在地山系
2,140m長野県・新潟県・群馬県上信越高原
参考:ヤマレコ
日本二百名山、ぐんま百名山に名を連ねる白砂山。最初は比較的なだらかな道でですが、稜線に出てからはアップダウンが多いのでゆっくりと景色を楽しみながらピークへ歩を進めるのがおすすめですよ。山頂直下の最後の急坂、がんばって!羨望は迫力満点、お墨付きです。

鳥甲山(とりかぶとやま)

鳥甲山
出典:PIXTA
標高山頂所在地山系
2,038m 長野県上信越高原
参考:ヤマレコ
南北に尾根が伸び、東側は切れ落ちた絶壁の鳥甲山。荒々しい見た目が印象的で、厳しいルンゼが何本も存在することから「第二の谷川岳」とも言われています。しかし岩がもろく、アクセスも不便なためクライミングは一般的ではありません。登山ルートも足場が悪く岩が崩落している箇所もあることから、十分な注意が必要です。

岩菅山(いわすげやま)

岩菅山
出典:PIXTA
標高山頂所在地山系
2,295m 長野県志賀高原
参考:ヤマレコ
古くは「岩巣護山」とも記述されていたことから、一部では「いわすごやま」とも呼ばれています。志賀高原にある山で、ここからさらに北東に進むと志賀高原の最高峰・裏岩菅山(2,341m)があります。この頂上の稜線歩きが人気で、素晴らしい展望とともに歩く広大な尾根は爽快!

登ったことのある山はありましたか?

飯縄山登山口出典:PIXTA(飯縄山の鳥居)
今回は、上信越地方の「百名山に選ばれなかった山」を紹介しました。このあたりの山は、どれも稜線の展望が開けており絶景を楽しめる山ばかり!さすが深田氏が「もっとも悩んだ」だけある、魅力的な山ばかりでしたね。今後各地方の「惜しかった名峰」をまだまだ紹介していく予定です。お楽しみに!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

千ノ倉山
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!