COCOHELI ココヘリ / 山岳遭難対策制度(ココヘリ) 550万円までの捜索救助を実施 入会金1,100円OFF
転倒したテント

登山中によくあるテントの破損事件って?!正しい基本の固定方法5つ

登山でのテント泊で注意したい「風」。強風でテントを飛ばされたり、テントの破損を防ぐ基本をご紹介します。風が強いときは、ペグはどのように打てばいい?入口の向きは?ペグが打てない時はどうすればいい?など素朴な疑問を解決しましょう。

目次

アイキャッチ画像出典:flickr by Beau B

テントは飛ぶ。風対策していますか?

テント 風対策

出典:PIXTA

山岳テントを張る場合、気を付けなければならないのが「風」です。特に、山の稜線上でのテント設営は、気を抜いているとすぐにテントや収納袋が飛ばされてしまいます。また、設営してからもしっかり固定していないとテントごと飛ばされたり、強風でフレームが折れてしまったりする場合もあるのです。

そこで今回は、テント設営時の「風」対策をご紹介します。

風によって起こる主な2つのテントの破損例

①強風でフレームが折れたりゆがんだりする

強風でフレームが折れたりゆがんだりするテント

山々を縦走している時などは、残念ながら悪天候に遭遇することもしばしば。特に夏の台風や強風時は、テントを激しく揺さぶられ、フレームが折れたり、ゆがんだりすることもあります。

②テントが風でひきずられ、底が破れる

テントが風でひきずられ底が破れる

テントをしっかり固定していないと、風でテントが引きずられ底が破れたり、固定が不十分だとフライなどがバタバタして破れたりすることもあります。

テントの固定5つの基本

①風の向きに注意!テントの入口は、風下で

テントの入口は風下

テントを張り終えてからの入口の向きは、風下側にむけます。もし、風上に入口を向けると、風がテント内に入り込み、テントが舞い上がってしまうのです。

また、強風時のテント設営は飛ばされる恐れがあるので、あらかじめテント内にザックを入れたり、ペグで先に2か所ほど固定して設営することもあります。

②テントの固定は、地面側から!

テントは地面側から固定

出典:PIXTA

テントの固定は、まず四隅の地面に近い部分からペグで固定していきます。高い位置から押さえつけるように固定すると、フレームに余計な力が加わり、ゆかんだり破損したりしてしまいます。

③張り綱は地面に固定!地面より高い位置は避けて

張り綱は地面に固定

出典:pixabay

ダブルウォールのテントの場合、フライシートをかぶせて、テント本体についている張綱をフライシートにある通し穴から外に出してペグダウンします。その時、木の枝など高い位置に結び付けるとテントの破損の原因になるので、必ず地面に近い低い位置で固定することが大切です。

1 / 2ページ