【登山基礎】テント泊の基本の5つのルールと、至福の”山の夜”の過ごし方

テント泊をする時に、守りたい5つの基本マナーをご紹介。さらに、テント泊だからこそ楽しい過ごし方も伝授。ソロ用テントを購入する登山者が急増中の昨今。今こそテント泊のルールを守って、快適に登山を楽しみましょう。


アイキャッチ画像出典:pixta

複数で来ているのに、全員一人用テント?!

From PIXTA
出典:pixta
これはここ最近山小屋のテン場などで見られる光景のようです。最近のテントは驚くほど性能が高くなり、軽くてコンパクト、高機能、さらにプライベートが保てるということから需要が高まってます。今回は、テント泊における基本的なルールと楽しみ方をご紹介します。

テン場の5つの基本マナー&ルール

①指定地以外での幕営はNG

From PIXTA
出典:pixta
アルプスや八ヶ岳など主要山岳エリアでは、キャンプ指定地というのがあって、テントは原則指定地に張ります。テン場は、通常山小屋が管理していて、受付をして料金を支払いテントを設営します。

②複数人で来ているのに、テントをバラバラに張りスペースを使うのはNG

%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%b0%e3%82%89%e3%81%b0%e3%82%89
出典:pixabay
グループで山に来ているけど、個人でテントを張る人が増えてきましたが、キャンプ指定地の敷地は限られているので、バラバラに張るとスペースがなくなってしまいます。なるべく2~3人や3~4人テントを使うのが望ましいです。


③日没の2,3時間前には到着するよう行動しよう

%e6%97%a5%e6%b2%a1%e5%89%8d%e3%81%ab%e5%88%b0%e7%9d%80
出典:pixbay
山では、早出早着きが基本です。テント泊の場合、テン場に着いてからテントを設営したり食事の支度もあるので、やることはけっこうあります。暗くなる前に到着し設営と食事を済ませましょう。また、遅い到着だと、スペースがない場合もあるので注意が必要です。

④夜遅くまで騒ぐ、まわりの迷惑になる音量での音楽・ラジオはNG

%e5%a4%9c%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%88
出典:pixabay
朝早く出発する人もいるので、夜遅くまで騒ぐのはマナー違反。また、テントの生地は薄いので、大音量で音楽やラジオを聴いていると、隣のテントまで筒抜けなので、音量には配慮しましょう。

⑤ゴミはすべて持ち帰る

%e3%81%94%e3%81%bf
出典:pixabay
テント泊では、自炊する人がほとんどなので、ゴミが出ますが、山小屋に捨てるのではなく、自分で持ち帰るようにしましょう。山でのごみ処理はたいへんな作業なので、ひとりひとりの意識が大切です。


    テン場での5つの ”夜時間” の過ごしかた

    ① ゆっくり調理の時間も楽しみたい!山めし時間

    26313b92b948df9f2c967a8d7c31a3cd
    撮影:YAMA HACK
    テントを設営して食事を作る・・・山のすんだ空気の中、手作りの山ごはんを食べるのは至福の時! ラーメンやカレー、ビールやコーヒーが普段とは格別においしく感じられることでしょう!


    ② スキットルでかっこよく?!美味しいお酒時間

    %e3%81%a6%e3%82%93%e3%81%a8
    出典:pixabay
    テントサイドで、好きなお酒を一杯ぐいっと飲みたいという登山者も多いのでは? 好きなブランデーやワインなどスキットルに入れ替えて持っていくのもいいですね。


    ③ 麓では一面の星空はなかなか見られない!満点の星空観察時間

    %e6%98%9f%e7%a9%ba%e3%80%80%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%88
    出典:pixabay
    街の光がない山の中。テントからひょいと顔を出すだけで、すぐに満天の星空を眺めることができます! 特に稜線上でテントを張った場合、遮るものがないので、より一層きれいな星空が見られます。


    ④ ラジオが入ることも!翌日の天気や情報収集ができるラジオ時間

    芝生の上に置かれたポケットラジオ
    テント泊で必ず持っていくラジオ。翌日のお天気チェックや音楽やニュースを聴くのに必要です。ソロ登山では、クマよけにラジオをかけて歩く登山者もいます。




    ⑤ ランタンの明かりの中、小説をゆっくり読む読書時間

    %e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%80%e8%aa%ad%e6%9b%b8
    出典:pixabay
    ソロ登山では、話相手もいないので、時間を持て余すことも。そんな時は、山岳小説を読んでより山に親しむのもいいですね。ランタンの明かりで読む小説は、また違った雰囲気になることでしょう。


    マナーを守って楽しいテント泊を!

    %e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%88%e6%b3%8a%e3%82%92%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%82%e3%81%86
    出典:pixabay
    テント泊は、自分のスペースを確保でき、快適に過ごせます。ソロでもグループでもテント泊をすると、より一層登山の奥深さを知り、楽しさも倍増します。基本ルールを守りながら、テント泊を楽しんでみて下さいね。

    Let’s stay in Tent!

    テント泊をしよう!

    編集部おすすめ記事


    関連する記事

    関連する山行記録 byヤマレコ

    From PIXTA
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    YAMA HACK編集部
    YAMA HACK編集部

    YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

    登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
     

    LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

    登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!