サーマレストマットの選び方を徹底攻略!おすすめモデル25選

サーマレストについてまとめました。代表のマットの種類、選ぶ時のポイント、人気のZライトやマット以外の製品も紹介します。登山やキャンプなどのアウトドアで大活躍のサーマレストのマット。携帯性と断熱性に優れた豊富な製品、あなたはどう選ぶ?


サーマレストのマット、どう選ぶ?

サーマレストのマットの選び方 サーマレストは「アウトドアで最高の眠りを提供する」を目標に、用途やニーズに合わせて様々な種類のマットを手掛けています。サーマレストのマットは快適な寝心地を提供する上で、クッション性の面だけでなく、暖かく眠りにつけるように保温性も考慮した設計でつくられています。

選ぶときに注目したい2つのポイント!

サーマレストのマットは3つにわかれる 1.3種類のマットの特徴をチェック!
■ウレタンマット
いわゆる銀色のマットで断熱発泡素材をそのまま使用しています。丸める式と折り畳み式があります。
・メリット:値段が安い・パンクしない・軽い
・デメリット:かさばる・寝心地は固め

■エアマット
空気を入れて膨張させるマットです。弾力性があり、空気は均等にいきわたるような作りになっています。
・メリット:コンパクト・クッション性が高い
・デメリット:穴が開いたら終わり・膨らますのが大変・断熱性が低め

■セルフインフレーティング
自動で空気が入るマットで、最後の方に少し空気を入れるだけで使用することが出来ます。
・メリット:手間なく簡単・コンパクト
・デメリット:穴が開いたら終わり・ウレタンよりは断熱性がない

2.断熱性能をチェック!
サーマレストのマットは断熱性能で選ぼう 実際にアイテムを選ぶ際に1つの基準となるのがR値という数字。断熱性能を表す熱抵抗値のことで、R値が高いほど断熱性が高いということ。商品もそれに伴い、生地が分厚くなっていたりかさが増える傾向にあると言えます。

ポイント押さえたら、使用する場面で選ぼう

サーマレストのマットを使用場面で選ぼう ■山・ツーリングに行く場合
軽量・コンパクトが求められます。また、長すぎるマットは避け短めのマットを選びましょう。足りない部分はザックを足元に置いて対応することが多いです。
■キャンプにいく場合
車移動などで荷物がかさばってもかまわない場合は、寝心地重視で自分の身長に合う長さを選びましょう。

また、サーマレストはアメリカ生まれのブランドですので、インターネット上には並行輸入品も多く出回っています。日本正規品でないものは修理や保証などのアフターサービスを受けられない可能性があるので購入の際は注意しましょう。日本は、株式会社モチヅキが正規の輸入代理店となっています。

修理・保証について

使い方でよくあるQ&A

どっちを表にして広げるの?

銀色の方を上にして使用します。

 

エアマットはどれぐらい膨らませばいい?

パンパンに膨らますと石があたってパンクするかもと懸念する人は8割程度にしていますが、空気の量で好みのマットの固さにしましょう。


おすすめのサーマレストマット14選

ウレタンマット

サーマレスト Zライト ソル(レギュラー)

表面にアルミ蒸着を施し、施していないモデルに比べ20%近く断熱性を向上させた軽量クローズドセルマット。クッション性を備えているので寝心地が快適で、地面からの冷気をしっかりシャットアウトするので暖かく眠りにつけます。収納はアコーディオンのように折り畳む方式。

ITEM
サーマレスト Zライト ソル(レギュラー)
サイズ:51×183cm
重量:410g
厚さ:2cm
収納サイズ:51×13×14cm
R値:2.6

9月の中旬のキャンプのために購入しました。
今まで安いマットを使っていたのですが、長く使うだろうと考え思い切って購入。
山好きの友人から勧められたのもあります。
使用してみて、感じたのは朝まで寒さを感じることなく、ぐっすり眠ることができました!
放射冷却の影響もなく、逆にシュラフが暑く、汗をかくぐらいでした!
ちょっと長いため、嵩張りますが、足元まで伸びるので寝るときは快適です!
嵩張ることがきになる人は短いタイプを購入されてもいいかもしれません。
高いだけあっていいものです!間違いない買い物をされたい方は是非こちらを〜!



サーマレスト Zライト コヨーテブラウン

基本的な設計はZライト ソルと同じですが、アルミ蒸着を施していない従来通りのモデルです。表側はコヨーテブラウンのカラーリングが施されています。

ITEM
サーマレスト Zライト コヨーテブラウン
サイズ:51x183cm
重量:410g
厚さ:2cm
収納サイズ:51x13x14cm
R値:2.2

パッと広げてすぐに使える。撤収時もパタパタと畳んで終わり。
この手軽さが最大の魅力です。クッション性や断熱性も申し分ないでしょう。
ただ、空気を入れるタイプよりは確実に未使用時はかさばります。しかし、それを上回る利便性に感服です。



サーマレスト Zシールド

表面にはポリエチレンを、裏面には弾力性があるEVAを使用し、クローズドセルタイプのマットの中では比較的しっかりとした硬めのフォームに仕上げたマットです。アコーディオン式に折り畳んで収納でき、テントシートの下敷きにすればフロアの保温性を上げることも可。

ITEM
サーマレスト Zシールド
サイズ:61x183cm
重量:450g
厚さ:1cm
収納サイズ:61x13x14cm
R値:1.5


サーマレスト リッジレスト ソーライト(レギュラー)

表面にアルミ蒸着を施し凹凸状の形にすることで、体から放射される熱を反射させて保温性を高めています。厳冬期を除く冬にもしっかり対応したロール収納式クローズドセルマットです。ヘタリや摩耗に対する耐久性が高く、表面が破けてもテープで補修可能。

ITEM
サーマレスト リッジレスト ソーライト(レギュラー)
サイズ:51x183cm
重量:400g
厚さ:1.5cm
収納サイズ:径20×51cm
R値:2.8

寝袋の下に敷いて使っていますが、地面の凸凹を緩和して寝心地がいいのはもちろんですが、冷たさの遮蔽力も高く使わないとしんしんと来る底冷えが、しっかり遮断でき安眠できました。



サーマレスト リッジレスト ソーラー(レギュラー)

ソーライト同様に、表面にアルミ蒸着を施し凹凸状に加工したロール収納式クローズドセルマット。こちらは最も厚みのあるモデルで、優れた保温性によりオールシーズンを通して使用可能です。

ITEM
サーマレスト リッジレスト ソーラー(レギュラー)
サイズ:51x183cm
重量:540g
厚さ:2cm
収納サイズ:径22x51cm
R値:3.5

届いてすぐ使用したら、予想通りの保温性クション性で冬の野外でも地面からの寒さを感じなくなった。



サーマレスト リッジレスト クラシック(レギュラー)

リッジレストシリーズのアルミ蒸着を施していないスタンダードなモデルです。その分価格が低くなっており、コストをかけたくない場合におすすめ。しかしながら、シリーズ他モデル同様に快適な寝心地は健在で、登山やキャンプで優れたパフォーマンスを発揮する保温性も備えています。

ITEM
サーマレスト リッジレスト クラシック(レギュラー)
サイズ:51x183cm
重量:400g
厚さ:1.5cm
収納サイズ:径20x51cm
R値:2.6

春〜秋のバイクでキャンプツーリングするために購入
このマット一枚引くだけでコンクリートの上でも気持ちよく寝れます
値段を考えると大変満足です


エアマット

サーマレスト トレイルライト(レギュラー)

自動膨張式を採用したエアタイプのマットで、保温性能や寝心地の良さとパッキングのしやすさのバランスが取れたモデル。2枚並べれば隙間が生まれない形となっているところもGOOD!フォームの打ち抜きを工夫して断熱性を高め、女性の背丈に合わせた女性用モデルもあります。

ITEM
サーマレスト トレイルライト(レギュラー)
サイズ:51x183cm
重量:740g
厚さ:3.8cm
収納サイズ:28x15cm
R値:3.4

定番商品だけあって寝心地は最高です。
ただ、足元に向かうに従って細くなるので、以外に足元が狭く感じます。
耐久性はこれからわかると思いますが、近くのショップの方が「クレームが一番少ないのはサーマレスト!イスカでもエア漏れ、剥がれがある。」と言われていたので、この通りになってくれればと思います(^O^)



サーマレスト トレイルプロ(ラージ)

自動膨張式エアマットの中で最も暖かいモデル。柔らかなフォームなので寝心地快適!隙間を生まずに2枚並べられる形状で、ゆったり使えるラージモデルの他、標準サイズモデル、女性の背丈にあったモデルが展開。女性用モデルは、フォームの打ち抜きが工夫され、断熱性が他よりも高くなっています。

ITEM
サーマレスト トレイルプロ(ラージ)
サイズ:63x196cm
重量:1,020g
厚さ:5cm
収納サイズ:33x18cm
R値:3.4


サーマレスト ネオエアー トレッカー(レギュラー)

サーモキャプチャー構造技術を取り入れ、従来の非断熱エアマットに比べ倍の保温力を備えたモデル。3シーズン対応。内部の梁構造が空気の偏りを防ぎ、快適さを提供します。また、破裂や穴あき等に対する耐久性を備えた頑丈な生地が使われています。レギュラーとLの2サイズ展開。

ITEM
サーマレスト ネオエアー トレッカー(レギュラー)
サイズ:51x183cm
重量:510g
厚さ:6.3cm
収納サイズ:23x11cm
R値:3.2

セルフインフレーティングマット

サーマレスト プロライト プラス(レギュラー)

プロライトプラスは自動膨張式エアマットの中で最も暖かいモデルで、新開発のアトモスフォームによって軽量化を実現し、フォームのカットを斜めにしたダイカットフォームによって熱を逃しにくくなっています。

ITEM
サーマレスト プロライト プラス(レギュラー)
サイズ:51x168cm
重量:570g
厚さ:3.8cm
収納サイズ:径12x28cm
R値:4.2

冬のソロキャンプ用なので、収納がコンパクト、断熱性能が高いマットを探し、プロライトを購入しました。たかがマットと思ってはいましたが、使用してみると本当に暖かくてびっくりしました。マットの上に乗ると底冷えがない上に、自分の体温で徐々に暖かくなります。冬の山梨で、夜は氷点下を軽く下回ってましたが、快適に寝る事が出来ました。最高です。



サーマレスト プロライト プラス(女性用)

女性の背丈に合った、プロライトプラスの女性用モデル。フォームの打ち抜きを工夫したことで、通常モデルよりもさらに高い保温力を備えています。

ITEM
サーマレスト プロライト プラス(女性用)
サイズ:51x168cm
重量:570g
厚さ:3.8cm
収納サイズ:径12x28cm
R値:4.2

(前略)マイナス20度ともなるとそれでも背中が寒いので、イスカの代わりにこれを使用してみたくて購入しました。結果、イスカのとは比較にならないぐらい背中の寒さが無くなりました。またイスカは表面がスベスベしていて滑りやすいですが、このモデルはややグリップする生地です。厚さも増しているので寝心地もいいですね。このレディースモデルは通常の180cmタイプと同じ重量で、168cmまで短くしたものです。その重量差はウレタン層の肉抜き具合を調整したもので、通常のものより断熱効果が上がっています。女性用となっていますが、長身でない男性にもおすすめです。(後略)



サーマレスト プロライト(エクストラスモール)

3シーズンに対応した最軽量モデルのエアマット。上半身をマットにのせればこのサイズでも就寝が可能。とにかく軽くコンパクトにパッキングしたいユーザーに最適!新開発のアトモスフォームがその軽量性を支えています。

ITEM
サーマレスト プロライト(エクストラスモール)
サイズ:51x91cm
重量:245g
厚さ:2.5cm
収納サイズ:径8x28cm
R値:2.4


サーマレスト ネオエアー Xライト(レギュラー)

丸みのあるフォルムを採用したネオエアーシリーズの最軽量マットで、より荷物を軽減したいバックパッカーに最適!スタッフサックとリペアキットが付属します。内部に熱反射板を1枚追加して保温性を高めた女性用モデルもあり。

ITEM
サーマレスト ネオエアー Xライト(レギュラー)
サイズ:51x183cm
重量:350g
厚さ:6.3cm
収納サイズ:径10x23cm
R値:3.2


サーマレスト ネオエアー Xサーモ(レギュラー)

内部の熱反射板が1枚だった従来のネオエアーシリーズから4枚の熱反射板を装備するサーマレスト史上最高の保温性を持つモデルへと進化!オールシーズン対応のエアマットです。肌に直接触れても快適な生地を使っているため、心地良い寝心地を実感できます。スタッフサックとリペアキットが付属。

ITEM
サーマレスト ネオエアー Xサーモ(レギュラー)
サイズ:51x183cm
重量:430g
厚さ:6.3cm
収納サイズ:径10x23cm
R値:5.7

R値5.7という高い断熱性を持ちながら、夏マット並みの軽さとペットボトル程度のコンパクトさ。
オールシーズン使える非の打ち所がない優秀なマット。特に冬は地面の冷気をシャットアウト。寝袋の性能を存分に引き出す、この高い断熱性に助けられています。価格は高いですが、いくら掛け布団(寝袋)が良くても敷布団(マット)が悪ければ寒くて眠れません。良いものを一つ買いましょう。



マットだけじゃない!色々あるサーマレスト製品

サーマレスト Zシート

高い耐久性を誇り、とても軽い仕上がりのクローズドセルシート。アコーディオン式に折り畳んで収納でき、座布団のように腰掛けるのに適したサイズ感です。アルミ蒸着は施されていないモデルです。

ITEM
サーマレスト Zシート
サイズ:41x33x2cm(収納サイズ:33x7x7cm)
重量:60g

登山用ザックの背中パッドとして使いたくて購入。休憩時には本来の使い方もできるしということで。
先日、早速使ってみましたが、コンパクトなのでザックにぴったり!軽いし全然違和感なし!もちろんお尻に敷いても地面の冷たさが伝わってこず、暖かい。外に行くなら一枚は持っていたいモノだと思います。



サーマレスト ライトシート

100gを切る超軽量の自動膨張式シートで、収納時はポケットに入るサイズにまでコンパクトにできます。フィールドのどこにでも敷いてOK!休憩スペースを瞬時に作ることができます。

ITEM
サーマレスト ライトシート
サイズ:28x38x3.8cm
重量:90g

主人が貰ってきて、一つ使っていましたが、気に入ったので2人で使えるようにもう一つ購入。
2人でバイクツーリングする際に、色々な所で使えます。
長時間バイクでお尻が痛い時に、ツーリング先で何処に座ってもお尻が冷えません。
快適です。



サーマレスト コンプレッシブルピロー(M)

とても柔らかく、伸縮性のある枕です。収納の際は、ドローコードで絞ってラグビーボール状にコンプレッションすることができます。サイズ展開は、S、M、L。

ITEM
サーマレスト コンプレッシブルピロー(M)
サイズ:36x46cm(収納時:36x15x11cm)
重量:255g

キャンプでの初めてのテント泊で使用しました。
何度かコテージで寝袋で寝たのですが、やはり枕がないのは寝ずらく、洋服を丸めて枕にしたりしてました。
テントを立てた後、寝袋などと一緒に広げておけば寝る時にはふわふわで気持ちよく使用できました。
寝袋がツルツルとした素材なので枕が滑ってしまうのが心配でしたが、全く問題ありませんでした。



サーマレスト ウルトラライト ピローケース

これはポリエステル生地で作られたとても軽い袋状のアイテムで、中にダウンジャケット等の衣類を詰めて枕にします。ザックに入れているウェアを流用するため、荷物の軽量化に一役買います。

ITEM
サーマレスト ウルトラライト ピローケース
サイズ:36x43cm
重量:27g


サーマレスト トレッカーピローケース

ウルトラライト ピローケース同様、中に衣類を詰めてソフトな枕にするピローケースです。収納時はポケットに収まるぐらいのコンパクトサイズに折り畳むことができます。

ITEM
サーマレスト トレッカーピローケース
サイズ:36x43cm
重量:65g

登山での荷物軽量(縮小)化のため、インフレータブルピローをやめ、この商品を購入してみましたが、ちょっと大きすぎて中に入れる衣類が足らず、少ない衣類を入れ半分に折って使用しました。半分でも十分な大きさなので、この半分の大きさのがあるといいのですね。
肌触り、携帯性ともに申し分なく快適でした。



サーマレスト トレオチェアー

座面を脚に収納するミニチェアー。収納すれば、ザックの中に入れて持ち歩けるほどのコンパクトさになるのが魅力!座面は丈夫な300デニールポリエステルリップストップ生地を使用。脚部と座面との間は6000シリーズアルミを使って支えており、耐荷重110kgを実現。

ITEM
サーマレスト トレオチェアー
サイズ:69x50cm/シート高 33cm(収納時:26x11cm)
重量:1,015g

ハイキングの時に使いたくて購入しました。ゆったり座れてリラックスできそうです。



サーマレスト コンパックチェア

軽量ナイロン生地のチェアスリーブとアルミポールを使って、所持しているマットレスを座椅子へ変身させることができます。自分好みのリクライニングの角度へと調節できるサイドストラップも装備。25インチ(幅64cm)のマットレスに対応します。収納袋に入っているので持ち運びしやすくなっています。

ITEM
サーマレスト コンパックチェア
サイズ:フィット 63cm幅
重量:254g


サーマレスト ラグジュアリーライト メッシュコット(レギュラー)

より快適に眠れるように地面と距離を置ける、通気性に優れたメッシュタイプのコット。フレームが弓なりになることで、背中にクロスバーが当たることがなく快適に眠れる「ボウフレームテクノロジー」を採用。持ち運びしやすい軽量性と凸凹した地面にも置くことのできる柔軟性を備えています。

ITEM
サーマレスト ラグジュアリーライト メッシュコット(レギュラー)
サイズ:61x183cm(収納時:41x15cm)
重量:1,474g

(前略)
他のコンパクトコットにありがちなグラグラは皆無です。実に安定しています。
組み立ては慣れれば2分以内にできます。
撤収は生地から貫通ポール抜くとき、やや抵抗感があるのでやや時間がかかります。
山岳テント慣れしている一般体系の人ならRサイズで十分だと思います。
なるべく軽量でザックに入れて持ち歩き、地べたから少しでも上に寝たい。
生地がガサガサうるさいのウルトラライトはちょっと…、という方にお勧めです。
(後略)



サーマレスト ラグジュアリーライト ウルトラライトコット(レギュラー)

あらゆるコットと比べて非常に軽量で、コンパクトにまとめられる高い収納性を備えています。コット表面は防水性のあるナイロン生地を使用。クロスバーが背中に当たらないボウフレームテクノロジーによって寝心地が快適で、整地されていない凸凹のあるフィールドでも設置できます。

ITEM
サーマレスト ラグジュアリーライト ウルトラライトコット(レギュラー)
サイズ:61x183cm(収納時:41x13cm)
重量:1,195g

とにかく軽量。キャンプに良く行くのですが、自動車がそんなに大きくない為コットの持ち運びには今まで苦労していました。(以前使っていたものは大型のもので重いし、車の場所をとっていました)
ラグジュアリーライトウルトラライトコットは持ち運びが簡単で、軽量なので荷物の量を減らすことができます。設営には少し時間がかかりますが慣れてしまえば苦になりません。
設営すると生地の部分はしっかりと張りがあります。身長172cm、体重70cmの私には問題なく使用できました。
収納袋がついてくるのでそこへ仕舞い、持ち運んでいます。
値段は少しお高めですがラグジュアリーなキャンプが楽しめます。


サーマレストで快適なアウトドアライフを!

サーマレストのマットで快適なアウトドアライフを楽しもう! シュラフに入って眠りにつくのは、山やキャンプでの醍醐味の一つ!いつもとは違う環境で眠りにつくわけですから、安眠するための装備が必要です。サーマレストが提供するマットやコット等、眠るためのギアは、心地良い眠りに誘ってくれるものばかり!より一層あなたのアウトドアライフを快適にしてくれますよ!

THERM-A-REST‘s good gears, GOOD SLEEP !!
サーマレストで安眠快適 !!

編集部おすすめ記事


紹介されたアイテム

サーマレスト Zライト ソル(レギュラー…
サーマレスト Zライト コヨーテブラウン
サーマレスト Zシールド
サーマレスト リッジレスト ソーライト(…
サーマレスト リッジレスト ソーラー(レ…
サーマレスト リッジレスト クラシック(…
サーマレスト トレイルライト(レギュラー…
サーマレスト トレイルプロ(ラージ)
サーマレスト ネオエアー トレッカー(レ…
サーマレスト プロライト プラス(レギュ…
サーマレスト プロライト プラス(女性用…
サーマレスト プロライト(エクストラスモ…
サーマレスト ネオエアー Xライト(レギ…
サーマレスト ネオエアー Xサーモ(レギ…
サーマレスト Zシート
サーマレスト ライトシート
サーマレスト コンプレッシブルピロー(M…
サーマレスト ウルトラライト ピローケー…
サーマレスト トレッカーピローケース
サーマレスト トレオチェアー
サーマレスト コンパックチェア
サーマレスト ラグジュアリーライト メッ…
サーマレスト ラグジュアリーライト ウル…

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

サーマレスト特集
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

Ryo
Ryo

旅行・写真が好きな神奈川在住のRyoです。写真を撮りながら旅行するのが好きで、1年に1度の海外旅行は欠かせません!近年はアウトドアの魅力に惹かれアウトドア初心者として勉強中。ライターとしても駆け出しですが、役立つ・使える情報を発信できるよう頑張ります!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!