アニメ動画OP

【忘&新年会の新定番曲爆誕】さあ、みなさんご一緒に「♪そうよ そうなの 遭難よ〜」

知人からSNSでシェアされた動画をクリックすると、「♪そうよ そうなの 遭難よ〜」。令和の時代になったというのに、昭和歌謡で繰り広げられる、遭難についてのあれこれ事例。歌うのは、おじさん&おばさん&おやまちゃん。真面目だけどつい笑ってしまう、話題のソングを調査しました!

目次

アイキャッチ画像出典:日本山岳・スポーツクライミング協会

何はともあれ、まず聞いてください(電車内はイヤホン必須)

2019年秋、衝撃の「山岳遭難防止ソング」爆誕

そうよ そうなの 遭難よ〜〜♪
……耳に残って離れないフレーズのリフレイン。令和なのに昭和な親父ギャグ。男性のキャップの「OMG!」のロゴ。
いま地味〜に(失礼!)登山業界関係者のSNSで拡散されつつある、話題のソング。
この曲このアニメ、一体なに??

そうよそうなの遭難よ

出典:日本山岳・スポーツクライミング協会

その疑問を解きに、新国立競技場向かいのとあるビルに向かいました。

リリース元の日本山岳・スポーツクライミング協会を直撃

新国立競技場

出典:PIXTA(この向かいに謎ソングのリリース元が!)

リリース元は公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会。この協会は「全国47都道府県山岳(・スポーツクライミング)連盟(協会)」と「全国高等学校山岳連盟登山専門部」が加盟が加盟している団体。

「安全登山の啓発」「山の環境保全」「山岳文化の発展」のために寄与する活動を行なっています。

いたって真面目かつお堅そうな団体が、なぜにこの歌を作ったのでしょうか???

右肩上がりの遭難件数。まずは「道迷い」から減遭難を!

話をうかがったのは、協会専務理事の尾形好雄さん。

ー知人がSNSでシェアしてくれたのですが、じわじわ笑いが込み上げてしまいました

尾形さん
私たちは「安全登山の啓蒙」を行なっているのですが、ここ20年、遭難者総数は右肩上がり。

2018年は遭難者総数が3,129人でした。そのうち「道迷い」が1,187人(37.9%)もあるのです。
そこで「ストップ・ザ・1000」というキャンペーンを行なっているんです

2018年山岳遭難データ

出典:警察庁生活安全局生活安全企画課「平成30年における山岳遭難の概況」より

ーなぜ「1000」という数なのですか?

尾形さん
遭難とは言い難い「道迷い」をなくせば、2,000人以下になります。遭難者ゼロではなく、まずは1996年の1,000人台に戻そうと目標を立てたんです。

防止もですが、まずは遭難を減らす「減遭難」から始めようと

遭難者数の推移

出典:警察庁生活安全局生活安全企画課「平成30年における山岳遭難の概況」より

ーそのキャンペーンの一環としてあの動画なんですね?

尾形さん
そうなんです。これまでもミウラ折りの小さな啓蒙カードなどを配布していたのですが、効果が上がらず……

安全登山啓蒙のしおり

撮影:YAMA HACK編集部

ーたしかにもらっても読むだけで頭に残らないかも……

尾形さん
そうなんです。そこである広告会社に相談したところ、オーストラリアではアニメ動画で地下鉄での転落事故死が減少したと聞いて「これだ!」と思ったんです

尾形さんの話していた動画を調べたところ、オーストラリア「Metro Trains」による「Dumb Ways to Die」は公開後約1週間で再生回数1億4000万回を突破。ゆるキャラ全員が死ぬというこれまた衝撃アニメでした。

「音声入りアニメ動画」だと「何だろう、これ?」と興味を持ってもらえるかもしれない。
その思惑どおりに、笑いとともに確実に拡散しつつあるこの動画キャンペーン。もしや成功するのでは……。

「そうよ そうなの 遭難よ」親父ギャグに込められた願い

アニメ動画OP

出典:日本山岳・スポーツクライミング協会

「音声入りアニメ動画」という方向性は決まったものの、昭和歌謡のカラオケ調ソングというかたちに昇華させたウルトラCは、一体誰のアイデアなんだろう……気になる。

ということで、尾形さんに紹介してもらった広告制作会社のクリエイターにメールでインタビューを敢行しました!

1 / 2ページ