テントの荷物配置

気になるみんなのテント内!アナタのテントは綺麗なお宅?それとも汚宅?!

普段見ることのない他人のテント内。 プライベート空間だからと結構散らかってたりしませんか? でも、使いたいものがすぐに見付からず手間が掛かったり、散乱荷物でスペースが圧迫されたりと、快適に荷物を配置するのってなかなか難しい……。

そこで今回は、気になるみんなのテント内を立山の雷鳥沢テント場にて突撃取材! すると荷物整理のコツが見えてきました!

目次

アイキャッチフォト撮影:三宅 雅也

それはこんな一言から始まった……!

編集J:「わたしのテント内、いつもカオスなんだけど、みんなテント内って荷物どうしてる?」

編集S:「え……僕もカオス……。配置とか特に考えてないな」

編集K:「同じく…いつも荷物散乱してる。三宅さん、いつもどうしてますか?」

荷物が散乱したテント内

撮影:三宅 雅也

筆者: 「え……実は私、ゴミ屋敷……」

深く考えたことありませんでした。
登山向けのテントはスペースも限られているため、「狭いテント内は散らかっているものが普通」だと。
そう言われてみると、人さまのテント内ってどんな感じなんだろう?

みんな整理整頓しているの??
整理整頓のコツがあるなら、筆者もゴミ屋敷を脱出したい!

紅葉期のテント場

撮影:三宅 雅也

気になってしまった以上、放っておくわけにはいきません。

そこで、多くのテント泊ハイカーで賑わう立山の雷鳥沢へと突撃取材!いつもはベールに包まれたテント内を、こっそり見せてもらうことにしました。

早速パトロールにレッツゴー!

 

雷鳥沢で 「突撃!お宅拝見」

※記事中の登山歴、テント泊歴が取材当時のものです

その① クッキーさんご夫妻の場合/奥さまが保つ快適空間!

NEMOのテントとご夫妻

撮影:三宅 雅也 (爽やかなクッキーさんご夫妻は地元のトレランチームにも所属)
まず一組目にご協力いただいたのは、爽やかな笑顔の「クッキーさんご夫妻」!

 

登山歴=7年

テント泊歴=6年
使用テント=NEMO 2人用

テントの中を拝見

撮影:三宅 雅也 (奥側がクッキーさん、手前が奥さまのスペース)

奥さまは整理整頓したい派で、この日に使う小物は枕元、それ以外は足元にまとめて配置。 また、どこに何を置いたかを記憶しながら置いているとのこと。 なるほど、良いアイデアです!

旦那さんのスペース

撮影:三宅 雅也

一方、クッキーさんはオープンスペースに何でも置いて、探し物が見付からずに奥さまにヘルプをお願いするそう(笑)。

やはり置き場をある程度決めておくというのが大事なんですね。

その② マルさんの場合/衝撃のビフォーアフター!

モンベルのテントとマルさん

撮影:三宅 雅也 (大好きなお酒を持って最高の笑顔!)
続いてご協力いただいたのは、お酒が大好きな「マルさん」!
マストアイテムはやっぱりお酒とのこと。

 

登山歴=10年

テント泊歴=7~8年
使用テント=モンベル1人用

テントの中を拝見…

撮影:三宅 雅也

早速テント内を拝見させてもらうと…なんというパンチ力! すばらしい逸材に出会ってしまったと感激の筆者
しかし、すぐに寛ぎモードにできるとのこと。 この状態がいったいどうなるのだろうと1~2分ばかり待つと…。

数分で整理された空間に

撮影:三宅 雅也

なんとも居心地の良い空間に早変わり! 衝撃のビフォーアフターなケースです。 コツは片寄せにしてまとめること。 そして「飲むための空間」をきちんと設けることでガラリと雰囲気が変わるようです。

相当山で呑み慣れている「マウンテン・ドランカー」ですね!

その③ あやさんの場合/まさかのモデルルーム!

1 / 3ページ