荒沢岳

荒沢岳|鎖とハシゴの殿堂!絶景とスリルの”越後の穂高”

”鎖とハシゴの殿堂”や”越後の穂高”とも呼ばれるほど難易度が高い「荒沢岳」。鎖場やハシゴ、ロープが長く続く前グラの危険度は有名。しかも、鎖すら無い岩場もある経験者・上級者向けの山です。そんな荒沢岳の魅力や、実際の登山コース、登山に便利な周辺の施設情報もご紹介します。

目次

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、山小屋営業ならびに交通状況などに変更が生じている可能性があります。
山小屋や行政・関連機関が発信する最新情報を入手したうえで登山計画を立て、安全登山をしましょう。
アイキャッチ画像出典:PIXTA

上級者限定!?荒沢岳ってどんな山

荒沢岳が聳え立つ

出典:PIXTA
標高所在地体力レベル難易度レベル
1,969m新潟県魚沼市★★★★★★★★

越後地方の最奥地に位置する荒沢岳(あらさわだけ)。現在では【奥只見シルバーライン】が開通し、交通アクセスがよくなりましたが、その昔『日本百名山』の著者、深田久弥氏が辿り着けなかったといわれるほどの秘境です。
アクセスがしやすくなっとはいえ、登山の難易度は全く別の話。「鎖とハシゴの殿堂」や「越後の穂高」とも形容されることからもその難しさがうかがえます。

鎖場やハシゴの連続険!険しい岩峰「前グラ」

荒沢岳の前グラ

出典:PIXTA

荒沢岳登山では避けて通れない岩峰の“前グラ”は、鎖場やハシゴ、ロープが連続し山頂を前に登山者に立ちはだかります。
登山口の看板には、「上級者向け」「引き返す勇気を」の文字が!しかも、前グラは雪害防止のために鎖すら無い難所もあるほど・・・
実際に、過去には滑落死亡事故も発生しているので、ヘルメットの着用は必須です。

難所を越えたその先は・・・

見晴らしの良い稜線歩き

出典:PIXTA

険しい“前グラ”を越えたその先は、見晴のいい稜線が荒沢岳まで続き、間近に越後駒ヶ岳、振り返ると銀山平の絶景を見ながらの尾根歩きに。
左右にきれいに切れ落ちた稜線は雄大で、秋には紅葉が山肌を彩ります。

荒沢岳のベストシーズンはいつ?

紅葉期の荒沢岳

出典:PIXTA

一番のシーズンは10月頃、前グラの岩場の紅葉や、錦に染まった稜線の山肌が美しく、一年でもっとも登山者で賑わう季節です。
山開きは例年6月の中旬頃。登山口でお守りなどの記念品が配布されます。天気も必ずチェック

【経験者向け】唯一の登山コース 鎖とハシゴの連続|前グラ尾根コース

前グラ尾根コース

提供:YAMAP
【体力レベル】★★★★☆
日帰り
コース距離:約9km
コースタイム:約10時間
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★★★★☆
・岩場、雪渓を安定して通過できる技術が必要
・ルートファインディングの技術が必要
凡例はこちらをクリック:グレーディング表

荒沢岳登山口→前山→前グラ下→前グラ→荒沢岳(往復)

荒沢岳に直接登山する唯一のコース。それ以外は、中ノ岳方面からの縦走コースのみです。コースの特徴は、前グラ下から約1時間の鎖場、ハシゴ、ロープの連続。前グラを越えてしまえば、見晴らしのいい稜線歩きが楽しめます。
体力、技術度によりコースタイムがかなり変わるので要注意。初心者や単独行は避けた方が無難な上級者向けのコースです。また、登山口の水場以外には水を補給できるところはありませんので、十分な水を携帯して登りましょう。

1 / 3ページ