奥多摩登山おすすめ三山の日帰りコース!

奥多摩での登山は、アクセスもよく登山道も整備されているため日帰りで楽しめるコースがたくさんあります。そんな奥多摩の登山の中でも、奥多摩三山と言われ人気の高い大岳山、三頭山、御前山の日帰り登山のコースを紹介します。


アイキャッチ画像出典:ウィキメディア・コモンズ

奥多摩登山の魅力とは?

一般社団法人奥多摩観光協会|登山コースバリエーションも多い奥多摩の山々
出典:奥多摩観光協会

奥多摩は、東京とは思えないほどの緑豊かな自然が広がり、遠くに行かなくても十分非日常感が味わえるエリアです!奥多摩は都心からのアクセスもよく日帰りで登山を楽しむことができる山々が多くあります。涼しい秋や春の登山が適していて、奥多摩の山々からは素晴らしい富士山の展望がのぞめることも魅力です。

ここでは、日帰りで行ける奥多摩三山といわれる三頭山、大岳山、御前山の3つの登山コースを紹介します。

おすすめ奥多摩日帰り登山① ブナが美しい三頭山

都民の森からスタートして、三頭大滝や下山後の温泉が魅力の三頭山。

640px-Mt.Mitou_from_Daibosatsu-Pass_01_済出典:ウィキメディア・コモンズ

【コース概要】
●コースタイム合計=4時間30分
●コースタイム詳細
都民の森(0.10)→森林館(0.20)→大滝休憩小屋(1.00)→三頭山避難小屋(0.20)→三頭山西峰(0.10)→三頭山避難小屋(0.30)→分岐(0.55)→槇寄山(1.05)→仲の平
●地図奥多摩・三頭山/ヤマケイオンライン 山と高原地図23 奥多摩/昭文社
●登山適期=3月下旬~5月、9~12月

【お役立ち情報リンク】
●アクセス情報
入山口=都民の森
下山口=仲の平バス停から武蔵五日市駅までのバス時刻表検索はこちら
●下山後の温泉情報
蛇の湯温泉 たから荘数馬の湯
●三頭山の天気情報こちら(日本気象協会tenk.jp)
●三頭山の登山道情報こちら

【コース紹介】
●都民の森 大滝の路入り口
セラピーロード_済
出発は、ウッドチップが敷き詰められた歩きやすい路、セラピーロードから
出典:都民の森



●三頭大滝
秋の三頭大滝
紅葉の見頃は10月中旬
出典:都民の森

●大滝の路上にある展望台
大滝の路からの眺望
大滝の路からの眺望
出典:都民の森

●三頭山山頂
tmp_imgresize _済

三頭山には西峰、中央峰、東峰と3つのピークがありますが、西峰が一番広く休憩ポイント。南西方面が開け、富士山の展望がある
出典:ヤマレコ
●槇寄山(まきよせやま)
tmp_imgresize_済
槇寄山山頂にはベンチがあるので休憩ができる
出典:ヤマレコ
●下山口にある蛇の湯温泉たから荘
_済
カヤブキ屋根の趣ある温泉宿
出典:蛇の湯温泉たから荘

おすすめ奥多摩日帰り登山② 山頂では富士山展望が広がる大岳山

Otake-san2_済出典:ウィキペディア

【コース概要】
●コースタイム合計=4時間15分
●コースタイム詳細
滝本駅(御岳山ケーブル6分)→御嶽山駅(0.15)→裏参道分岐(0.30)→長尾平(0.20)→綾広の滝(0.35)→鍋割山分岐(0.45)→大岳山(0.40)→白倉分岐(0.15)→大怒田山(0.55)→大岳鍾乳洞入口(※鍋割山分岐~大岳山山頂までの道のりは、一部鎖場や急な岩場の登りがあるので滑落にご注意下さい)

●地図奥多摩大岳山・御前山/ヤマケイオンライン 山と高原地図23 奥多摩/昭文社
●御岳山の地図こちら
●登山適期=3月下旬~5月、9~12月

【お役立ち情報リンク】
●アクセス情報
入山口=滝本駅へのアクセスはこちら
下山口=大岳鍾乳洞入口から武蔵五日市駅までのバス時刻表検索はこちら
●大岳山の天気情報こちら(てんきとくらす)

【コース紹介】
●御岳ケーブルカー
%e5%be%a1%e5%b2%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a4
入山は御岳ケーブルカーで
出典:御岳山ナビ
●武蔵御嶽神社
Shrine 済

荘厳な武蔵御嶽神社で参拝しよう!
出典:御岳山ナビ



●綾広の滝
ayahironotaki_済
別名「みそぎの滝」として知られる綾広の滝
出典:御岳山ナビ

●天狗の腰掛け杉
P1050347_済
大岳山方面の分岐点である天狗の腰掛け杉。(2015年10月現在、通行可能だか登山道一部崩落箇所あり。詳しくはこちら
出典:御岳山ナビマップ

●芥場峠(あくばとうげ)
tmp_imgresize_済
芥場峠から大岳山方面へ向かう
出典:ヤマレコ

●大岳山荘手前~大岳山
tmp_imgresize (1)_済
大岳山荘(廃屋)に近づくにつれて登山路に急な岩場が出てくる。鎖場も出てくるので通過には注意が必要
出典:ヤマレコ
tmp_imgresize _済
大岳山
山頂前の急な岩場の登り
出典:ヤマレコ


●大岳山山頂

Exif_JPEG_PICTURE

大岳山山頂は開けており雄大な富士山が拝める
出典:ヤマレコ

●白倉分岐
白倉分岐
白倉分岐を馬頭刈山方面へ進む。15分ほど歩くと富士山展望のスポットがあらわれる
出典:ヤマレコ

●下山口は大岳鍾乳洞
office_cave_済
大岳鍾乳洞からバス停の大岳鍾乳洞入口まで沢沿いの林道を歩いていく。鍾乳洞詳細はこちら
出典:大岳キャンプ場


おすすめ奥多摩日帰り登山③ 奥多摩湖を眺めながら登る御前山

Mt.Gozen_済
出典:ウィキメディア・コモンズ

【コース概要】
●コースタイム合計=6時間(※上りも下りも長く急でハードなコースです)
●コースタイム詳細
奥多摩湖バス停(1.30)→サス沢山(1.15)→惣岳山(0.20)→御前山(0.55)→鞘口山(0.30)→鋸山(1.10)→愛宕山(0.20)→奥多摩駅

●地図奥多摩大岳山・御前山/ヤマケイオンライン 山と高原地図23 奥多摩/昭文社
●登山適期=3月末~5月、9~12月

【お役立ち情報リンク】
●アクセス情報
入山口=奥多摩湖バス停へのバス時刻表検索はこちら(※バスの本数が少ないのでご注意ください)
下山口=奥多摩駅
●御前山の天気情報こちら(てんきとくらす)
●下山後の温泉こちら(もえぎの湯)

【コース紹介】
●入山は奥多摩湖から
576px-Ogouchi_damu_済
小河内ダムを渡ってから登山道がある
出典:ウィキペディア

●サス沢山

%e5%a5%a5%e5%a4%9a%e6%91%a9%e3%80%80%e7%99%bb%e5%b1%b1%e3%80%80%e5%a5%a5%e5%a4%9a%e6%91%a9%e6%b9%96

サス沢山からは奥多摩湖が一望できる
出典:ヤマレコ

●惣岳山

%e5%a5%a5%e5%a4%9a%e6%91%a9%e3%80%80%e7%99%bb%e5%b1%b1%e3%80%80

展望はない惣岳山。惣岳山から約20分ほどで御前山
出典:ヤマレコ

●御前山山頂
%e5%a5%a5%e5%a4%9a%e6%91%a9%e3%80%80%e7%99%bb%e5%b1%b1%e3%80%80%e5%be%a1%e5%89%8d%e5%b1%b1
出典:ヤマレコ
山頂は樹林に囲まれているが山頂手前にビューポイントがある。山頂は広くベンチもあるため休憩ポイント
出典:今日という日を忘れずに

●大ダワ
大ダワ
御前山避難小屋をすぎ鞘口山を通り過ぎると大ダワ。一旦車道に出てからまた鋸尾根の山道に入る
出典:ウィキメディア・コモンズ

●愛宕神社
%e5%a5%a5%e5%a4%9a%e6%91%a9%e3%80%80%e7%99%bb%e5%b1%b1%e3%80%80%e6%84%9b%e5%ae%95%e7%a5%9e%e7%a4%be
長い鋸尾根を下ると愛宕神社が見えてくる。最後の急で長い階段を降りて車道にでると奥多摩駅
出典:ヤマレコ

●下山は奥多摩駅
1024px-Okutama_Station_in_Okutama,_Tokyo_3_済

出典:ウィキメディア・コモンズ

 

奥多摩三山へ!

Lake_Okutama
出典:ウィキメディア・コモンズ

奥多摩は、東京でありながら旅行気分が味わえる貴重なエリアです。奥多摩三山と言われる、三頭山、大岳山、御前山はそれぞれ雰囲気も違い楽しめるのでおすすめの日帰りコースです。

ルートバリエーションも多いので地図を見ながら自分のペースでコースを選択するとよいでしょう。温泉もあるのでゆっくり疲れを癒すのもいいでしょう!ぜひ奥多摩登山にでかけてみてはいかがですか?

Let’s Enjoy Okutama!!

奥多摩を楽しもう!!

【登山時の注意点】
・行動時間が長いので、ヘッドランプは必携。秋から冬は日没が早く夕方5時には暗くなるので早めの行動を!
・装備もしっかりとした登山装備で。足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!

【免責事項】
・本ウェブサイトに掲載する記事や情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。株式会社スペースキーは本ウェブサイトの利用・使用ならびに閲覧によって生じたいかなる事故を含む損害にも一切責任を負いかねますのでご了承ください。なお、ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更する場合があります。

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

800px-Lake_Okutama
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!