限られた瞬間にしか見られない!? みんながカメラに収めた“山の絶景タイム”21連発

絶景を眺めながらの山歩きは、登山の楽しみの1つ。同じ山でも日や時間によっても表情が異なり、私たちの様々な感情を呼び起こしてくれます。そんな心を動かす山の絶景の中でも、限られたときにしか見ることのできない、この上なく美しい瞬間があるのを知っていますか? 今回は、そんな“山の絶景タイム”に注目。登山者21人が思わずカメラに収めた感動の瞬間を、撮影場所と共にご紹介します。今すぐ山に行きたくなってしまうかも!?

アイキャッチ画像出典:PIXTA

山の美しさが際立つ、貴重な瞬間がある!?

早朝の太郎平を歩く登山者
出典:PIXTA
雄大な山々や気持ちの良い稜線、愛らしい高山植物など、清々しい景色に出会えることは登山の魅力の1つ。そんな癒しの風景の中でも、「美しい」という言葉がぴったりの景色を見ることができる、“山の絶景タイム”があるのを知っていますか?

それは、山が最も美しい瞬間ともいわれる『モルゲンロート』

槍ヶ岳のモルゲンロート
出典:PIXTA
モルゲンロートは、夜明けとともに、太陽の光を浴びて山肌が赤く染まること。ドイツ語でMorgenは「朝」、rotは「赤」を意味します。

このモルゲンロートの出現には、光の屈折が大きく関わっており、湿度や気温、風の強さや雲の有無などの様々な条件が…。そのため、いつでもどこでもキレイに見られるわけではないんです。

限られたときにしか見られない、儚くも美しい景色。そんな貴重な瞬間を見てみたいと思いませんか? そこで今日は、みんなが山で出会った絶景の『モルゲンロート』を撮影スポットと共にご紹介します。はたして、どこの山でどんな“絶景タイム”が待っているのでしょうか!? みんなの感動体験エピソードも要チェック!

モルゲンロートといえばココ! 穂高岳

紅葉の名所として人気の涸沢カールは、美しいモルゲンロートが見られる場所でもあります。周りを囲う穂高連峰が赤く染まる様は圧巻。北穂高岳山頂からの景色にも注目です。

涸沢カール@涸沢ヒュッテ

yamataroさん(@yamaaash)がシェアした投稿


ネットでしか見たことのない景色をずっと見たくて、穂高山荘を3時に出発。真っ暗な景色がだんだん明るくなり、色とりどりのテントや木々が太陽に照らされていく様子に感動しました。一瞬しか見られない景色…。天候にも恵まれて、山に登らないと見ることができない景色に感動しました! by yamaaashさん

涸沢カール@涸沢野営場

Eiko Andoさん(@eiko.ando)がシェアした投稿


3泊4日のソロテント泊登山での朝のひとときです。前日はあまり色づかない感じだったので、今日こそ!とかなり期待していたので、朝起きてコーヒーを飲みながら待っていました。山が色づきはじめた時は、うっとりしてしまい写真を撮り忘れそうになるほど、本当にきれいでした。 by eiko.andoさん

奥穂高岳@北穂高岳山頂

shizukaさん(@shizuka.yamalife)がシェアした投稿


残雪の中、5人パーティで北穂高岳に到着。4時に起床し、北穂高岳山頂にてご来光の待機。徐々に赤みを帯びる奥穂高岳を見ながら、モルゲンロートの意味について教えてもらいました。全ての苦労や努力が報われた瞬間でした。 by shizuka.yamalifeさん

大キレット@北穂高岳山頂

KENJIさん(@jimao1982)がシェアした投稿


大混雑の涸沢を尻目に静かであろう北穂テント場へ行き、夕焼け・星空・朝焼けと撮影、鑑賞しました。
登山を始めて1年くらいになろうかというタイミングでの北穂高岳登頂で、各穂高制覇(縦走ではなく前穂・奥穂・西穂・北穂それぞれ)することができ、さらに最高のモルゲンロートを見られて、記念となる朝焼けでした。 by jimao1982さん

穂高岳@南岳小屋

I.Wさん(@i.w.9461)がシェアした投稿


初めてジャンダルムに行く縦走途中の南岳小屋からの写真です。翌日はジャンダルム、興奮と不安の中、素晴らしいモルゲンロートが見られました。きっと無事に縦走できる予感がしました。by i.w.9461さん

▼穂高岳を詳しくみる


シルエットがサマになる! 槍ヶ岳のモルゲンロート

登山者の憧れの山、槍ヶ岳。そのシンボルである尖った穂先は、なんとも絵になる勇ましい姿です。赤みを帯びる姿もまた格別!

槍ヶ岳@常念岳山頂

Yuto Nさん(@yuto4191)がシェアした投稿


朝日を拝むため、日の出前に登頂しました。雲がなく穏やかな朝。日の出とともに雄壮な槍ヶ岳が赤く染まっていき、その美しさに感動しました。何度もみたい景色です。by yuto4191さん


槍ヶ岳@蝶ヶ岳ヒュッテ

M.Kawaguchiさん(@good_3_days)がシェアした投稿


三連休を利用して、職場の同期と今年初登山。今回は、初めて重いカメラ機材を担いでの登頂。途中で何度も後悔しましたが、早起きして見たモルゲンロートの光景は控えめに言って最高でした。by good_3_daysさん

▼槍ヶ岳を詳しくみる


▼常念岳を詳しくみる

▼蝶ヶ岳を詳しくみる

ピンクに色づく山肌に思わずうっとり! 後立山連峰・立山連峰

黒部川の東側に位置する後立山連峰は、存在感のある山々が一直線に並ぶ大パノラマ。西側に位置する立山連峰も負けず劣ずの美しさ。雪の残る山肌がピンクに染まる姿は、なんともいえない穏やかな気持ちにさせてくれます。

白馬鑓ヶ岳@天狗山荘テント場

khさん(@thetourist1997)がシェアした投稿


あまりの美しいモルゲンロートに、多くの人が感嘆の声をあげて見入っていたのを覚えています。この写真は、太陽が昇るにつれて刻一刻と色合いが変化していく山肌の途中経過をとらえた写真です。

白馬鑓ヶ岳の白い山肌と太陽光の赤が混じって、ピンクのような色合いになったと思います。この後、山肌は真っ赤に染まりました。 by thetourist1997さん

不帰嶮・白馬三山@唐松山頂

あさこさん(@cocochi_cocochan)がシェアした投稿


夜明け前、山肌が薄紫からピンク、そして夜明け後に真紅に染まってゆく光景には圧倒されました。暫くボーっと眺めていました。 by cocochi_cocochanさん

白馬三山@白馬大橋

Yasuyuki kurodaさん(@roku_1209)がシェアした投稿


まだ残雪がある5月中旬、夜中が快晴で、放射冷却で寒く空気の澄んだ朝を狙って撮影しました。気温は0度前後だったと思います。とにかく寒い朝でした。by roku_1209さん

白馬三山@八方尾根

私の登山の原点の場所。八方池のリフレクションに出会い、美しさに心を奪われ、私は登山を始めました。ずっと見たかったモルゲンロートのリフレクション。やっと会えたこの日は感動で言葉が出ませんでした。 by yumika0121さん

杓子岳・白馬鑓ヶ岳@白馬岳

@ryushiro_syofusaがシェアした投稿


夜明けの肌寒い時間に起きだし、心待ちにしていた夜明けの瞬間。東の空から、眩しいほどの太陽を浴びて光り輝く杓子岳と白馬鑓ヶ岳は、人生最高の朝をプレゼントしてくれました。 by ryushiro_syofusaさん

五竜岳~白馬三山@白馬村

この写真を撮るためには、田んぼに水が張られたタイミングに、晴天かつ無風という運がなければ撮れません。無風というのが最大の難関でした。また、この時期は、有名な雪形もたくさん見られるので、モルゲンロート・水鏡・雪形が揃う、お気に入りのわすかな期間です。 by axlayさん

五竜岳@牛首

夏日となった連休。雲海と晴天に恵まれた北アルプスに美しい赤が訪れた。雲海から現れる太陽。徐々に山が赤く染まり、神々しさを感じる時間でした。 by munenori.yao_photographyさん


五竜岳@五竜岳山荘テント場

takane 𖤕*さん(@tkn_mt)がシェアした投稿


五竜岳のモルゲンロート、一瞬の輝きでしたが素晴らしい朝でした。 by tkn_mtさん

チングルマ@白馬岳(白馬山荘裏)

Üccö☻さん(@uu_uccocco_uu)がシェアした投稿


チングルマの綿毛が朝日に照らされてキラキラ輝いていて、どうしても収めたくて、しゃがみこんで必死に撮った1枚です! by uu_uccocco_uuさん

立山連峰@白馬山荘

SATOMI KODAMAさん(@takeoffsato)がシェアした投稿


日本海から立山連峰に劔、槍、八ヶ岳、富士山まで見える超展望に終始ワォワォ(笑)。どこから登ってもそれなりにしんどいお山、周りの見知らぬ皆さんとの一体感&共有感も最高でした。 by takeoffsatoさん

立山連峰・後立山連峰@種池山荘テント場

KAZさん(@kaz2202as)がシェアした投稿


種池山荘ではご来光は期待できなかったので、この日はあまり期待せずにスナップ写真程度に写真を撮りながら朝の散歩を楽しんでいたところ、目の前の山々が赤みがかったオレンジ色に染まり始めたので急いでシャッターを切りました。

山に囲まれてご来光が見られないようなところでは、こういう楽しみ方があるということが分かって、次の山行がますます楽しみになりました。 by kaz2202asさん

▼白馬岳を詳しくみる


▼唐松岳を詳しくみる

▼五竜岳を詳しくみる

▼立山を詳しくみる

まだまだある! 美しいモルゲンロートに出会える場所

ここまで北アルプスのモルゲンロートを紹介してきましたが、「南アルプスは!?」「この山のモルゲンロートも最高だよ!」と思っている方もいるのではないでしょうか。もちろん、北アルプス以外の山々でも美しいモルゲンロートを見ることができますよ。

谷川岳@西黒尾根

@ken3_styleがシェアした投稿


谷川岳の両耳、茂倉岳を通って土樽駅まで降りる縦走ルートです。前回はガスのお花見登山だったのでリベンジの山行でした。土合駅を暗いうちに出発。西黒尾根の途中で朝日がさすと、紅が徐々に色を増していき、気持ちも高ぶります。最高のモルゲンロートに出会えました。 by ken3_styleさん

▼谷川岳を詳しくみる


富士山・塩見岳東峰@塩見岳西峰

Shuu Gamiさん(@gamishuu)がシェアした投稿


山友達と一緒に登り、塩見小屋で一泊。ご来光を塩見岳山頂で見るために、まだ暗い3時くらいから歩き始め、4時頃に塩見岳西峰に着きました。
塩見岳西峰から茜色染まっていく富士山と雲海を眺めながら山友達と歓喜しながら写真撮影を楽しみました。

先に友達が歩き3分程の距離にある東峰の方に歩いていたので、それを撮影した写真です。やはり富士山を間近で見られる塩見岳の山頂は格別だなと感じました。その景色を一緒に見ることができたこと、楽しい山行にできたこと、山友達に感謝です。 by gamishuuさん

▼塩見岳を詳しくみる


“山の絶景タイム”はもう1つある!

実は、山が最も美しい瞬間はもう1つあるんです。それは、夕暮れ時。『アーベントロート』と呼ばれ、夕焼けが山肌を赤く染めること。『モルゲンロート』と同様にドイツ語で、Abendは「夜」、rotは「赤」を意味します。今回は特別に立山三山のアーベントロートご紹介します。

立山三山@雷鳥沢

Yokoya Tatsunoriさん(@yokotatu915)がシェアした投稿


モルゲンロートは朝日が当たることで山が赤く染まります。夕日で染まるのはアーベントロート。夕日でもあそこまで赤くなり感動しました。by yokotatu915さん

壮観な朝焼け『モルゲンロート』を見に行こう!

紅葉の劔岳のモルゲンロート
出典:PIXTA
ところ変われば表情も変わり、日中の景色とは一味も二味も違う山の顔『モルゲンロート』。みなさん、その刹那的な美しさに魅了され、心を刺激されたよう。ご紹介した撮影スポットを参考に、モルゲンロートに出会う山にぜひ出かけてみてください。山での“感動体験”がきっと、日々の生活に潤いを与え、エネルギーになってくれるはずです。
▼山には絶景だらけ!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

常念岳山頂から見た槍ヶ岳のモルゲンロート
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!