塩見岳│『南アルプスのヘソ』から見える大絶景!1泊2日の登山コース紹介

2018/05/11 更新

塩見岳は南アルプスの中央に位置する山で、「南アルプスのヘソ」と呼ばれています。周辺に高い山がないため、北アルプスから南アルプスまで、360°見渡せる抜群の展望が人気の日本百名山。南アルプスはアクセスが難しい・・・と後回しにしている方も多いのではないでしょうか?今回は、初心者でも行ける1泊2日のおすすめのコースをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

『塩見岳(しおみだけ)』ってどんな山?

塩見岳
出典:PIXTA
標高山頂所在地山系最高気温(6月-8月)最低気温(6月-8月)
3047m長野県伊那市・静岡県静岡市葵区南アルプス14.5℃1.1℃
参考:ヤマレコ
長野県伊那市と静岡県静岡市葵区にまたがる標高3047 mの「塩見岳」。山名は諸説ありますが、山頂から太平洋が見えるため「汐(しお)の見える山」という説から名付けられたといわれています。南アルプス国立公園内に属している日本百名山の一つ。北岳、間ノ岳といった北域のピーク群と荒川岳、赤石岳など南域のピーク群のいずれとも離れてるため、遠方から眺めると独立峰のように見える美しい山容が特徴的です。

塩見岳の魅力

塩見岳山頂と富士山
出典:PIXTA
塩見岳の最大魅力といえば、なんといっても山頂からの眺望!塩見岳は南アルプスのほぼ中央に位置しているため、北アルプスや中央アルプス、そして北アルプスから見るよりも大きな富士山の絶景を楽しむことができます。また、山の上部のハイマツ帯にはクロユリやイワウメといった沢山の高山植物が群生しており、色とりどりの植物を見ることができるのも楽しみの一つ。運が良ければライチョウに出会えるかもしれません。

塩見岳の登山適期は?

塩見岳 晩秋
出典:PIXTA
塩見岳は6月~10月が登山適期で、この時期には多くの高山植物を見ることができます。紅葉シーズンは例年9月中旬から10月中旬頃。

地図も必ずチェック!山と高原地図 塩見・赤石・聖岳

登山地図の定番といえばコレ!マップ詳細はもちろん、バスやマイカーでのアクセスにも便利!

ITEM
山と高原地図 塩見・赤石・聖岳 (山と高原地図)
発行元:昭文社


塩見岳での注意点

棚引く雲
出典:PIXTA
夏山登山のセオリーですが、午前中は晴れていても午後から夕方にかけてにわか雨や雷雨が発生する確率が高いです。南アルプスでは、午後に山頂が白いガスに覆われ、視界が悪くなることも珍しくありません。登山の基本「早出早着」を心がけましょう。

塩見岳の天気

塩見岳に行く前に現地の天気をこちらでCHECK!

てんきとくらす(塩見岳の週間天気)

【重要】塩見岳の登山コースとアクセス方法

塩見新道に向かう市道三峰川線は崩落の影響で杉島岩入より一般車は入れません。また、塩川ルートも崩落の影響で現在通行禁止となっています。登山前に必ず観光協会の最新情報をご確認ください。

伊那市観光協会
大鹿村ホームページ

塩見岳登山口
出典:ヤマプラ(地図をクリックすると拡大されます)
  • ①一般的なコース「鳥倉ルート」
鳥倉登山口から三伏峠、三伏山、本谷山を経て登る、最も人気のある定番のコース。鳥倉登山口へのアクセスは、7~8月の一部期間のみバスが出ています。自家用車の場合は登山口手前の駐車場に停め、鳥倉登山口まで約50分歩きます。

 
  • ②アクセス難コース「塩見新道」
塩見岳の北西、三峰川林道から塩見新道沿いに登り、塩見小屋の手前で鳥倉ルートと合流するコース。登山道だけで言えば最短コースなのですが、三峰川林道での落石事故の影響で通行止めとなっており、駐車場から登山口のある大黒沢出合まで20km以上の林道を歩く必要があります。マウンテンバイクなどを持参してアクセスする方もいるようですが、あまり登られていないルートです。

 
  • ③上級者向けコース「蝙蝠尾根(こうもりおね)」
塩見岳の南東、二軒小屋ロッジの近くにある蝙蝠岳登山口から蝙蝠岳を経て登るコース。コース距離が長いため(二軒小屋ロッヂから塩見小屋まで約11時間弱)上級者向けです。さらに、二軒小屋ロッジまでのアクセスは、周辺道路が一般車両通行禁止のため、二軒小屋ロッヂ宿泊者のみ利用できる送迎バスに限られます。コース距離とアクセス方法を考えると日数に余裕がないと難しいコースです。

 
  • ④通行禁止ルート「塩川コース」
塩見岳の西側、塩川小屋から登り三伏峠の手前で鳥倉ルートと合流するコース。2018年時点、道路崩落のため通行止め(徒歩での通行もできません)となっています。そのため、塩川小屋も休業しています。
  • 初心者にもおすすめ!1泊2日の登山コース【鳥倉ルート】

  • 今回は、塩見岳登山で最もメジャーで初心者におすすめの「鳥倉ルート」をご紹介します!アクセスもしやすく、道中の山小屋で宿泊もできるので初心者におすすめのコースです。日帰りで往復することも可能なので、健脚者の方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
  • 鳥倉ルート図
  • 出典:ヤマプラ
  • 距離コースタイム日程難易度
    19.1㎞約14時間10分1泊2日★★★
  • 出典:ヤマプラ
  • 1日目:塩見小屋まで

  • 鳥倉登山口(75分)→豊口山間のコル(75分)→塩川ルート分岐(35分)→三伏峠(80分)→本谷山(120分)→塩見小屋
  • 鳥倉登山口
  • スタート地点の登山口には仮設トイレと登山届ポストがあります。夏山シーズンに限り、1日2便のバスが運行されていますが、車の場合は、鳥倉林道ゲートにある駐車場を利用して登山口まで林道を約50分歩きます。
    標識
  • 登り始めはカラマツの樹林帯を歩きます。三伏峠までの道中には標識が「1/10」単位で設置されていますので、目印と目安になります。
  • 三伏峠小屋
  • 三伏峠は日本最高所(標高2,580m)の峠とされ、三伏峠小屋は宿泊(要予約)とテント場の利用ができ、荷物をデポするサービス(有料)もあるので、こちらからのピストンも可能です。
  • 塩見小屋
  • 三伏山から本谷山まではアップダウンが続きます。塩見小屋の直下の急登を登りきると1日目の目的地、塩見小屋に到着します。
  • 2日目:大パノラマの塩見岳山頂へ

  • 塩見小屋(80分)→塩見岳(50分)→塩見小屋(120分)→本谷山(75分)→三伏峠(25分)→塩川ルート分岐(60分)→豊口山間のコル(50分)→鳥倉登山口
  • 岩場
  • 塩見岳直下は岩場が続きますが、鎖場やハシゴなどが出てくるほどの危険個所ではありません。岩場を通過する際には、落石を発生させないように注意して進みましょう。
  • 南アルプス塩見岳西峰
  • 出典:PIXTA
  • 直下の険しい岩場を超えるととようやく山頂です!塩見岳西峰は3047mで、晴れていれば360°見渡す限り絶景が広がります。南アルプスの中心から眺めるこの光景は一見の価値ありです。
  • 出典:googlemap
  • 西峰から歩くこと5分程度で塩見岳東峰に到着します。東峰は3052mと、西峰より5m高いのですが、三角点は西峰に設置されているため、西峰の標高が塩見岳の標高とされているのです。
  • 富士山と雲海
  • 出典:PIXTA
  • 雲海の奥に見える富士山は何とも言えない神秘的な光景です。山頂に長居したいところですが、バスを利用する場合には下山にかかる時間を考慮し、余裕を持つように心がけましょう。帰りは来た道を引き返しますが、岩場を通過するので足場に注意しながら慎重に下山しましょう。
  • 塩見岳の山小屋情報

  • ここでは、道中にある三伏峠小屋と塩見小屋を紹介します。どちらも人気の山小屋なので、ハイシーズンには事前に宿泊予約の確認をしましょう。
  • 三伏峠小屋

  • 三伏峠小屋
  • 標高2580m、日本で最も標高の高い峠にある三伏峠小屋。清潔感あふれる水洗トイレや荷物預かりなどの嬉しいサービスもあります。
  • 住所:長野県下伊那郡大鹿村鹿塩 三伏峠
    電話番号:0265-39-3110(三伏峠小屋 連絡所)
    営業期間:7月上旬~9月下旬(要予約)
    収容人数:約100人
    利用料金:1泊2食付き 8,500円 / 素泊り 5,500円 / テント1人 700円 *宿泊代は寝具付
  • 三伏峠小屋の情報を見る

塩見小屋

塩見小屋 2016年にリニューアルオープン。新たに宿泊棟ができ、テント場がなくなったので要注意です。
  • 住所:静岡県静岡市葵区田代
    現地電話番号:070-4231-3164
  • 期間外お問い合わせ先:0265-94-6001(伊那市観光株式会社本社)
営業期間:7月上旬~10月中旬(要予約)
収容人数:約40人
利用料金:1泊2食付き 9,000円/ 素泊り 5,500円

登山口へのアクセス・駐車場情報

公共交通機関を利用する場合には運行期間と便数を確認しましょう。自家用車の場合には駐車場が登山口と異なりますので注意してください。

鳥倉登山口(鳥倉林道ゲート駐車場)

  • 【車の場合(東京から)】
    首都高速4号新宿線→中央自動車道→松川IC→県道59号→県道22号→国道152号→鳥倉林道→鳥倉林道ゲート駐車場
  • ※駐車場から登山口までは徒歩約50分
  • 【高速バスの場合(東京から)】
    竹橋駅または八王子駅→あるぺん号 「南アルプス/伊那大島(鳥倉林道)」(要予約・季節運行)→JR伊那大島駅(タクシー)→鳥倉登山口
あるぺん号 南アルプス(鳥倉林道ゲート)
  • 【バスの場合】
  • JR飯田線伊那大島駅→伊那バス→鳥倉登山口
  • ※運行期間が7月~8月のみ
伊那バス 南アルプス登山バス 鳥倉線 

南アルプスの中心から絶景を

塩見岳 眺望
出典:PIXTA
アクセスが難しいなどの理由から、なかなか塩見岳に登れていない方も多いのではないでしょうか。1泊2日であれば無理なく登頂を狙うことも可能なので、南アルプスから見渡せる絶景を求めて、この夏に挑戦してみてはいかがでしょうか。

【登山時の注意点】
・登山にはしっかりとした装備と充分なトレーニングをしたうえで入山して下さい。(足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。)
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。 ・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんで下さい。




関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

塩見岳
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!