もうすぐ春!山を走る準備は大丈夫?見落としがちなのは○○だった!?

春になればいよいよトレランのシーズン開幕!今年からトレランデビューをしようとしているランナーはもちろん、待ちわびていたランナーも今一度装備を確認してみませんか?今回は意外と勘違いされがちなレインウェアについて深堀していきます!


アイキャッチ撮影:てつ

気持ちよく走れる季節が来る!

撮影:てつ
もうすぐ3月。低山の雪もほぼなくなり、山にも行きやすくなってきました! 冬は寒いし、夏は暑い…そんな山で、気持ちよく走れる季節を待っていた方も多いのでは? 楽しく安全に山を走るためにも、今一度ロードと山道の違いをおさらいしておきましょう。

装備は大丈夫?ロードと山の違いとは

出典:photoAC
持ち物が少なく、補給も手軽なロードランニングと違い、トレイルランニングでは補給食、水、ファーストエイドキット、レインウェアなど全てを自分で持ち運ぶ必要があります。また、天候やルートなどの事前の下調べも、ロード以上に気を付けなければなりません。特に長距離を走る場合、天候不良や体調を崩した時の事を考えてエスケープできるルートも考えておくべきでしょう。

撮影:てつ
この中でも気を付けて欲しいのが、装備のレインウェアです。ランパックやシューズといった、なんとなく「トレランらしいもの」は気にされる方も多いのですが、レインウェアについては「なんとなく雨よけになればいいんでしょ?」くらいに思っている方も結構いるのではないでしょうか。そこで質問。あなたはレインウェアについてきちんと理解できていますか?

ウインドブレーカーはレインウェアじゃない!

出典:photoAC
特に多いのが、ウインドブレーカーとレインウェアを混同しているランナーです。もちろん、多少の雨ならウインドブレーカーでも凌げますが、こちらはあくまで風を遮り体温の低下を防ぐのが目的です。ですので、雨の中を走る必要がある、雨が想定される場合はレインウェアを用意しましょう。

スタート前に小雨の降るマラソン大会では、ウインドブレーカーやコンビニの雨合羽を着たり、ゴミ袋を被っているランナーもいます。これらはあくまで短い時間、そしてあまり過酷な環境にならないロードレースだからできることです。山で同じ状況になった場合、体が濡れた状態で走り続けるのはとても危険です。地上より気温が低く、風に吹かれる事の多い山では、低体温症などのリスクが増すためです。

トレランならトレラン用のレインウェアを用意しよう

撮影:てつ
トレラン用のレインウェアは各メーカーから様々なモデルが販売されています。これらは山用のものと同じく防水透湿性素材が採用されているのはもちろん、走るために特化したデザインになっています。それはどんなデザインなのか…?実際に確認してみましょう!

せっかく紹介するなら新商品を…ということで、今回はマウンテンハードウェアのリロイジャケットをお借りしてチェックしていきます!こちらはなんと、コロンビアスポーツウェア所属の上田瑠偉選手が監修しています。プロの意見が詰まったアイテムなら期待大ですね!

①雨に負けない!防水透湿素材を採用

撮影:てつ
マウンテンハードウェア独自の防水透湿性素材、Dry.Q® Coreが採用されており、雨や行動時の蒸れに確実に対応してくれます。また、耐久性にも優れており、摩耗や長年の使用による機能低下が起きにくくなっているのも嬉しいポイントです。

②着脱のストレス無し。パックの上から即着れる!

(172cm/65kgでMサイズ着用。急な雨に降られても…。)
撮影:てつ(すぐに着れる!)
トレランではランパックを濡らさないよう、上からレインウェアを羽織るランナーもいます。その点を考慮し、リロイジャケットの背面にはタックが入っていて広がるため、突っ張ることもなくスムーズに着脱ができます。

③ストレスを減らす細部へのこだわり

撮影:てつ

・フードがばたつかないように抑えられるタブ
・防水ウェアには必須の止水ジッパー
・ジッパーが皮膚に咬まないように、顎元に付けられた布地
・裾やフードを簡単に絞れるつくり
・ベトつきを抑える3D加工された2.5層構造の防水透湿機能素材の裏地
・袖口はベルクロで絞れ、部分的な伸縮性も備えている

などなど、細かな機能が盛りだくさん。走っている時に感じるであろうストレスを軽減してくれるこだわりが各所に見られます。

④収納も楽々できる!

撮影:てつ
胸のポケットを裏返し、シェルを詰めていくことでコンパクトに収納できちゃいます!ポケットにゆとりがあるため無造作に詰めても問題なく、なかなか入らない…なんてストレスはありません。重量も200g以下と超計量です。

3月中旬発売予定!Leroy Jacket(リロイジャケット)

撮影:てつ(Mサイズ/Golden Brown)
MOUNTAIN HARDWEAR(マウンテンハードウェア)
Leroy Jacket(リロイジャケット)
■価格/20,000円(税別)
■サイズ/XS, S, M, L, XL
■平均重量/171g(M)
■着丈/74 ㎝(M)
■カラー/347(Surplus Green), 090(Black), 233(Golden Brown)

トレラン用のレインシェルにお悩みの方におすすめの1着です!まずは店頭でチェックしてみてはいかがでしょうか?

マウンテンハードウェア店舗検索

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
てつ
てつ

登山中に見かけたトレイルランナーに興味を抱き、走り始める。トレイル・ロードを問わず、暇を見つけては走っています。減量したいのに、走れば走った分(以上?)食べてしまうのが目下の悩み。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!