日本三霊山|日本有数のパワースポット!知られざる背景に迫る

日本三霊山について紹介します。日本には古くから山岳信仰が強く根付いており霊山は数多く存在していますが、その中でも「三大」と言われている山があるんです。さらに、その三大霊山には諸説あり…!?今回は知られざるその背景を解説していきます。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

日本三霊山って知ってる?

大井沢湯殿山神社の山伏
出典:PIXTA
霊山とは、神仏などをまつってある神聖な山。また、すぐれて立派な山のことを指します。古くから山自体を神聖視し、崇拝の対象とする山岳信仰が根強い日本ではこの『霊山』が数多く存在しています。その中でも、山岳信仰の頂点に立つ富士山・白山・立山の3つは「日本三霊山」と呼ばれているんです。

箕面山・法要
出典:PIXTA
三霊山はそれぞれが表す象徴に違いがあり、立山は男性性を、白山は女性性、富士山は男性性と女性性を合わせた二元性を象徴しています。

日本三霊山①富士山

日本最高峰として名高い富士山は、有史以来度々噴火してきたことなどから人々に畏怖の念を抱かせる存在で、富士山を神と見立てるなど、富士山に対する信仰が自然と生まれていきました。信仰には山岳信仰や神道的なものから修験道の村山修験、民間信仰の富士講などいくつか種類がありますが、代表的なものとして浅間信仰があります。

女神「コノハヤサクヤヒメ」が宿る富士山

新倉富士浅間神社の鳥居からの富士山の眺望
出典:PIXTA
浅間信仰は、富士の山神である浅間大神を祀る神社が麓の各地で設立されるようになったことに端を発し、信仰が形作られ深まっていきました。この祀られている浅間大神というのが、コノハナノサクヤヒメのことだと言われています。

富士山本宮浅間大社
出典:PIXTA
コノハナノサクヤヒメは日本神話の女神で、美しい女性であったことが古事記にも記述されています。天照大神の孫であるニニギノミコトを夫としますが、身籠った際に自分の子ではない疑いをかけられました。神の子なら無事に生まれるはずと、無実を証明するために小屋に籠って火をかけ、無事に出産を果たしたという火中出産の逸話があります。ちなみに、このとき生まれた子の孫が初代・神武天皇といわれています。

この火中出産の逸話が火山で秀峰の富士山と結びつき、富士山の神がコノハナノサクヤヒメとされるようになりました。

富士山をご神体とするふもとの神社

富士山本宮浅間大社の奥宮
出典:PIXTA
富士山の麓には、富士山をご神体とする富士山本宮浅間大社が建っています。全国に広がる1,300もの浅間神社の総本社で、富士信仰の中心地となっています。麓にある本宮と、富士山の8合目以上全ての385万平方メートルもの広さが境内とされ、奥宮は頂上にあります。

富士山本宮浅間大社の本宮社殿
出典:PIXTA
富士山の噴火により荒れ果てた状態を憂いた第11代垂仁天皇が、浅間大神を祀って山霊を鎮めたことが大社の起源とされています。現在の地に神社が作られたのは平安時代に入ってからで、大同元年(806)坂上田村麿が建立したと言われています。さらに時代が下り、現在の本宮の本殿は徳川家康が造営し、境内一円を整備したと言われています。

富士山本宮浅間大社
出典:PIXTA
富士山本宮浅間大社は浅間造とよばれる建築様式で建てられており、社殿の上に社殿が載る二階建ての様式となっています。この浅間造で建てられているのは、1,300ある全国の浅間神社の中でもわずか4社のみに限られ、極めて珍しい造りとされています。

富士山本宮浅間大社の湧玉池
出典:PIXTA
また、境内には湧出する富士山からの湧水でできた湧玉池とよばれる神聖な場所があり、富士山を信仰する人々が登山の前に立ち寄って身を清めたと言われています。現在では、国の特別天然記念物に指定されています。


日本三霊山②立山

北アルプス北部に位置し、日本有数の豪雪地帯に聳える立山もまた、日本を代表する霊山の一つです。古代より神々が宿る山として山岳信仰の対象となっていた立山。女神が宿るとされる富士山とは違い、立山をご神体として山頂に本社を戴く雄山神社の名の通り、男性の神が宿っているとされる霊山です。

勇敢な男性の神が宿る立山

雄山神社(雄山山頂)
出典:PIXTA
雄山神社が祀っている神は、イザナギとアメノタヂカラオの2柱。どちらも男神です。しかし、立山に対する信仰は仏教と深く関わりながら変遷してきた歴史があるので、阿弥陀如来を本地仏とする神仏習合色も見られます。(本地仏とは、日本の八百万の神々は様々な仏の化身として現れているものだとする本地垂迹という神仏習合の考えから生まれる概念です。)

立山
出典:PIXTA
古くから山岳信仰がありましたが、飛鳥時代末期の701年、山に入った佐伯有頼が阿弥陀如来に出会い導かれて立山を開山したことが、信仰がしっかりと形作られる起点となりました。仏教が発展した平安時代には阿弥陀如来の極楽浄土の思想や地獄思想、日本古来からの山中他界の思想が合わさり、日本中の死者は立山に集まるという「立山地獄」の観念が出来上がりました。麓には信仰の拠点となる寺社が建立され、神仏習合の立山信仰が発展していきます。室町から江戸時代の近世になると、穢れの浄化や死後の極楽を願って、修験者以外の一般人も登拝するようになり、一大霊場として多くの人々が集まるようになりました。

布橋灌頂会・布橋を渡る女性たち
出典:PIXTA
立山信仰には、神仏習合色が強いという特徴の他にもう一つ大きな特徴である「女人往生」があります。明治以前は立山をはじめとする霊山は女性が立ち入ることのできない女人禁制でした。その一方で、15世紀頃からは立山信仰の中に女人救済の思想が広まり、立山信仰の中核を担うようになるほどまでに成長しました。女人禁制によって登拝できない女性のために、「布橋灌頂会」といった儀式も行われるようになっていきました。白装束の女性が白い布の敷かれた橋を渡って極楽往生を願う、この布橋灌頂会は、明治の廃仏毀釈で一度は廃れたものの、1996年に130年ぶりに復活を遂げて現代に息づいています。

阿弥陀様は熊?白鷹?玉殿岩屋

立山山頂から見る雄山神社社務所
出典:PIXTA
立山信仰が形作られた立山開山については、「立山開山縁起」と呼ばれる開山の経緯を記したものがあります。それによれば、飛鳥時代、越中国守の息子である佐伯有頼は、鷹狩りの最中に出会った熊に矢を射ましたが、熊は逃げてしまい、逃げた熊を追いかけて辿り着いた洞窟で矢の刺さった阿弥陀如来と出会います。立山開山のために導いたと阿弥陀如来に伝えられた有頼は、僧侶となって立山開山に尽力することとなりました。この有頼が阿弥陀如来と出会った洞窟「玉殿岩屋」は、立山信仰一番の聖地として大切にされています。


日本三霊山③白山

富士山、立山と並び、日本三霊山に数えられる白山は、女性を象徴する霊山です。白山は、最高峰の御前峰・大汝峰・剣ヶ峰という主頂部となる三峰に、別山・三ノ峰を合わせて白山五峰と呼ばれています。

水や農業の神様・白山

柴山潟と白山連峰
出典:PIXTA
御前峰・大汝峰・別山はそれぞれ川の源流を持ち、加賀・越前・美濃の三方へ流れています。人々の生活や農事は白山から流れる川により支えられており、人々が抱くこの豊かな水源による水の恵みへの感謝や山への畏怖が白山信仰を育んできました。白山に宿るとされる神は、白山比咩(しらやまひめ)大神という女神で、日本神話の神である菊理媛神(ククリヒメのカミ)と同一神であるとされています。

白山信仰の修験者
出典:PIXTA
古来より山岳信仰として人々から信仰されていましたが、現代へと続く白山信仰を形作ったのは奈良時代の泰澄という修験道の僧です。717年に泰澄が初めて白山へ登拝し、白山明神・妙理大菩薩による啓示を受けたことが始まりとされています。

白山平泉寺
出典:PIXTA
泰澄による開山の後、平安時代には加賀・越前・美濃それぞれの馬場(信仰の拠点)から禅定道(登拝道)が設けられ、各馬場は白山寺(加賀)・平泉寺(越前)・長滝寺(美濃)となってそれぞれ独自の信仰圏を確立していきます。立山のように神仏習合色の強い信仰となっていきました。

白山比咩神社
出典:PIXTA
中世には加賀を中心に白山修験が隆盛し、特に泰澄伝承ゆかりの越前の平泉寺は比叡山延暦寺の末寺に加わり、僧兵8,000名を抱えるほどまでになって北陸での一大宗教勢力となったと伝わっています。明治以降は神仏分離と廃仏毀釈によって修験道に基づいた信仰は廃れ、三つの寺も廃寺や改組、分離の波に揉まれます。かつての白山寺が現在の白山比咩神社で白山信仰の総本社とされ、全国には3,900を超す分社があります。

白山山頂の奥宮

白山比咩神社の奥宮
出典:PIXTA
全国に広がる白山神社の総本社、白山比咩神社。主祭神は菊理媛神と同一神とされる白山比咩大神をはじめ、イザナギ、イザナミの3柱です。白山山麓に神社の本宮があり、47000平方メートルもの広大な境内を抱えています。白山の御前峰山頂には、泰澄が啓示を受けた翌年に創建された奥宮があります。


諸説あり!日本三霊山と日本三大霊山

富士山
出典:PIXTA
日本三霊山とは別に「日本三大霊山」という名数も存在しています。日本三霊山同様に、富士山・白山・立山を挙げて三大霊山とする見方の他、立山の代わりに、近年も噴火して活動を続ける火山「御嶽山」を加えて「富士山・白山・御嶽山」を三大霊山とする説もあります。

日本三大霊山の諸説その2:木曽御嶽山

御嶽山
出典:PIXTA
御嶽山をご神体とする御嶽信仰は、富士山の富士講と並び民衆の信仰を集めた霊山として知られていますが、平安~室町の信仰の黎明期である当初は厳しい修行を経た者だけが登拝を許されるという独自の山岳信仰の風習がありました。江戸時代に入り、次第に厳しい修行をしなくても水行のみで登れるようになって大衆化したことで、毎年何十万人もの登拝に訪れる人々で賑わうようになったと言われています。

御嶽山登山口
出典:PIXTA
御嶽山には山頂に奥社を持つ御嶽神社があり、麓に里社、王滝村上島に三社、三岳村黒沢に若宮と本社を抱えています。御嶽神社では、日本神話の神である「国常立尊」、「大己貴命」、「少彦名命」を御嶽大神として祀っています。

御嶽山を登る白装束の登山者
出典:PIXTA
御嶽山には旧教派神道系など御嶽信仰の教団が数多く存在し、現在でも御嶽信仰は息づいています。毎年夏には白装束で参拝する講社と呼ばれる信者が御嶽山を登って祈りを捧げています。

日本三大霊場って?

恐山
出典:PIXTA
霊的な力があるとされて信仰を集める場所を霊場といい、山の多い日本では山岳信仰の影響によって霊場が山にあることが多いのが特徴です。特に、恐山・比叡山・高野山の3山は日本三大霊場とも言われています。詳しくはこちらの記事をチェック!


日本三霊山を訪れ、神聖な気を取り込もう!

雄山神社
出典:PIXTA
日本有数のパワースポットである日本三霊山が持つ背景や歴史は深く、人々の信仰や畏怖の念を受けてきたことが分かります。実際に訪れることで、そのことをより実感できることでしょう。日本の山は人々の信仰を集め長い歴史や深い背景を持つものが多いので、登って終わりではなく、その山が持つ背景を探ることでもっと深く山を楽しめるはずですよ!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
milkywaygalaxy
milkywaygalaxy

バックパックを背負って向かった旅先で経験した、登山やツーリング、ダイビングなどのアウトドアに魅せられ早数年。次はどこで何をしようか、考えるだけでわくわくしてきます!そんなアウトドアの魅力を言葉で伝えたいと思います。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!