鳴虫山|アクセス抜群!日光を望む日帰り登山情報・温泉まとめ

「鳴虫山」は栃木県日光市に位置する山。日光連山や日光市街の絶景を楽しめるビューポイントとしても有名で、季節ごとに変化する美しく自然が魅力。木の根や岩の階段が続く本格的登山コースとして人気です。「鳴虫山」の魅力やや日帰り登山コース、登山口アクセス、駐車場、温泉情報もあわせてご紹介します。


アイキャッチ画像出典:日光旅ナビ

鳴虫山(なきむしやま)とは

標高山頂所在地山域最高気温(6月−8月)最低気温(6月−8月)
1,104m栃木県日光市日光山系23.5℃10.7℃
「鳴虫山」は栃木県日光市に位置する山で、別名「大懴法岳(だいせんぽうだけ)」。地元では「この山に雲がかかると雨になる」と言い継がれ、これが鳴虫山の名前の由来とされています。頂上には二等三角点や展望台が設置され、日光連山や日光市街の絶景を楽しめるビューポイントとしても有名。登山道は季節ごとに美しく色づき、木の根や岩の階段が続く本格的登山コースとして人気があります。今回は多くの魅力をもつ「鳴虫山」について、その魅力や日帰り登山コース、登山口アクセス、駐車場、温泉情報もあわせてご紹介します。

日光修行僧たちも登った本格登山コース

鳴虫山 出典:PIXTA
鳴虫山は、世界遺産の日光東照宮のすぐ南側にあり、木の根や岩の階段がつづく健脚向けの山道。そのため、古くから日光修行僧たちの修行場として登られてきました。その名残りは、登山道中の「憾満ヶ淵(かんまんがふち)」にも見られ、いくつもの地蔵が並ぶ化地蔵(ばけじぞう)が有名。化地蔵は、行きと帰りで数が合わないため、この名が付いたと言われています。興味のある方は、ぜひ数えて確かめてみてくださいね。

日光を見渡す絶景と美しい自然

鳴虫山 出典:PIXTA
鳴虫山は、春にはアカヤシオやカタクリの花が登山道を彩り、大変人気があります。また、秋の紅葉シーズンには鳴虫山や日光連山の紅葉が美しく色づき、周辺の景色を見渡せるビューポイントとして、地元の人々や登山者から親しまれています。

鳴虫山登山にはしっかりとした装備を

熊鈴出典:PIXTA
鳴虫山は標高は高くありませんが、豊かな自然に囲まれた本格的登山となるので油断は禁物。熊の目撃情報があり、入山する際には必ず熊除け鈴を持って登るようにしましょう。また、鳴虫山は木の根や岩を登るポイントが多いため滑りやすく、転倒による捻挫などのケガも多く報告されています。いざという時のために、装備をしっかり整えて登りましょう。

鳴虫山の人気登山時期は?

鳴虫山に登山に訪れる人が一番多いのは4月~5月の春シーズン。花々が美しく咲くタイミングが人気です。10月~11月にかけての秋の紅葉シーズンも人気で、鳴虫山はもちろん、日光連山の色づいた景色も格別です。標高が低いため夏は暑く、訪れる人は多くありません。逆に、11月以降の冬に訪れる登山者も少なくありません。雪があまり積もらず、晴れて空気が澄んでいる日には、日光周辺の街並みと山々を見渡すことができます。

鳴虫山の天気

事前に週間予報など天気情報をチェック!天候や気温にあわせて服装や持ち物を確認しておきましょう。
てんきとくらすで鳴虫山の天気を調べる

鳴虫山の日帰り登山コースは2つ

鳴虫山の2つある登山ルートをご紹介します。各登山ルートの特徴や距離、時間、難易度をチェックしてみましょう。

1:日光駅側登山口コース|木の根が張り巡らされた登山ルート

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89
距離コースタイム標高差日程難易度
約8.1km約3時間45分約561m日帰り★★
【行き】東武日光駅(10分)→ 日光署(50分)→ 神ノ主山(75分)→ 鳴虫山
【帰り】鳴虫山(50分)→ 神ノ主山(30分)→ 日光署(10分)→ 東武日光駅


こちらのルートは、木の根が網目状に張り巡らされた登山道が特徴。濡れた木の根は滑りやすいので注意して進みましょう。まずは日光駅からスタートして、東の日光図書館方面まで進み、御幸町公民館や日光保育園裏手の登山口へ。
日光駅出典:PIXTA
登山口を過ぎ、40分ほど山道を登り神主山(こうのすやま)へ。さらに進むと急登がはじまり、尾根上の小さなピークを経由して、階段状の木の根をさらに登ります。ここの登りは傾斜がきつく足腰に負担がかかるので、無理せずゆっくりと登りましょう。木の根を登りきると鳴虫山頂上はもうすぐです。
鳴虫山登山 出典:好日山荘

2:西参道バス停側登山コース|日光の史跡も楽しめるルート

鳴虫山ルート2 出典:ヤマプラ
距離コースタイム標高差日程難易度
約8.6km約4時間20分約495m日帰り★★
【行き】総合会館前(15分)→ 匠町(10分)→ 643m地点(60分)→ 独標(50分)→ 合峰(20分)→ 鳴虫山
【帰り】鳴虫山(15分)→ 合峰(30分)→ 独標(35分)→ 643m地点(10分)→ 匠町(15分)→ 総合会館前


西参道バス停からスタートするこちらのコースは、日光田母沢・御用邸記念公園をはじめ、憾満ヶ淵、化地蔵など史跡・名勝付近を通るので、様々な楽しみ方ができるルートです。日光駅側登山口より標高差は少ないですが、急坂が連続するため決して楽ではありません。また、急な岩の階段や、頂上付近の急勾配の階段など、足腰に疲労が溜まりやすいポイントが多くあります。焦らずに、足場を確認しながらゆっくりと進みましょう。

 両方の魅力が楽しめる周遊ルートもおすすめ!

距離コースタイム標高差日程難易度
約8.4km約4時間5分約561m日帰り★★
【行き】総合会館前(15分)→ 匠町(10分)→ 643m地点(60分)→ 独標(50分)→ 合峰(20分)→ 鳴虫山
【帰り】鳴虫山(50分)→ 神ノ主山(30分)→ 日光署(10分)→ 東武日光駅


西参道バス停と日光駅は、東武バスで8分ほどの距離。そのため行きは西参道側から登り、帰りは日光駅に下山するなど、周遊するルートも人気があります。一度に両方のルートの魅力を味わえ、アクセスも非常に便利でおすすめです。

鳴虫山登山口へのアクセス・駐車場情報

ご紹介した鳴虫山登山口へのアクセス・駐車場の情報をご紹介します。

車でのアクセス|無料駐車場情報

2つの無料駐車場をご紹介。2つとも日光駅と西参道の登山口の中間にあるので、どちらの登山口からでも利用でき便利です。ただし、日光市総合支所前駐車場の利用は土日のみなので注意が必要。

1:日光市営上鉢石駐車場(無料)
【東京方面より車でのアクセス】
・日光宇都宮道路「日光IC」下車→日光市営上鉢石駐車場(約2.3km、7分)
【駐車場】無料:約40台駐車可能
【トイレ】西側140mの場所に上鉢石公衆トイレあり(24時間利用可能)

2:日光市総合支所前駐車場(無料※土日のみ)
【東京方面より車でのアクセス】
・日光宇都宮道路「日光IC」下車→日光市総合支所前駐車場(約2km、6分)
【駐車場】※土日のみ利用可能 無料:約20台駐車可能
【トイレ】西側140mの場所に上鉢石公衆トイレあり(24時間利用可能)

日光駅側登山口(JR/東部 日光駅)|アクセス

【東京方面より電車でアクセス】
・JR上野駅/宇都宮線「古河行」(約55分)→栗橋駅/東武日光線急行「東武日光行」(約73分)→終点「東部日光」
【東京方面よりバスでアクセス】
・東京駅/東北急行バス「鬼怒川温泉駅行」(約2時間55分)→東部日光駅 ※1日1往復のみ

JR日光駅 駅情報・時刻表
東部日光駅 駅情報・時刻表
東北急行バス 高速バス鬼怒川・日光~東京線

西参道側登山口(東武バス「西参道入口」)|アクセス

【バスでのアクセス】
・日光駅より東武バス「湯元温泉」行き乗車(約8分)→「西参道入口」下車
【トイレ】登山口途中の含満公園にトイレあり


東武バス「西参道入口」バス停・時刻

鳴虫山登山とセットで日光の温泉も楽しもう!

温泉イメージ
出典:PIXTA
鳴虫山周辺は日光の良質な天然温泉を堪能でき、徒歩でも行きやすいので便利。登山や観光とセットで訪れるのもおすすめです。それぞれの登山口からアクセスしやすい温泉施設をピックアップ!

温泉保養センター「日光温泉」(日光駅方面)

温泉保養センター「日光温泉」は、静かな佇まいで落ち着いた雰囲気の温泉。畳の休憩スペースから中庭を眺めながらくつろげるので、ゆったりと時間を過ごしたい方にもおすすめ。
住所:〒321-1423 栃木県日光市七里425-3
TEL:0288-53-3630
料金:中学生以上410円、65歳以上270円、小学生200円
営業時間:10時~21時まで(20:30受付終了)
休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始


温泉保養センター「日光温泉」

日光和の代温泉 「やしおの湯」(西参道側登山口方面)

日光和の代温泉「やしおの湯」のお湯は無色無臭、弱アルカリ性温泉で肌に優しいので、ゆったりお湯に浸かることができます。豪華な露天風呂や、サウナ、食堂、売店もあるので、登山後の疲れを癒やすのに最適です。
住所:〒321-1447 栃木県日光市清滝和の代町1726-4
TEL:0288-53-6611
料金:中学生以上510円、65歳以上340円、小学生250円
営業時間:10時~21時まで(20:30受付終了)
休館日:毎週木曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始


日光和の代温泉「やしおの湯」

鳴虫山と日光の魅力を堪能しよう!

鳴虫山 出典:PIXTA
「鳴虫山」は、駅やバスなどの公共交通機関からアクセス抜群。日帰りで楽しめる本格登山コースです。日光連山や日光市街を一望でき、春の花々や秋の紅葉など色とりどりの自然が楽しめるコースです。古くから日光修行僧から登られ、今では多くの登山者や地元の人々に親しまれる鳴虫山、ぜひ足を運んでみてくださいね!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

鳴虫山
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
小林 真先
小林 真先

長野在住のフリーライター、小林真先です。クライミング・ボルダリング・トレッキングが大好き。皆さんのアウトドアライフがもっと楽しくなる情報を届けたいと思います!
http://masakiwriting.press/

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!