「山小屋VSテント泊」あなたはどっち派?!初期費用を抑えたテント泊道具の揃え方

2020/04/21 更新

登山の醍醐味でもあるテント泊。あなたは山小屋とテント泊のどちらが好きですか?今回はそれぞれのメリット・デメリットを紹介し、テント泊のデメリットの1つである初期費用を抑える方法をご紹介します!意外と簡単な方法なので、是非実践してみて下さいね。


アイキャッチ画像出典:好日山荘Magazine

”山小屋泊”VS”テント泊” それぞれのメリット・デメリット

tent6出典:好日山荘Magazine
山の中で一晩過ごすことは、登山の醍醐味の1つ。大自然に囲まれながら眠りにつき、朝日と共に目を覚ます。日常ではなかなか味わえない経験ですよね。山に泊まる方法としては大きく分けて2つありますが、”山小屋泊”と”テント泊”、どちらがお好みですか?

山小屋に泊まる メリットと注意点

15-5-23maboroshi4出典:富士山浪漫之旅
【メリット】
①テントが不要で荷物が軽い!
食事も予約すれば、食材も不要です。
②事前予約で美味しいご飯が朝晩食べられる
夕食・朝食の準備をしなくて良いです。
③室内で温かく、快適に過ごせる
室内で暖房もついているため、テントよりも温かいです。

【注意点】
①プライバシーが限られる
いびきがうるさい人の隣で寝ることもあります。
②事前予約が必要・時間を守る必要がある
到着時間、食事や就寝時間も大体決まっています。
③お金がかかり、相場は6500円~9500円程
長期縦走をするとかなりの出費に。

テント泊をする メリットと注意点

tent8出典:好日山荘Magazine
【メリット】
①プライバシーが保てて自由
自分のテントで過ごすため、誰にも邪魔されません。
②宿泊費が非常に安く1人500円程度
食費を入れても安上がりです。
③大自然をより身近に感じられる
まさに自然の中で寝泊りするのがテント泊の醍醐味。

【注意点】
①荷物が重くて体力が必要
テントや食料、全てを自分で運ぶ必要があります。
②天候に左右される
天気が悪いと寝心地も良くなく、最悪テント崩壊の可能性も。
③初期費用がかかる
テントや色んなものを用意すると費用がかさみます。
テント泊自体は安いのですが、何か良い方法はないのでしょうか・・

テント泊の弱点・・5万円以上かかる初期費用を抑える方法

318743出典:ecologist
テント泊はお金がかからないイメージですが、最初に揃えるテント・シュラフ・シュラフマットなどを購入すると結構費用がかさみます。元をとるのに何回テント泊が必要なのか・・と考えてしまいますよね。テント泊の用具をお得に揃える方法をご紹介します!

 2016年ラスト!楽天の年末BIGセールで今お得な商品を揃えておく

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3出典:Youtube
2016年12月3日(土) 19:00 ~ 12月8日(木) 01:59の間、1年で1番盛り上がる楽天スーパーセールが開催されています。30%OFF、なんと半額の商品まであるのでタイムセールを見逃さないようにしましょう!

単価が高いテントもお安くゲット

■ニーモ ヴェータ1P
ニーモファンには嬉しい、ニーモテントが30%OFFです。2本のポールを使って組み立てる、空間も重視された山岳テントです。軽量なので、体力消耗を防いでくれます。[my_affiliate_shortcode image=’https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/sakaiya/cabinet/nemo/nm-veda-1p-1.jpg’ title=’ニーモ・ヴェーダ1P【30%OFF】’ description=” price=’28350′ link_a=” link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00pji75.rbxan51e.g00pji75.rbxao215/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsakaiya%2F10051129%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fsakaiya%2Fi%2F10051129%2F’ link_l=” link_c=” review=” quote_source=” quote_source_link=”]

■ヒルバーグ ソウロ
超軽量なのに強度があるソロテントです。ベストアウトドアギアにも選ばれたという実力を持つ、長く使いたい人にぴったりのアイテムです。[my_affiliate_shortcode image=’https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/snb-shop/cabinet/it65/hlbg-010.jpg’ title=’ヒルバーグ  ソウロ’ description=” price=’103680′ link_a=” link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00qbr85.rbxand8a.g00qbr85.rbxao477/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsnb-shop%2Fhlbg-010%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fsnb-shop%2Fi%2F10201474%2F’ link_l=” link_c=” review=” quote_source=” quote_source_link=”]

■アライテント トレックライズ0
登山者の憧れでもあるアライテント。日本の気候を考えて作られているため、様々な環境下に対応してくれます。耐久性・軽量性ともにバランスのとれたテントです。[my_affiliate_shortcode image=’https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/chamonix/cabinet/03576929/img61241699.jpg’ title=’アライテント トレックライズ0 (究極の1人用)’ description=” price=’39501′ link_a=” link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00rt245.rbxancd3.g00rt245.rbxaoc7a/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fchamonix%2Ftrek1%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fchamonix%2Fi%2F10000351%2F’ link_l=” link_c=” review=’登山用に購入。軽量、コンパクトだけでなく、耐久性も良いと思います。突風吹く雪の北アルプスの稜線から、海外の高峰まで使いましたが、文句ないです。アフリカの山岳ガイドが「これはどこのメーカーのテントだ!?」と欲しがってました。’ quote_source=’Amazon’ quote_source_link=’https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B001P55LOE/ref=cm_cr_dp_see_all_btm?ie=UTF8&reviewerType=all_reviews&showViewpoints=1&sortBy=recent’]

■ダンロップ R-127
軽量なツーリング向けのテントは、無雪期の登山でも使える耐久性を持ち合わせています。コストパフォーマンスに優れていることでも有名ですが、更に30%OFFとなっています![my_affiliate_shortcode image=’https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/sakaiya/cabinet/01345171/img62928122.jpg’ title=’ダンロップ・R-127【30%OFF】’ description=” price=’19656′ link_a=” link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00pji75.rbxan51e.g00pji75.rbxao215/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsakaiya%2F10052989%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fsakaiya%2Fi%2F10052989%2F’ link_l=” link_c=” review=” quote_source=” quote_source_link=”]

高品質なダウンシュラフも超お得

■ナンガ オーロラ 450DX
山渓とのコラボ製品です。最高品質のダウンをふんだんに使用したシュラフがかなりお得に購入できます。レビューも多く人気商品のようです。[my_affiliate_shortcode image=’https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/auc-odyamakei/cabinet/000033/9999991896833_1.jpg’ title=’ 山渓×NANGA オーロラ450DX オールブラック’ description=” price=’24480′ link_a=” link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00qfho5.rbxan15c.g00qfho5.rbxao694/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fauc-odyamakei%2F9999991896833%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fauc-odyamakei%2Fi%2F10995613%2F’ link_l=” link_c=” review=’お買い得最高!ナンガとショップの特別企画ブラックモデルです。表生地はオーロラテックスでちょっと硬めです。内部構造はボックス構造でヨーロピアンダウンが450gが注入されています。これで25000円を切ります。さらにキャンペーンで10%ポイント還元、さらにはショップから日曜日に配布される15パーセント割引クーポン利用でかなりのお買い得感がありました。とりあえず、自宅で組み立て式ローコットの上で時々使用しています。秋からのキャンプや山小屋での使用に期待しています。’ quote_source=’楽天市場’ quote_source_link=’http://review.rakuten.co.jp/item/1/233132_10995613/1.1/?l2-id=item_review’]

■イスカ エア 630EX
国産にこだわるシュラフ専門メーカー「イスカ」の寝袋です。厳冬期の中級山岳や残雪期の3000mクラスに適したモデルです。[my_affiliate_shortcode image=’https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/esports/cabinet/9168/9168310190152.jpg’ title=’イスカ エア630EX’ description=” price=’51840′ link_a=” link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00pjxl5.rbxan080.g00pjxl5.rbxaobf9/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fesports%2F9168310190152%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fesports%2Fi%2F10682305%2F’ link_l=” link_c=” review=” quote_source=” quote_source_link=”]

■ナンガ オーロラライト 350DX
永久保証をしてくれることで有名なナンガのシュラフが31%OFF。色も綺麗で品質も間違いなく良いのでおすすめです。[my_affiliate_shortcode image=’https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/sakaiya/cabinet/04984725/imgrc0068662675.jpg’ title=’ナンガ オーロラライト350DX【31%OFF】’ description=” price=’23800′ link_a=” link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00pji75.rbxan51e.g00pji75.rbxao215/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsakaiya%2F10067558%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fsakaiya%2Fi%2F10067558%2F’ link_l=” link_c=” review=’テント泊—my_br—他のメーカーと悩みに悩んでシュラフカバー無しで使え、永久保証というのが最大の決め手!!—my_br—色は、とても綺麗な赤と黒です。サイズはナンガさんの記載より一回り大きく、14センチの25~26センチ—my_br—収納は慣れるまではかなり苦労しそうです!!足の方から押し込めないと入らなかった。早く山で使いたいです!!’ quote_source=’楽天市場’ quote_source_link=’http://review.rakuten.co.jp/item/1/191679_10067558/1.1/?l2-id=item_review’]

■モンベル アルパインダウンハガー
超軽量でコンパクト、且つ快適性も抜群のモデルです。夏の高山から冬の低山キャンプまで年間を通して使えます。[my_affiliate_shortcode image=’https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/od-tengoku/cabinet/rak2/mbl1121/mbl-1121302_c1.jpg’ title=’モンベル アルパインダウンハガー800 #3′ description=” price=’26460′ link_a=” link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00qwn65.rbxane64.g00qwn65.rbxao8c1/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fod-tengoku%2Fmbl-1121302%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fod-tengoku%2Fi%2F10005636%2F’ link_l=” link_c=” review=’寝心地良いです—my_br—6月に2000mほどの山キャンプで使用しました。明け方冷え込みましたが、寒くなく快適でした。’ quote_source=’楽天市場’ quote_source_link=’http://review.rakuten.co.jp/item/1/255362_10005636/1.1/?l2-id=item_review’]

寝心地を快適に!マットも揃えよう

■ニーモ ゾア 20R
多くの製品がある中でも軽量化に特化しているマットと言えます。保温性もあるのでバランスが保てるおすすめのアイテムです。[my_affiliate_shortcode image=’https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/sakaiya/cabinet/nemo/nm-zor-20r-1.jpg’ title=’◎ニーモ NM-ZOR-20R・ゾア20R(51×183)’ description=” price=’12420′ link_a=” link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00pji75.rbxan51e.g00pji75.rbxao215/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsakaiya%2F10050425%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fsakaiya%2Fi%2F10050425%2F’ link_l=” link_c=” review=” quote_source=” quote_source_link=”]

■サーマレスト リッジレスト ソーライト
マットと言えばサーマレスト!軽いのに温かい、価格も抑えられたロールマットタイプです。かさばるのが気になる場合、カットするという手もあるようです。[my_affiliate_shortcode image=’https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/sakaiya/cabinet/thermarest/30206.jpg’ title=’●サーマレスト 30207・リッジレスト ソーライト(レギュラー)’ description=” price=’5184′ link_a=” link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00pji75.rbxan51e.g00pji75.rbxao215/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsakaiya%2F10034291%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fsakaiya%2Fi%2F10034291%2F’ link_l=” link_c=” review=’やっぱりいいよね。—my_br—少し縦走用のマットとしてはレギュラーサイズは、大きすぎたかな?でも商品の信頼感は自宅使用で納得。山のぼりが楽しみです’ quote_source=’楽天市場’ quote_source_link=’http://review.rakuten.co.jp/item/1/191679_10034291/1.1/?l2-id=item_review’]

■サーマレスト ネオエアー Xサーモ
これなしでは寝られなくなるくらい寝心地がよく、非常に軽いコンパクトなマットです。オールシーズン、長年使えるためコスパの良いアイテムです。[my_affiliate_shortcode image=’https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/vic2rak/cabinet/thermarest/450-133321-ia01.jpg’ title=’サーマレスト NeoAir XTherm’ description=” price=’34560′ link_a=” link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00prlj5.rbxan47c.g00prlj5.rbxao84e/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fvic2rak%2Fthermarest_0257%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fvic2rak%2Fi%2F10066947%2F’ link_l=” link_c=” review=’R値5.7という高い断熱性を持ちながら、夏マット並みの軽さとペットボトル程度のコンパクトさ。—my_br—オールシーズン使える非の打ち所がない優秀なマット。特に冬は地面の冷気をシャットアウト。寝袋の性能を存分に引き出す、この高い断熱性に助けられています。価格は高いですが、いくら掛け布団(寝袋)が良くても敷布団(マット)が悪ければ寒くて眠れません。良いものを一つ買いましょう。’ quote_source=’Amazon’ quote_source_link=’https://www.amazon.co.jp/THERMAREST-%25E3%2582%25B5%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259E%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588-NeoAir-XTherm-%25E3%2580%2590%25E6%2597%25A5%25E6%259C%25AC%25E6%25AD%25A3%25E8%25A6%258F%25E5%2593%2581%25E3%2580%2591/dp/B00TSFYZAE%253FSubscriptionId%253DAKIAJ5J74L77ATVX52HQ%2526tag%253Dspacekey-yama-22%2526linkCode%253Dsp1%2526camp%253D2025%2526creative%253D165953%2526creativeASIN%253DB00TSFYZAE’]

■シートゥサミット ウルトラライトインサレーションマット
充分な断熱力、快適さを持ちつつ、軽量でコンパクトなのが魅了なエアマットです。価格を抑えつつ、充分な性能を求める人におすすめです。[my_affiliate_shortcode image=’https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/lbreath/cabinet/2/5600304/5433059_m.jpg’ title=’シートゥサミット ウルトラライトインサレーション マット’ description=” price=’15120′ link_a=” link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00rdjo5.rbxancb9.g00rdjo5.rbxaof99/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Flbreath%2F205433059011%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Flbreath%2Fi%2F10227721%2F’ link_l=” link_c=” review=” quote_source=” quote_source_link=”]

初期費用は簡単に抑えられた!

1400485624870_eoutdoorgoods2-p1_463295出典:research hktdc
年末はお得なセールが色んな場所で開催されています。テントやシュラフは値が張る買い物ですが、実は賢く手に入れることが出来るんです。お得な情報を見逃さないように、常にチェックしておきましょう!

編集部おすすめ記事


    関連する記事

    関連する山行記録 byヤマレコ

    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    YAMA HACK編集部

    YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

    登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」