バックカントリーを始めよう!ツアーと持ち物紹介

バックカントリーは、スキー場から一歩出て自然の山を滑ること。バックカントリーの魅力は、パウダースノーや自分のシュプールを描けることですが、雪崩や道迷いなど危険もつきもの。まずは、装備のレンタルもあるバックカントリーツアーのコースで体験するのがおすすめ。ここでは、バックカントリーツアーや装備などをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:flickr by kcxd

バックカントリーとは?

バックカントリーとは、スキー場から一歩出て、自然の雪山の中をスキーやスノーボードで楽しむことで、近年人気のスポーツです。大自然をダイナミックに滑るのは、スキー場とは違った楽しみがありますが危険も潜んでいます。では、バックカントリ―の魅力と危険とは何でしょう?

バックカントリーの魅力と危険

【魅力】
① ふかふかのパウダースノー
② 木々をすり抜けながら滑るスリリング
③ 誰もいない斜面に自分のシュプールを描ける気持ちよさ!
④ 登山要素もありアドベンチャー感覚が強い
⑤ 山の上に登るので景色がきれい

【危険】
バックカントリーには以下のような危険がつきものです。慣れないうちはツアーに参加するなど、正しい知識を持つ人に同行してもらいましょう。

① 雪崩
② 道迷い
③ 木々や岩などの衝突
④ 天候の急変
⑤ 判断の難しさ・装備不十分など


はじめてのバックカントリーおすすめツアー

スキー場でのスキーやスノーボードでの経験はあるけれど、バックカントリーは初めて!という人向けに、各地でバックカントリーツアーが多く開催されています。装備のレンタルや経験豊かなガイドさんが同行するので安心です(※ガイドがいても自然が相手なので100%安全とは言えません)。ここでは、初心者向けにバックカントリーツアーを開催しているツアーを紹介します。

BLUECLIFF

長野県白馬村を中心にバックカントリーツアーを開催しています。
バックカントリースキーを楽しむ人出典:BLULECLIFF
【参加費】\10,000(パウダーガイド)
【開催期間】HPを参照(事前予約で開催)
【開催地】白馬周辺
【開催時間】9時~16時頃
【問合せ先】代表:UIAGM国際山岳ガイド滝本倫生TEL:0261-72-8557
【HP】http://bluecliff.jp/index.html

YAMABOKU WILD SNOW PARK

長野県志賀高原にある山田牧場スキー場周辺のツアーを開催しています。
バックカントリーのツアー中の人々出典:pixabay
【参加費】\1,000(1st stage)
【開催日】HPを参照
【開催地】ヤマボクの隠れたコースをコンシェルジュが案内
【開催時間】13時~14時半
【問合せ先】YAMABOKUスノーアカデミー TEL:026-242-2505
【HP】http://www.yamaboku.jp/eventtour/eventtour.html

WARP

都心から近いエリアをメインとしたバックカントリーツアーを開催しています。
バックカントリーツアーに参加する人々出典:WARP
【参加費】\12,000(ベーシックツアー)
【開催日】HPを参照
【開催地】群馬、新潟にまたがる谷川山系と武尊山系、神楽峰など3つの山域
【開催時間】8時~16時
【問合せ先】WARP TEL:0278-72-1372
【HP】http://warp-mtex.com/

canyons

上越や北信州エリアのツアーを開催しています。
バックカントリー出典:canyons
【参加費】¥7,000(エントリーコース)
【開催日】HPを参照
【開催地】北信・妙高エリア
【開催時間】9時~16時頃
【問合せ先】キャニオンズみなかみオフィス(9時~17時)TEL: 0278-72-2811
【HP】http://canyons.jp/

フォレスト&ウォーター

群馬県を中心にツアーを開催しています。
【参加費】¥10,000(バックカントリー入門)
【開催日】神楽が峰:例年12月下旬~4月中旬 武尊山:例年1月上旬~3月上旬
【開催地】神楽が峰・武尊山
【開催時間】8時半~15時半頃
【問合せ先】TEL: 0278-72-8017(9時~18時)
【HP】http://www.fw-powder.com/

POWERZONE

岐阜県にあるスキー場、高鷲(TAKASU)スノーパークをホームにツアーを開催しています。
バックカントリーをする2人出典:pixabay
【参加費】¥9,000(体験コース)
【開催日】例年12月末~4月中旬 毎日開催
【開催地】TAKASUスノーパーク周辺
【開催時間】9時半~13時
【問合せ先】TEL:052-788-7575
【HP】http://powerzone.co.jp/

KINTOUN

群馬県月夜野周辺でツアーを開催しています。
バックカントリーを練習している人出典:pixabay
【参加費】¥10,000(ワンデイツアー)
【開催日】例年12月~5月
【開催地】群馬、新潟県、それを隔てる谷川連峰からなる上越国境エリア
【開催時間】4時間程度
【問合せ先】TEL:0467-85-5282
【HP】http://kintoun.jp/




北海道体験(バックカントリー)
北海道ニセコ、富良野、大雪山周辺でツアーが開催されています。
【参加費】¥12,000~
【開催日】12月中旬~5月初旬(ツアーによって異なる)
【開催地】ニセコ、富良野、大雪山など
【開催時間】ツアーによって異なる
【問合せ先】 TEL:011-252-2111(9時~18時)
【HP】北海道体験(バックカントリー)

SLOPETACTIX

山形県の蔵王周辺を中心としたツアーを開催しています。
visual01出典:SLOPETACTIX
【参加費】¥8,000(バックカントリーエントリーツアー)
【開催日】例年12月下旬から4月上旬
【開催地】蔵王周辺
【開催時間】2~3時間
【問合せ先】TEL:090-7510-0890
【HP】http://www.slopetactix.jp/index.html

バックカントリーに必要な装備

バックカントリーをする時は、滑走道具以外に必要な装備があります。山へハイクアップする時には、スキーの場合はシールが必要で、スノーボードではスノーシューとトッレキングポールが必要となります。また、雪崩の心配があるため、ビーコン、プローブ、シャベルは個人装備となりますが、レンタルできる場合も多いです。おやつや水筒、その他装備を入れるザック(リュック)も必要となります。

ビーコン

雪崩に埋没した際にすばやく発見するための通信機器です。 
ITEM
トラッカー DTS

価格と性能のバランスが取れていて操作もシンプル。背面のツマミを回して電源オン。表の真ん中のボタンを長押しでサーチと発信モードを切り替える。基本はコレだけなので、覚えたら忘れることはないです。
欠点はサイズ。重さは大したことないですが、大きいのでかさばります。
ビーコンはパーティで同じ種類を揃えたほうが操作が分かりやすくて良いです。パーティが複数埋まったときに違う機種を使っていると1人発見して電源を切るときに操作が分からないことがあるので。


プローブ(ゾンテ棒)

雪面に突き刺し、雪崩に埋没した人を探します。
ITEM
エバニュー ジュラルミンプローブ300

スコップ/シャベル

雪崩に巻き込まれた人を掘り起こしたり、雪洞を掘ったり雪面の弱層テストをしたりするのに使用します。
ITEM
モンベル コンパクトスノーショベル

シール

スキーの場合、ハイクアップの時にはシールが必要。スキーの雪面に装着し、登る時に下へ滑らないようにするための道具です。 
ITEM
ブラックダイヤモンド アセンション ナイロンSTS

スノーシュー&ポール

スノーボードの場合はハイクアップの時に、スノーシューとポールが必要です。ポールは小さく収納できるタイプがおすすめです。

ITEM
MSR LIGHTNING EXPLORE ブラス

ITEM
ブラックダイヤモンド トレイル コンパクト

ザック(リュック)

滑走用の装備を携帯できるのはもちろん、その他の道具を持ち運ぶためにも必要です。ある程度容量があるものを選びましょう。 

ITEM
ドイター フリーライダー26

バックカントリーの道具のメンテナンスについて

板を手入れする出典:amazon
バックカントリーをする上で道具のメンテナンスは大切です!ワックスがけやサビ止めなど定期的にメンテナンスしましょう。
※詳しい道具のメンテナンス方法はこちら

バックカントリーの服装

バックカントリーの服装は、冬山登山のようにレイヤリング(重ね着)が適しています。基本は、ベース(速乾性)、ミドル(保温性)、アウター(完全防水性・透湿性)です。中綿付きのウェアやワンピースタイプのスキーウェアは、歩行が長い場合は不向きです(ハイクアップが少ない場合は問題なし)。また、汗が乾きにくい綿素材も向きません。

ベース

吸湿速乾性のインナーです。
ITEM
モンベル ジオライン M.W.ラウンドネックシャツ

ミドル

保温性があり吸湿性もある素材(フリースなど)がおすすめです。
ITEM
パタゴニア フリース R2ジャケット

身長172cm 体重61Kgです。サイズSでぴったりでした。
ジャストフィットを好む方には,Sサイズをおすすめします。


アウター

ゴアテックス®などの防水性・透湿性に優れた素材を使用した、3レイヤーのハードシェルアウターがおすすめです。 
ITEM
パタゴニア トリオレット・ジャケット

パンツ

アウターと同様、防水性・透湿性を備えたものを選びましょう。
ITEM
パタゴニア トリオレット・パンツ

その他の必要装備

木々との衝突が心配な場合は、さらにヘルメットを着用しましょう。

ITEM
パタゴニア ブロデオ・ビーニー
ダウンはザックに入れておき、休憩時や寒いとき用に使用すると便利です。
ITEM
パタゴニア ナノエア・フーディ
雪目防止、降雪時でも目を保護すためにもゴーグルやサングラスは必携です。
ITEM
オークリー LineMiner Mil.ReconStlth w/PrzmJade ALT
保温性の高いウール素材の靴下やフィット感差サポート力のある靴下がおすすめです。
ITEM
モンベル メリノウール サポーテック スノースポーツ ソックス
防水性と保温性を兼ね備えたグローブも用意しましょう。
ITEM
モンベル パウダーグローブ
寒い休憩時にはホットドリンクで温まりましょう!
ITEM
サーモス 山専用 ステンレスボトル

スキー場で熱々のカップ麺を食べたくて購入!
大盛りカップ麺はお湯の量が足りませんが
カップヌードルサイズなら +インスタントコーヒーも飲める!
大満足!!

バックカントリーへの一歩

バックカントリーが好きな女性出典:pixabay
バックカントリーは、ゲレンデと違って誰もいない斜面を滑ることができます。パウダースノーの厳冬期から、雪が落ち着いた春先まで滑ることができ、長く楽しめます。まずは、ガイド付きバックカントリーツアーに参加してみて下さい!パウダーの感触、景色の美しさ、斜面を独占できる気持ちよさは、きっとあなたをバックカントリーの虜にしてしまうことでしょう!

Let’s Enjoy Backcountry

バックカントリーを楽しもう!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

スキーでハイクアップする人
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!