人気アウトドアショップの店長に聞く『2020年に流行る』のはコレだ!(2ページ目)

①CLAMP オリジナル | HAAAP!

まず一つ目は、武村さんご自身も着用されていたこちらの<HAAAP!>。CLAMP完全オリジナルの帽子です。

haaap

撮影:筆者

「前後につばがあるキャップは有りますが、これはハットをベースに作りました。サイドから見ると、前後のつば同士の付け根がくっついているのが分かると思います。
また、この付け根の部分にはあご紐を装着できるループがついています。」

haaap2

撮影:筆者

「前後のつばの長さがわずかに異なるので、コンディションに応じて被り分けることが出来ます。また、サイクルキャップのようにつばを跳ね上げることもできる一方、深くかぶれるというのも特徴です。これ一つで自転車や釣り、トレッキングなどに幅広く対応できますし、普段使いにもおすすめです。」

withhelmet

撮影:筆者

ヘルメットの下に被っても邪魔にならず、まさに多用途。これ一つで、様々な条件下やアクティビティで使える絶妙なデザインです。

今年の6月中旬には正式に登場予定。価格は6,930円(税込)で、現在予約受付中!気になる方は<CLAMP>までご連絡を。

②RawLow Mountain Works(ロウロウマウンテンワークス) | TIBI TIBI Tote(チビチビ トート)

次に紹介してくれたのは、RawLowMountain Worksのこちらのアイテム。

tibitibi

撮影:筆者

「TABI TIBI Tote(タビチビトート)も人気ですが、それよりも一回り小さいこちらの<TIBI TIBI Tote(チビチビトート)>をおすすめします。ショルダーストラップが取り外せたり、ループやデイジーチェーンが付いているので使い方の自由度が高いのが特徴です。

tibitibitote

提供:CLAMP

サコッシュ的な使い方が基本ですが、工夫次第ではザックのチェスト部分に装着したり、自転車のハンドル部に装着したりといったことも出来ますよ。」

容量の調節が可能で、底部のマチや内側に隠れた天マチなど、状況に応じて使い分けられる汎用性の高さが魅力。

toteandbackpack

提供:CLAMP
また、RawLow Mountain Worksの人気バックパック<Bambi>とのコーディネートもおすすめです。

③eno(イノー) | Super Sub&Helios Suspension System

続いて紹介してくれたのはenoのハンモック<Super Sub>と、専用のストラップ<Helios Suspension System>のセット。

eno

撮影:筆者

「たとえ日帰りであっても、バイクライドやハイキングに必ず持っていきます。休憩の時に便利なんです。
ほんの数分で設営できるので、出し入れも全く苦になりません。気兼ねなく寝そべったり、靴を脱いで足を解放させたりできるのはハンモックならではだと思います。ガイドツアーの時は豆から挽いたコーヒーをハンモックの上で飲むのが定番です。」

hammock

提供:CLAMP
andcoffee
提供:CLAMP

その軽さや快適性からハンモック泊への注目が高まっていますが、武村さんは日帰りでも積極的に使っているそう。これ一つで休憩から宿泊まで使える汎用性が魅力です。

④PAAGO WORKS(パーゴワークス) | NINJA FIRESTAND

最後に紹介してくれたのがこちらの軽量な焚き火台。

ninjafirestand

撮影:筆者

「もともとは、『釣った魚を食べたい』という思いで焚き火台を探していました。ただ、コンパクトなネイチャーストーブだと魚は焼きにくいし、キャンプで使うようなゴツい焚き火台はパッキングしづらい。そんな時に出会ったのがこの<NINJA FIRESTAND>です。
軽くてセッティングも楽、薪を乗せるスペースも大きく、五徳もセットなのでまさに理想の焚き火台です。」

ninjafirestand

提供:CLAMP

また、付属の「火吹き棒」が焚き火台の「脚」の予備を兼ねている点も、実に日本のメーカーらしいポイントです。
<CLAMP>
住所:〒396-0023 長野県伊那市山寺249-1
営業時間:11:00~20:00(木曜定休)

電話:【TEL】0265-96-0109 【FAX】0265-96-0134

Instagram:CLAMP
取り扱いブランド:ACLIMA、ALL YOURS、ALTRA、APIDURA、AXESQUIN、BIG SKY、BROOKS、CCP、CHROMAG、cocoon、DANG SHADES、Decibell、eno、FAIRWEATHER、fizik、FRANK&MORRIS、GIRO、GRANITE DESIGN、halo commodity、HAND OUT GLOVES、HOUDINI、Hydrapac、HYDROBLU、injinji、knog、LEZYNE、MOUNTAIN KING、Mountain Martial Arts、NANGA、narifuri、NATURE THING、New-HALE、NORRONA、NOVA SCOTIA FISHERMAN、OLFA WORKS、OMM、OOFOS、PAAGO WORKS、PAPERSKY、POC、POINT6、RAL、RawLow Mountain Works、SMITH、SURLY、Teton Bros.、Tritensil、velo spica、Yetina 等

東京・練馬<sokit>

ハイキングやトレッキングを楽しむ方を中心に人気なのが東京・練馬の<sokit>です。今回、店長の長島さんがおすすめしてくれたのは、「ザック」「バーナー」「テント」の3ジャンルから。
お店のターゲットでもある「基本的な装備は持っているけど、もっとユニークなアイテムが欲しい」という方にピッタリのセレクトです!

①ザック:RIDGE MOUNTAIN GEAR(リッジマウンテンギア) | Departure

まず紹介してくれたのは、こちらのバックパック。リリース前の商品を紹介してくれました!

rmg

提供:sokit

「リッジマウンテンギアが満を持してリリースする25Lバックパックです。こちらはサンプルで、年内販売に向けて鋭意製作中。」

cayl

提供:sokit

「神は細部に宿ると言いますが、プラスチックパーツ1つにもデザイナーのこだわりが詰まった完成度の高い逸品です。背負い心地も手抜きなし!」

一見シンプルなデザインながら、ヘルメットやピッケル、アバランチギア等の収納にも対応しているのが特徴。テクニカルな登山に使いたいという人に特に注目してほしいザックです。

②バーナー:MSR | ポケットロケット2&イソプロ

次に紹介してくれたのがこちらの<ポケットロケット2>。MSRから満を持して登場したガスストーブです。

pocketrocket

出典:Amazon

「同時発売のウインドバーナーが注目を集めていますが、より一般層に響くのはこちらではないでしょうか。出力比最軽量という訳ではありませんが、十分に軽量コンパクトでいて、一目でそれと分かる赤を使ったデザインがMSRらしい格好良さ。」

 

また、バーナーと合わせて発売された専用ガスカートリッジ<イソプロ>も忘れてはいけません。

「イソプロは、古くからマニア垂涎の通称”赤缶”。現行デザインも雰囲気良く、こちらが日本で購入出来るのはビッグニュースでしょう。名前の通りイソブタンとプロパンをブレンドしたOD缶で、他社では冬でも使えるオールシーズン用として提案している内容です。」

③テント

「実は、当店では取り扱っていないんですが…」と前置きしつつ紹介してくれたのがテント2種。2アイテムともユニークで、それぞれ用途に合わせてご提案いただきました。

【PAAGO WORKS(パーゴワークス) | ニンジャテント】

ninjatent

提供:PAAGO WORKS

「ギリギリ2人寝れるサイズで最小重量1160gの自立式テント。トレッキングポールを使ってドアをタープのような屋根代わりになどパーゴワークスならではのギミックが楽しい。山岳テントでは珍しいチャコールグレーカラーも存在感があります。ソロ山行中心ならこちらがお薦め。」

 

【tent-Mark DESIGHNS(テンマク デザイン) | hobo’s nest2】

hobosnest

出典:Amazon

「あのホーボージュンさんが開発し、7日間無補給で300kmを漕ぐシーカヤック遠征を想定したタフなテント。両側前室で開放感があり、2人でも快適に使える自立型です。
ユニークなフレームワークとインナー吊り下げ式で設営撤収の早さも魅力。総重量は2kgを超えますが、山に持って歩けない重さではない。キャンプを中心に、たまには山でもという方にはこちらがお薦め。」

<sokit>

住所:〒176-0001 東京都練馬区練馬1-34-11
営業時間:12:00~19:30(不定休)
電話:03-3994-3822
取り扱いブランド:取り扱いブランド:Pre Tents、アクシーズクイン、フーディニ、ティートンブロス、ウェストコム、ALTRA、inov-8、883Designs、atelier Blue Bottle、RIDGE MOUNTAIN GEAR、ZEROGRAM 等

東京・吉祥寺<BLACK BRICK>

「日常の機能服」をコンセプトに掲げる、東京・吉祥寺の「BLACK BRICK(ブラックブリック)」。店長のコバヤシさんがセレクトしてくれたのは、まさにそのコンセプトを体現するアイテム達。「動きやすいデザイン」「機能素材」という、アウトドアシーンで必要な性能をしっかり押さえています。

それに加え、街に溶け込みながらも個性的なデザインは、日常とアウトドアをボーダーレスに楽しむ方々に是非おすすめのアイテム。また、今大人気の「RawLow Mountain Works」のザックと組み合わせて使えるアイテムも注目です!

2 / 3ページ