富士山より高い山が台湾にあった!東アジア最高峰「玉山」の魅力を紹介(2ページ目)

自分で入山許可を取る場合の手順

海外渡航の準備

出典:PIXTA(海外渡航イメージ)

<日本で事前に行う手続>

まずは「玉山国家公園の専用サイト」から以下の手続きを行ないましょう。
1、排雲山荘の抽選申請(登山予定日の2ヶ月前から申し込み可能/ただし、日〜木曜日は24名分の外国人優先枠があり、4ヶ月前より先着順で申請を受付)
2、排雲山荘の料金支払い(指定口座に海外送金または現地にて支払い)入金確認後に玉山国家公園入園許可書が発行
3、入山許可に必要な書類の作成及び印刷(入山申請書、パスポートのコピー、台湾国内での緊急連絡先など)

<現地の登山基地で行う手続>

1、塔塔加登山センター「俳雲登山服務中心」で排雲山荘の宿泊料支払い(現地支払いにした場合)
2、宿泊料金支払い後、入園許可書を取得(パスポートの要提示)
3、塔塔加登山センターの隣にある交番「国家公園玉山警察隊塔塔加小隊」にて入山許可書の発行(入園許可書、パスポート要提示)

中国語に自信がなければ、旅行代理店におねがいするのもあり!

海外旅行の準備

出典:PIXTA(海外旅行イメージ)

入山許可や書類作成、現地でのアクセスを個人でするには結構労力がかかります。不安な場合は、日本の代理店または現地代理店に依頼する方法も。まず日本の代理店は、言葉の心配も無くバスツアーなので荷物の運搬も安心。しかし、4泊5日で20〜30万円と費用が高額なことや、早めの申し込みが必須です。

逆に現地代理店は費用が格段に安く、ガイドの経験が豊富な点が安心です。ただ、英語や中国語を話せないと厳しいことや荷物の運搬を自分でしなくてはなりません。よく考慮し、ご自分の都合に合わせて代理店を選びましょう。
西遊旅行

アルパインツアー

ここが日本の登山とは違う!玉山登山で注意するべきポイント

富士山の山小屋

出典:PIXTA (富士山の山小屋と登山道)

玉山の登山中に注意すべき点をいくつかお伝えします。まず、排雲山荘には売店がありませんので、行動中の水や行動食、カップ麺など必要なものは全て持参しての山行になります(山荘には煮沸した飲料水はあります)。布団は無いため、寝袋を持参するか有料で借りることになります。また、富士山よりも標高が高いので、防寒着を忘れずに。

高山病になる危険性もあるため、出来るだけ体調に気をつけましょう。全体的に整備された登りやすい山ですが、高山であり海外の山です。事前の装備を万全に整えて臨むようにしましょう。

台湾の玉山で海外トレッキングに初挑戦!

玉山の登山道
提供: ヤマレコ/ShuMae(玉山登山道)

日本を飛び出して、初の海外トレッキングにチャレンジするにはもってこいの玉山。混雑もない整備された登山道を登って、最高のご来光を拝みに行きませんか?海外ならではの4,000m近い景色から望む壮大な絶景は、きっと一生の思い出になることでしょう。

日本からのアクセスも良く、登山と一緒に観光やグルメが楽しめるのも魅力的。海外の山に興味がある方はぜひトライしてみてはいかがでしょう。

この記事を読んでいる人にはこちらの記事もおすすめ

2 / 2ページ