夏は緑、秋は金色のススキが絶景!曽爾高原で日帰りハイキング

2018/09/11 更新

一面に広がるススキ名所として人気の【曽爾高原】春~夏は緑の大草原、秋には金色に輝くススキの絶景ハイキングを楽しむことが出来ます。他にも夕陽×ススキのコラボや満点の星空鑑賞、一日中いても飽きない美しい景色がたくさん!今年は曽爾高原で初の《低山フェスinそね》の開催も決定!そんな曽爾高原の見どころや絶景スポット、さらにハイキングコースやアクセス方法、低山フェスの詳細まで全て紹介します!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

曽爾高原(そにこうげん)ってどんな場所?

曽爾高原
出典:PIXTA
曽爾高原(そにこうげん)は奈良県の東北端、三重県との県境に位置する倶留尊山から亀山の西斜面に広がる標高約700mの高原で、一帯を覆う広大なススキの群生地で有名。風光明媚な歩道があることから「遊歩百選」にも選ばれており、人気のハイキングスポットとなっています。

四季折々の景色を堪能できる曽爾高原

曽爾高原一帯は、室生赤目青山国定公園に指定されている自然豊かな高原リゾート。四季折々の美しい風景をご紹介します。

《春~夏》緑の絨毯が広がる爽快な景色
初夏の曾爾高原 曽爾高原一帯を覆うススキですが、若葉を出す初夏には一面が新緑の草原となります。若いススキの緑が瑞々しく、夏が近づくにつれ少しずつ緑色が濃くなり、ススキの背も高くなっていきます。

山焼き 曽爾高原ではススキの草原を守るために、毎年3月下旬から4月の初旬にかけて、山焼きを行っています。他の植物が燃えてしまっても、土深くに根のあるススキはその後成長するので、ススキばかりの草原を保てるのです。

《秋》黄金色に輝く一面のススキ
曽爾高原 ススキ
出典:PIXTA
秋、ススキが最も美しいと言われる季節です。9月に茶色の穂をつけたススキは長く伸び、11月には銀色の穂に変わります。風がそよぐススキの草原はまるで銀の波のうねりのよう。

曾爾高原のススキ 曽爾高原のススキは夕焼けの時間帯も人気。夕日の時間が近づくとススキの穂は金色へと変わり、日が落ちる前、もっとも黄金色に輝きます。

星空 毎年秋にはこの美しいススキを日没にも楽しめる「曽爾高原山灯り」が開催されます。200個もの灯篭が飾られ、優しい灯りに照らされたススキが幻想的。天気が良ければ、頭上には満点の星空も!

壮大な大自然を動画でチェック!

まだまだある、曽爾高原の魅力

曽爾高原はススキが有名ですが、まだまだ魅力のある場所なんです。自然豊かな曽爾高原のさらなる魅力をご紹介します。せっかくなので曽爾高原を十分に満喫して帰りましょう!

数多くの伝説が残る【お亀池】

曽爾高原 お亀池
出典:PIXTA
曽爾高原のほぼ中央にあるお亀池。池というより今では湿原に近いのですが、人魚や大蛇の伝説があるので、昔はもっと水深がある池だったのでしょうか。10分ほど歩いた亀山峠からお亀池全体が見渡せるので散策してみましょう。

名水百選にも選ばれている【曽爾高原湧水群】

曽爾高原
出典:PIXTA
名水百選とは、環境省が選定した、全国100か所の湧水や河川などの名水のこと。曽爾高原のお亀池を中心として湧き出ている湧水は、2008年に選定された平成の名水百選に選ばれているんです。

名水茶屋 曽爾高原湧水群は、地域の生活用水や農業用水として利用されている大事な水源。地元の人たちの手によって設置された「コイン式名水販売機」で、この名水を購入することができます。20ℓ/100円で購入できますが、容器はないので持参しましょう。

ビール 曽爾高原の名水を使って作られているビールが、曽爾高原ビール。曽爾高原ファームガーデン内にある地ビール工房「麦の館」で、丁寧につくられたビールは飲みやすく美味しいと評判です。「すすきの館」のレストランで飲めるほか、売店で販売もしているので、お土産にもいかがでしょうか?

曽爾高原ハイキングコースを紹介

曽爾高原の魅力をたっぷり味わえるハイキングコースをご紹介します!自然を満喫して、お食事、温泉も楽しんでお土産まで買って帰れる、ファミリーやハイキング初心者にも向いているコースです。

曽爾高原 ハイキングマップ
提供:曽爾村
太良路バス停(約45分)→国立曽爾青少年自然の家(約5分)→曽爾高原(約15分)→亀山峠(約20分)→お亀池(約30分)→曽爾高原ファームガーデン・曽爾高原温泉 お亀の湯(約25分)→太良路バス停[所要時間:約2時間20分]
※葛バス停からの道は土砂崩れの影響で、通行できない箇所があります。

曽爾高原
出典:PIXTA
国立曽爾青少年自然の家から曽爾高原へ向けて一気に登ったら、そこが曽爾高原。まずは美しい曽爾高原の自然を眺めましょう。

曾爾高原 お亀池を右手に見ながらさらに登ったのが亀山峠。亀池や曽爾高原が眼下に広がり、正面には鎧岳や兜岳などの雄々しい岩山がそびえている絶景スポットです。

曽爾高原 お亀池
出典:PIXTA
お亀池のほうへ戻り、池の脇を歩きます。6月にはサギスゲの白い花も見事です。

余裕がある人は倶留尊山へ行くのもおすすめ

倶留尊山への道
出典:PIXTA
もう少し歩きたい人には、亀山峠から往復約2時間で行ける倶留尊山(くろそやま)に行くのもおすすめ。二本ボソからの登りは樹木がないため眺望が抜群!山頂も一部木々があるものの、眺望が良く三重の山々を一望できます。急斜面もあるので、天気の悪い日は慎重に。

▼他にも曽爾高原と一緒に楽しめる登山コースはたくさん!こちらをチェック
曽爾高原×山を楽しむ登山コース

初!曽爾高原で低山フェスを開催!

曽爾高原で今年、第1回となる『低山フェス』が開催されます。低山だからこそ誰でも気軽に楽しめるフェスの内容を詳しくご紹介します!

低山フェス 「低山フェス in そに」のテーマは「山と自然を楽しむきっかけづくり」。アウトドア、登山初心者の方や、登山のステップアップをしたいと考えている方に向けて、様々なプログラムが用意されています。
アウトドアファッションショーやトークショーなど当日気軽に参加できるイベントの他、ナイトウォークや星空観賞会、プロガイドが同行するハイキングや登山、競技性のある山岳レースまで、誰もが楽しめるフェスとなっています。

開催日:2018/9/15(土)~9/16(日)
場所:曽爾高原ファームガーデン
料金:無料
1day:AM11:00~
2day:AM9:00~
※小雨決行
低山フェスについての詳細はコチラ
低山フェスのハイキングプログラム

曽爾高原へのアクセス情報

曽爾高原へのアクセス情報をご紹介します。バスの本数が少ないので、車でのアクセスがおすすめです。

車の場合

【大阪方面から】
阪神高速14号松原線→西名阪自動車道→名阪国道 針IC→国道369号→県道81号→曽爾高原

【名古屋方面から】
東名阪自動車道→名阪国道 上野IC→国道368号→国道165号→県道81号→曽爾高原

電車・バスの場合

近鉄 名張駅→山粕西行バス「太良路」下車→徒歩45分
※10月~11月のみ 曽爾高原行きバスあり

山粕西行バスの時刻表はこちら

駐車場情報

曽爾高原周辺の駐車場情報を紹介します。特にすすきの時期はかなり混みあうため、渋滞必須!朝早く行くことをおすすめします

【曽爾高原駐車場(野口駐車場)】
住所:奈良県宇陀郡曽爾村太良路
電話番号:0745-94-2305
駐車台数:約150台
駐車料金:普通乗用車600円

曽爾高原周辺の観光・温泉情報を紹介

曽爾高原のハイキングにお出かけなら、ぜひ一緒に訪れたい周辺の観光スポット、さらに登山のあとに立ち寄りたい温泉情報をご紹介します。

曽爾高原ファームガーデン

曽爾高原ファームガーデン 曽爾高原に向かう道沿いにある複合施設。地元でとれた野菜をいかしたレストラン「すすきの館」や、「お米の館」のお米パン、「麦の館」で作られる、曽爾の名水を使用したオリジナルの地ビールが人気。

住所:宇陀郡曽爾村大字太良路839
電話番号:0745-96-2888
営業時間:10:00~18:00(お米の館は10:30~売切れまで)
定休日:水曜日

鎧岳・兜岳

鎧岳
提供:曽爾村観光協会(鎧岳)
曽爾高原の西側にある、岩山が鎧岳・兜岳です。鎧を着たような姿から鎧岳、鍬形の兜のような山容から兜岳と名付けられた雄々しい岩山で、国の天然記念物に指定されています。

住所:(鎧岳)曽爾村葛、(兜岳)曽爾村今井

お亀の湯

お亀の湯 曽爾高原ファームガーデンエリアにある入浴施設。地下約1,800mから汲み上げるお湯はぬるっとしていて肌がしっとりすると評判。男女入れ替わり制の露天風呂からは、鎧岳・兜岳や曽爾高原が一望できます。

住所:宇陀郡曽爾村大字太良路839
電話番号:0745-98-2615
営業時間:
4~11月:11:00~21:00(受付20:00まで)
12~3月:11:00~20:30(受付19:30まで)
定休日:水曜日
料金: 平日650円、土日祝750円


他にも曽爾高原周辺には魅力的な観光スポットがたくさん!
曽爾高原の観光スポットを探す!

曽爾高原へ出かけよう!

曽爾高原
出典:PIXTA
一面のススキの草原を見たことはありますか?それはそれは幻想的な光景です。ハイキングと一緒に観光スポットや温泉も楽しめるから、ちょっとした旅行気分なのもいいですよね。秋のススキも見事ですが、季節を変えて色々楽しんでください!




関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

曽爾高原のススキ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
nao
nao

両親の影響で子供の頃から山に登り、大きなザックを背負う人を見て自分には無理だなあと思っていたらいつの間にかそうなっていました。歩き続ける縦走が好き。下山後の温泉とビールも大好きです。どうぞよろしくお願いします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!