【これから登山を始める人へ】初めて買うレインウェア、どう選ぶ? お店の人に聞いてきた!

2018/12/11 更新

「これから登山を始めるぞ!」「今年は富士山に登るぞ!」と思っている方、山道具の準備はけっこう大変! 中でも、登山には絶対欠かせないのがレインウェア。でも、初めて購入する際どんな点に気を付けて、どんなものを選べばいいのでしょうか? 今回は、石井山専 新宿東口ビックロ店の登山ウェアスペシャリストに、詳しく伺ってきました!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

登山するなら必要な、レインウェア

雨の登山
出典:PIXTA
『山のお天気は変わりやすい』とは、よく言われますよね。そんなことからレインウェアは、これから登山を始める人が必ず準備しておきたい重要なアイテム。では、初めて買う時はいったいどのようなものを選べばいいのでしょうか?

今回は登山ウェアのスペシャリスト、石井山専 新宿東口ビックロ店主任・冨田さんにレインウェアについてお話を伺ってきました。

レインウェアを選ぶポイントって何?

ビックリICI冨田さん
撮影:YAMA HACK編集部(教えてくれるのは石井山専 新宿東口ビックロ店主任・冨田さん)
編集部(以下:編):まず、これだけたくさんレインウェアがあるなかで、何をどういった基準で選べばいいのか…なにかポイントがあれば教えてほしいのですが。

冨田さん:結論から言うと、初めて買うならゴアテックス®で上下セットのものをお勧めしますね。レインウェアを選ぶ1つの基準として、まずゴアテックス®かどうか、という点が挙げられます。色々な検査を経てるので、ゴアテックス®のマークがついていると、ある意味それが『保証書』のようなものになるんです。

▼ゴアテックス®って? 素材についての詳細を見る

ゴアテックスマーク
撮影:YAMA HACK編集部(これがゴアテックス®製品についているタグ)
編:でも、結構お値段高いですよね。ゴアテックス®じゃない方が安い…。

冨田さん:ええ、そうなんですが、各ブランドがゴアテックス®社から素材を買って商品を作っているので、それだけ信頼しているという証拠なんですよ。
これから登山を始めようという方で、何から買ったらいいのか迷ったら、まずはゴアテックス®のマークがついているものをお選びになるのがおすすめです。逆に、「1年に1回くらいしか使わない!」という方であれば、ゴアテックス®じゃないもので少しお値段を抑えてもいいかと思いますよ。

上下セットのレインウェアがおすすめな理由

レインウェアとアルパインジャケット比較
出典:Amazon/Amazon(左が上下セットのレインウェア・右がマウンテンジャケット)
編:あの、上下セットについてなんですが、色んなメーカーからゴアテックス®のジャケットだけが発売されていたりするじゃないですか。なんか、デザイン的にはあっちの方がかっこいいんですけど…。

冨田さん:はい、そうおっしゃる方も多くいらっしゃいます。(笑)ただ、上下セットの方が、別売りで買うより安いです。これから登山を始める方なら、色々と買い揃えるのにお金がかかるじゃないですか。おっしゃっているような、いわゆる“マウンテンジャケット”や“アルパインジャケット”などと呼ばれているものはそれだけで5万円以上しますからね。

編:ひえ~…。たしかに、いかに出費をおさえるかは重要ですもんね…。

裏地比較
撮影:YAMA HACK編集部(右が一般的なゴアテックス®レインウェア、左が裏地ラミネート加工のレインウェア)
冨田さん:ゴアテックス®のレインウェア上下セットだと、だいたい4万円前後。ただし、これが軽量なものになればなるほど、技術があがってくるので比例して値段も上がります。

薄くて丈夫な生地を使ったり、裏地を使わずラミネート加工してあったりすると軽くなります。あとはジッパーの前についているフラップの有無も、重さに関係してきますね。ただし重いと生地が厚いので丈夫、という面もあります。このあたりは、実際に着比べて頂いて、あとはお値段と相談です。

フラップ尽き・なしのレインウェア比較
撮影:YAMA HACK編集部(右がフラップ付き、左がフラップなし)

マウンテンジャケットは、どういう時に着るもの?

編:ちなみにレインウェアって、ジャケットのみで売っているものとは何か違いがあるんですか?

冨田さん:いわゆるマウンテンジャケットと呼ばれるものは、1枚地でしっかりしていて、動きやすいように細かな立体裁断が施されていたりします。そのためお値段も高くなるんですね。あと大きな違いと言えば、フードが収納されているかされていないか。マウンテンジャケットは収納されていなくて、出っぱなしのものが一般的です。

フード収納部分
撮影:YAMA HACK編集部(フードが収納式のレインウェア)
編:それって、主にどういう理由でなんでしょう?

冨田さん:マウンテンジャケットを着用するシーンは、アイスクライミングとか、12本爪のアイゼンを付けて行く雪山とか、ヘルメットを装着するような山です。雪山ではグローブをした手でもサッとフードを被ってドローコードを引けたり、使い勝手の観点からそのようになっているんです。

編:なるほど。初めて買う場合は、たしかにそこまで想定する必要はないかもしれないですね。

冨田さん:はい。これから始められる方は、まずは最低限のものを準備して、そのうち登山レベルが上がってきた段階で検討するのがいいと思いますよ。

サイズと色味はどうする?

袖の長さ参考
撮影:YAMA HACK編集部(袖の長さは親指の付け根くらい)
編:サイズって、どんな感じで選べばいいんでしょうか?

冨田さん:サイズはひとまわり大きめのものを選んでください。例えば私は普段Mサイズなんですけど、レインウェアはLサイズを着ています。これは、寒いときに中にフリースやダウンを着ることを考えて、です。目安としては、ジャケットを着たときに袖の丈が親指の付け根までくるのが理想です。

レインウェア
撮影:YAMA HACK編集部
編:あとレインウェアって、かなりビビッドで明るい色が多いイメージなんですけど…それってやっぱり、遭難した時のことが関係しているんですか?

冨田さん:そうですね。できるだけ暗い色は避けた方がいいです。雨が降ってガスがかかってしまうと、見通しが悪くなるので発見されにくくなります。山に適した色、ということで言えば黄色やオレンジがおすすめですよ。

あとは袖が長いとか胴回りが細いとか、各ブランドによって特徴が異なるので、実際にいくつか着て頂いて決めるのが一番ですね。

【ポイント!】
・まずはゴアテックス®上下セット
・重いと軽いを比べる
・デザイン
・ブランド
・以上を踏まえてお財布と相談!

山には必ず持って行こう!

高川山登山
出典:PIXTA
何はともあれ、自分にぴったり合うレインウェアを見つけるには実際にお店へ行って試着することが大事。デザインの好みもあるので、できるだけ多くのメーカーのレインウェアを試すことが一番です。実際にお店に行く前に、上記のポイントを知っておくと、選択肢がスムーズに絞られますよ! そしてせっかくレインウェアを買うなら、たった1度しか使わないのはもったいない。登山のお守りとして、これから色んな山へ連れていってあげてくださいね。

山道具のプロに聞いてきた!石井山専突撃取材シリーズ

▼登山の寝袋選び! 初めての1本の選び方は?

▼寝袋の下に敷くマット、違いが知りたい!

▼今年こそテント泊!山用のテントじゃなきゃダメ?

▼ヘルメットが欲しい!選び方の基準は?

▼冬用の登山ギア、ケアと保管方法は?

▼忘れがち?登山の快適さは小物が重要!

この記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

レインウェアを着た男性
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!