梅の名所をハイキングしよう! まだ間に合う関東厳選7スポット

冬の寒さもピークを超えて、日に日に暖かくなってきました。冬の間はお休みをしていたけどそろそろハイキングへ行こうかな、そんな方も多いのでは?この時期おすすめなのが登山と観梅を組み合わせ。春の訪れを感じることができるハイキングです。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

梅の開花はまもなく、山へ急げ!

関東には日本有数の梅林が数多い

高尾梅郷 出典:PIXTA
春の訪れをいち早く知らせてくれる梅の花。その年の冬が寒いほど梅の開花の知らせにウキウキした気持ちになるものです。関東には全国でも有数の梅林がたくさんあります。そしてその多くが山地や里山にあるのです。

梅の名所とハイキングのコンボ

登山やハイキングは好きでも、積雪期の本格的なものはちょっと……そんなライトハイカーの皆さんへ、今シーズンのハイキングの始まりは梅の名所とコンビネーションで楽しんでみてはいかがでしょうか。もちろんまだ間に合います。

梅の開花時期はいつ頃?

梅の木 出典:PIXTA
「梅は咲いたか 桜はまだかいな」お座敷の小唄で有名な一節にあるように、梅は桜よりも早く開花します。その時期はおおよそ2月上旬から3月の下旬くらい。品種や緯度、標高差などがあり、桜のように開花前線もあります。

そもそも梅の花ってどんな花?

梅の花 出典:PIXTA
梅はバラ科サクラ属の落葉高木に分類されます。花は観賞用に、実は梅干しや梅酒などの食用になります。梅の花は古くから日本文化のモチーフとして、和歌、能、日本画などさまざな芸術に取り上げられてきました。

品種の数がめちゃくちゃ多い!

梅は花梅(観賞用)と実梅(食用)合わせて300種類ほどの品種があります。花の色や、花びらの数、咲く時期などで分類されてはいますが、園芸に馴染みがないと正直お手上げです。多くの梅林では、品種などの説明書きがありますので、それを手掛かりにしてみてください。

せめて梅と桜は見分けたい!

梅の開花と同じ時期に咲く桜もあり、これどっちだろう?なんて場合も。そんなとき便利な梅の花と桜の花見分け方をご紹介します。

【花びら】

梅:丸い
梅の花びら 出典:PIXTA
桜:先がとがっている
桜の花びら 出典:PIXTA
【花へい】*枝と花の間の軸

梅:短い
梅の花柄 出典:PIXTA
桜:長い
桜の花柄 出典:PIXTA


【幹】

梅:割れたりザラザラしてる
梅の幹 出典:PIXTA
桜:艶があり横縞がある。
桜の幹 出典:PIXTA

東京・神奈川・埼玉・千葉で梅の名所ハイキング

都心からアクセスの良い東京の梅林は日帰りでも十分に登山と観梅を楽しめます。神奈川や埼玉のスポットも朝早く出れば十分に日帰り圏内です。

高尾梅郷(東京都)

高尾梅郷 出典:PIXTA
JR高尾駅から小仏峠までの旧甲州街道4.5kmに渡って7か所もの梅林が点在しています。開花のピークとなる3月上旬には毎年「高尾梅郷梅まつり」が催されます。お茶の野点や、琴の演奏などが行われ多くの人を集めます。

開花時期:2月下旬から3月下旬頃
梅の木の数:約10,000本
住所: 東京都八王子市裏高尾町・西浅川町
開園時間:-
定休日:-
入園料:無料
2018年イベント:3月10日・11日

イベント情報

ハイキングならこの山へ
高尾山 出典:PIXTA
高尾山

言わずと知れた東京を代表するハイキングスポットです。都心から1時間程度のアクセスながら自然をたっぷりと味わうことができます。高尾梅郷があるエリアからもたくさんのコースが伸びており高尾山だけでなく城山や景信山などをめぐる縦走を楽しむことができます。


湯河原梅林(神奈川県)

出典:PIXTA
神奈川県の南西部、温泉郷として知られる湯河原町の山裾に広がるのが幕山公園です。敷地内には約4,000本もの紅梅・白梅が広がっています。温暖な気候なので満開時期は比較的早めです。最盛期にはライトアップが行われ幻想的な夜の観梅を楽しむことができます。

開花時期:2月上旬から3月中旬頃
梅の木の数:約4,000本
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋
開園時間:9:00~16:00(ライトアップ期間は18:00~20:30)
定休日:-
入園料:200円(開花期間)
2018年イベント:2月3日~3月11日(ライトアップ期間18:00~20:30)

イベント情報

ハイキングならこの山へ
出典:PIXTA
幕山
麓に梅林を抱えた幕山は標高625mあり、後衛には箱根外輪山が続きます。海側の展望が素晴らしい山で山頂からは真鶴半島が突き出た相模湾を眺望することができます。山の西側には岸壁が広がり、フリークライミングのゲレンデとして賑わっています。


越生梅林(埼玉県)

出典:PIXTA
「関東三大梅林」の1つに数えられる越生梅林は、埼玉県入間郡越生町(おごせまち)にあります。園の歴史は非常に古く14世紀まで遡ります。園内には樹齢約650年の古木を初め約1,000本余りが植えられています。イベント開催時期には園内をミニSLが走ります。

開花時期:2月中旬から3月下旬頃
梅の木の数:約1,000本
住所:埼玉県入間郡越生町堂山
開園時間:8:30~16:00
定休日:-
入園料:中学生以上300円

2018年イベント:2月17日~3月21日

イベント情報

ハイキングならこの山へ
大高取山 出典:越生町
大高取山
「ハイキングのまち」を標榜する越生町には、多様なハイキングコースがあります。高取山は中でも代表的な山で標高は376.4mとそれほど高くはありませんが、眺望の良い「幕岩」や歴史を感じさせる「桂木観音」など見どころがたくさんあります。駅から出発して越生梅林を経由するコースが人気です。

越生町ハイキング情報

城山公園(千葉県)

城山公園の梅 出典:PIXTA
戦国大名里見氏の居城跡を整備した城山公園は、房総半島の南端、館山市にあります。公園内には約200本の梅の木が植えらた梅園があり、1月上旬から3月まで観梅を楽しむことができます。また公園には早咲きの桜なども植えられ梅と一緒に楽しむことができます。

開花時期:1月下旬から3月頃
梅の木の数:約200本
住所:千葉県館山市館山
開園時間:-
定休日:無休
入園料:無料

ハイキングならこの山へ
出典:PIXTA
館山野鳥の森
城山公園の南、房総半島の先端に近い丘陵に広い森林が広がっています。この場所にある「館山野鳥の森」には、探鳥道と呼ばれるハイキングコースが3本あり森林を散策することができます。また「ちば眺望100景」にも選定された、5か所の展望台からはバリエーション豊かな眺望が楽しめます。

茨城・群馬・栃木で梅の名所ハイキング

開花のやや遅い北関東エリアでは3月下旬まで観梅を楽しむことができます。残雪が残る山々を背景に梅の花が咲く、趣きのある取り合わせが魅力です。

筑波山梅林(茨城県)

出典:PIXTA
筑波山の中腹4.5ヘクタールに広がる市営の梅林です。園内には巨石が点在し、梅の花と美しいコラボレーションを見せてくれます。ピークシーズンには「筑波山梅まつり」が催され、特設ステージでガマの油売り口上実演が連日披露されます。

開花時期:2月下旬から3月下旬頃
梅の木の数:約1,000本
住所:茨城県つくば市沼田
開園時間:-
定休日:-
入園料:無料
2018年イベント:2月14日~3月21日

イベント情報

ハイキングならこの山へ
筑波山 出典:PIXTA
筑波山
北関東の名峰にして日本100名山の筑波山。男体山と女体山の二つのピークで構成され標高は877mあります。東国の名山として古くから人気があり、万葉集にも筑波山を詠んだ歌が多数あります。女体山の山頂へはロープウェイが架設されているので、誰でも気軽に山頂を踏むことができます。


箕郷梅林(群馬県)

箕郷梅林 出典:PIXTA
榛名山の裾野、関東平野を一望できる丘陵に箕郷梅林はあります。一帯を埋め尽くすかのように10万本もの梅の木が広がります。品種のほとんどは白梅で満開の時期には雲海のようなダイナミックな光景となります。毎年3月上旬頃には「みさと梅まつり」が開かれます。

開花時期:3月上旬から下旬
梅の木の数:約10万本
住所:群馬県高崎市箕郷町善地・富岡
開園時間:-
定休日:イベント期間は無休
入園料:無料
2018年イベント:3月上旬から下旬

イベント情報

ハイキングならこの山へ
出典:PIXTA
榛名山
山頂には榛名湖と、円錐状の榛名富士が特徴的な榛名山。山頂は掃部ヶ岳(かもんがたけ)の1449mです。比較的近年まで噴火をしていた山で、周囲には裾野が広がっています。箕郷梅林から榛名湖までは車で約30分程度かかります。また3月の榛名山には残雪がありますので、必要に応じてアイゼンなどをご用意ください。


西渓園(栃木県)

出典:PIXTA
栃木県足利市織姫山の中腹にある西渓園。繊維産業で盛んな同地に女工が通う定時制高校があり、教育の一環として造園されたのが梅園の始まりです。両崖山ハイキングコースから眺める梅林がとりわけ美しく、まるで山水画の世界のような景色が楽しめます。

開花時期:3月上旬から中旬
梅の木の数:約1,200本
住所:栃木県足利市本城
開園時間:-
定休日:無休
入園料:無料
ハイキングならこの山へ

両崖山眺望 出典:PIXTA
両崖山(足利県立自然公園ハイキングコース)
日光連山に連なる南の端にあたる足利市の山は標高がそれほど高くなく1年を通じてハイキングを楽しむことができます。標高200m~400mを巡る「足利県立自然公園ハイキングコース」は、地形の変化が豊かで、遠く富士山の姿を見ることができるほど眺望にも優れています。

ハイキングコース情報

梅の香りに誘われる山旅

梅と眺望 出典:PIXTA
梅の花の魅力の一つに香りの良さが挙げられます。梅の木が一面に広がる中で、その香りを胸いっぱいに吸い込みながら山を散策する。春にしかできない贅沢なハイキングですね。都心や街中の梅園も気軽でいいですが、休日を一日使って梅の名所へとハイキングに出かけてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
kei noda
kei noda

広告ライター/ハイキングとロードバイクそして居酒屋が好きなミドルエイジです。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!