圧巻の桜絨毯!花見山公園の開花情報とアクセスまとめ【写真付】

「福島に桃源郷あり」と言わしめた、花見山の桜情報、混雑情報や見どころを紹介します!毎年20万人以上の観光客が訪れる桜絨毯は、見る者を圧倒する素晴らしい景色。しっかりと事前情報をチェックして美しい桜を楽しみましょう!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

花見山公園の桜、見ごろはいつ?

出典:PIXTA
花見山公園は福島県福島市にある公園で、花卉園芸農家の方が私有地を公園として一般解放しているものです。周辺の農家も花卉園芸を行っているため、春には数種類の桜や梅、レンギョウ、ボケ、サンシュユ、モクレン、ツバキ、ハナモモなどが一斉に咲き、その様を写真家の秋山庄太郎は「福島に桃源郷あり」と形容し毎年訪れていたといいます。
※2017年7月1日(土)~12月28日(木)は整備作業・養生のため立入禁止です。

「1人で見るのはもったいない」から始まった


出典:PIXTA
元は養蚕が家業で花木栽培は副業だった阿部家。大正15年から山に花を植え始め、昭和の中ごろには山が一面花で埋まるようになり、見せてほしいという人も増えてきました。きれいな花を自分たちだけで楽しむのはもったいないということで、昭和34年4月に無料開放することにしたのです。今では全国に知れ渡り、年間20万人以上が訪れるようになりました。

花見山の桜の見頃は?

出典:PIXTA
桜の種類はソメイヨシノやヒガンサクラ、トウカイザクラ、ヤエザクラなど。その他レンギョウやボケなど約70種類もの花々が咲きみだれます。花見山全体の開花時期は例年4月上旬から下旬までのようです。

花見山 開花最新情報

花見山公園に行く前に押さえておきたいポイント6つ

花見山公園は私有地を好意で無料開放してくれている公園です。ルールを守って散策しましょう。より楽しく過ごすためにおさえておきたいポイントをご紹介します!

宴会禁止

出典:PIXTA
花見山公園のお花見スタイルは、シートを広げて飲食しながら楽しむのではなく、散策しながら楽しむスタイルです。園内では飲酒や宴会をご遠慮いただいています。また、ゴミ箱はありませんのでゴミは必ず持ち帰りましょう。

トイレは3か所、公園に入るとありません

トイレはがあるのは観光案内所そばの常設トイレと物産広場、花見山公園入り口付近の臨時トイレの3ヶ所です。公園内にはトイレがありませんので、すませてから出かけましょう。

駐車場付近には売店あり

駐車場(バス終点)付近には売店や物産ブースが並んでいます。地域の特産物を購入したり、ソフトクリームやお団子、焼きそばやクレープなどを食べながら休憩できるスペースもあります。

公園までの道も絶景!

出典:PIXTA
駐車場・バス停終点と花見山公園の間は、約15分(約800m)。この間はウォーキングトレイルとして整備されています。車の通らない歩行者専用道で、周辺の花々がとてもきれいな通りです。

入口には案内所があります

「ふくしま花案内人」の認定を受けたボランティアの方が、花見山公園の見どころを紹介してくれます。花見山公園だけではなく、福島市内の名所や観光資源についても教えてもらえますよ。

公園手前も美しい

花見山公園手前の道路を歩く、花の谷コースもおすすめです。こちらは花見山全体を撮影でき、その後ろに吾妻山を望むことができます。福島に春を告げる「吾妻の雪うさぎ」を見られるかもしれません!

美しい花見山公園の桜たち【写真付】

花見山公園は、桜の花をはじめたくさんの美しい花々が織り成す様がまさに桃源郷。その園内の一部をご紹介します!

出典:PIXTA
花見山公園の斜面を登ると公園全体や地域全体を見渡すことができます。あちらこちらで咲き誇る花の姿はまさに桃源郷!
出典:PIXTA
園内にはレンギョウの木も多く植えられています。黄色とピンクのコントラストの美しさは圧巻です。

出典:PIXTA(花見山公園山頂展望台)
花見山公園山頂展望台からは、吾妻山連邦と福島市を一望できます。雪解けの雄大な吾妻山連邦と花々のコラボレーションが見事です。

出典:PIXTA(桜のトンネル)
山頂から急な下り坂を下ると桜のトンネルが現れます。満開の桜や桃の花が咲き乱れ、ピンクの空間の中を歩くのは夢のようなひとときです。
出典:PIXTA
花見山公園には70種類もの花々が植えられています。チューリップもその一つで、かわいらしい花をたくさん見ることができます。

混雑とアクセス情報

年間数十万人が訪れる花見山公園。開花期には特に多くの人が訪れます。ピーク時の混雑状況やアクセス方法をご紹介します。

花見山へのアクセス①車の場合

出典:PIXTA
開花時期、花見山公園周辺は混雑するため、例年4月1日から下旬の7時~17時までは交通規制を実施しています。一般車両は花見山公園駐車場まで入れないため、臨時駐車場に停めてシャトルバスを利用するか徒歩で公園へ向かうことになります。

福島西IC-国道115号線-県道309号線-あぶくま親水公園駐車場(約8km)
駐車場:あぶくま親水公園駐車場/1,000台
住所:福島県福島市渡利梅ノ木畑 福島県福島市岡部字上川原
環境整備協力金:1人500円(シャトルバス利用時)

駐車場についたら徒歩orシャトルバス

出典:PIXTA
駐車場から花見山公園までは約3.5km、約40分ほどです。駐車場から花見山バス臨時駐車場のシャトルバスも運行していますが、ピーク時は駐車場に入るのにも30分程度、シャトルバスに乗るのにも1時間近くかかることもあるようです。10時ごろ~15時ごろが混雑のピークなので、混雑を避けるのなら早朝か遅い時間にずらすのがポイント。

シャトルバス料金:1人500円(環境整備協力金)

花見山へのアクセス②公共交通機関の場合

福島駅東口バス乗り場から路線バス、またはシーズン中は臨時バスで花見山公園へ行くことができます。

福島交通路線バス
行先:花見山入口経由渡利南回り
出発停留所:福島駅東口
到着停留所:花見山入口
所要時間:12分
運賃:240円

福島交通 路線バス時刻表

臨時バス花見山号
出発停留所:福島駅東口
到着停留所:花見山
所要時間:15分
運賃:250円

 

臨時バス花見山号 時刻表

花見山公園へ桃源郷を見に行こう

出典:PIXTA
この世とは思えないような美しい桃源郷。それは福島にありました。桜の美しさはもちろん、花見山公園の魅力は色とりどりの花々とのコントラスト。ぜひ時を忘れるような散策にお出かけ下さい!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

nao
nao

両親の影響で子供の頃から山に登り、大きなザックを背負う人を見て自分には無理だなあと思っていたらいつの間にかそうなっていました。歩き続ける縦走が好き。下山後の温泉とビールも大好きです。どうぞよろしくお願いします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!