憧れのマムートザックで山に行こう!シーン別おすすめモデル13選

2022/06/11 更新

マムートの登山用ザックを特集します。山で見かけるマンモスマーク、デザインがかっこいい!今回は選び方に加え、一般的な登山に適したモデル、積雪期アルパインクライミング用のテクニカルなモデルと2種類に分けてご紹介します。

制作者

naot

両親の影響で子供の頃から山に登り、大きなザックを背負う人を見て自分には無理だなあと思っていたらいつの間にかそうなっていました。歩き続ける縦走が好き。どうぞよろしくお願いします。

naotのプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像出典:Facebook/Mammut
  • マムートの登山用ザックが欲しい!

マムートのザックを背負って登山をする人 山で見かけることも多い、スラリとしたルックス、ビビッドな色使い、そしてマンモスマーク。150年もの歴史を持つスイスの山岳用品ブランド・マムートのザックに憧れを抱く人は少なくありません。デザインはもちろん、あのロゴマークが好き!という方も多いですよね。

スリムで背が高いのが特徴

マムートのザック スリムな形 他メーカーのものと比べて、マムートのザックはスラリと縦に背が高いことが特徴。一見するとスリムでスマートな見た目をしているモデルが多いです。これが「かっこいい!」と感じる原因の1つで、ザックが自分の身幅から横にはみ出ないことにより、歩行の際体が振られにくいというメリットがあります。

豆知識:レディースモデルは語尾が「a」

マムートのザック レディース 全てのモデルではありませんが、メンズモデルとレディースモデルが展開しているものもあります。例えばメンズモデルが「Trion」という名前に対しレディースモデルは「Trea」。ヨーロッパの名前に多くみられる、女性の名前の最後が「a」で終わる形です。

選ぶときに気を付けたい3つのポイント

実際にマムートのザックを購入する前に!忘れたくないポイントを紹介します。

①絶対に試着!

マムートのザック 一覧 登山用ザックは「合う・合わない」の個人差があります。長時間荷物を背負って歩くのですから、ストレスのないものを選ぶ必要があります。デザインが好みだからといってすぐに購入するのではなく、必ずお店で試着をしましょう。首のうしろから腰までを「背面長」と言いますが、この長さを調整できるモデルもあるので登山用品店のスタッフにフィッティングをしてもらうのが一番です。

② ポケットの数は要チェック

マムートのザック ポケット スリムな見た目のマムートザック。シンプルで無駄をそぎ落としたデザインだからこそ、高所登山・アルパインクライミング用のモデルはザックの外側にポケットなどが一切ついていないものもあります。一般登山や、のんびり山歩きをする場合はこのポケットがないと意外と不便。行動食もいちいちザックを下ろして、開けて…というのは大変です。自身の登山スタイルにあったモデルを選びましょう。

③ザックの容量を知ろう

マムートのザック 容量 一般的に、1つの基準となるのが「30L」と言われています。登山系メーカーから多く発売されているのがこの容量ですが、山ごはんに力を入れたり、小屋泊・テント泊などでも相応しい容量は異なります。下記の表を目安にしてみてくださいね。
日程条件容量
日帰り調理なし~20L前後
日帰り調理あり~30L前後
山小屋1泊30L~
テント泊1泊50L前後~
縦走1週間70L前後~
季節により防寒着が増えたり、山小屋でも自炊するならバーナーが必要だったり、岩稜帯に行く場合はヘルメットが必要になったりと必要装備は状況・山域によって変わります。あくまで目安と考えてください。
  • 一般登山におすすめなマムートのザック8選【容量順】

マムートのザックで登山を楽しむ人々 以上をふまえてマムートのザックが欲しい!という方に、まずは一般的な登山におすすめなザックを容量順に紹介します。ザック選びの参考にしてみてくださいね。「リチウム」シリーズは軽量性が高く、「クレオン」シリーズは丈夫な生地でハイキングや低山向き、「ヘロン」シリーズは荷物の多い縦走などに向いています。

マムート Lithium Speed【20L】

超軽量素材を使用したリチウムシリーズの中で、一番小さなバックパックです。小さいながらポケットが多く、ハイドレーションに対応するなど機能的正に長けており、トレイルランニングや奥多摩などのハイキング、旅行のサブバッグとしてもおすすめです。

マムート Lithium Speed【20L】

素材:70D Nylon 3Line Ripstop
カラー:ブラック、マルーン、ボトル、インペリアル、ダークチル

マムート Lithium Light【25L】

超軽量素材を使用し、通気性に優れたザック。雨蓋とドローコードの開口部は、ウェアなどが出し入れしやすいようになっているので、肌寒い季節のハイキングやトレイルランニング、旅行用のリュックにおすすめです。

マムート Lithium Light【25L】

素材:70D Nylon 3Line Ripstop
カラー:シエナ、インペリアル、オーク、ダークチル

マムート Lithium Guide【25L / 35L】

フロント部にある縦に長いファスナーからメインルームにアクセスできる中型のザック。背面パッドが体の形に合わせて変形するので、フィット感抜群です。ハイドレーションシステムの他、使いやすいペットボトルホルダーがあるので、はじめてザックを買う方にも最適です。また、シンプルな見た目でA3も入るサイズなのでタウンユースにもおすすめです。

マムート Lithium Guide【25L / 35L】

素材:
メイン:210D Nylon Triple ripstop
ベース:420D Nylon
カラー:オークスモーク、インペリアル、ブラック


マムート Lithium Crest【30+7L / 40+7L / 50+7L】

トレッキングポールやピッケルなどの装備が必要な、長時間行動する登山に最適なザック。大きなフロントポケットがあり、山行に合わせて1気室にも2気室にもできる構造で、自分好みに使いやすくでいるザックです。

マムート Lithium Crest【30+7L / 40+7L / 50+7L】

素材:
メイン: 210D Nylon Triple Ripstop
ベース: 420D Nylon
カラー:ダークシアン、ブラック

マムート Creon Zip【30L】

モダンなジッパー部から荷物を簡単に出し入れすることができる、スポーティーなザック。ヒップベルトのポケットなど収納スペースが豊富で、ファストハイクや1、2泊の旅行、普段使いにおすすめです。

マムート Creon Zip【30L】

素材:
メイン: 100D Nylon Flat Ripstop
ベース: 420D Nylon
カラー:ブラック、ラバ、マリネ

マムート Creon Pro【30L】

4方向からの背面ベンチレーションにより通気性が良く、体の動きにフィットするフレームで快適に背負えるザック。2気室構造となっており、サイドからメインルームにアクセスすることができます。軽量で丈夫な素材を使用しているので、夏の藪こぎや岩場のあるルートのある低山におすすめです。

マムート Creon Pro【30L】

素材:
メイン: 210D Nylon DYNAJIN
ベース: 420D Nylon
カラー:ダークオレンジセメント、ブラックファイア、ラバ、ダークスペース

マムート Crea Pro【38L】

通気性を最大限に確保した丈夫な素材のCrea Proの女性用ザック。背面メッシュで蒸れにくく、春から秋の小屋泊縦走におすすめです。また、上体を自由に動かせるフレームによりバランスがとりやすいので、岩場などのルートを通る登山にも最適です。

マムート Crea Pro【38L】

素材:
メイン: 210D Nylon DYNAJIN
ベース: 420D Nylon
カラー:ダークパシフィック

マムート Heron Crest【30+10L / 40+10L】

容量はありますが軽量で、ロッククライミングも想定した幅広い機能のあるザック。背面長を調節できるので体にフィットした背負い心地です。雨蓋は取り外してサブバッグとして使うこともできます。ロッククライミングの他、小屋泊登山、長期旅行にもおすすめです。

マムート Heron Crest【30+10L / 40+10L】

素材:
メイン:210D Nylon fancy Ripstop
ベース:420D Nylon
カラー:インペリアルアイアン、インフェルノアイアン


  • アルパイン向けマムートのザック5選【容量順】

雪山登山 つづいて、アルパインクライミング向けのザックを紹介します。マムートの定番アルパインバックパック「Trion Pro」をはじめとした「Trion」シリーズは、急峻な岩稜帯や厳しい登攀において活躍するモデル。そのため外側にポケットなどがなくすっきりとしたフォルムが特徴です。しかし、日本ではサコッシュや付属ポケットを駆使して登山に利用している人も多く見かけますよ。

マムート Trion Zip【22L / 28L】

ジッパーでメインコンパートメントに素早くアクセスできるアルパインザック。ハーネスやヘルメットを装着しても快適なショート丈の背面と幅の狭いヒップベルトで動きを妨げず、よりハードなクライミングにも対応できます。外側、内側ともにジップポケットがあり小物の整理に便利です。シンプルでモダンな見た目なので、22Lは普段使いにもいいですね。

マムート Trion Zip【22L / 28L】

素材
メイン: 400D Nylon Ripstop
ベース: 420D Nylon
カラー
22L:スモーク、ダークシアン
28L:スモーク、ダークシアン、ラバ

マムート Trion Light【28L】

クライミングを想定しトップからボトムまでの長さを短くしたザック。28Lとしては軽量で、クライミングだけではなく、季節を問わず多目的に使うことができます。バックの柔軟性がほしい場合は、簡単にフレームを取り外すことができ、ヒップベルトパッディングを外すと590gの超軽量バックパックとなります。

マムート Trion Light【28L】

素材
メイン: 100D Nylon Cordura_ Dobby Ripstop;
ベース: 210D Nylon Full Dull Hitra
カラー:サンライズ-ダークシアン、ダークシアン


マムート Trea Guide【30L】

背丈とショルダーストラップを女性の体形に合わせて設計された、Trion Guideのレディースモデル。サイドジッパーからメインコンパートメントにアクセスが可能で、高さ調節と取り外しのできる雨蓋など万能で、クライミングはもちろん山小屋泊の山行や冬山日帰り登山におすすめです。

マムート Trea Guide【30+7L】

素材
メイン: 100D Nylon Cordura_ Dobby Ripstop;
ベース: 210D Nylon Full Dull Hitra
カラー:ダークインディゴ、ダークパシフィック

マムート Trion Guide【35+7L】

ピッケルホルダー、ポールホルダーなどのアルパインクライミングに必要な機能をすべて備えた万能ザック。ウエストベルトは、取り外してクライミング用のベルトに付け替えることができます。背面に配した厚いクッションにより体にフィットして、重たい荷物も快適に運ぶことができるので、夏の縦走登山にも適しています。

マムート Trion Guide【35+7L】

素材
メイン: 420D Nylon Tritan Ripstop
ベース: 420D Nylon
カラー:スモーク、マンゴーシエナ、ポピー

マムート Trion Pro【35+7L / 50+7L】

マムートのアルパインカテゴリのフラッグシップモデル。素材、機能性では常にトップクラスのザックで、新設計として背面が完全オープンになり使いやすくなっています。ガイドや登山家に愛用者も多く、35+7Lは小屋泊の縦走に、50+7Lはテント泊山行におすすめです

マムート Trion Pro【35+7L / 50+7L】

素材
メイン: 420D Nylon Tritan Ripstop
ベース:420D Nylon
カラー:ラバ-ダークラバ、スモーク-シエナ

マムートのザックは機能的で快適!

雪山でマムートのザックを背負う人 マムートのザックはプロやガイドにも愛用者が多いのもうなずけますね。冬山を考えている方は、定評あるマムートのアルパインギアがおすすめです。日帰り登山では十分過ぎるくらいの機能を備えたザックが多いので、これから登山を始めたいという方にも最適。ぜひ参考に選んでみてください!

    紹介されたアイテム

    関連する記事

    関連する山行記録 byヤマレコ

    マムート ザック
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」