<マムート>のザックを買うならこれ!登山スタイル別おすすめモデル12選

2020/04/21 更新

<MAMMUT(マムート)>のザックを登山スタイル別に紹介。過酷な状況にも対応できる機能性やフォルムが評判で、世界中で多くのファンを魅了しています。汎用性の高い30Lをはじめ、大型バックパックやクライミングパック、20L程度の日常で使いやすいリュックまで。メンズはもちろん、小柄な女性のためのモデルも展開しているマムートのザックに注目です!


アイキャッチ画像提供:Facebook/ マムート ジャパン (Mammut)

プロ登山家も愛する<マムート>のザック

マムートは、ハンドメイドのクライミングロープ製造業者としてスイスで創業し、150年以上の歴史をもつ老舗登山用品ブランド。クライミング用品を中心とした製品は、その堅牢性や機能性に定評があり、世界中にファンがいます。

中でも、ザックはプロ登山家やクライマーが使う本格的なものから、他の登山メーカーではあまりないカラーリングや体のラインに合うシルエット、魅力的なデザインが多数ラインナップ。好みのモデルがきっとみつかるはずです。

登山スタイルに合わせて選ぶべし!

見ための“カッコよさ”ももちろん大切ですが、用途に合ったザックを選ぶことが安全で快適に山を楽しむためには重要です。自分の登山スタイルに最適なモデルを選びましょう。
登山スタイルザックの特徴
ハイキング

日帰りハイクでは荷物も多くないため、20L前後の容量が最適。

シンプルなデザインで、タウンユース兼用のタイプも多数。

日帰り・
小屋泊

登山をするなら、一つは持っていたい定番タイプ。

小屋泊であれば35Lクラスのもで対応可。

縦走・
テント泊

テント泊や縦走など山を長期で快適に楽しむために、ポケットの位置や数など

使い勝手をよく考えて作られたモデルが多い。テントなどの装備が増える分、

背面のしっかりした45L以上の大型のバックパックが多い。

アルパイン
クライミング

よりハードな山行を想定して作られているモデル。ザックのストラップなども

最小限かつ岩や雪が引っかからないようなスリムなフォルムが特徴。

軽量かつ引き裂きなどに耐えうる強度のある生地を使用したザックが多い。

ハイキングスタイルにおすすめの3モデル

出典:PIXTA
まずは、とにかく軽くて使いやすい、低山ハイクにぴったりのモデルを紹介します。ハイキングやトレランにはもちろん、タウンユースOKなデザインも多数ありますよ。

マムート リチウム スピード 15

超軽量素材を使用したリチウムシリーズ最小モデル。小さいながらポケットが多く、ハイドレーションに対応するなど高い機能を備えています。トレイルランニングや低山ハイク、旅行のサブバッグとしても◎。25Lモデルの展開もあります。女性モデルは「リチア スピード15」。

ITEM
マムート リチウムスピード 15
容量:15L
重量:570g
カラー:全4色

ITEM
マムート リチアスピード 15
容量:15L
重量:550g
カラー:全4色

マムート エクセロン LMNT

街から山までマルチに活躍できるデイパック。ジッパー付きのフロントポケットやメッシュ サイドポケットなど、整理しやすい収納を実現。普段使いOKなデザインながら、低山ハイクでも使用できる機能性が嬉しい。

ITEM
マムート エクセロン LMNT
容量:22L
重量:550g
カラー:全2色

このサイズのものが欲しかったので満足です。


マムート リチウム ジップ

ストレッチ性のある大きなフロントポケットは、中身の出し入れが簡単で必要なアイテムを容易に収納できます。登山にもタウンにも使える、無駄のないスタイリッシュなデザインが◎。

ITEM
マムート リチウム ジップ
容量:24L
重量:750g
カラー:全3色

日帰り・小屋泊登山スタイルにおすすめの3モデル

出典:PIXTA
続いて、一つは持っていたい登山用ザックの定番・25〜35Lクラスのアイテムを紹介します。しっかりとした作りで、日帰り登山以上の機能を備えたザックが多いので、長く使えること間違いなしです。

マムート リチウムプロ

通気性に優れた背面や、フロントおよびサイドポケットなど使い勝手を考えて設計されたバックパックです。取り外し可能な一体型レインカバーなど、登山をサポートする機能が搭載されています。

ITEM
マムート リチウムプロ
容量:28L
重量:890g
カラー:全3色

マムート クレオン プロ 30

可動するフレームを採用し、上半身の動きにフィットするバックパック。4方向に通気システムがあり、ムレを軽減してくれるため夏場の山行などにも最適。2気室構造でサイドからメインルームにアクセスすることができるため、荷物整理も容易です。女性モデルは「クレア プロ 28」。

ITEM
マムート クレオンプロ 30
量:30L
重量:1,390g
カラー:全1色

ITEM
マムート クレア プロ 28
容量:28L
重量:1,320g
カラー:全2色

マムート クレオン ガイド 35

人間工学に基づいて設計された形状により、快適な背負い心地が実現したバックパック。ボトムコンパートメントにより1気室にも2気室にも変更でき、季節や山域によって収納を変化させることが可能。ハイドレーションシステムにも対応。シンプルでスポーティーなデザインも魅力的!

ITEM
マムート クレオン ガイド 35
容量:35L
重量:1,250g
カラー:全1色



縦走・テント泊登山スタイルにおすすめの3モデル

出典:PIXTA
続いて、長時間、重装備を背負い続ける長期縦走やテント泊登山に適したモデルを見ていきましょう。ザック自体に重量があるものの、快適な背負い心地を実現するための機能を搭載し、身体への負担を少なくし快適に山を楽むのにピッタリなモデルが揃っています。

マムート リチウム クレスト 40+7L / 50+7L

トレッキングポールやピッケルなどの装備が必要な、長時間行動する登山に最適なザック。大きなフロントポケットがあり、山行に合わせて1気室にも2気室にもできる構造で、自分好みに使いやすくアレンジ可能です。背面長とショルダーストラップが小柄な体型に合わせて設計され、小ぶりタイプの「リチウム クレスト S(容量30L)」もあります。

ITEM
マムート リチウムクレスト 40+7L
容量:40+7L
重量:1,580g
カラー:全2色

ITEM
マムート リチウムクレスト 50+7L
容量:50+7L
重量:1,710g
カラー:全2色

マムート トリオン 50

アルパインバックパックの定番「トリオン」シリーズの50Lモデル。超軽量で通気性に非常に優れたEVAパッドや背面の通気性を確保するEVAフォームを採用し、長期間の山行でも快適な活動を可能にしてくれます。バックには大きな開口部があり、使い勝手も◎。

ITEM
マムート トリオン 50
容量:50L
重量:1,550g
カラー:全2色

マムート クレオン クレスト 65

数日間のハイキングや長期縦走などの重装備に適したモデル。フルフロントジッパーなので、荷物を横から出し入れすることもでき、パッキングも楽にできます。フラップを取り外してショルダーストラップを取り付けることで、ミニバックパックとしても使用可。レインカバーも付属してます。

ITEM
マムート クレオンクレスト 65
容量:65L
重量:2,160g
カラー:全1色

アルパインクライミングスタイルにおすすめの3モデル

出典:PIXTA
最後に、よりハードなアルパインクライミングに適したザックを紹介。外側にポケットなどの装飾がなくすっきりとしたフォルムが特徴。厳しい登攀岩や急峻な岩稜帯に向かう登山スタイル向けのモデルです。

マムート トリオンライト 28

汎用性に優れた、超軽量アルパインバックパックとして開発された「トリオンライト」シリーズ。クライミングに特化したデザインで、トップからボトムまでの長さを短くしたザックです。

どのような体勢でも背中にしっかりとフィットする構造で、ヘルメット着用時でも容易に頭を後ろに反らすことができます。簡単にフレームを取り外すことができ、さらにヒップベルトも外すと590gの超軽量バックパックとなり、多目的な使用が可能。28Lのほか38Lモデルもあります。

ITEM
マムート トリオンライト 28
容量:28L
重量:700g
カラー:全2色

マムート トリオン 35

マムートのアルパインバックパックを代表する「トリオン」シリーズの定番モデル。メインファブリックに210デニールのリップストップ・コーデュラナイロンを使用し、高い耐久性・強度を実現しています。

背面の大きな開口部からはメインコンパートメントに容易にアクセスでき、使いやすさ抜群。妥協を許さないアルピニストにはもちろん、一般登山でも活躍する優れたアイテム。>レディースモデルは「トレア 35」。

ITEM
マムート トリオン 35
容量:35L
重量:1,480g
カラー:全2色

ITEM
マムート トレア 35
容量:35L
重量:1,380g
カラー:全2色

マムート トリオンスパイン 35

特許技術Active Spine Technologyを備えたアルピニストのためのバックパック。サスペンションシステムと一体型高さ調節により、肩と腰の動きが妨げられず、重装備でもより自然な歩行が可能に。

35Lモデルは小屋泊の縦走に、50Lモデルはテント泊山行におすすめ。レディースモデルは「トレアスパイン 35」。

ITEM
マムート トリオンスパイン 35
容量:35L
重量:2,120g
カラー:全2色

ITEM
マムー トレアスパイン 35
容量:35L
重量:2,030g
カラー:全2色

登山スタイルや行程によって、使い分けるのがベスト!

提供:Facebook/ マムート ジャパン (Mammut)
マムートのザックはどれも、デザインと機能性を両立したカッコいいものばかり。それぞれの登山スタイルでの使い勝手を追求したモデルが揃っているので、20Lや40L、60L以上と複数持っている人も少なくありません。自分の登山スタイルに合ったザックで、快適なアウトドアライフを楽しんでくださいね! 

紹介されたアイテム

マムート リチウムスピード 15
マムート リチアスピード 15
マムート エクセロン LMNT
マムート リチウム ジップ
マムート リチウムプロ
マムート クレオンプロ 30
マムート クレア プロ 28
マムート クレオン ガイド 35
マムート リチウムクレスト 40+7L
マムート リチウムクレスト 50+7L
マムート トリオン 50
マムート クレオンクレスト 65
マムート トリオンライト 28
マムート トリオン 35
マムート トレア 35
マムート トリオンスパイン 35
マムー トレアスパイン 35
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
高橋 典子
高橋 典子

ハイクとミニマルキャンプをこよなく愛するフリーライター。次はどこに行こうか、8歳の息子と地図を眺めるのが日課。最近は、山岳気象予報に興味津々!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!