甲武信ヶ岳|43座のパノラマを楽しむ!登山ルート・アクセスまとめ

今回は人気の登山ルート「甲武信ヶ岳」を解説!初めて訪れる方はもちろん、リピーターの方も楽しめる情報もあわせてご紹介します!訪れる前にぜひチェックしてみてくださいね。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

43座のパノラマ!甲武信ヶ岳とは

甲武信ヶ岳のパノラマ出典:PIXTA
標高山頂所在地山域最高気温(6月−8月)最低気温(6月−8月)
2475m山梨県、埼玉県、長野県奥秩父16.9℃3.8℃
日本百名山の一つ「甲武信ヶ岳」は山梨県(州)、埼玉県(州)、長野県(州)の三県にまたがる山です。旧地名から一字ずつとり甲武信ヶ岳と名付けられた説や、その姿が拳に似ているからという説もあります。
甲武信ヶ岳の特長はなんといっても頂上からのパノラマ。天気の良い日には、日本百名山のうち43座が見渡せる絶好の景色が登山者を迎えます。また、季節によってはシャクナゲや草花の美しい姿も魅力のひとつです。

甲武信ヶ岳登山の難易度は?日帰り登山?テント、山小屋情報

甲武信ヶ岳の日の出
出典:PIXTA
甲武信ヶ岳の登山ルートは、長野県側「毛木平ルート」と山梨県側「西沢渓谷ルート」の2つがあります。
長野県側からアクセスする「毛木平ルート」は比較的初心者向けと言われ、早朝から行動開始すれば日帰り登山も可能です。ただし、関東方面からは登山口駐車場までの距離が長く、時間もかかります。
一方、山梨県側の「西沢渓谷ルート」は関東方面から登山口駐車場までアクセスしやすいのがメリット。しかし、毛木平ルートよりも登山行程が長く時間もかかるため、甲武信小屋で宿泊、またはテント泊する1泊2日の日程が一般的です。
甲武信ヶ岳登山道の看板
出典:PIXTA
甲武信ヶ岳の登山ルートは、登山目的や技術と照らし合わせ、余裕のあるルート選びと計画を立てることがポイント。しっかりとした準備と計画を立て、甲武信ヶ岳の頂上で待ち受ける43座の絶景を味わいましょう!

甲武信ヶ岳の天気

安全な行程と絶好の景色を楽しむためにも、事前に甲武信ヶ岳の気象情報をチェックしましょう。

Tenki.jpで甲武信ヶ岳の天気を調べる

甲武信ヶ岳の2つの登山コース

甲武信ヶ岳山頂
出典:PIXTA
ここでは代表的な2コースについての詳細を紹介していきます。

①長野県側(毛木平)ルート|甲武信ヶ岳の日帰りルート

甲武信ヶ岳の日帰りルート
距離コースタイム標高差日程難易度
約14.2km約7時間10分約1000m日帰り
毛木平(100分)→ナメ滝(80分)→水源地標(55分)→甲武信ヶ岳(35分)→水源地標(70分)→ ナメ滝(90分)→毛木平

登山初心者から中級ステップアップとしても人気のルート。早朝から行動すれば日帰りでの往復も可能です。まずはスタート地点の毛木平駐車場から登山道まで林道をおよそ15分歩きます。 登山道から千曲川の源流に沿って90分ほど進むと、透き通る流れのナメ滝に到着。
甲武信ヶ岳 ナメ滝
出典:PIXTA
ナメ滝を通過して、ゆっくりと高度を上げながらさらに進みます。沢沿いは涼しく、季節によって草花が多く楽しめますが、濡れた岩や木の根が滑りやすいので注意が必要です。千曲川水源地標周辺からさらに高度を上げ、30分ほどで国師ヶ岳との分岐点に到着。甲武信ヶ岳 沢沿いの道
出典:PIXTA
稜線を歩き進むと、甲武信ヶ岳の山頂が少しずつ近づいてきます。 最終部の岩場を登れば甲武信ヶ岳の山頂に到着、天気がよければ絶景のパノラマが迎えてくれます。
絶景の甲武信ヶ岳
出典:PIXTA

②山梨県側(西沢渓谷入口)ルート|甲武信ヶ岳の通常1泊2日ルート

甲武信ヶ岳の通常1泊2日ルート
距離コースタイム標高差日程難易度
約14.3km約9時間25分約m1泊2日★★
西沢渓谷入口(30分)→西沢山荘(140分)→新道分岐(140分)→甲武信小屋(20分)→甲武信ヶ岳(15分)→甲武信小屋(100分)→新道分岐(90分)→ 西沢山荘(30分)→西沢渓谷入口

東京・関東方面からアクセスしやすい山梨県側の西沢渓谷ルートです。行きのコースだけでも5時間30分ほど時間がかかるため、計画的に日帰り行程にトライする健脚登山者をのぞき、甲武信小屋周辺で宿泊する1泊2日の行程が一般的。まずは整備された歩きやすい道からスタート。西沢山荘の脇から徳ちゃん新道へ進みます。
徳ちゃん新道
出典:PIXTA

徳ちゃん新道から傾斜がきつくなり急登になります。樹林帯が多く、途中に展望がよいスポットは少ないですが、5月末~6月頃にかけてシャクナゲの花々も見ることができます。
シャクナゲの花
出典:PIXTA
約2時間20分ほど歩くと甲武信小屋に到着。ここから甲武信ヶ岳山頂までもうすぐ。最終部の岩場を慎重に登り、山頂からの絶景を味わいましょう。
甲武信ヶ岳山頂に続く道
出典:PIXTA
1泊2日の行程なら甲武信小屋に宿泊、またはテント泊するのが一般的です。宿泊利用する場合は、甲武信小屋へ事前に予約連絡を入れましょう。
【山小屋情報】
甲武信小屋
出典:PIXTA
甲武信小屋
営業期間:GW~11月30日
連絡先:〒369-1901 埼玉県秩父市大滝3638-8
TEL:090-3337-8947
料金
1泊2食付き8,100円
素泊まり5,500円
テント場利用料1張500円+1人500円=1,000円
夕食のみ、朝食のみ応相談
甲武信小屋

山と高原地図 金峰山・甲武信 2017

「山と高原地図」シリーズは発売以来40年以上も愛用されている登山・ハイキング用の地図です。水にぬれても破れにくい耐水性紙素材を使用。登山コースには目安となるコースタイムも掲載されています。
山と高原地図 金峰山・甲武信 2017 (登山地図 | マップル)
ITEM
山と高原地図 金峰山・甲武信 2017 (登山地図 | マップル)

甲武信小屋登山口へのアクセス・駐車場情報

甲武信ヶ岳登山のスタート地点となる毛木平、西沢渓谷の2つの登山口アクセスを紹介します。

長野県側:毛木平駐車場|アクセス・駐車場情報

【車でのアクセス】
・関越自動車道「須玉IC」から-毛木平駐車場(約80分)
・上信越自動車道「佐久IC」から-毛木平駐車場(約110分)
【駐車場】
・無料、約60台駐車可能。トイレあり
【公共交通機関でのアクセス】
・JR小海線信濃川上駅下車。川上駅より川上村営バス乗車(約25分)→梓山バス停下車(550円)。梓山バス停より徒歩60分
※運行時間、情報は川上村村営バスをご確認ください。
川上村営バス時刻表・料金はこちら

山梨県側:西沢渓谷駐車場|アクセス情報

【車でのアクセス】
・中央自動車道「勝沼IC」から-西沢渓谷駐車場(約60分)
【駐車場】
・無料、約60台駐車可能。トイレあり
・混雑時には「道の駅みとみ」北側駐車場、約200台駐車可能。※紅葉時期のみ有料トイレあり
【公共交通機関でのアクセス】
・JR山梨市駅下車。山梨駅から山梨交通バス乗車(約60分)→西沢渓谷入口バス停下車
※運行時間、情報は山梨交通バスをご確認ください。
山梨交通HPはこちら

甲武信ヶ岳登山とあわせて楽しみたい!帰り道の温泉情報

平ヶ岳 温泉 甲武信ヶ岳の帰り道にある日帰り温泉をピックアップ!どちらのルートも登山口駐車場から車で約30分以内でアクセスでき、利用料金もリーズナブル。甲武信ヶ岳登山とあわせて、ぜひ立ち寄ってみてください!

長野県側:毛木平ルートの温泉

・ヘルシーパークかわかみ
川上村が運営する「ヘルシーパークかわかみ」は、毛木平駐車場から約25分の距離にあります。喫茶も併設されており、周辺の登山やトレッキングで訪れた人にも人気の温泉です。
住所:長野県南佐久郡川上村原312
TEL:0267-97-3600
料金: 高校生以上300円、小・中学生200円
営業時間:10時30分~20時(第2、第4火曜日は12時~20時)
休館日:月曜日(祝日の場合、その翌日)、祝日の翌日(連休の場合、連休明けの日)、12月29日~1月3日
ヘルシーパークかわかみ 詳細はこちら

また、「ヘルシーパークかわかみ」のすぐ近くにあるスーパー「ナナーズ川上店」は食料品とあわせて、アウトドアショップ「カラファテ 川上店」も併設されているのでとても便利!
ナナーズ/川上店 詳細はこちら
カラファテ/川上店 詳細はこちら

山梨県側:西沢渓谷ルートの温泉

みとみ笛吹の湯
公営の日帰り入浴施設「みとみ笛吹の湯」は、西沢渓谷駐車場から山梨市方面に車で約25分ほどの場所にあります。アルカリ性の露天風呂でゆっくりと体を癒やして帰るのもいいですね!
住所:〒404-0204 山梨県山梨市三富下釜口447
TEL:0553-39-2610
料金: 大人510円(12歳以上)、子供200円(6~11歳)
営業時間:10:00~20:00
休館日:毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始

みとみ笛吹の湯 詳細はこちら

甲武信ヶ岳から広がる43座のパノラマをあなたも!

甲武信ヶ岳の絶景
出典:PIXTA
登山ルートを選ぶことで難易度、日程や楽しみ方を選べる甲武信ヶ岳。稜線と頂上の絶景は、きっと思い出に残る景色になるでしょう。しっかりと計画をたて、ぜひ「甲武信ヶ岳」へ訪れてみてくださいね!

紹介されたアイテム

山と高原地図 金峰山・甲武信 2017 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 金峰山・甲武信 2017 (登山地図 | マップル)

¥1,080 税込

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

甲武信ヶ岳の景色
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
小林 真先
小林 真先

長野在住、クライミング・ボルダリング好きのフリーライターの小林真先です。アウトドアとギア、ガジェットも大好き。皆さんのたのしい思い出に役立つ情報を発信していきます!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!