初心者でも気軽に行ける!北アルプスの絶景紅葉スポット8選

本格的な登山のイメージが強い北アルプスですが、実は手軽に行ける紅葉スポットもたくさんあります。今回は観光客から登山初心者まで足を踏み入れられる北アルプスのお手軽紅葉スポットをご紹介します。


北アルプスは日本有数の絶景紅葉スポット

涸沢カール
地形や気候の変化に富んだ北アルプスは、植生のバリエーションがとても豊かで、麓や街では見ることのできない木々が分布しています。また、日照時間や昼夜の気温差など、葉が綺麗に色づく好条件も北アルプスには揃っています。標高の高いところから麓にかけて寒冷になるにしたがい、紅葉が美しいグラデーションを描き出します。

おすすめの時期は?

標高の高さと緯度によって見ごろは変わる

立山
北アルプスには2000mを超える高山帯から1700m以下の山地帯まで幅広い植生があります。高山帯ではダケカンバやナナカマドが、亜高山帯や山地帯ではコハウチワカエデ、ミネカエデ、ブナなどが色づきます。紅葉の見ごろは9月の中旬から10月中旬あたりですが、紅葉スポットの標高や、南北の緯度の違いによってさまざまです。

おすすめの服装は?

秋山の服装
北アルプスは9月に入ると一気に冷え込みます。例えば有名紅葉スポットの北アルプス南部涸沢カール(約2300m地点)における、9月の平均気温は9.6℃、これは東京の12月の平均気温と同程度です。低山に行くよりもしっかりとした防寒を心がけてください。また、涸沢など一部では降雪の可能性もあります。防寒着などの装備は気温・気候を鑑みて準備を忘れないようにしましょう。

アウターレイヤー
防風機能、防水機能を備えたアウタージャケットもしくはレインウェア、必要応じてダウンジャケットなど

ミドル・インナーレイヤー
ミドルレイヤーには厚手のフリースやウール製品を、インナーレイヤーには透湿性の高いものを着用してください。

パンツ、その他
パンツは秋冬用をチョイス、タイツなどがあると安心。また防寒用のニット帽や、手袋などもお忘れなく。

代表的な紅葉スポットの平均気温

防寒対策
上高地バスターミナル(標高1504m)
9月:14℃
10月:7.4℃

乗鞍観光センター(標高1512m)
9月:14℃
10月:7.5℃

涸沢ヒュッテ (標高2309m)
9月:9.6℃
10月:2.8℃
気温データ参照:ヤマレコ

観光客気分でも気軽に行けるスポット5選



本格的な登山の服装でなくとも、防寒対策さえしていれば公共の交通機関で気軽にアクセスできるおすすめの紅葉スポットをご紹介します。日帰りでも十分楽しむことができますよ。

立山黒部アルペンルートの紅葉

立山の紅葉
長野と富山を結ぶ山岳観光ルートの立山黒部アルペンルートは、麓から高地まで数多くの紅葉の名所を経由します。とりわけ美しい室堂平から眺める立山の紅葉。そして、豪快な黒部ダムの湖越しに広がる山々の紅葉です。アルペンルートまでは長野県側は扇沢駅、富山県側は立山駅まで各交通機関でアクセスしてください。

欅平の紅葉

欅平
日本有数のV字峡谷を走る黒部峡谷トロッコ電車に乗って美しい紅葉を楽しみませんか?宇奈月駅から出発、美しい黒部川を眼下に揺られること約1時間20分で欅平駅に到着です。高さ34mの奥鐘橋から望む猿飛峡の美しい峡谷を染める紅葉は見事の一言です。車の場合は黒部ICから、電車の場合は富山地方鉄道の宇奈月温泉へアクセスしてください。

上高地の紅葉

上高地
日本を代表する山岳リゾートの上高地。紅葉のシーズンともなれば多くの観光客が押し寄せる人気スポットです。梓川沿いには歩きやすい道が整備されており、大正池の鏡面のような水面に映った紅葉や、赤黄緑に彩られた穂高岳や焼岳の雄姿を遠望することができます。上高地へは車の場合は沢渡・平湯からタクシーやバスに乗り換え、電車の場合は松本駅か高山駅へアクセスしてください。

新穂高温泉の紅葉

新穂高温泉
温泉にゆっくりとつかりながら紅葉を楽しみたい、そんな方には新穂高温泉がお勧めです。新穂高の湯は渓流沿いにしつらえた野趣あふれる露天風呂です。また新穂高ロープウェイで2156mの展望台へ登れば、北アルプスの高山地帯の紅葉を安全に楽しむことができます。新穂高温泉へは車の場合松本ICか高山ICから、電車の場合は松本駅か高山駅からバスまたはタクシーで。

乗鞍岳の紅葉

乗鞍岳

北アルプス南端の乗鞍岳、その山頂は3026mですが、2702mの畳平までシャトルバスで行くことができます。畳平から三本滝までのエコーライン沿いは紅葉の名所として知られ、赤く色づくウラジロナナカマドやダケカンバの黄葉を車窓から楽しむことができます。乗鞍山頂(畳平)シャトルバスは10月末まで運行しています。

登山初級者でも行けるおすすめ絶景スポット3選

ここからは、登山初級者でも行けるおすすめ紅葉スポットをご紹介。あたり一面赤と黄色に囲まれた絶景の中で散策を楽しむことができますよ。ただし、紅葉の時期には降雪する可能性もあります。決して軽装ではなく、しっかりとした装備と体力で臨むようにしましょう。


涸沢カール

涸沢カール
北アルプス南部を代表する紅葉の名所が涸沢カールです。荒々しい穂高連峰の岩峰群を背景に、ナナカマドの紅葉、ダケカンバの黄葉、ハイマツの緑がモザイクを織りなしています。この涸沢カールまでは比較的安全に登ることができます。上高地から約15.5km所要時間は6時間余りです。宿泊は涸沢ヒュッテか涸沢小屋が良いでしょう。

白馬岳・栂池高原

栂池自然園
白馬岳の中腹に広がる栂池高原へはゴンドラとロープウェイを乗り継いで手軽に行くことができます。標高約1850mには湿原が広がり散策路が整備されています。10月上旬頃には、赤や黄色の紅葉が広がる湿原越しに冠雪した白馬岳や小蓮華岳が美しい山岳風景を作り上げています。栂池ゴンドラリフトまでは白馬大駅か、長野ICからアクセスしてください。

燕岳

燕岳
北アルプスの端燕岳(2763m)へは、長野県中房温泉から出発し、急登を4時間余り登ると表銀座縦走路の稜線に辿り着きます。ここに建つ大規模な山小屋が燕山荘、ここを拠点に紅葉を楽しむのはいかがでしょうか。ダケカンバの黄葉とハイマツの緑が鮮やかに稜線の周囲を彩ります。燕山荘では紅葉の時期「秋の紅葉とケーキフェア」を実施しています。

秋と紅葉のケーキフェア

北アルプスにしかない紅葉体験をあなたも

穂高連峰
誰もが知ってる紅葉の名所から、登山者だけが知ってる穴場まで、北アルプスの広いエリアには無数の紅葉スポットがあります。紹介したスポットはそのほんの一部です。雄大な山々を背景にした紅葉の絨毯や、赤や黄色の木々に囲まれて稜線歩きなど、あなたのベスト紅葉スポットを北アルプスで見つけてはいかがでしょうか。

北アルプスの紅葉は素晴らしい!

The Autumn leaves of the North Alps is Wonderful!


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

涸沢カール
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!