宝登山|四季の花々に冬の雲海。ロープウェイもある埼玉のハイキングスポット

2021/02/01 更新

ハイキング感覚で気軽に登れる、秩父の宝登山。497mの低山ながら、初春〜夏はとりどりの花、秋は紅葉、冬は幻想的な雲海と、自然の見どころが豊富。今回は花の見頃やおすすめのコース、ロープウェイや周辺の観光スポットなど、宝登山と長瀞を満喫するための情報を紹介します。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、山小屋営業ならびに交通状況などに変更が生じている可能性があります。 山小屋や行政・関連機関が発信する最新情報を入手したうえで登山計画を立て、安全登山をしましょう。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

宝登山ってどんな山?

出典:PIXTA
標高山頂所在地山域最高気温(6月‐8月)最低気温(6月‐8月)
497m埼玉県秩父郡長瀞町長瀞奥武蔵29.3℃14.1℃
参考:ヤマレコ
宝登山(ほどさん)とは標高497m、埼玉県秩父郡の長瀞(ながとろ)町と皆野町にまたがる山で、長瀞八景のひとつである「桜と梅と宝登の山」にも指定されています。

冬には雲海も!山頂から望む秩父連山

出典:PIXTA
標高は497mと高くはありませんが、山頂からは秩父の町並みや秩父連山、浅間連山などの素敵な景色を望むことができます。

特に晩秋〜初春にかけての早朝には、秩父盆地が雲海に覆われる幻想的な光景が見られ、人気です。

初春から初夏まで。見頃の花がいつもある!

宝登山のロウバイ園
出典:PIXTA
宝登山といえば、山麓の長瀞の桜にはじまり、蝋梅園や梅百花園など花どころとしても有名です。例年12月下旬からはじまる花の季節は長く、翌年6月ごろまで続き、登山者の目を楽しませてくれます。

下の表は宝登山で見頃を迎える花の一覧表。出かける際の参考にしてみてくださいね。

宝登山の花暦
作成:YAMA HACK編集部、出典:PIXTA、参考:宝登山ロープウェイ

レトロなロープウェイで気軽にアクセス!

宝登山ロープウェイ
出典:PIXTA
宝登山には山頂までロープウェイが設置されており、山頂駅から数分歩けば登山に自信のない人でも気軽に山頂に立つことができます。季節によっては目下に梅の花が咲き誇り、圧巻の景色が広がりますよ。

宝登山の天気

宝登山は標高はそこまで高くはありませんが、事前に天気を確認したうえで、安全に登山や観光を楽しみましょう。
てんきとくらす|宝登山
※登山指数を参考に、天気予報や天気概況などの情報も検討したうえで登山計画を立てましょう

宝登山のおすすめ登山ルート

宝登山登山中の画像
出典:PIXTA
宝登山の主な登山ルートを2つ紹介します。体力やスケジュールにあわせて登山ルートを選びましょう。

長瀞アルプスハイキングコース(野上駅〜長瀞駅)

合計距離: 8.63 km
最高点の標高: 490 m
最低点の標高: 139 m
累積標高(上り): 762 m
累積標高(下り): -758 m

【体力レベル】★★☆☆☆
日帰り
コースタイム:3時間30分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★☆☆☆☆
・歩きやすい靴と動きやすい服装が必要
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
 
ルート概要
野上駅(15分)→萬福寺(40分)→天狗山分岐(20分)→氷池分岐(10分)→野上峠(50分)→宝登山(60分)→宝登山神社(15分)→長瀞駅
 

宝登山山頂からの景色
出典:PIXTA
野上駅から出発し、萬福寺を経由して宝登山山頂に向かうコースです。

このルートは「長瀞アルプス」と呼ばれており、なだらかな尾根を歩き、2つの峠を越えながら宝登山を目指します。アルプスと名付けられていますが、のんびりとしたハイキングを楽しむことができます。

宝登山ハイキングコース(長瀞駅発着)

合計距離: 8.07 km
最高点の標高: 490 m
最低点の標高: 141 m
累積標高(上り): 669 m
累積標高(下り): -669 m

【体力レベル】★☆☆☆☆
日帰り
コースタイム:3時間5分
参考:ヤマプラ
【技術的難易度】★☆☆☆☆
・歩きやすい靴と動きやすい服装が必要
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
 
ルート概要
長瀞駅(30分)→氷池(20分)→氷池分岐(10分)→野上峠(50分)→宝登山(60分)→宝登山神社(15分)→長瀞駅
 

宝登山山頂からの眺め
出典:PIXTA
こちらは長瀞駅発着のルートになります。氷池分岐からは、野上駅出発ルートと同じコースを辿ります。長瀞アルプスコースに比べると、急登がやや少ないため、家族や親子での登山にもおすすめです。

登山口までのアクセス・駐車場情報


クルマの場合

宝登山ロープウェイの山麓駅に駐車場があるので、そちらに駐車して行動をするのが便利です。もしくは長瀞駅や野上駅周辺にはコインパーキングなどがあるので、そちらを利用することも可能です。


■宝登山麓駐車場
台数:約150台
トイレ:あり
料金:普通車500円(1日)

公共交通の場合

秩父鉄道「野上」「長瀞」駅が登山の起点となります。秩父鉄道へは都心の各線から乗り継ぎ可能です。

■乗り継ぎの一例
①西武線「池袋」駅→「西武秩父」駅下車→秩父鉄道「お花畑」駅まで徒歩10分、乗換→「長瀞」駅もしくは「野上」駅下車(土日祭は池袋駅から長瀞駅直通電車があります)
②東武東上線「池袋」駅→「寄居」駅下車、秩父鉄道に乗換→「長瀞」駅もしくは「野上」駅下車
③JR高崎線「熊谷」駅→秩父鉄道に乗換→「長瀞」駅もしくは「野上」駅下車

レトロかわいい!宝登山ロープウェイで山頂へ

宝登山ロープウェイ
出典:PIXTA
「ばんび号」と「もんきー号」と名付けられた愛らしいゴンドラが稼働する「宝登山ロープウェイ」。山麓駅から山頂駅までの全長832mを約5分間で結びます。春には桜、秋には紅葉の絨毯を登ることができ、車窓からの風景も見ものです。
長瀞駅から無料シャトルバスが出ています。運行時間はロープウェイ営業時間内(9:00〜17:00)となります。

ロープウェイの運賃表
区分片道運賃往復運賃
大人490円830円
小人250円420円
宝登山ロープウェイ|公式サイト

宝登山周辺のおすすめ観光スポット

宝登山の周辺には素敵な観光スポットやグルメなどがたくさんあります。宝登山ハイキングを楽しんだ後は、温泉やグルメ、観光スポットを堪能しちゃいましょう!

寳登山神社(宝登山神社)

宝登山神社
出典:PIXTA
110年に日本武尊が東征の際に山頂を目指し、神霊を祀ったことが創建の起原といわれる神社。社殿の欄間には数多くの彫刻が施されていて、鮮やかです。山麓のこちらには本殿、山頂には奥宮があります。ぜひお詣りしてみては。


寳登山神社|公式サイト

長瀞ラインくだり

出典:PIXTA
長瀞ラインくだりは創業100年以上と、歴史ある観光アクティビティで、ゆったりと船で流れるだけのイメージがありますが、急流スポットはとてもスリリングで、素敵な長瀞の自然や景観を同時に堪能することができます。
水量によって楽しみ方が変わる長瀞のライン下り、水量の多い日には迫力満点で川の力強さをダイレクトに感じることができ、水量が少ない時には、ゆったりと静かな長瀞の景色を楽しむことができます。

チケットの購入は長瀞駅近隣の販売所になりますが、乗船場(下船場)から無料バスが出ています。
住所:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞489-2(ラインくだり案内所)
電話:0494-66-0950(ライン下り案内所)
営業時間:9:00〜16:00
料金:Aコース(親鼻橋→岩畳)、Bコース(岩畳→高砂橋)は大人各1,800円。全コース(親鼻橋→高砂橋)は大人3,300円

 



秩父鉄道|長瀞ラインくだり

秩父温泉 満願の湯

満願の湯の画像
出典:満願の湯
秩父の四季折々の自然を心地の良い泉質と一緒に堪能することができる温泉施設です。すべての露天風呂から満願滝を眺めることができます。
露天風呂から望む奥長瀞の清流と満願滝は、温泉の効果も相まって、疲れた体を静かに癒してくれます。長瀞の素敵な四季を味わうことができる温泉施設です。
住所:埼玉県秩父郡皆野町大字下日野沢4000
電話:0494-62-3026
営業時間: 10:00~21:00(最終受付20:30)
休み:無休
料金:大人850円(土日祝1,000円)

 



満願の湯|公式サイト

阿左美冷蔵

阿佐美冷蔵のかき氷画像 阿左美冷蔵のかき氷は天然氷を使用。天然素材で作られた無添加シロップをかけて食べます。阿左美冷蔵は明治23年、天然氷を飲食店などに卸販売する蔵元として創業し、今も変わらない伝統製法により天然氷を製造し続けています。
おすすめの蔵元秘伝みつのかき氷は和三盆糖を煮詰めて作ったみつで、氷の味を引き立てるように上品で優しい味わいが口の中で広がります。
住所:埼玉県秩父郡皆野町大字金崎27-1
電話: 0494-62-1119
営業時間:10:00~16:30頃
休み:木曜

 



阿左美冷蔵|公式ブログ

宝登山で気軽に楽しくハイキング

宝登山山頂からの眺め画像
出典:PIXTA
宝登山にはロープウェイもあるので、初心者の方や体力に自信のない方も気軽に楽しくハイキングを楽しむことができます。また、登山ルートもいくつかあり、自分好みのルートを変更することにより、宝登山の花や動物、景色等の素敵な自然を堪能することができる登山スポットとなっています。

ITEM
山と高原地図 奥武蔵・秩父 武甲山
版社:昭文社
発行年月:2020年04月

関連記事


紹介されたアイテム

山と高原地図 奥武蔵・秩父 武甲山
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Ryo

旅行・写真が好きな神奈川在住のRyoです。写真を撮りながら旅行するのが好きで、1年に1度の海外旅行は欠かせません!近年はアウトドアの魅力に惹かれアウトドア初心者として勉強中。ライターとしても駆け出しですが、役立つ・使える情報を発信できるよう頑張ります!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」