【初心者向け】おすすめ登山(山岳)テント7選&選び方

2022/04/29 更新

登山用テントの選び方とおすすめを紹介!軽量なものやデザインがかっこいいものから、コスパが高く比較的安いものまで。モンベルなどの山岳テントの定番メーカーより、ソロテントと2人用テントを中心に、初心者にも使いやすい人気のモデルをピックアップしました

オートキャンプ用テントとの違いや各テントの特徴をチェックして、比較検討してみましょう。今年は山でしか味わえないキャンプの世界へ!

制作者

ライター

黒田猫太郎

近所の山から遠くの山まで、春夏秋冬、毎週のように山で遊んでいたら、いつの間にか25年、山歴だけは長くなってしまいました。山遊び経験を活かした様々なウェアやギアのレビュー、身近な山や自然の魅力を発信していきます。特に「くじゅう連山」や「脊振山地」あたりに出没中。

黒田猫太郎のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像出典:PIXTA

登山用テントとオートキャンプ用テント、違いはいったい何?

登山用のテントとキャンプ用のテントは、いったい何が違うのでしょう?

ずばり大きなポイントは、「重量」「機能」です。

登山用とオートキャンプ用テントのサイズ違い
撮影:YAMAHACK編集部(サイズ例:左/山岳用テント、右/オートキャンプ用テント)
オートキャンプは車で行くことができるので、多くの荷物を持っていけるのに対し、登山のキャンプでは装備をすべて自分で背負わなければなりません。

そのため、登山用のテントは「軽量かつコンパクト」であることがとても重要です。

出典:PIXTA
また、山は天候が変わりやすいもの。突然の気象の変化にも対応できるように、風雨に強い必要があります。ポールが丈夫、防水性・耐久性の高い素材を使うなど機能的でなければなりません。

というわけで、オートキャンプ用と登山用のテントは分けて考えましょう。

登山テントを選ぶ時の4つのポイント

穂高岳のテント場
出典:PIXTA
登山用テントといっても、様々なメーカーや種類があり、どれを選ぶか迷いますよね。選ぶ時に確認しておきたいポイントは大きく4つあります。

①収容人数は?

一緒に山に行く人数によって、何人用のテントが必要かが決まります。大人数(5~6人以上)で行くなら、大きなテントをひとつ持つより、2~3人用テントを複数持つほうが、荷物を分散できるのでおすすめです。

1人で使う場合はソロテント、または2人用を選んで、荷物を含めゆったりと使用するのも手です。

②テントのタイプは?

登山用テントには、大きく分けると、シングルウォールとダブルウォールという2種類のテントがあります。主流なのが、本体にフライシートをかけて使用するダブルウォールタイプ

防水性が高くなるのと、前室(土間)があり、荷物を置くことができるので、多くの登山者がこのスタイルです。初心者の方は、まずはダブルウォールタイプを選ぶことをおすすめします。

③使いたい季節は?

多くは、3シーズン使用できるタイプ。オプションでギアを買い足せば冬山(雪山)でも使用可能です。夏山をメインに使用したいなら、通気性のよいテントや、防虫ネットが入口についているテントを選ぶのもよいでしょう。

④どこで買う?

Mt.石井スポーツやカモシカスポーツ、好日山荘、さかいやスポーツなどの登山用品全般を販売するお店には、登山経験の豊富なスタッフが在中。相談しながら自分の登山スタイルに最適なテントを選ぶことができます。

▼登山用テント選びのポイントをもっと詳しく

ファーストテントとして定評あり! 初心者におすすめの登山テント

多くの登山者に支持されている、はじめてのテントとして定番人気の登山テント7モデルをメーカー別に紹介します。

アライテント | エアライズ & トレックライズ

アライテント エアライズ
撮影:橋爪 勇志(エアライズ 2)
日本国内で熟練の職人が作りだす、代表的な山岳テントメーカー「アライテント」。ヒマラヤから低山、プロから初心者まで幅広く利用されています。

その代表作が、エアライズやトレックライズシリーズ。エアライズでは、東レ製の「ファリーロ』中空糸(糸の中に空気を含ませる)」を本体に使用し、テントの軽量化を実現。「人力移動」のためのコンパクトなテントをコンセプトに、不必要な要素は削ぎ落としつつ快適さを求めています。


【総重量:約1.77kg】エアライズ 2(2人用)
3シーズンをベースに、豊富なオプションを使用すれば年中使えるテントです。主要な縫製部分はすべて専用のシームシーリングテープで防水加工されています。
ITEM
アライテント|エアライズ 2
【重量】1550g(本体+フレーム+フライシート)、約220g(ペグ+張り綱)
【サイズ】間口130×奥行210×高さ105cm

山歴40年以上の先輩にすすめられてこちらを購入。「20年くらい使ってるけど全く問題なし」と太鼓判でした。思ったより軽く、女性一人でも組み立ては簡単でした。どこのテント場でデビューさせようか、目下思案中。


▼エアライズの詳細はこちらの記事もチェック



【総重量:約1.68kg】トレックライズ 1(1~2人用)
3シーズン用の軽量テント。エアライズの設営の簡単さを受け継ぎ、それでいて十分な居住性が確立されています。
ITEM
アライテント|トレックライズ 1
【重量】1460g(本体+フレーム+フライシート)、約220g(ペグ+張り綱)
【サイズ】間口210cm×奥行110cm×高さ105cm (前室張出45cm)

エアライズ1よりも広いのに重さは+60g
これまで、テント縦走にはもっぱらエアライズ1を使用してきました。収納サイズがコンパクトなうえ、出入り口が短辺方向なので、混雑したテン場でも設置しやすく、特に不満はありませんでした。でも、最近はあまり登山者に出会わないマイナーなルートや、混雑しないテン場を好んで使うようになり、出入り口が長辺方向にあって開放的で出入りがしやすい、こちらのモデルを追加購入しました。エアライズ1よりも広く、高さもあり、居住性にとても満足しています。しかも、本体重量を実測してみると、エアライズ1よりも60g重いだけです。そのため、最近はもっぱらこのテントの利用が多いです。なお、これまで他の軽量テント(ニーモLSなど)も使用してみましたが、グラウンドシートが薄く、別途保護用シートが必要で、結果的にトレックライズと重量差はほとんどありませんでした。トレックライズはグランドシートが40dnと充分厚く、防水処理もされているので、通常使用では、追加の保護シートの必要を感じません(一応、購入してはありますが、最近は、物入に入れたままです)。


▼トレックライズの詳細はこちらの記事もチェック



モンベル | ステラリッジテント

モンベルステラリッジ
撮影:橋爪 勇志(ステラリッジ2)
日本を代表する山岳メーカー「モンベル」。1秒でも早く設営でき、1gでも軽く、という考えをもとに作られたオリジナルのステラリッジテントは、軽量・高機能・良心的な価格で、長年多くの登山者に親しまれてきています。

引き裂き強度に優れる「バリスティック・ナイロン」を使用し、薄くても強度は抜群。ポールに樹脂パーツで本体を引っかけるだけで固定されるので、強風時でも1人で簡単に設営できます。

フライシートは別売りで、4色から選べます。防寒防風性を高めた積雪期用のフライシートも展開。


【総重量:約1.00kg】ステラリッジ テント1(1人用)
モンベル ステラリッジ テント1 本体
出典:モンベル

【重量】0.80kg(1.00kg)
※本体重量はポール、レインフライ(別売)を含む重量です。( )内はペグ、張り綱、スタッフバッグを含む総重量です。
【サイズ】間口90cm×奥行210cm×高さ105cm

 

モンベル|ステラリッジ テント1 本体モンベル|ステラリッジ テント1 レインフライ


【総重量:約1.43kg】ステラリッジ テント2(2人用)
ステラリッジ2
出典:モンベル

【重量】1.23kg(1.43kg)
※本体重量はポール、レインフライ(別売)を含む重量です。( )内はペグ、張り綱、スタッフバッグを含む総重量です。
【サイズ】間口130cm×奥行210cm×高さ105cm

 

モンベル|ステラリッジ テント2 本体モンベル|ステラリッジ テント2 レインフライ


【総重量:約1.75kg】ステラリッジ テント3(3人用)
ステラリッジテント3
出典:モンベル

【重量】1.55kg(1.75kg) 
※本体重量はポール、レインフライ8別売)を含む重量です。( )内はペグ、張り綱、スタッフバッグを含む総重量です。
【サイズ】間口180cm×奥行210cm×高さ110cm

 

モンベル|ステラリッジ テント3 本体モンベル|ステラリッジ テント3 レインフライ
 
▼ステラリッジの詳細はこちらの記事もチェック



NEMO(ニーモ) | アトム2P

ニーモアトム2P
撮影:橋爪 勇志(アトム2P)
イワタニ・プリムスが取り扱う、アメリカのアウトドアブランド「NEMO(ニーモ)」。最先端の生地とパーツを使用し、強度と軽量さの両立を実現したテントが揃います。

アトム2Pはエントリーモデルとして定番人気。初めてテントを購入するユーザーでも戸惑わないシンプルな構造のテント。素早く設営でき、居住空間はゆとりがあるうえ、広い前室が特徴です。

【最小重量:約1.28㎏】アトム1P(1人用)
ITEM
ニーモ|アトム1P
【最小重量】1.58kg
【サイズ】間口210×奥行き90×高さ105cm(前室奥行き60cm)

初めてのテント購入でした。 先日、早速使いましたが設置もし易いところが良くて全体的には満足です。 夜、少し雨が降りましたが寝てる間に短辺側の足元に結露?があり、少しシュラフが濡れていました。短辺側フライシートの裾が高いところは結露し易いかも知れません。




【最小重量:約1.58㎏】アトム2P(2人用)
ITEM
ニーモ|アトム2P
【最小重量】1.58kg
【サイズ】間口213×奥行き130×高さ112cm(前室奥行き60cm)

初めてのテントでしたが、簡単に張れました。コレから山でガンガン使って行きたいと思います。


▼アトムの詳細はこちらの記事もチェック



ダンロップ | VS

ダンロップVS-20
撮影:橋爪 勇志(VS-20)
メイド・イン・ジャパンのダンロップのテント。その中でVSシリーズは、生地の耐久性を重要視しながらも、シンプルで軽量、コンパクトさを追求したオールシーズン使用できる点が人気。長年使い倒せるテント、というコンセプトを元に開発されています。

濡れてもすぐに乾き、重くなりにくいのが特徴。センターハブ(天頂部のポール交差部分)が横風によるテントの揺れを軽減します。2人用以上は、入口が片面のタイプと両面のタイプや、間口が広いロングタイプも展開しています。

【総重量:約1,77kg】VS-12(1人用)

ITEM
ダンロップ|VS-12(1人用)
【総重量】1.77kg
【サイズ】間口205×奥行き90×高さ100cm

コンパクトで軽量で登山用キャンプで使用します。設営も簡単で、広さも満足しています。




【総重量:約1.87kg】VS-22(2人用)
ITEM
ダンロップ|VS-22(2人用)
【総重量】1.87kg
【サイズ】間口205×奥行き120×高さ100cm

シンプルでカッコいい。性能はこれから見て行きますがとにかく大人向けの良いテントです。なにはともあれアフターもしっかりしている日本製が一番です。




【総重量:約2.10kg】VS-22A(2人用・両入口)
ITEM
ダンロップ|VS-22A(2人用・両入口)
【総重量】2.10kg
【サイズ】間口205×奥行き120×高さ100cm



【総重量:約2.18kg】VS-22TA(2人用・両入口・ロング)
ITEM
ダンロップ|VS-22TA(2人用・両入口・ロング)
【総重量】2.18kg
【サイズ】間口225×奥行き120×高さ100cm

バイクでソロキャンプ用に購入しました。軽くてコンパクトなのでツーリングキャンプには、ピッタリのテントです。信頼のダンロップ製なので骨組みもしっかりしています。少し長めなので枕元や足元に荷物が置けるので2人でも寝れそうです。写真では分かりにくいですが、両側にメッシュなので夏場でも風通しが良いと思います。



▼ダンロップのテントの詳細はこちらの記事もチェック



ファイントラック | カミナドーム

ファイントラック カミナドーム
撮影:橋爪 勇志(カミナドーム)
日本の繊維技術をふんだんに取り入れた4シーズン対応テント。張力の各辺に強靭な素材のダイニーマ®テープを縫い込むことにより、テント全体の強度を上げています。

【重量:約1.46㎏】カミナドーム1(1人用)

ITEM
ファイントラック|カミナドーム1
【総重量】1.28kg
【サイズ】間口205×奥行き90×高さ100cm

はじめてのキャンプ泊に挑戦しようと、テントの購入を決意。いろいろと情報を集め、AテントさんとMさんとカミナドームで迷いました。カミナドームが1番お値段的に高かったので、、、で、今、とても満足しています。設置も簡単でコンパクトで軽い、ですが、中に入ると高さがあるので狭さを感じません。1.5人用のテントの方が使い勝手がいいと言う意見も聞きますが、私はこれで充分です。コンパクトと軽さを重視するなら。




【重量:約1.46㎏】カミナドーム2(2人用)
ITEM
ファイントラック|カミナドーム2
【重量】1,46kg
【サイズ】間口212×奥行き130×高さ105cm

憧れのテント泊
どこのテントにしようか迷いましたが
このテントにして大正解でした。
軽さ 広さ 使いやすさ 全て大満足です。
テント泊が楽しみです。



▼カミナドームの詳細はこちらの記事もチェック


ヘリテイジ|エスパース

エスパース デュオ アルティメイト
撮影:橋爪 勇志(エスパース・ デュオ アルティメイト)
2本のポールを交差させることにより、ドーム型で自立性のあるテントとして1970年に登場したエスパース(フランス語で“宇宙空間”という意味)。それまでの自立性のないテントとは違い、居住性、収納性、重量を劇的に改善しました。

その後も、改良が繰り返され、山岳テントの代名詞とまで言われる存在に。「シンプルなフレーム構造で高い剛性」を基本設計とし、理想の山岳テントを目指し続けています。

グランドシートとレインフライはPU防水加工済み。あわせて撥水処理がなされているので雨対策は万全です。ポールは軽量で丈夫なDAC製アルミ合金中空ポールを採用しています。

【総重量:約1.65kg】エスパース デュオ アルティメイト(1~2人用)
エスパース・ デュオ アルティメイト

【重量】1.55kg(本体、フライ、ポール、張り綱、収納ケース)、0.10kg(ペグ)
【サイズ】間口210×奥行き130×高さ115cm(内寸高110cm)

 

ヘリテイジ|エスパース デュオ アルティメイト

お気に入りのマイホームを手に入れて、テント泊を楽しもう!

ソロテントでテン泊 撮影:YAMAHACK編集部
「山での時間をもっと楽しみたい!」 そう思ったら、まずはハイキングで足慣らしと充分な体力をつけて、登山経験者とともにテント泊をしてみましょう。雲海から浮かぶご来光や、山々の絶景をテントから眺めるのは至福の時間。また、荷物を背負って歩いてきているので、達成感も格別。思い出深い登山になりますよ!

テント泊登山を楽しもう!



登山初心者がまず準備するべき服装&持ち物

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」