「モカエキスプレス」の簡単・正しい使い方4ステップ!本格的なコーヒーでホッと一息

2022/05/30 更新

マキネッタの代表的ともいえるBIALETTIの「モカエキスプレス」。このマークを見た事ある人も多いのではないでしょうか。そんなモカエキスプレスの使い方やお手入れ方法、また、IHユーザーも嬉しいIH対応モデルまで、さまざまな製品を紹介します!家でも素敵時間を過ごせるアイテムを手に入れましょう。

制作者

YAMA HACK編集部 川尻

YAMAHACK運営&記事編集担当。長野県長野市生まれ。小さい頃から休みのたびに家族でアウトドアを楽しみ、自然に触れて育ってきました。たくさんの人達に山の魅力を伝え、ワクワクするようなメディアを作っていきたいです。

YAMA HACK編集部 川尻のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像撮影:YAMA HACK編集部

「モカ エキスプレス」とは、ビアレッティ社の商標

マキネッタ 種類
撮影:YAMA HACK編集部
手軽にエスプレッソを抽出できる器具「マキネッタ」。水を沸騰させ、その気圧を利用してコーヒーを抽出する直火式のエスプレッソメーカーのことを指します。
多くのメーカーから発売されていますが、その中でも有名な「モカ エキスプレス」は、イタリアにあるビアレッティ(Bialetti)という会社の商標です。

ビアレッティ モカエキスプレス
撮影:YAMA HACK編集部
このマークがあまりにも有名なので、「マキネッタ=モカエキスプレス」と思っている人も多いのではないでしょうか。
簡単に本格的なエスプレッソを抽出できるため、自宅ではもちろんのこと、キャンプや登山などのアウトドアシーンでも愛用されています。

ビアレッティのモデルは大きく分けて3種類

モカエキスプレスの種類
撮影:YAMA HACK編集部
細かく紹介すると他にもモデルはたくさんありますが、大きく分けると3つ。
左から、一番定番の「直火式モカエキスプレス」、IH対応の「モカ インダクション」、より濃厚なクレマ(※)が楽しめる「ブリッカ」です。
※エスプレッソの液面に浮かぶ、キメ細かい泡
基本的な使い方は一緒なので、シーンによって使い分けてください。

基本的にはIH不対応。IHは専用のエスプレッソメーカーを

モカインダクション
撮影:YAMA HACK編集部
直下式は基本的にIH調理器では使えないため、IH対応の「モカ インダクション」を使用してください。
IH調理器に”ラジエントヒーター”という、赤く光って発熱する調理器が併設されているものについては、どの種類でも利用が可能です。

モカ エキスプレスの使い方

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

撮影:YAMAHACK編集部
モカエキスプレスは5つのパーツからできています。パッキンとフィルターはサーバーにセットして使います。構造もシンプルで簡単ですね。
モカエキスプレス 構造 作成:編集部
画像のA部分であるタンクの水が沸騰すると、お湯が上流してコーヒーの粉が入っているB部分のバスケットを通ります。この流れでCのサーバーにコーヒーが出てくる仕組みです。

モカエキスプレス 抽出手順

slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

①タンクに水を入れる:側面にある安全弁の下までが目安です。
②ろうとをタンクにセットし、コーヒーの粉を入れる
③サーバー部をとりつける:しっかりと固定されるまで閉めましょう。
④火にかけて抽出されるまで待つ:中火で沸騰させましょう。五徳の方が大きい場合は、サポートリングを使うのがおすすめ。
数分後、ポコポコ音がしてきたらOK!

コーヒー豆は「細挽き」

コーヒー豆 中挽きと細挽き
撮影:YAMA HACK編集部(左/細挽き、右/中挽き)
写真左が深煎りの細挽き、右が浅煎りの中挽きのコーヒー豆。モカエキスプレスに使うコーヒー豆は、必ず「細挽き」。さらに深煎りの豆がおすすめです。
バスケットに入れた粉は、上から押さえつけないよう注意!
提供:BIALETTI

まずはこれから!直火式モカ エキスプレス

モカエキスプレス サイズ
撮影:YAMA HACK編集部(左から1cup用・3cup用・6cup用)
定番モデルのモカ エキスプレスは、サイズ展開が豊富!1・2・3・4・6・9・12・18cup用と、実に8サイズ展開。
使う人数によって使い分けできるのがいいですね。

モカ エキスプレス 1cup用

サイズ:約7x13x13.5cm
重量:約240g





モカ エキスプレス 2cup用

サイズ:約8x14x14.5cm
重量:約290g





モカ エキスプレス 3cup用

サイズ:約9x16x16.5cm
重量:約380g





モカ エキスプレス 4cup用

サイズ:本体約9.5x16.5x18.5cm (化粧箱約11x14x20cm)
重量:約460g





モカ エキスプレス 6cup用

サイズ:約10.5x18.5x21cm
重量:約560g





モカ エキスプレス 9cup用

サイズ:約11.5x20.5x24cm
重量:約760g





モカ エキスプレス 12cup用

サイズ:約13.5x22x28.5cm
重量:約1000g





モカ エキスプレス 18cup用

サイズ:約13.5x22.5x32cm
重量:約1180g

「モカ エキスプレス」をホームページでチェックする

より味わい深い直火式コーヒーメーカー「ブリッカ」

ブリッカ
撮影:YAMA HACK編集部
「やっぱりクレマがないと!」というこだわり派の人にオススメなのが、このブリッカ。クレマに覆われたエスプレッソにフォームミルクをそっと注ぎ入れれば、ふんわりラテアートができるかも。カフェタイムを一層盛り上げる一品です。

ニューブリッカ 2cup用

サイズ:約16 x 9.5 x 15.5cm
重量:約480g

材質
本体:アルミ合金、ハンドル:フェノール樹脂、パッキン:シリコン





ニューブリッカ 4cup用

サイズ:約19 x 10.5 x 19.5cm
重量:約700g





レッド ブリッカ 4cup用

サイズ:約19 x 10.5 x 19.5cm
重量:約700g

「ブリッカ」をホームページでチェックする

IHでも使える「モカ インダクション」

モカインダクション
撮影:YAMA HACK編集部
IH調理器が増えてきている昨今。「私は使えない…」と思っていた方には嬉しいIH対応モデルの登場です。
デザインもスタイリッシュなので、インテリアとしてもお洒落!

もちろん直火でも使えるので、自宅でもアウトドアでもガンガン使えますね。

レッド モカ インダクション 4cup用

サイズ:約16x10x17cm
重量:約540g

材質
本体上部:アルミニウム合金
本体タンク:グラッド鋼(ステンレス鋼とアルミニウム合金)
フィルタープレート、フィルターバスケット:ステンレス鋼
パッキン:シリコーンゴム
ハンドル、ツマミ:ナイロン





ブラック モカ インダクション 4cup用

サイズ:約16x10x17cm
重量:約540g

材質
本体上部:アルミニウム合金
本体タンク:グラッド鋼(ステンレス鋼とアルミニウム合金)
フィルタープレート、フィルターバスケット:ステンレス鋼
パッキン:シリコーンゴム
ハンドル、ツマミ:ナイロン





レッド モカ インダクション 6cup用

サイズ:約19.5x11x21cm
重量:約670g

材質
本体上部:アルミニウム合金
本体タンク:グラッド鋼(ステンレス鋼とアルミニウム合金)
フィルタープレート、フィルターバスケット:ステンレス鋼
パッキン:シリコーンゴム
ハンドル、ツマミ:ナイロン





ブラック モカ インダクション 6cup用

サイズ:約19.5x11x21cm
重量:約670g

材質
本体上部:アルミニウム合金
本体タンク:グラッド鋼(ステンレス鋼とアルミニウム合金)
フィルタープレート、フィルターバスケット:ステンレス鋼
パッキン:シリコーンゴム
ハンドル、ツマミ:ナイロン

「モカ インダクション」をホームページでチェックする

山を感じるアルピナ

ビアレッティ アルピナ
撮影:YAMA HACK編集部
山にぜひ連れて行ってほしいデザイン「アルピナ」。 これ一つでコーヒーが抽出できる、さらに直火にかけるので熱々のコーヒーが飲める…実は登山にぴったりのコーヒーメーカーなんです。疲れ切った体に、贅沢な一杯を。

モカ アルピナ 3cup用

サイズ:約幅8.5 x 奥行き15 x 高さ19.5cm
タンク容量:約160cc
重量:約500g

材質
本体:アルミニウム合金、ハンドル:ナイロン樹脂、パッキン:シリコーンゴム

「アルピナ」をホームページでチェックする

お手入れも簡単!

モカエキスプレス パーツ
撮影:YAMAHACK編集部
お手入れも簡単なモカエキスプレス。食洗器は使わず、水または温水で洗ってから、よく乾かしましょう!
食用洗剤使用しても問題ありませんが、折角付いたコーヒーの香りなどを取り退くことになるので、お勧めはしていません!

また、しっかり乾かしてから保管してください。できれば保管する前にキチンペーパーなどで水滴まで拭き取ると、アルミ製品によく起こる黒変化現象の発生を防げます。
BIALETTI
BIALETTI

パーツも豊富なモカエキスプレス

パーツがダメになったら使えない…なんて悲しいことは避けたいですよね。
モカエキスプレスは交換できるパーツが豊富。しっかりメンテナンスをして、長く愛用しましょう!

サポートリング

サイズの小さいモカエキスプレスは、五徳の方が大きい場合も。その場合はサポートリングを使いましょう!

サポートリング(直火用 丸型)

直径:15cm
対応製品:
CLASS 2CUP・4CUP
MOKA 1CUP・2CUP・3CUP
VENUS 2CUP・4CUP
BRIKKA 2CUP

モカエキスプレス 1cup用 パッキン&フィルターセット

使いだすと毎日のことになるモカエキスプレスの使用頻度。高温、高圧での調理なので長期間使用すると次第にパッキンが劣化してきます。劣化したパッキンを使い続けると、圧力がうまくかからずに味が落ちたり、熱いお湯が漏れ出る原因となります。パッキンの予備は常に備えておきましょう。

モカ1cup用 パッキン1+フィルター1 セット

セット内容・・・パッキン1枚、フィルタープレート1枚
対応商品・・・モカエキスプレス1カップ

パッキン外径 :5.2cm
パッキン内径:4.0cm
フィルター直径:4.5cm

モカエキスプレス 1cup用 バスケット

エスプレッソを抽出するフィルターには細かい穴がたくさん。使用後に毎回洗浄していたとしても、少しずつ色が沈着し薄汚れてきてしまいます。フィルターの穴が詰まっていると抽出時の圧力にも影響が出るので、パッキン同様にいつでも交換できる準備をしておくと安心です。

モカ 1cuo用 バスケット(ろうと)

対応商品・・・モカエキスプレス

ろうと直径:4.5cm
ろうと高さ:4.8cm

他のパーツもしっかりサポート!こちらでチェック

手軽で簡単!美味しい「モカ エキスプレス」

登山 モカエキスプレス
撮影:YAMA HACK編集部
アウトドアで飲むコーヒーは格別。その味をより本格的に味わい深くさせてくれるのが、この モカエキスプレスです。
シンプルな構造で設置も簡単なうえ、使用後のお手入れも手間いらず。どこでも手軽にエスプレッソを楽しめることから愛用者が急増中。エスプレッソマシンに代わって導入する家庭も増えているようで、コーヒー好きにはたまらないアイテム!

登山では少し重すぎる…と思う方もいるかもしれないのですが、1cup用なら約240g。この重さで本格的なコーヒーが飲めるなら、山コーヒー器具の選択肢としてはアリ。絶景とともに、ぜひ香り豊かなコーヒータイムを!

モカエキスプレス以外のマキネッタはこちらからチェック


こちらの記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

モカエキスプレス サイズ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」