美味しさも、栄養も、ギュッと詰まった《OUTDOOR KITCHEN》山でも手軽にこだわり野菜を!

2021/08/10 更新

野菜好きのみなさん、山での食事はどうしていますか?今回は農園発、美味しい乾燥野菜を使った便利な《OUTDOOR KITCHEN》をご紹介します!軽くて、常温で衛生的に持ち歩ける絶品野菜料理を山の上で味わってみませんか?


アイキャッチ画像 撮影:akko_y

農園発、野菜の美味しい山ごはん

OUTDOOR KITCHEN
撮影:akko_y
神奈川県三浦半島にあるFAZELLO FARM(ファゼーロ農園)では、アウトドアでも手軽に野菜を食べて欲しいと言うコンセプトで、1食分の材料をオシャレにパッキングした《OUTDOOR KITCHEN》を生産しています。
山に野菜を持ってあがるって、なかなか難しいですよね?
しかも、農園直送のこだわり野菜。
野菜好きとしては、とっても気になります。

環境にも、カラダにも、農家にも優しい食事

OUTDOOR KITCHEN
出典:PIXTA
《OUTDOOR KITCHEN》は、こだわりの野菜を食べて欲しいと言うだけではなく、実は、いろいろな社会問題を解決するために誕生しました。
ファゼーロ農園の野菜たちは、栽培時農薬不使用で、肥料も極力減らした自然に近い方法で育てられています。大事に育てられた野菜は、カラダに優しく、旨味もいっぱい。
そして、運送などの無駄をなくすため、栽培から加工、パッキング、販売まで、全てを農園でおこなっています。

野菜の廃棄ゼロを目指して

OUTDOOR KITCHEN
出典:PIXTA
畑で収穫される野菜は、全てが美しく、均質なものではありません。
サイズが大きい、または小さいもの、カタチが曲がっているものなどは、味や栄養は同じでも全て規格外。市場へ出すことができず、多くは廃棄されてしまいます。
《OUTDOOR KITCHEN》には規格外となった野菜も使用し、生産者が一生懸命に作った野菜を無駄なく使い切るとともに、食品ロス問題にも取り組んでいます。

そんな環境にも、カラダにも、農家にも優しいOUTDOOR KITCHEN。では、気になるその中身をチェックしてみましょう!

とにかく軽くて、コンパクト

OUTDOOR KITCHEN
撮影:akko_y
透明なパックの中には、乾燥野菜と一緒に、米やパスタなどが収められています。
乾燥野菜だけあって、1人前100g前後ととっても軽い!1番軽い大豆ミートと夏野菜のカレーの具は、1人前わずか49gです。
自分好みで調味して使えるよう、調味料は入っていません。

OUTDOOR KITCHEN
出典:PIXTA
今回試したのは、リゾットとペンネ。
他にもカレーやスープがありますが、スープ以外は基本的に食材のみのセットで、調味料はお好みの物を使用する方式のよう。

不便なようにも感じますが、食材だけがセットされていると言うことは、工夫すれば他のお料理にも活用できると言うこと。
例えば、カレーの具材で中華丼や、同じリゾットでもピリ辛にしたり、チーズ風味にしたり…。

なんと言っても、嵩張って運びにくいカット野菜が種類豊富に組み合わせてあるのが、この製品の嬉しいポイントです。

1人分がメスティンにジャストフィット

OUTDOOR KITCHEN
撮影:akko_y
持ち運び時は、1人前パックがメスティンにピッタリ納まります。
OUTDOOR KITCHEN
撮影:akko_y
隙間に調味料も入るので、すっきりコンパクトに持ち運べます。もちろん、調理もメスティンがジャストフィット。
袋が少ししっかりしているため、このままだとバーナーヘッドなどを一緒に収納するのは少し難しかったですが、中身だけチャック付きポリ袋など移し替えるなど工夫すれば、バーナーヘッドやカトラリーも一緒に収納することも可能かもしれません。

実際に作って、食べてみた!

百聞は一見に如かず。ある日の山行途中のランチに、作って、食べてみました。
まずは作り方を簡単にご紹介します。

OUTDOOR KITCHEN
撮影:akko_y
①乾燥剤やルーなど、小袋に入ったものを取り出します。
OUTDOOR KITCHEN
撮影:akko_y
②その他の材料をメスティンに入れます。(フライパンなどでもOK)
OUTDOOR KITCHEN
撮影:akko_y
③水300ccを注ぎます。
OUTDOOR KITCHEN
撮影:akko_y
④オイル(約大さじ1)と塩(約小さじ1/4)を入れて加熱します。
OUTDOOR KITCHEN ⑤沸騰したら中火にし、ペンネやお米が良い硬さになるまで加熱します。途中で水分が減ってきたら、お水を足しましょう。
⑥最後にトマトルーを加え(トマトベースのもののみ)、味を調えたら完成です!

OUTDOOR KITCHEN
撮影:akko_y(上:トマトとキャベツのリゾット、下:きのこのペンネ)
今回は、トマトとキャベツ味、きのこ味、それぞれのペンネとリゾットを作ってみました。
味付けは、トマトとキャベツは塩と黒コショウで、きのこはガーリックパウダー、しょうゆ、塩、黒コショウ。粉チーズをふっても美味しそう!

とにかく美味しかったOUTDOOR KITCHEN

OUTDOOR KITCHEN
撮影:akko_y
乾燥野菜の味が濃くて、旨味、甘みがしっかりなことに驚きました。しかも、あまり期待していなかった食感も、何も言われず食べたら気付かないほどしっかり”野菜”でした。
一緒に食べたみなさんの感想で一番多かったのは、きのこの香りが良いこと。干してあることで、かえって風味が強くなっているのか、本当に香りとうまみがしっかりでした。
また、味はもちろんですが、他にも魅力的な点がいくつかありました。

作りやすくて失敗なし!

OUTDOOR KITCHEN
撮影:akko_y
すべてワンパックにまとまっているので、誰でも問題なく美味しく作れると思います!
同行者にも一緒に作ってもらいましたが、皆さん難なく良い感じに。山ごはん作り初心者にもおすすです。

この内容なら、価格も納得!

コンビニ弁当
出典:PIXTA
お値段は、1人前561~669円(税込)と、一般的なフリーズドライ食品と比較すると少し高いと感じる人もいるかもしれません。
しかしこの美味しさに加えてカラダにも優しいなら、満足価格ではありませんか?
自分で野菜をいろいろ用意して、カットして、保冷バッグに詰めて…と考えると、逆にお安く感じてしまうのは私だけでしょうか。

野菜好きなら試してほしい!

OUTDOOR KITCHEN
撮影:akko_y
自炊での山行、2日目以降の野菜をどうやって持って行くかがいつも課題になっていました。乾燥野菜も使っていますが、こんなに美味しいのははじめて、大満足の一品でした!山でも毎日野菜を食べたい人には、ぜひ試して欲しいです。
登山以外でも、突然の災害時にストックしておくのもおすすめ。非常食としては少し賞味期限が短めですが、山でも使いながらのローリングストックなら、楽しみながら備えもできておススメです!OUTDOOR KITCHEN

この記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

OUTDOOR KITCHEN
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
akko_y

兵庫県在住。ある日ふとテレビに映ったヒマラヤへ行きたくなり、山活をスタート。気付けば登山の魅力にどっぷりはまっておりました。ただいま登山ガイド修行中。まだまだ修行が足りませんが、皆さんと一緒に楽しみながら成長していければ幸いです。

  • COCOHELI ココヘリ入会金1000円OFF
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」