ザックの中身

◯泊◯日で◯◯山に行くとしたら…。登山者4名の「ザックの中身」を大解剖!

2021/07/29 更新

「あのザック、何が入ってるの?」……とすれ違う登山者を見て思ったことはありませんか? 今回は4名のまったく違うスタイルの登山者に「ザックの中身」を披露してもらいました。同じ1泊2日でも小屋泊とテント泊、街を経由するロングトレイル歩きと無補給アルプス縦走とでは、どれくらい荷物に違いはあるの?!

目次

アイキャッチ画像:PIXTA

たとえば◯◯岳に登るなら……。あなたは何を持っていく?

登山荷物イメージ

出典:PIXTA

同じ山に行くのでも、山行日程(日帰り・小屋泊・テント泊)や登山スタイルによって「ザックの中身」は大きく変わります。登山をしている時に「あの人のザックの中身って何が入っているんだろう……」と気になったことはありませんか?

今回は、山行スタイルの異なる4名の登山者にどの大きさのザックで何を持っていく?のモデルプランをインタビュー。その装備や山行を選んだ理由やこだわりの携行品を教えてもらいました。さっそくみなさんのザックをのぞいてみましょう!

38Lで1泊2日小屋泊|大好きな山小屋で快適に過ごす

yama_jyo_saoriさん

提供:@yama_jyo_saoriさん

都内で働く@yama_jyo_saoriさん。山へは日頃のリフレッシュに行くため、1泊2日の小屋泊でのんびり過ごすのが基本スタイル。日帰りでは味わえない山での夕焼け、星空、朝焼けを見るのが醍醐味だそうです。

燕山荘を選んだのは、小屋から見える夕焼けに赤く染まった燕岳に涙が出るほど感動したからといいます。小屋ではリラックスできるのか、夕飯ではつい炊きたての白米を2〜3杯もおかわりしてしまうのだとか。

今回のザックの中身には、山小屋で快適に過ごすヒントが詰まっていました。

38Lのザックの中身は…

yama_jyo_saoriさん荷物

提供:@yama_jyo_saoriさん

使用しているザックはオスプレー/ケストレル38。38Lであれば、今回の1泊2日小屋泊としては一般的なサイズです。

 

衣類個数
レインウェア(上下)1
フリースジャケット1
ダウンジャケット&パンツ1
Tシャツ1
靴下1
インナーウェア1
タイツ1
手袋/帽子各1
宿泊個数
インナーシュラフ1
1
カメラ関係個数
カメラ本体1
レンズ1
食品個数
携行食1食分
飲料水1.5L
小物類個数
ヘッドライト1
モバイルバッテリー1
ファーストエイドキット1
タオル・手ぬぐいなど1
洗面具・メイクなど1
保温ボトル1
コンパス1
サングラス1
ティッシュペーパー1
ウェットティッシュ(除菌ティッシュ)1
地図1
筆記用具1
熊鈴/ホイッスル各1
日焼け止め1
ゴミ袋1

こだわり①|締め付けNO!部屋着代わりの「メリノウール上下」

メリノウール

提供:@yama_jyo_saoriさん

登山中に履いている機能性タイツの締め付けからの解放と冷えの防止のため、小屋に着いたらすぐにメリノウールのインナーに着替え。肌に触れた時のさらさら、ふわふわした着心地がお気に入りで、夏は涼しく、冬は暖かく保ってくれるので1年中着ているとのことです。

こだわり②|安心の清潔感!「シルクライナー&エアー枕」

インナーシーツエアー枕

提供:@yama_jyo_saoriさん

山小屋の寝具は共用のため、やはり気になるもの。肌に触れるシーツ部分はシルクライナー(インナーシュラフ)、顔周りはエアー枕を持参することで安心してぐっすり眠るそうです。

こだわり③|乾燥対策も怠らず!「枕元の保温ボトル」

乾燥対策水筒

提供:@yama_jyo_saoriさん

小屋では空気が乾燥しやすいので、寝るときはお湯を入れた山専ボトルを枕元において、起きてすぐ飲めるように。保温ボトルなので、朝起きて寒い時にもすぐに温かいお湯が飲めるお助けギアです。

1 / 3ページ