念願のテント泊縦走!数々の”たまらない景色”を楽しむ「薬師岳」

2021/01/06 更新

登山女性向け情報ページ「POLE POLE」。そこで、山の魅力や楽しさを発信してくれる存在がアンバサダー。今回は、絶景の雪山写真を紹介してくれている<kumiru>さんの登場です。思い入れのある山や、チャレンジしたい山など、ひとりの女性登山者として山について、胸に思い描いていることをインタビューしました!


アイキャッチ提供:くみさん

山に登る理由は人それぞれ

立山 山に登る人は、初心者からベテラン、スタイルもきっかけも様々で、いろいろな人がいますよね。そして、その数だけ山へ登る理由や想い、楽しみ方も存在します。コロナウイルスでの自粛期間もあり、より山について考える時間も多かったのではないでしょうか。

YAMA HACKでは、これまでアウトドアに関わる多くの人達に、山への想いを聞いてきました。様々な人の話を聞くと、自分とは違う価値観や共感できるポイントだったり、新しい山の魅力を発見することができるかもしれません。

今回は、よりYAMA HACK読者に近い登山者「POLEPOLEアンバサダー」の方に、山への想いを聞いてみたいと思います。

「POLE POLE」アンバサダーってどんな人?

女性向け登山情報ページ polepole ポレポレ
『POLE POLE』とは女性のための登山情報ページ。登山が好きなすべての女性に、レベルや年齢にとらわれることなく自分らしく山を楽しんでほしい、そんな想いをカタチにする場所として2020年3月にOPENしました。

そのPOLE POLEで、女性ならではの視点で山の楽しさや魅力を発信してくれる存在がアンバサダーさん。自分らしく山を楽しみ、その思い出の詰まった写真などを投稿してくれています。

いつも見ているだけでワクワクする写真を投稿してくれるアンバサダーさんって、どんな人なんだろう?
普段なかなか聞くことのできない山への想いを聞いてみたい!

そんな訳で、「思い出の山」や「挑戦してみたい山」など山にまつわるお話を伺ってきました。

初めまして!POLE POLEアンバサダー<kumiru>さん

提供:くみさん(Instagram/kumiru
プロフィール|kumiruさん
名前:くみ 登山歴:3年 長野県出身。知人に山に誘われ山登りに行ったことをきっかけに、どっぷりと山にハマる。現在は、月に2〜3回、夏はテント泊縦走をメインに山を楽しむ。山でも街でも、オシャレ大好きな美容師。
山でも「自分らしくオシャレを楽しむ」をテーマに、登山を楽しむ写真を紹介してくれるハイカー女子のくみさん。
早速、大好きな山の話を聞いてみましょう!

私の大好きな山、それは「薬師岳」

提供:くみさん(美しい薬師岳のカール)

薬師岳
標高:2,926.1m
所在地:富山県
北アルプス北部・立山連峰の主要峰である薬師岳。その名の通り、薬師如来の浄土として昔から信仰されている。また、特別天然記念物として指定されている氷河地形「薬師岳圏谷(カール)」群を擁し、自然が織りなす絶景も楽しめる。
登山口までややアクセスしにくいが、山頂からの眺めも素晴らしい魅力あふれる山。

── 長野県出身ということで、元々、登山は身近なものでしたか?

kumiruさん
どちらかというと、昔は登山にあまりいいイメージはありませんでした。中学の学校行事として、強制的に登山をやらされるので。
中二の時には、木曽駒ヶ岳に登りました。

── その時は、どうでしたか?

kumiruさん
いやぁ、雨だったんですよ。景色なんて何も見えないし、辛くて早く帰りたかったことしか覚えてないです。
もちろん、その後は登山したいと思ったことはありませんでした。笑


── それはツライ記憶ですね。そこから、登山を始めたきっかけって何ですか?

kumiruさん
最初は、知人に誘われてお付き合いで、車山ハイキングと翌日に木曽駒ヶ岳へ行きました。しかも木曽駒ヶ岳は、また雨…。笑


── またしても、雨!イヤにならなかったですか?

kumiruさん
木曽駒ヶ岳では景色が全く見えなくて。だからこそ、リベンジするために燕岳に連れていってもらったんです。
そんなに天気は良くなかったんですが、ガスが晴れた一瞬の景色がすごくキレイで。それで、ハマりました。


── じゃあ、燕岳でも天気が悪いままだったら…

kumiruさん
ハマらなかったかもしれないですね。それに、あの時に誘ってもらってなかったら山には行ってなかったと思います。

「山嫌い」から一転、「ハイカー女子」に

提供:くみさん(薬師岳山頂)
── これまでに登った山の中で、思い入れのある山はどこですか?

kumiruさん
素敵な山がたくさんあるので、1番って決めるのが本当に難しいですよね。
めちゃくちゃ悩んだんですが、好きな山は「薬師岳」にしました。

今年の夏に念願だった折立〜立山に抜ける大縦走をして、とても達成感があったので思い入れがあります。


── タイムリーな山なんですね!登るきっかけってなんでしたか?

kumiruさん
インスタで薬師岳の写真を見かけることが多くて、「この景色を自分でも見てみたい!」って思ったのがきっかけです。槍ヶ岳とかとにかく全部の景色が見えるんだと思って、ずっと行ってみたかったんですよ。


提供:くみさん(槍ヶ岳まで望む大絶景)
── なるほど。どんな旅程にしました?

kumiruさん
薬師岳に行こうと決めた時に、せっかく富山まで行くのだから、五色ヶ原をぬけ立山まで歩き切りたいと計画を立てました。自分の登山歴の中で、初めての3泊4日という長い縦走でした。


── なかなかのロングコースですね。初めての3泊4日テント泊縦走はどうでしたか?

kumiruさん
重い荷物を背負いながら、真夏の暑い4日間を歩き切ったということに、とても感動しました!



自分の歩いた道が全部見える!たまらない景色の連続

提供:くみさん(ザラ峠からの五色ヶ原の素晴らしい眺め)
そんな、初めてのロング縦走で印象に残っている景色について、写真と共に語ってくれました。

── 薬師岳の”山”としての魅力はどんなところですか?
kumiruさん
薬師岳に向かうまでの道のりはもちろん、山頂から見える景色がたまりません。裏銀座の代表的な山々や、槍ヶ岳、遠くには海、山頂からの全体の眺めが最高でした!

提供:くみさん

提供:くみさん(太郎小屋から薬師岳〜越中沢岳などを経て五色ヶ原まで、絶景の連続です)
── どの写真も晴天で、絶景ばかりですね!

kumiruさん
そうなんですよ。4日間、全部晴れだったんです。それもあって、すごく楽しくて。ただ、ものすごく暑かったですよ。とにかく喉が乾いてしかたなかったです。

提供:くみさん(スゴ乗越にて。4日間、この日傘が大活躍!)
提供:くみさん(ご褒美コーラがたまらない!)
── 確かに、稜線歩きでずっと日光の下ですもんね。

kumiruさん
だんだん水に飽きてくるんですよ。だから、たまに小屋で奮発してジュースを飲むんですけど…これが、めちゃくちゃおいしかったです!下山してから飲むと普通の味なんですけどね…。


── うんうん、わかります!

kumiruさん
連日、天気にも恵まれて、朝日も夕日も北アルプスの山々の景色も完璧に見ることができて、本当に幸せでした。
4日間歩き続けたのが初めてで、達成感がすごかったです!


キラキラした笑顔で、自分らしく楽しみながらロングハイクを満喫したことを語ってくれたくみさん。テント泊縦走の楽しさが、伝わってきましたね!

今後チャレンジしてみたいのは「雲ノ平〜槍ヶ岳ロングコース」

出典:PIXTA

雲ノ平
標高:2,650m(山荘)
所在地:富山県
飛騨山脈・黒部川源流に位置する、日本一標高の高い溶岩台地である雲ノ平。圧倒的な数の高山植物が咲き乱れる景観は、まさに雲の上の楽園そのもの。どの登山口からも遠く、1日以上かかるため「日本最後の秘境」とも言われ、ハイカー憧れの地。

── 今後、チャレンジしてみたい山を教えてください。

kumiruさん
来年こそは、高天原温泉を通って、雲ノ平〜鷲羽〜槍ヶ岳まで抜けるコースを歩いてみたいです。山単体というよりも、”歩いてみたい道”ですね!


── うんうん。かなりのロングコースですね。

kumiruさん
5泊6日で行きたいなと思っています。裏銀座は去年歩いているんですが、日程の関係で雲ノ平までは足を伸ばせなかったんですよ。なので、来年こそは行きたいですね。
山の中で温泉なんてとても楽しそうですし、雲ノ平が秘境っていうのも気になります。それに、槍ヶ岳はまだ登ったことがないので、縦走の締めくくりとしてもアタックしてみたいです!


── 5泊6日の集大成に槍ヶ岳って、最高ですね。それにしても、今年の薬師岳も3泊4日ですし、次のチャレンジもロングですね。

kumiruさん
やっぱり体力とか精神的なモチベーションがないとロングで歩けないと思うので、自分の挑戦として行ってみたいなと思います。

あとは、山に篭りたい気持ちがあるんですよね。山って自分にとっては非日常なので、その非日常の時間にできるだけ入っていたいんです。


── そんなに長い時間山にいて、何を考えてますか?

kumiruさん
うーん、なんにも考えてないことが多いですよ。日常の些細なことや仕事のことを考えても、なんだか小さなことだなって思えたり。

あとは、スマホの電波が届かないっていうのもすごくいいです。SNSを見ることもできないので、日常をシャットダウンできて山に没頭できるから。


── 普段は、結構チェックしたりしてますか?

kumiruさん
インスタをチェックして、次に登ってみたい山を決める参考にするので…見てますね。


── 電波の届かないところでのテント泊では、何をして過ごしていますか?

kumiruさん
いや、電波なくてもいいって言いながら事前にダウンロードしてきた映画やドラマを見てたりします。笑

人がいなくて景色のいいテン場だと、テントからマットを出して、ごろっと寝そべって。「こんなところでドラマ見ちゃってる!」って、なんか贅沢な気分を味わってます。


── それは贅沢ですね!

kumiruさん
あとは、”何もしなくていい”っていうのを満喫してます。ボーッと雲を眺めたり

山の魅力は”そこからしか見られない景色”

提供:くみさん(五色ヶ原でのテント泊にて、シュラフを干すくみさん)
── 最初は嫌いだった山にハマった、山の魅力って何ですか?

kumiruさん
やっぱり、そこからしか見られない”景色”ですね。地元が長野なので、子どもの頃から山は見慣れていたんです。でも、麓から見上げているだけなので、木々しか見えなくて。笑
山の上からの景色を見た時に、稜線上に道が伸びているのが見えたことが新鮮でした。「ここに道があるんだ!」と、その景色にすごく感動しましたね。


── 下から見てる景色と違う景色があるっていうのは、面白い感覚ですね。確かに、稜線からの景色は、登った人しか見られないですもんね。

kumiruさん
あとは、不便な感じも良かったりします。普段なら、当たり前に飲むことのできるジュースも、山の中だと特別な飲み物ですごく美味しく感じますし、いろんなことをありがたく思えます。

うまく言えないんですけど…あえて行かなくてもいい山に行く、っていうのがある意味で贅沢というか。日常とは違って、早起きして、自然の中で体を動かしながら1日しっかりと活動して過ごすことができる、っていう特別感を味わえるのも山の魅力だと思います!


最初は山が嫌いだったのに、いつの間にかロングハイクをこなす女性ハイカーにまでなったくみさん。とにかく山が好きで、自分らしく登山を楽しんでいる姿は素敵ですね。
くみさんが山を楽しむ姿が見られる、今後の投稿も要チェックです!

今回くみさんが紹介してくれた山



女性のための登山情報ページPOLE POLE

この記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
高橋 典子

ハイクとミニマルキャンプをこよなく愛するフリーライター。次はどこに行こうか、9歳の息子と地図を眺めるのが日課。最近は、山岳気象予報に興味津々!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!