みんなと一緒のメスティンじゃつまらない!山ごはんには「1100ml クックセット」がオススメなんです

2021/10/13 更新

アルミ製の飯盒“メスティン”と言えば、トランギア製やダイソー商品が話題ですが、ポケットストーブや固形燃料でお馴染みの<エスビット>に、一風変わったメスティンがあるのをご存じですか? 角型ポットと風防要らずの五徳がセットになっており、固形燃料で自動炊飯ができるのはもちろん、いろんな使い方ができる優秀かつ個性的なクックセットなんです。今回はそんな注目の調理器具をご紹介!使ってみた様子もレビューします。


アイキャッチ画像撮影:akko_y

今はやりの“メスティン”と”ポケットストーブ”、使っていますか?

ポケットストーブ
撮影:akko_y
最近はやりの四角い飯盒“メスティン”。店頭から姿を消したり、100円ショップでも販売されたりと、大変な人気っぷりでしたよね。

固形燃料で自動炊飯をするのが大流行したことで、ポケットストーブも一緒に売れているのですが、その中でも<エスビット>製は大人気で品薄になるほど。

優秀な固形燃料がはじまりの<エスビット>

Esbit固形燃料 <エスビット>は、1936年に発明されたドイツ生まれの固形燃料。1949年にはエスビット社が設立され、今ではポケットストーブなど、固形燃料の関連製品も含めたブランド名として定着しています。高山や氷点下でも安定して燃焼するだけでなく、自然発火や爆発もせず安全に携行できるため、ドイツやスイスなどの軍隊でも使用されるほど。

そして、この固形燃料を効率良く使えるアイテムは、ポケットストーブだけではありません。ぜひおすすめしたいのがこちら!

汎用性はメスティン以上!「1100mlクックセット」

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y(エスビット/1100mlクックセット)
角形のポットに、ストーブと五徳がセットになったエスビットの「1100mlクックセット」。

『米を炊く=メスティン』と、みんなと同じ発想ではつまらないですよね。せっかくエスビットの固形燃料を使うなら、飯盒もぜひ「1100mlクックセット」で。自動炊飯以外にも様々な使い方ができ、その個性的な姿も注目されること間違いなし!

今回は、実際に使ってみて感じた魅力や特長を紹介します。

オールインワン設計がうれしい「1100ml クックセット」

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y
収納袋から出すと、なんだかお弁当箱のようです。

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y
蓋をあけると、中には直接固形燃料をセットできる五徳が。

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y[左]蓋[中]五徳[右]ポット
「1100ml クックセット」は、蓋・五徳・角形ポットがセットになったオールインワン設計なのです。

収納した状態で、187x147mm、高さ72mm、390g。ポットの容量は1100mlとしっかりサイズですが、一般的なバーナーとコッヘルのセットに比べて、かなり軽量です。

食材も一緒にもち運べる余裕のサイズ

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y
角型のポットは袋麺もそのまますっぽり収まるサイズ。持ち運び時も、ポットと五徳を重ねた中に、固形燃料と袋麺がしっかり収まります。エスビットの固形燃料はコンパクトなので、少し多めに入れても、食材などを収納することができますよ。

使用時も収納時も安心なハンドルのロック機構

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y
ハンドルは畳んだ時も、広げた時もカチッとロックされるようになっています。持った時にしっかり支えてくれるのはもちろん、収納時も蓋を押さえてくれるので、パカッと開いてしまうことがありません。

風防を兼ねた五徳

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y
五徳はポットの内側にスッポリ収納できるようになっています。開口部は上部の空気口以外は前面のみなので、風防要らずで安心です。

蓋の扱いも困らない

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y
ちょっと蓋を開けた時、置き場所に困ることはありませんか?

クックセット1100mlの蓋の内側にはフックがついており、ポットの側面に引っ掛けられるようになっています。ちょっと味見したり、かき混ぜたりする時にも便利ですよね。

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y
また、上部には折り畳み式の持ち手もありますので、軍手や鍋つかみも不要。ちょっとしたことですが、これがとっても助かります。

細かいメモリで計量も楽々

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y
ポットには細かくメモリがついていますので、炊飯など、計量が必要な時もとっても便利。

固形燃料の特性を知って使いこなそう!

エスビットでの調理成功の秘訣は、燃料の特性を良く知ることです。固形燃料はタブレットになっており、1タブレットが4g(スタンダード)、5g、14g(ミリタリー)、27gの4種類。それぞれの特性を見てみましょう。
 
エスビット固形燃料
燃焼時間&沸騰時間
固形燃料の種類[製品名]最大燃焼時間
(1タブレットあたり)
沸騰時間
(水:500ml)
熱量[火力]
(1タブレットあたり)
①スタンダード(4g×20)約5分約6分
(4タブレット使用)
28kcal
②5g×16約5分約6分
(3タブレット使用)
35kcal
③ミリタリー
(14g×6)
(14g×12)
約12分約7分
(1タブレット使用)
98kcal
④27g×8約12分約5分
(1タブレット使用)
189kcal

※時間はおおよその時間です。ストーブや環境条件に応じて変わります


サイズが大きくなるほど火力が大きく、燃焼時間が長くなります。火力を強くしたい場合は2個以上を同時に使用する、長時間加熱したい場合は追加するなど、お好みで調整できます。

着火してから炎が全体にまわるまでは火力が一気に上昇。その後、燃料が小さくなるにしたがって徐々に弱くなります。最後の方はごく弱火になりますので、仕上げに強火が必要な場合にもタイミングを見て追加投入しましょう。


【いざ実践】 基本編:調理の基本はもちろん炊飯

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y
まずは米1合を自動炊飯してみましょう。

米1合に水200ccを入れると、ポットのメモリの300mlの少し下あたりになります。この状態で約30分浸水。メモリがあることで水加減も楽にできますね。

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y(固形燃料ミリタリー)
燃料は、ミリタリー燃料を1個(14g)使用。

写真は12タブレット入りのもので、1タブレットずつ防湿包装されているタイプです。あまり頻繁に使わない場合は、湿度を気にせず保管できるこちらのタイプがおすすめです。

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y
五徳にセットして着火。ライターでも着火できますが、どうしても手に炎がかかることがあるため、マッチでの着火をおすすめします。また、風などの影響で空気口から炎がチラチラ出てくる場合がありますので、周囲に燃えやすい物を置かないようにしましょう。

この日は少し風がありましたが、約13分間燃焼しました。五徳の中でうまく熱がまわるためか、一般的なメスティンでの炊飯に比べて炊飯時間は短めです。火が消えてから約10分蒸らして完成。

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y
少し硬めの仕上がりとなりましたが、ほんの少しおこげができて、良い感じです。硬めが苦手な方は300のメモリまで水を入れるなど、水分量を調整しましょう。

【いざ実践】 応用編:炊飯以外にもかなり使える!

炊飯だけじゃない、色々使える調理例をご紹介します。

蒸して炒めて「焼きビーフン」

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y
ラーメンは作れて当たり前? では、炒め作業が必要な焼きビーフンはどうでしょう?

ミリタリー燃料1個(14g)に着火して、ポットをしっかり加熱したら、油、豚肉、ケンミン焼きビーフン、野菜の順に重ねて、水を注いで蓋をして3分蒸します。

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y
蓋を開けたらスタンダード燃料を1~2個(4~8g)追加投入して火力をUP! 水分を飛ばしながら炒めたら完成です。

底が平らで広く、幅もしっかりあるので、炒め調理にも適しています。小さなポットだとムラになりがちな混ぜ作業も楽々ですよ。

また、焼きビーフンのように途中で蓋をとる必要のある調理の時には、蓋の開け閉めが素手で簡単にできるのは助かります。

縦走3日目あたりに食べたい「ご馳走パエリア」

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y
パエリアミックスと常温保管OKな食材だけを使った、ご馳走パエリアを作ってみました。

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y
ミリタリー燃料1個(14g)を着火してポットをしっかり温め、オリーブ油を加熱。あさり水煮缶(具のみ)、コーン、乾燥ほうれん草、ドライトマト、無洗米(1合)、パエリアミックスを入れて炒め、あさり水煮缶のスープと水(計200cc)を入れて蓋をし、ミリタリー燃料を1個(14g)追加して炊飯。消火後10分蒸らして完成。

飯盒と違って蓋が軽くあくので、水分が適度に飛んで、よりパエリアっぽい仕上がりになりました。逆に水分を逃したくない調理では、重しを載せると良いでしょう。

固形燃料での火力や燃焼時間の調整も、慣れてくると難しくありません。

四角いポットを見ると思わず作ってみたくなる「卵焼き」

Esbitクックセット1100
撮影:akko_y
油の量が少なくて、ややいびつになってしまいましたが…

写真のサイズで卵3個です。いつもならフライパンを使うサイズでも、このポットなら問題なく作れました。

また、ハンドルがしっかりロックされているため、卵をくるくるするような繊細な動きも安全に行えます。上手に焼くコツは、火力強め、油多め。

これひとつあれば、やかん、鍋、フライパン、色々な役目をこなしてくれますね!

道具は自己表現、こだわって選ぼう!

エスビットクックセット1100
撮影:akko_y
最近はどこに行ってもみんな同じメスティンを使っていますよね。周りと差のつくギアがほしいなと思っている人も結構いるのでは?

そんな方は、ぜひエスビットの「1100ml クックセット」を使ってみてください。

個性ある見た目だけではなく、五徳とポットの安定感や、重ねるだけでスッキリ片付けられるなど、機能的なのも魅力。固形燃料は慣れるまで失敗もあるかも知れませんが、慣れてきて楽に使いこなせるようになると、必要な量だけ持ち運べて荷物の軽量化にも繋がりますよ。

エスビット 1100ml クックセット

ポットと固形燃料ストーブの五徳がセットになったアルミ製クックセット。ポットは、手持ちのガスバーナーで使用することもできます。

ITEM
エスビット 1100ml クックセット
サイズ:収納時H72x187x147mm
容量:1100ml
重量:390g
メッシュバッグ付属

固形燃料スタンダード(4g×20タブレット入り)

エスビットの固形燃料では最小タイプ。火力を強くする場合は2〜4個同時に投入します。
ITEM
固形燃料スタンダード(4g×20タブレット入り)

サイズ燃焼時間
(1タブレットあたり)
熱量
(1タブレットあたり)
4g5分28kcal

固形燃料5g×16タブレット入り

4タブレット入りの完全防湿包装のパックが4パック入っています。

サイズ燃焼時間
(1タブレットあたり)
熱量
(1タブレットあたり)
5g6分35kcal

固形燃料ミリタリー(14g×6・12タブレット入り)

理想的な燃焼効率から計算された、重量14gのタブレットです。6タブレット入りは3タブレットずつ、12タブレット入りは1タブレットずつ、完全防湿包装されています。
ITEM
固形燃料ミリタリー(14g×6タブレット入り)

ITEM
固形燃料ミリタリー(14gx12タブレット入り)

サイズ燃焼時間
(1タブレットあたり)
熱量
(1タブレットあたり)
14g12分98kcal

固形燃料27g×8タブレット入り

炒め物などの強火調理や、早くお湯を沸かしたい場合に。半分に割って(ミリタリーとほぼ同様サイズ)使用することもできます。1タブレットずつ完全防湿包装されています。

サイズ燃焼時間
(1タブレットあたり)
熱量(1タブレットあたり)
27g12分189kcal
 

紹介されたアイテム

エスビット 1100ml クックセット
固形燃料スタンダード(4g×20タブレッ…
固形燃料5g×16タブレット入り
固形燃料ミリタリー(14g×6タブレット…
固形燃料ミリタリー(14gx12タブレッ…
固形燃料27g×8タブレット入り

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

Esbitクックセット1100
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
akko_y

兵庫県在住。ある日ふとテレビに映ったヒマラヤへ行きたくなり、山活をスタート。気付けば登山の魅力にどっぷりはまっておりました。ただいま登山ガイド修行中。まだまだ修行が足りませんが、皆さんと一緒に楽しみながら成長していければ幸いです。

  • COCOHELI ココヘリ入会金1000円OFF
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」