<グレゴリー>優れたフィット感で軽快な山行を楽しめる「ミウォック」「マヤ」

2020/05/18 更新

「バックパック界のロールス・ロイス」とも称される<グレゴリー>。バックパックは目的に応じてモデルを選べるようになっていますが、「種類が多すぎて、どれを選べばいいの?」なんて声もちらほら。そんな悩みを解決するために、「ミウォック」「マヤ」について、アイテムを細かく解説していきます!


提供:サムソナイトジャパン(グレゴリー)

スピードを意識したファストハイクに最適

ミウォック 例えばファストハイクなど、軽い荷物を背負って素早くトレイルを踏破したい人にオススメなのが「ミウォック」です。

ショルダーハーネスやヒップベルトが厚いパッドで覆われているモデルは、重い荷物を背負う時は身体への負担が少なくていいのですが、逆に腕や足の動きが制限されてしまい、可動域も狭まってしまいます。その点「ミウォック」は、動きを妨げずにフィットするソフトなショルダーハーネスを採用。アクティブな山行にピッタリでなモデルです。

グレゴリー マヤ 「マヤ」はミウォックの女性モデル。備えている機能はミウォックと同じで、他のモデルと同様に女性の体型に合せてリデザインされています。

激しいアクティブシーンにも追従!「ミウォック」&「マヤ」の特徴

1:通気性と速乾性を兼ね備えるバックパネル

グレゴリー ミウォック 背面パネル メッシュ生地の内側に空気の通り道をデザインした「エアウィーブ・バックパネル」が発汗量の多いアクティビティーでも涼しさを提供。速乾性にも優れるため、発生した汗が素早く乾く特徴もあり、汗冷えを抑制します

2:背面長はバックパネルで調整できる

グレゴリー ミウォック 長さ調節 背面サイズはワンサイズですが、パックパネルを操作することで体型に合せて約8.9cmの範囲で長さを調整できます。これによりフィット感が向上するだけでなく、行動中に肩や腰にかかる負担を均一に分散させることも可能。最適な長さにカスタムしましょう。

3:動きを妨ずにフィット感を提供する「バイオシンク・サスペンション」

グレゴリー ミウォック ショルダーハーネスの付け根にはストレッチ性に優れた素材を使用。腕の動きに合せて柔軟に伸縮するので、可動域が狭められることはありません。ストレスを感じることなく行動できるとともに、身体と一体になるようなフィット感も得ることができます。

4:フロントメッシュポケットなど便利機能を多数搭載

グレゴリー ミウォック フィット感だけではなく、使い勝手も良好です。フロントには濡れてしまったレインジャケットや地図などの収納に便利なメッシュポケットを搭載。サイドポケットのほか、トレッキングポールのアタッチメントポイントもデザインされています。本体の下部にはライトを取り付けることができるので、夜間、自転車に乗る人にもオススメです。

男性モデル「ミウォック」のサイズ展開

ミウォックのサイズ展開は全部で5種類。既存の24、18、12Lに加えて、2020年から荷物が増える山行にも対応できる42Lと32Lが加わりました。42Lタイプのみトップリッドタイプになります。
商品名①ミウォック42②ミウォック32③ミウォック24④ミウォック18⑤ミウォック12
容量42L32L24L18L12L
重量1,270g1,020g839g630g550g
背面サイズone sizeone sizeone sizeone sizeone size
税別価格22,000円19,000円16,000円14,000円12,000円
ITEM
グレゴリー|ミウォック32
素材:External Material/100% Nylon、Pack Body/210D Honeycomb CryptoRip Nylon / 420D High Density Nylon、Pack Bottom/420D High Density Nylon、Lining/40% Post-Consumer Recycled 135D Polyester、Suspension/3D Perforated EVA foam
重量:1.02kg
耐荷重:13.6kg
容量:32L


ITEM
グレゴリー|ミウォック24
最大積載重量 :12kg
容量 : 24L
重量 : 700g


ITEM
グレゴリー|ミウォック18
素材:【外装】ナイロン100% 【内装】ポリエステル100%
容量:18L
サイズ:(約)幅22×奥行14×高さ52cm
重量:803g
最大積載量:9.1kg


ITEM
グレゴリー|ミウォック12
最大積載重量:9kg
容量:12L
重量:550g

女性モデル「マヤ」のサイズ展開

マヤのサイズ展開は4種類。最も大きい30Lが2020年から加わりました。日帰りの山行に最適な大きさが豊富に揃います。
商品名①マヤ30②マヤ22③マヤ16④マヤ10
容量30L22L16L10L
重量984g650g550g500g
背面サイズone sizeone sizeone sizeone size
税別価格19,000円16,000円14,000円12,000円
 

ITEM
グレゴリー|マヤ22
サイズ:22L
重さ:650g
最大積載重量:12kg


ITEM
グレゴリー|マヤ16
最大積載重量:9kg
容量:16L
重量:550g


ITEM
グレゴリー|マヤ10
サイズ:44.5cm×22.9cm×17.8cm
素材:ナイロン100%パック本体/210D Honeycomb CryptoRip HD Nylonパック下部/420D高密度ナイロン裏地/135 D高密度エンボス加工ポリエステル
重量:0.66kg
容量:10L
最大積載重量:6.8kg

「ミウォック」&「マヤ」はこんな人にオススメ!

トレイルランニングに最適
出典:PIXTA
「ミウォック」と「マヤ」は、ファストハイクや、クライミングとトレッキングをミックスさせたスクランブリングなどにも対応したアクティブユーザー向けモデルです。

軽量なバックパックは他にもありますが、すべてがフィット感に優れているわけではありません。軽くてさらに身体にフィットする、アクティブな山行に求められる機能を両立しているのが「ミウォック」と「マヤ」なのです。ニーズと合致する方は、ぜひ店頭で試しに背負ってみることをオススメします。

紹介されたアイテム

グレゴリー|ミウォック32
サイトを見る
グレゴリー|ミウォック24
サイトを見る
グレゴリー|ミウォック18
サイトを見る
グレゴリー|ミウォック12
サイトを見る
グレゴリー|マヤ22
サイトを見る
グレゴリー|マヤ16
サイトを見る
グレゴリー|マヤ10
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
吉澤英晃
吉澤英晃

群馬県出身。大学時代に所属した探検部で登山を開始。以降、沢登り、クライミング、雪山、アイスクライミング、山スキーなど、オールジャンルで山を楽しむ。登山用品の営業職を経て、現在はフリーの編集・ライターとして活動中。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!