五頭山|新潟屈指の人気名山!登山コースから温泉まで一挙紹介

2019/10/16 更新

五頭山は五つの峰からなる山容で知られ、初級者から上級者まで年間を通して10万人が訪れると言われています。低山でありながら山頂からの景色が良く、難易度に合わせたコースはもちろん、周回もできるのが特徴です。さらに、近隣には温泉施設もあって山好きが楽しめる要素が盛りだくさん。この記事では 新潟の名峰の一つを余すことなくご紹介します。

2019年台風19号の影響により、主に東北、関東、中部、近畿を含め、山域によっては通行が困難な状態となっている場合があります。 登山情報を調べる際には、各行政のHPや山荘・山小屋の運営するHP/SNSをご覧いただき、登山道や交通機関の状況を必ずご確認ください。 通行にあたっては、十分注意し、危険と判断された場合は引き返すなど、適切な対応をお願いします。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

新潟100名山|五頭山(ごずさん)ってどんな山?

標高所在地体力レベル難易度レベル
912m新潟県阿賀野市、東蒲原郡阿賀町★★~★★~
5月初旬に行われる山開では毎年大勢の人が登山を楽しむ、新潟100名山のひとつ「五頭山」。標高が1,000m以下ということもあり、子供連れや初級者でも楽しめる山として人気があります。
五つの峰からなる山容が特徴的な里山で地元に愛される存在。これから始めたい方や軽い週末ハイクにオススメの山です!

初心者から上級者まで!五頭連峰は歩き方いろいろ

登山コースは6種類ほどあり、ハイキング気分で歩ける短めのコースから周回コースなど、自分のレベルに合った楽しみ方ができるのが嬉しいポイント。初級者から上級者、子供から年配の方まで幅広い層に親しまれています。

自然も展望も抜群!下山後には温泉も

出湯温泉
出典:PIXTA
低山でありながらも山頂からの展望も抜群とあって、登山を楽しめるのはもちろんのこと、近くには五頭温泉郷と呼ばれる温泉街があるのも魅力の一つ。
日帰り入浴が可能な温泉や足湯は下山後の大きな楽しみ。旅館もあり、観光も楽しめる場所なので、遠方の人にも訪れてほしいエリアです。

五頭山の登山適期は?

やまつつじ
出典:PIXTA
山名にちなんで、山開きは毎年5月3日。山開前後の時期である春と秋が登山をするのには特におすすめ。新緑から紅葉まで、登山道〜山頂までの景色を存分に楽しめます。積雪期も本格的な雪山登山が楽しめますが、コースがわかりにくくなるため迷いやすいので要注意。低山と思って甘く見ないで、しっかりと事前準備をしましょう。

天気も必ずチェック

GPSアプリやココヘリも忘れずに!

登山時には必ずGPSアプリなど地図の準備はしておきましょう。また、もしもの遭難時に、登山者を早く見つけ出すことに特化したサービス「ココヘリ」も登山の新常識となりつつありますよ。


【初級者におすすめ】どんぐりの森からの周回コース

コースマップ
出典:YAMAP
【体力レベル】★★☆☆☆
日帰り
コース距離:約8km
コースタイム:約6時間
参考:YAMAP
【技術的難易度】★★☆☆☆
・登山装備が必要
・登山経験、地図読み能力があることが望ましい
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
五頭山は、登山初級者でも周回ができる周回コースが存在します。旧スキー場が登山口となっていて、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層に人気のコースです。

コース詳細

この看板が目印で、五頭山三の峰登コース山口へ進んでいきましょう。
少し進むと、いきなり3合目と看板が出てくるのと同時に、ここからいよいよ山登りがスタート!
途中にこんなアスレチックな階段も。
5合目をすぎると、登山道らしいちょっと険しい道も出現。足元に気をつけて。
避難小屋の手前が分岐点。スペースがあるここで小休憩しながらルート確認を忘れずに。
いよいよ、五ノ峰に到着!出迎えてくれるのは写真の地蔵菩薩。ちなみに、一ノ峰「観世音菩薩」、二ノ峰「薬師如来」、三ノ峰「不動明王」、四ノ峰「毘沙門天」がそれぞれあるのが五頭山の特徴。
五ノ峰からは新潟の平野を展望もよく、ここは有名なビュースポットなので、休憩しながら撮影タイムもおすすめです。
下山も分岐が多いので、しっかりルート確認しましょう。分岐の場所にはどこに行くのかしっかり看板があるので、下山するまで気を抜かずに!
周回コースには、ロープを使って降りる箇所もあるので手袋などあると安全な対応ができますよ。
周回コースはいくつかありますので、駐車場に車を停めた場合はルート確認して登山口に戻りましょう。

【しっかり歩きたい人におすすめ】出湯登山口往復コース

コースマップ
出典:YAMAP
【体力レベル】★★☆☆☆
日帰り
コース距離:約10km
コースタイム:約5時間30分
参考:YAMAP
【技術的難易度】★★☆☆☆
・登山装備が必要
・登山経験、地図読み能力があることが望ましい
凡例はこちらをクリック:グレーディング表
出湯コースは五頭山出湯温泉登山口から登ることができるコースで、「五ノ峰コース」とも言われています。5合目まではハイキングのように優しい登山コースですが、6合目からはややきつめの登山道に。歩きごたえもあり、景色も楽しめる定番のコースです。

コース詳細

駐車場からしばらく歩くと、登山口の案内板が見えてきてます。ここで入山届を出しましょう。
最初に出てくるこの橋を渡って、いよいよ登山スタート!
しばらくゆるやかな傾斜が続き、季節によっては美しいブナ林が迎えてくれるので大変気持ちが良く癒されます。
5合目の鳥帽子岩があるところからの眺め!5合目でこの景色は山頂への期待が膨らみますね。
さらに進むと木陰で涼みながら休憩ができるスペースとベンチがあります。こういうのって嬉しいですよね!
五ノ峰からの景色も開放感に溢れていて気持ちが良いです。休憩できるスペースも広いので、この景色を拝みながらご飯を食べるのも最高ですね!
こちらが四ノ峰からの景色!各峰の景色を味わえるのも五頭山の良いところ。
三ノ峰にある、変わった形をした避難小屋は一見の価値あり!?
いよいよ、五頭山の本峰へ到着。展望も一気に広がり、低山でありながら美しく疲れも吹き飛ぶ景色です!
そのまま山頂で昼食などもよいですが、下山途中の五ノ峰がおすすめ。広いスペースで岩場にこしかけることができ、ゆっくりできますよ。
景色も良いので「山ごはん」もよりいっそう美味しくなること間違いなし!

下山後に立ち寄りたい温泉情報

五頭山の麓には、五頭温泉郷があり「日本四大ラジウム温泉」で有名です。登山で疲れた身体を、下山後の温泉で癒してみてはいかがでしょうか。

日本屈指のラジウム温泉が楽しめる!|風雅の宿 長生館

内風呂からは美しい庭園を眺めることができ、湯に浸かりながらリラックスが可能。ぬるめの湯加減が特徴で、ゆっくり芯まで暖まれるのが嬉しいですね!

住所:新潟県阿賀野市村杉4632-8
TEL:0250-66-2111
営業時間:午前0時〜午後11時30分
料金:日帰り入浴 大人1,000円(中学生以上) 子供600円(小学生以下)
風雅の宿 長生館

お手頃料金で楽しめる|村杉温泉薬師乃湯

出典:PIXTA
地元の方々に大人気の共同浴場で、休日は車が駐車できないくらいの人気。料金が安く、250円(大人料金)でラジウム温泉に入れちゃいます。

住所:新潟県阿賀野市村杉3946-6
TEL:0250-66-2626
営業時間:午前8時30分~午後8時30分  土、日、祝日のみ 午前7時30分~午後8時30分
料金:大人 250円 子供(小学生以下) 150円
村杉温泉薬師乃湯

アクセス・駐車場情報

五頭山出湯温泉登山口



駐車場にはトイレがあります。

【公共機関でのアクセス】
JR羽越本線「水原駅」からタクシーで約15分

【車でのアクセス】
磐越自動車道「安田IC」から車で約15分
駐車台数:100台
※国道から登山口までの道が狭いので要注意

どんぐりの森登山口


山小屋やトイレなどがないため、事前に済ませておくことをおすすめ。
【公共機関でのアクセス】
JR羽越本線「水原駅」からタクシーで約20分

【車でのアクセス】
磐越自動車道「安田IC」から車で約15分
駐車台数:200台

初心者でも登山の醍醐味を味わえる山!

五頭山
出典:PIXTA
五頭山は「登って良し、温泉に入って良し」の登山の醍醐味を最後まで堪能できる名所です!初心者でも楽しく登山できる最高のロケーションと言えるでしょう。
これから登山を始める方、新潟の里山を体験してみたい方などは、まずは五頭山に行ってみてはどうでしょうか。自分にあわせた登山コースを選んで、新潟の名峰を存分に楽しんでください!

【登山時の注意点】
・登山時にはしっかりと装備を整え、充分なトレーニングをしたうえで入山してください(足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など)。
・登山路は複数あり、分岐も多くあるので、地図・コンパスは必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合った無理のない計画で登山を楽しんでください。

関連記事


この記事の感想を教えてください
よかった! う~ん・・

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
shirakawaman
shirakawaman

登山が好きになって間もないですが、地元の里山からアルプスまで幅広く登ります。色々な山に行きたいという願望よりも、同じ山に何度も行くのが好きで、登りよりも下山の方が好きだったりします。ちょっと変わってるかもしれませんが、宜しくお願いします!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!