稜線歩き

元山岳部の独断と偏見で選出!「きっつい登山ルート」【日本アルプス編】

2022/11/28 更新

元山岳員が独断と偏見で選ぶ「きっついシリーズ」第2弾。今回は日本アルプス(南アルプス・北アルプス・中央アルプス)の様々な山の中から、特に険しい登山ルートをご紹介します。敢えて難しいコースに挑みたい人は必見です!番外編として【八ヶ岳連峰】も一緒にご紹介していますので、併せてチェックしてみてください。

目次

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、山小屋営業ならびに交通状況などに変更が生じている可能性があります。
山小屋や行政・関連機関が発信する最新情報を入手したうえで登山計画を立て、安全登山をしましょう。
アイキャッチ画像出典:PIXTA

“いばらの道”を進みたい人集合!

稜線歩き

出典:PIXTA

山頂へ通ずる道は一つとは限りません。ロープウェイや車で距離を稼ぐコースもあれば、麓の尾根末端から歩くコースなど様々。

今回、「あえて厳しい道を選びたい」そんな方のために、編集部員Nが独断と偏見で『きっつい登山ルート』を選びました。「きつい登山は嫌だ!」なんて人も、日本アルプスを代表する高難度のルートをチェックしてみてください!

南アルプスの「きっつい登山ルート」3選

甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根

甲斐駒ヶ岳

出典:PIXTA
標高山頂所在地最高気温(8月)最低気温(8月)
2,967m長野県伊那市10.5℃6.4℃
参考:ヤマレコ

南アルプスの最北に位置する日本百名山。全国に20座以上ある「駒ヶ岳」と名の付く山の中でも、ひときわ存在感のある名峰です。
花崗岩の白砂を敷き詰めた頂上は、南アルプス屈指の美しさ。多くの登山者を魅力しています。

【山行計画の目安】
黒戸尾根

出典:PIXTA
【体力レベル】★★★★★
1泊2日
コース距離:約16km
コースタイム:約15時間
【技術的難易度】★★★★☆
・岩場、雪渓を安定して通過できる技術が必要
・ルートファインディングの技術が必要
凡例はこちらをクリック:グレーディング表

日本三大急登の一つとされる黒戸尾根。山頂から北東に延びる尾根の標高差は、なんと2,200m!長い登りに加え、ハシゴや鎖場を登る岩稜帯もある上級者向きの“きっつい登山ルート”です。

鋸岳 戸台川からの周回コース

鋸岳

標高山頂所在地最高気温(8月)最低気温(8月)
2,685m山梨県北杜市、長野県伊那市17.5℃8℃

参考:ヤマレコ
南アルプスの北端に位置し、山梨県と長野県の境にそびえる鋸岳。その名の通り、鋸の歯のような荒々しい山容が特徴。高難度の山として知られ、一般登山道がありません。
困難な道中を乗り越え、ようやくたどり着いた山頂からは、南アルプス・八ヶ岳・北アルプス・中央アルプスを望む素晴らしい絶景が楽しめます。

【山行計画の目安】
山頂部の岩稜

提供:ヤマレコ/JJJJJ (山頂部の岩稜帯)
【体力レベル】★★★★★
日帰り
コース距離:約18km
コースタイム:約15時間30分
【技術的難易度】★★★★★
・岩場、雪渓を長時間継続して通過できる技術が必要
・ルートファインディングの技術に加え、撤退などの判断能力ができる
凡例はこちらをクリック:グレーディング表

幕営に適したポイントがないため、日帰り山行がベター。コースタイムは約15時間にもなるため、午前3時の出発も特別なことではありません。
登り口までのアプローチは5kmと長く、渡渉や急稜なガレ場、鎖場も多数登場するため、充分な経験と体力が必要な“きっつい”登山ルートです。

大無間山 田代温泉ピストンコース

大無間山

標高山頂所在地最高気温(8月)最低気温(8月)
2,329m静岡県静岡市葵区榛原郡川根本町市17.3℃9.7℃
参考:ヤマレコ

日本二百名山の中でも難関の山と言われている大無間山(だいむげんざん)。アクセスも困難な南アルプス深南部にあり、さらに登山道の崩落が進んでいるため、「いつ登れなくなるかわからない」といわれている名峰です。

【山行計画の目安】
崩壊地

【体力レベル】★★★★☆
1泊2日
コース距離:約19km
コースタイム:約14時間30分
【技術的難易度】★★★★★
・岩場、雪渓を長時間継続して通過できる技術が必要
・ルートファインディングの技術に加え、撤退などの判断能力ができる
凡例はこちらをクリック:グレーディング表

田代温泉から出発して山頂を目指すコースでは、小無間山の手前に崩壊地が現れます。ロープも張られていますが、大無間山を目指す登山者の間では、危険箇所として知られている難所。
相当な経験を積まなければ辿り着けない“きっつい”登山ルートです。

北アルプスの「きっつい登山ルート」3選

1 / 3ページ